2016/4/7 木曜日

【レビュー的な何か】Seagate ArchiveHDD ST8000AS0002【SMR検証】

ST8000AS0002

気づけば、数年ぶり(?)の【レビュー的な何か】。最近は動画編集をすることもほとんどなく、HDDの容量や転送速度に困ることもほとんどなかったため、最新のHDDを購入することがほとんどなかった。だが、データは地味に増えていくもので、一眼レフのデータを保存している2TB HDDが圧迫されるようになってきた。そこで、4TBのHDDを購入しようとPCパーツ屋へ行って価格調査をすると、6TBとそれほど価格が変わらないではないか!どうしよう、どうしようと悩んでいたところ、衝撃的な品を発見した。SeagateのArchive HDDシリーズの8TBモデル『ST8000AS0002』が特価で2万円台前半で販売されている!!しかも、日本シーゲートが8TBキャンペーンなるものを開催している。

オープンキャンペーン| シーゲイト
https://www.seagate-campaign.com/8tb/

これは買うしかない!というわけで、計画の2倍もの大物を買ってしまいました。

でもって、レビューだが「固定ネジの位置がマニアック」だったり、通常のCrystalDiskMarkのベンチマークは他の多くの方が行っているので今回はまとめる時間も無いし、パス!代わりに下記の記事で気になっていた件を検証してみた。

最安の8TB HDD「ST8000AS0002」をテスト、SMR技術を再確認 – AKIBA PC Hotline!
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/mreview/rental/20160229_737407.html

近年の高密度記録HDDでは読出ヘッドと比べ書込ヘッドの微細化が難しくなってきており、Archive HDDシリーズでは書き込み時にトラックの一部を重ね書きする『Shingled Magnetic Recording (SMR)』が採用されている。非常に高密度な記録が可能であり、読み出し性能には影響を与えないと素晴らしい方式なのだが、書き込み時にには重なったトラックも書き直さなければならず、特にランダム書き込み時には大きなパフォーマンス低下が発生してしまう。

上記AKIBA PC Hotline!の記事によるとCrystalDiskMarkではSMRによる影響の有意差が見られないが実際のファイルコピーにおいてはベンチマークと異なる結果が得られたとしている。今回はその件をちょっと検証してみた。

ちなみに、今回の検証は時間がほどんどないためいずれのベンチマークでも試行回数が1回しか取れておらず、検証環境も普段使いのPCといい加減です。大体の傾向が見れれば良いかなと思っています。TiB級のベンチマーク行うと1試行で1日かかりますので、勘弁してください…

ST80000AS0002_018ST80000AS0002_019

まず、CrystalDiskMark 3での検証だが、通常のデータサイズ500 MiBと、かなりデータサイズを大きく取った2 TiBでは目立った低下がみられないどころが、データサイズが大きいほうが書き込みが早くなっている。AKIBA PC Hotline!の記事を見て、データサイズを大きくしていけばどこかで、パフォーマンス低下の閾値が見れるかと期待していましたが、ダメでした。

そこで、次はWindows上での実際のファイルコピーテスト。AKIBA PC Hotline!の記事では「1ファイル4GB前後の動画が約2.7TB」の全データをコピーしていたので、ファイルサイズと合計サイズを変化させて、これを少し詳しく検証してみました。

さすがに、全条件を手動で行うととんでもなく時間がかかるので、Lansen氏が公開しているCopySpdBenchを使わせて頂きました。

ファイルコピー速度計測ツール公開 – Lansenの現実逃避日記
http://d.hatena.ne.jp/Lansen/comment/20081003

WindowsAPIのCopyFile関数を使用していますので、エクスプローラ上でのコピーと近い結果が得られていると思います。

ST80000AS0002_020

上記がテスト中の画面です。1MiBのファイルを100万個コピーするテストではコピーに10時間以上(さらにテストファイル生成に同等の時間がプラスα)かかっているのがお分かりいただけるかと思います。さて、苦労話は置いといて、上記テストで取得したデータをまとめると以下のようになった。

st8000as0002_filecopytest

おおよその傾向としては、「ファイル数が多い」と遅く、「合計ファイル容量が多い」と遅いといったところでしょうか。AKIBA PC Hotline!の記事ではファイルサイズ4GBで合計2.7TBのコピーで56MB/secとなっていましたが、値が半分程度となっているのはあちらは別なHDDからのコピーだったのに対し、CopySpdBenchでのコピーは同一HDD内で行って、読み書きが同時に行われたからではないでしょうか?また、AKIBA PC Hotline!の記事では「100GB程度のデータであれば極端な速度低下は発生しない」としていましたが、今回の検証ではたとえ10GBや1GB級のデータでもファイルサイズが小さければ速度低下が発生しており、この記述を否定する結果となりました。デジカメを使用していれば10MB程度のJPEGが1000個で10GBと言うのは実使用上で十分に在り得ると思いますので、注意が必要かもしれません。

