2012/6/18 月曜日

【レビュー的な何か】Seagate ST1000DM003【フォトレビュー編】

Seagate Barracuda 『ST1000DM003』 目次

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【フォトレビュー】←今ココ
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【単体ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【Raid0ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【まとめ】

まずは、フォトレビューから。

バルク品で購入したので帯電防止保護袋に包まれただけの簡単な包装。

袋自体は、いつものSeagateのものと変わりませんが、製品保証シールが新しくなってますね。

去年購入したST2000DL003では「シーゲイト製品保証」と表記されていましたが、「シーゲイト正規代理店保証」に変更されていました。保証について変更があったとSeagateからアナウンスがあった記憶はないので、表記が変更されただけでしょうかね?

袋から取り出したST1000DM003。

ぱっと見、Barracuda 7200.12シリーズと変更はないように見えますが、実は写真下側の形状が左右逆になってたり。部品配置はBarracuda LPシリーズに近くなったようですね。

ラベルは久々にがらっと変わりましたね。これまで複数シリーズあったBarracudaですが、『Barracuda』に統一されたことでラベルも変えたんでしょうね。

これまでシリーズ名と容量の表記が世代ごとに左寄せ・中央揃え・右寄せと変わっていくのを見てきましたが、今回は左寄せってことで!

ちなみに、これまでのBarracudaシリーズではSATAケーブルの接続の仕方がラベルに丁寧に表記されていましたが、ST1000DM003では特に表記はなく、割と簡素な表記になりましたね。

裏面はこんな感じ。基板サイズ・形状はBarracuda 7200.12やBarracuda LPシリーズと変わらず。

基板を引っぺがして表面をみてみると、キャッシュメモリが『Samsung K4T511630I-HCE7』になっていました。

Barracuda LPやBarracuda 7200.12シリーズではTSOPパッケージのDDR SDRAMを搭載していましたが、ST1000DM003ではFBGAパッケージのDDR2 SDRAMに。以前の基板ではギッチリ詰まっている感じがしましたが、メモリのパッケージが小さくなったことでメモリ周辺の配線が余裕ありそうな感じに。次の世代ではさらに基板が小さくなるかもしれませんね。

コントローラのほうはLSI製であることがわかりますが、放熱シートがバッチリくっついていて詳細は確認できませんでした。

(左:ST1000DM003(1プラッタ) 右:ST2000DL003(3プラッタ) )

Seagate製1プラッタHDDの特徴でもあるのですが、ST1000DM003は通常の3.5インチHDDよりも薄型となっている。多数のHDDを搭載するRAIDではHDD同士の距離が離れるほうが排熱上うれしいので、個人的には重要なファクターだと思っている。

【準備編】

【レビュー的な何か】Seagate ST1000DM003【準備編】

Seagate Barracuda 『ST1000DM003』 目次

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【フォトレビュー】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編】←今ココ
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【単体ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【Raid0ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【まとめ】

それでは、実際に使用する準備に取り掛かっていきます!

はじめに、CrystalDiskInfo 4.3.0でSMART値のチェック。

ST2000DL003のとき同様バッファサイズは表示されませんでした。フォトレビュー編で見たDDR2 SDRAMは512Mbitなので仕様通り64MBであると思われますが、CrystalDiskMarkの結果がちょっと楽しみですね。

フォーマット前にHDTune2.55でチェックしてみると…

おおっ!Max 199.1MB/s!残念ながら200MB/sには達しませんでしたが、これはすごい!Access TimeもBarracuda 7200.12とほとんど変わらず。

完全フォーマットには1時間46分25秒要しました。

500GBのST3500418ASのときは1時間22分でしたので、転送速度差(ST3500418AS:125MB/s  ST1000DM003:200MB/s)を考慮すると妥当な感じですね。

フォーマット後のプロパティは上に示した通りでWindows上での実容量は1,000,202,039,296byte (931GB)となってます。

【単体ベンチマーク編】

【レビュー的な何か】Seagate ST1000DM003【単体ベンチ編】

Seagate Barracuda 『ST1000DM003』 目次

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【フォトレビュー】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【単体ベンチ編】←今ココ
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【Raid0ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【まとめ】

お次にCrystalDiskMarkでベンチマーク。

ベンチマーク環境:『自作PC 3号』
[CPU]Core2Quad Q9650@定格
[Memory]DDR2 800 2G×4@定格
[M/B]Gigabyte GA-EP45-DS5
[System HDD]Seagate ST2000DL003
[Data HDD]ST31500341AS + ST3500418AS×3(RAID0)
[VGA]HIS Radeon HD3870 IceQ3
[OS]Windows7 Home Premium 64bit
[SATA 3Gbps]Intel ICH10R (Intel Rapid Storage 10.1.0.1008)

ST1000DM003自体はSATA 6Gbpsに対応していますが、現在使用中の環境でSATA 6Gbpsに対応するものが無いので、今回はすべてSATA 3Gbpsで測定しました。いずれの結果もフォーマット直後の状態で行いました。