SMRではない通常のHDDで同一のベンチマークを行ったことはありませんので、本当にSMRの影響かどうかは、さらなる検証が必要かと思いますが、CrystalDiskMark上では現れない差が実使用上で発生するのは確かのようです。

※上記記事内ではMiBやMBを使い分けています。紛らわしいですが、TiB / TBオーダーでは誤差がかなりのものになりますので、このようにして表記しています。

2015/5/23 土曜日

【写真】上空で見えたのは環水平アーク?

Filed under: 写真,日記 — ハイジんブルー @ 21:07:05

昨日の昼に銚子沖から成田へ降下中に不思議な虹が見えました。

_MG_6052

ちょうど同じくらいの時間帯に全国で『環水平アーク』が観測されていたみたいですが、高度が高いから水平じゃなかったのかな?

虹色の光の帯「環水平アーク」が都心の空に – ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1505/22/news118.html

2014/12/28 日曜日

【旅行記】新幹線だらけの博多南駅&博多駅

Filed under: 写真,日記 — ハイジんブルー @ 13:32:42

前記事で書いた通り、福岡へ行ってきたわけだが、なぜだか福岡市内のホテルが軒並み全滅で全く取れず、少し離れた博多南駅近くに宿をとることにした。

IMG_2545

博多南駅は新幹線で博多駅から一駅。乗る電車は新幹線なのだが、一区間とは言え乗車料金が300円と激安。

ちなみに、駅員さんに聞いたところ博多南駅では交通系ICカードが使えないとのこと。博多駅ではICカードで切符が買えてしまいますが、博多南駅は不可。博多へ戻る分の現金300円がお財布にあることを確認しておきましょう。(普段SUICAしか使わないから危なくお金が足りないところだった…)

_MG_4164

博多南駅は大きな駅ではなく、単式ホームが1面1線あるのみ。

_MG_4197

ホームは新幹線が止まるホームとは思えないくらい狭い。

_MG_4168_MG_4167

駅は那珂川町と春日市の境目にある。

ちなみに、某艦隊のアイドルの名前の由来はココではなく茨城県の方らしい。

_MG_4161

この博多南駅は新幹線の博多総合車両所内にある。駅の近くにはこんな石碑も。

_MG_4141

周辺を散歩してみると車両基地らしい感じで700系とN700系が並んでました。

_MG_4130

珍しい車両もいくつか目撃。これは100系の2階建てグリーン車のようですね。

_MG_4149

こちらは500系の試験車WIN350ですね。以前、米原から京都へ向かう際に線路沿いで見かけたことがありましたが、どうやら反対側の先頭車両のようですね。こんなところにあるんですね。

_MG_4146

その後ろには0系が。ちょっとした博物館ですね。

_MG_4201

博多南駅のホームから撮影。

_MG_4198

これから博多駅へ向かいますが、車両はひかりレールスター。

座席は全席自由席になっているので座席が広い指定席車両も追加料金なしで座れる。

地元の皆さんは指定席から座っていくので自由席しかあいてませんでした(^^;)

_MG_4207

出発すると、車内からも車両基地の様子が撮影できました。

_MG_4344

博多駅で降りてからしばらく、写真撮影してみました。

新幹線がめったに見れない道民なのでテンションダダ上がり。

_MG_4247

折り返しの新幹線が到着すると、車内清掃の方々がズラリ。

_MG_4304

最後に500系。個人的には500系が一番カッコいいと思う!

ちなみに、博多南へ向かう新幹線の車両は時刻表によると500系もあるようでした。

上手くタイミングが合えば300円で500系に乗れるのかぁ。今度チャレンジしてみよ。

2014/9/14 日曜日

【写真】規制緩和で離着陸時撮影可能に

Filed under: ハードウェア関連,写真,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 20:48:31

9月1日に航空機内における電子機器の使用制限が緩和されて、離着陸中にもデジカメが使用可能になった。

報道発表資料:航空機内における電子機器の使用制限を緩和します – 国土交通省
http://www.mlit.go.jp/report/press/kouku09_hh_000055.html

これまでフィルムカメラじゃないと撮影できなった写真が撮れるようになった。

ちょうど、福岡へ行く用事があったので、その際にこれまで撮れなかった写真をメインに撮影してみた。

_MG_3813

 

これまでは、ドアが閉まると電子機器が使えなかったので取れなかった「グッバイ・ウエーブ」。

_MG_3820

仁川から大韓航空で戻ってきた際には、滑走路を出て誘導路に入ると電子機器が使えたので、不可能ではなかったですが、航空機のお尻を間近から撮ることもできる。

_MG_3825

滑走路侵入待ち中。着陸機が撮れました。

_MG_3842

離陸した瞬間。

_MG_3845

下に見えるのは新千歳の着陸用滑走路。この日は残念ながら南上がりだったので、新千歳のターミナルビルは撮影できず…

_MG_3864

上昇中に雲を抜けた直後。今までなら、まだシートベルトサインが出ているので、撮影はできなかった。

_MG_3886

着陸直前に撮影した、福岡の街並み。

_MG_3912

着陸後の誘導路移動中に撮影。ものすごく滑走路に近いので、最高の撮影スポット。

_MG_4900

こちらは帰りに撮影した福岡の街並み。

_MG_4914

上昇中に撮影した空の様子。

_MG_4964

新千歳への降下時にうっすらと霧がかかっていたのでブロッケン現象が撮れるかと期待していましたが、いまひとつでした… ちょっとだけ虹が見えてますけどね。

_MG_4990

行きに撮れなかった、新千歳のターミナルビル。やっぱり、北上がりの旋回直後の方がターミナルはしっかり撮れそうですね。

_MG_4997

最後に、滑走路。

行きも帰りも天気が悪くて地味な写真ばっかりになってしまったが、これまでデジカメでは撮影できなった写真を載せてみました。

こうなると、もはやフィルムカメラを大事に取っておく必要もなくなってきましたねぇ。

2014/4/13 日曜日

久々に大通公園へ行くと…

Filed under: 写真,日記 — ハイジんブルー @ 19:19:37

冬の間はほとんど地下歩行空間で移動する。

今日は天気も良く暖かかったので、大通公園を歩いていると…

_MG_1140

あら、地下鉄の出口がガラス張りでおニューになったんですね。

反対側も工事中なので駅前通りを統一するのかな?

タグ: , ,

2013/12/28 土曜日

【旅行記】米国西海岸の街 サンフランシスコ【GoldenGateBridge編】

Filed under: 写真,日記 — ハイジんブルー @ 19:44:27

サンフランシスコといえば「ケーブルカー」と「Golden Gate Bridge」!

ケーブルカーはもう紹介しましたので、今度はGolden Gate Bridge編。

_MG_8467

青い空と海に赤いGolden Gate Bridgeは映えますねぇ。

_MG_8413

まずは足元にあるFort Pointへ向かいます。

_MG_8419

下から見上げてみました。完成当時は下面の補強がなくコの字構造だったようですが、1951に発生した嵐で橋に捻じれが発生したために下面が補強されて現在のロの字構造になったとか。

_MG_8459

つり橋を大地に固定しているアンカーレイジ部分は岩盤に載ってました。

_MG_8508

それでは、上へ移動。定番撮影スポットで一枚。よく見ると橋塔の間を通る飛行機が。

結構多くの飛行機やヘリが通っていましたので、観光向けに飛んでいるんでしょうね。

_MG_8523

途中にこんな看板が。

Golden Gate Bridgeの車道の両側に歩道があるのだが、時間帯によってどちらを渡れるかが変わるらしい。今回は東側の歩道を渡りました。

_MG_8533

こちらも、定番撮影スポット。よく絵葉書とかで見るアングルですね。

_MG_8938

こちらが橋への入り口。自転車に乗った人々で大渋滞(^^;)

移動編でも貸自転車について書きましたが、Golden Gate Bridgeは市街地からかなり遠いので自転車での移動がおススメ。自転車のまま渡れますし。

_MG_8539

歩道は車道側が自転車で、海側が歩行者でした。そんなに広くは無いし、途中に自転車版オービスみたいのがありますので速度の出しすぎには注意!

_MG_8596

橋塔を下から。

_MG_8676

そして、反対岸へ。ここは観光バスも多く来る東側にあるVista Point。

_MG_8714

ここからはGolden Gate Bridgeを渡る車や人が見えました。ちなみに、車の通行料はサンフランシスコに向かう場合にのみ取られるとか。

_MG_8773

Vista Pointから橋の下を通り西側に移動し、少しばかり山を登ったところにあるBattery Spencerからの一枚。ちょうど大型貨物船が通過していました。

この場所はサンフランシスコ湾を守る大砲が設置されていた場所で、昔の要塞跡が残っていました。

ちなみに、ここへたどり着くにはかなり急な坂道を登る必要があり普段から乗り慣れてないと自転車でも厳しいかも… 自分の他にここまで自転車で来ている人は数人いましたが、全員ロードバイクでした。

2013/12/7 土曜日

【旅行記】米国西海岸の街 サンフランシスコ【午後の散歩編】

Filed under: 写真,日記 — ハイジんブルー @ 22:00:15

早朝の散歩に続き、今度は午後のお散歩。

それにしても、連日晴天でした。秋のサンフランシスコは曇らないのか?!

_MG_9049

早朝編でも来たサンフランシスコ海事国立史跡公園。朝は全然人がいませんでしたが、お昼過ぎになるとのんびりしている人がいっぱいでした。

_MG_9070

クアッドローターで遊んでる人の周りに多くの人たちが集まっていました。

_MG_9097

朝は日が傾いてろくな写真が撮れませんでしたが、お昼頃は住宅地のほうも明るくなっていい写真が撮れました。サンフランシスコらしい住宅地。しかし、よくこの車ずり落ちないなぁ。

_MG_9134

朝と異なり、お昼になるとケーブルカーは観光客でいっぱいでした。

_MG_6809

歩いていると、「サッポロビール」発見!

貸自転車屋さんが言っていたとおり、サンフランシスコでは日本のビールはサッポロを良く見かけました。

_MG_7055

Minu Metro Fラインに沿って港を移動したところにある「Ferry Building Marketplace」。フェリー乗り場なのだが、お店がたくさん並んでおり、食べたりお土産を買うことができる。歴史がある建物で良い雰囲気でした。

_MG_7059

Ferry Building Marketplaceを出ると目の前にBay Bridgeが。瀬戸大橋が完成するまでは世界一長い吊り橋だっただけに、一部しか見えませんが、近くに行くと巨大さがわかりました。

_MG_7141

巨大といえば、こちらも巨大。NBAのサンフランシスコGIANTSの本拠地AT&T Park。

_MG_7156

ちょうど上原がワールドシリーズで活躍していた時期のため、試合は行われていませんでしたが、写真を撮りに来ている方は何人もいました。

_MG_7133

Appleのイベントといえば「Moscone Center」!日本でいうところの幕張メッセですね。この日も何かイベントが開催されていたようで多くの人が行き来してました。幕張メッセに初めて行った時もデケェ~と思いましたが、このMoscone Centerもデケェ~!

2013/11/30 土曜日

【旅行記】米国西海岸の街 サンフランシスコ【移動手段編】

Filed under: 写真,日記 — ハイジんブルー @ 14:58:48

早朝散歩編に続いて、今度はサンフランシスコでの移動手段を紹介。

アメリカの街はレンタカーが無いと移動が厳しい町が多かったりしますが、サンフランシスコは公共交通機関が充実していました。

_MG_7447

まずは観光の定番の「ケーブルカー」。写真のように身を乗り出して乗車が可能。写真の方にように結構多くの方がカメラを向けるとポーズをとってくれました(^^)b

_MG_6673

こちらも、日本ではなかなかお目にかかれないトローリーバス。日本では黒部にしか残ってないようですが、海外では良く見かけますね。

サンフランシスコは街中に架線がひかれててそこらじゅうをトローリーバスが走ってました。写真のように通常のバスのような車両もあれば、2つの車体がつながった連節型も走ってました。

サンフランシスコのバスで一番驚いたのはバスが来る周期。文字通り川のようにバスが流れていて、中心部だとバス停には1分おきくらいにバスが来ていました。もちろん、色々な方面へ向かうバスがバス停を共有しているためでしょうけど、それでも道路に目を向けると常にバスが走っていました。

_MG_7436

こちらは、地下鉄の「BART」。観光地間の移動で利用することはあまりないかもしれませんが、サンフランシスコ国際空港に駅があるため、空港との間でお世話になるかも。

アメリカの地下鉄というと治安が悪そうだなぁという印象がありましたが、車内はそこそこ綺麗で夜の場合はBARTの方が安心だと感じました。

_MG_6791

こちらは、Muni Metroの路面電車「Fライン」。海沿いの観光地を走っているので観光での移動にはよさそう。それを意識してか、車両もレトロ!

_MG_6795

これらのレトロな車両は昔世界中で走っていたものを利用しているとか。上の2枚の写真の車両は米国内で走っていた車両。

_MG_6918

こちらは、イギリスのバーミンガムの車両。

_MG_7082

そして、オーストラリアのメルボルンで活躍してた車両。

Fラインはどんな車両が次に来るかを見てるだけでも楽しい!日本からも阪堺電気軌道151形電車が走っているようですが、残念ながら今回は見れませんでした。

_MG_7147

同じMuni Metroですが、残りの6路線は通常のライトレール。Fラインと異なりこちらのほうはサンフランシスコの人々の日常の足といったところでしょうか。

_MG_6830

バスや鉄道のほかに観光で便利なのがフェリー。サンフランシスコにはアルカトラズ島のように船で行くしかない場所もあり、港へ行くと観光フェリー乗り場がたくさん並んでます。

_MG_8325

そして、最後は一番のおススメ。チャリ!

サンフランシスコは港周辺に多くの貸自転車屋があり、1日単位で自転車が借りれました。

今回はBlazing Saddlesという貸自転車屋でお世話になりました。残念ながら日本語が喋れる人はいないようでしたが、多くの外人と対応しなれているためか英語がわからなくて一生懸命説明してくれるようでした。余談ですが、どこから来たのかと聞かれてから「札幌から来た」と言ったら「サッポロビール最高だぜ!ᕙ(*´ω`*)ᕗムキッ」と返ってきました。まさか、米国でサッポロビールに出会うとは思ってませんでした(^^;)

店舗にもよりますが、自転車の種類も豊富で安価なマウンテンバイクから高級なロードバイクまで色々選べました。初日に一番安価なマウンテンバイクを借りましたが、さすがに坂の街の移動には厳しかったので2日目には乗りなれたロードを借りました。ちなみに、マウンテンバイクはあまりオプションはありませんが、ロードの方はペダルの種類など色々選べました。普段使い慣れた装備で走れるのはありがたい。

_MG_9017

日本でも最近は車道を走るようになってきましたが、アメリカでは完全に車と同じ扱いで日本みたいに歩道を走ると違法になる。よって、街中では慣れていないとかなり怖い。

だけど、観光地にはサイクリングロードが整備されていますし、上の写真のように自転車専用信号も。また、今回利用した貸自転車屋では現在位置から危険な交差点を回避してサイクリングロードまで安全に行くルートを出発前に教えてくれました。しかも、2ルート教えてくれるので行きと帰りは別な風景も楽しめる。

さらに、サンフランシスコでは電車やバス、フェリーに自転車を持って乗ることができるためかなり自転車での移動のしやすさは高い。

そんなわけでサンフランシスコでの移動には自転車が絶対おススメ!

ただ、地味に注意が必要なのがブレーキの左右が日本と逆なこと… 下りでいつも通り左ブレーキを強くかけたら立ちごけしました… ヘルメットが有ってよかった…

2013/11/23 土曜日

【旅行記】米国西海岸の街 サンフランシスコ【早朝散歩編】

Filed under: 写真,日記 — ハイジんブルー @ 19:39:40

先日サンフランシスコへ行ってきたので、その写真を載せてみたり。

結構な枚数を撮影したので「XXX編」といった感じで数編に分けて掲載していきます。まずは、早朝のサンフランシスコ編。

お仕事があるのは午後からだったので、朝早く起きてお散歩してみました。

10月下旬に行きましたが、サマータイムと言うことで午前7時でもまだ真っ暗。7時15分くらいから徐々に明るくなってくる感じでした。よって、早朝というのは過言かもしれませんが、まぁ、まだ日の出前に出発したので早朝ってことで。

_MG_6260

だいたい7時半に撮影したUnion Square近くの街中。まだ人はあまり歩いてませんが、夜と違って薄暗くてもホームレスの皆さん、忙しく動き回ってるし絡まれることはありませんでした。

_MG_6298

サンフランシスコ名物のケーブルカー。

さすがに、この時間はほとんど人が乗ってませんでした。日中は観光客でいっぱいなので、この時間は穴場ですね。

_MG_6338

朝焼けに浮かぶ三角形の建物はTransamerica Pyramid。サンフランシスコで最も高いビルでサンフランシスコのどこに居ても見えてました。

_MG_6400

サンフランシスコを歩いていると上り下りが凄い!ちょっと小高い住宅地の合間からBay Bridge(右のつり橋)とCoit Tower(丘の中心に立ってる)を撮ってみましたが、歩いているとガイドブックに載ってないような眺めが良いところがそこらじゅうにありました。

_MG_6445

こちらも住宅地の合間から撮影。Bay Bridgeと星条旗。町中に星条旗を掲げた建物がたくさんありました。

_MG_6431

サンフランシスコの通り(道路)には名前が付いていて、何故にここにこの名前が?!と思うような通りも。(例:Sacramento Street、Sacramentoはカルフォルニアの州都)

写真のFrancisco St.はサンフランシスコっぽかったので撮ってみたり。

_MG_6461

町中にあるケーブルカーの始点からずっと歩いてきましたが、ようやく終点がある海が見えてきました。坂を下りていくケーブルカーの最後尾に乗っているのは車掌さん。降りる際には車掌さんが後ろでブレーキをかけていてかなりの力仕事のようでした。それにしても、この車掌さん良い睨みをこちらに投げてくれました(^^)

_MG_6491

そして、終点のサンフランシスコ海事国立史跡公園に到着。名物のターンテーブルも朝早いとあって観光客は誰もいませんでした。(昼頃になるとすごい人だかりに)

奥にうっすらと見えるのが有名なGolden Gate Bridge。

_MG_6536

まだ、日も傾いている時間なので逆光で撮るとなかなか良い雰囲気。

_MG_6641

そして、こちらが朝のお散歩の終着点「サンフランシスコ海事国立史跡公園」からサンフランシスコの街を撮影。来る途中で見たTransamerica Pyramidも見えてますね。

とまぁ、朝からフラフラと散歩してみましたが、観光するなら朝が意外な穴場時間のようでした。ほかの観光客はまだ出歩いてなく、お店もやってませんが、昼間のように写真の場所取り合戦はしなくて良いし、仕事へ向かう人や釣りをしているお爺さんやらサンフランシスコの人々の日常風景が楽しめた気がしました。

2013/11/10 日曜日

【航空機写真】B787 新千歳復活

Filed under: 写真,日記 — ハイジんブルー @ 15:59:13

10月26日で新千歳のジャンボ機の定期便が終了して27日から787が復活!
ちょうど新千歳に用事があったので撮ってきましたよ~

Canon EOS 50D EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS F14 1/200 ISO800 200mm

Canon EOS 50D EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS
F14 1/200 ISO800 200mm

日中は土砂降りでしたが、787が到着するころには夕焼けが綺麗でした。
濡れた滑走路の水が巻き上げられるのが撮れるかと期待してましたが…
うぅ~ん、大分乾いてしまって今ひとつでした。

Canon EOS 50D EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS F5.6 1/15 ISO3200 200mm

Canon EOS 50D EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS
F5.6 1/15 ISO3200 200mm

こちらは羽田への戻りの便。息が白くなる寒さでした。
787のエンジンも白い息を吐いてました。

_MG_2278

Canon EOS 50D EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS
F8 1/30 ISO100 200mm ND4

こちらは一週間後の11月3日に撮影。いい感じに流し撮りできました。
それにしても787はびっくりするくらい静かですねぇ。

Canon EOS 50D EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS F5.6 1/5 ISO3200 90mm ND4

Canon EOS 50D EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS
F5.6 1/5 ISO3200 90mm ND4

そして、その羽田への戻り。もう日が暮れるのが早いから真っ暗… 熊が出そう…

次ページへ »

HTML convert time: 1.818 sec. Powered by WordPress