CrystalDiskMark 3.0.1

まず、はじめにCrystalDiskMark 3.0.1の結果。

最大となったのがデータサイズ1000MBでシーケンシャルリード171.9MB/s。HDTuneでMax 199.1MB/s出ていたので200MB/s近くを期待していただけにちょっぴりガッカリ…

CrystalDiskMark 2.2

これまでの世代のSeagate Barracudaシリーズと比較するためにCrystalDiskMark 2.2の値を見てみます。

~比較対象~

  • ST1000DM003 (1TB [1TBプラッタ] 7200rpm) Barracuda
  • ST2000DL003 (2TB [667GBプラッタ] 5900rpm) Barracuda Green
  • ST31000520AS (1TB [500GBプラッタ] 5900rpm) Barracuda LP
  • ST3500413AS (500GB [500GBプラッタ] 7200rpm) Barracuda 7200.12
  • ST3500418AS (500GB [500GBプラッタ] 7200rpm) Barracuda 7200.12
  • ST31500341AS (1.5TB [375GBプラッタ] 7200rpm) Barracuda 7200.11
  • ST3320613AS (320GB [320GBプラッタ] 7200rpm) Barracuda 7200.10

200MB/sにはまだまだ達しなくてガッカリしましたが、それでも、これまでに使用してきたHDDの中で最速の値になっていて1TBプラッタの高記録密度が発揮されていることが分かる。

最後にデータサイズを変化させた際の結果を…

リードに関してはST2000DL003(キャッシュ容量64MB)の時と同様に512Kがデータサイズ16MBから下がり始める傾向となっているが、急に下がるわけではなく、128MBまでジワジワと下がる結果になっており、64MBキャッシュが効いていることが分かる。

ライトはST2000DL003の時はリードと同様に16MBから急に下がる傾向になってましたが、ST1000DM003では64MBまでは維持されていることが分かる。ちょっとおもしろかったのが、Seqの値。64MBまでギザギザした形になってますが、これが何回測定しなおしてもこの傾向は変わらず。不思議です…

【Raid0ベンチマーク編】

【レビュー的な何か】Seagate ST1000DM003【RAIDベンチ編】

Seagate Barracuda 『ST1000DM003』 目次

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【フォトレビュー】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【単体ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【Raid0ベンチ編】←今ココ
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【まとめ】

今回、ST1000DM003を購入した目的は現行のRAID0環境を置き換えることにありました。

そこで、ST1000DM003を2台用いたRAID0が現行のST3500418ASを3台用いたRAID0の性能に及ぶかを見ていきます。

ベンチマーク環境:『自作PC 3号』
[CPU]Core2Quad Q9650@定格
[Memory]DDR2 800 2G×4@定格
[M/B]Gigabyte GA-EP45-DS5
[System HDD]Seagate ST2000DL003
[Data HDD]ST31500341AS + ST3500418AS×3(RAID0)
[VGA]HIS Radeon HD3870 IceQ3
[OS]Windows7 Home Premium 64bit
[RAID0] LSI MegaRAID SAS 8708EM2

RAID構築には『LSI MegaRAID SAS 8708EM2』を用いました。

現行の『MegaRAID SAS 9240』ではSATA 6Gbps対応となってますが、今回用いる『8708EM2』はSATA 3Gbpsまでの対応となる。SSDのRAID構成では重要なファクタかもしれませんが、現行のHDDのRAIDならSATA 3Gbpsで十分!

さっそく、RAID0構成時のCrystalDiskMark 3.0.1の結果を。

シーケンシャルの値は期待通り、ほぼ倍になりました。

これまでのST3500418AS 3台でのRAID0構成の結果はどうだったかというと…

シーケンシャルリードの値が多少下がってしまいましたが、ライトは向上。ランダムアクセスは台数が減ってるので仕方ないでしょうねぇ。これならRAID環境を置き換えても問題なさそう!

【まとめ】

【レビュー的な何か】Seagate ST1000DM003【まとめ】

Seagate Barracuda 『ST1000DM003』 目次

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【フォトレビュー】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【単体ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【Raid0ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【まとめ】←今ココ

新しくBarracudaシリーズとして生まれ変わったSeagateの3.5インチHDDの1TBモデル『ST1000DM003』。

プラッタ容量がついに1TBに達し、転送レートも前世代から向上していることを確認しました。本当なら消費電力についても掲載したかったんですが、あり得ないほど低い値が出てしまって、測定環境に問題があるかもしれませんので、今回は掲載を見送りました。再検証を行ったら載せます!

現行のST3500418AS 3台を用いたRAID0の置き換えを狙ってみましたが、ST1000DM003 2台でホボ同等の性能が得られました。2台になったことで消費電力が削減されただけでなく、RAID合計容量も1.5TBから2.0TBに向上。台数が減れば、故障率も下がるのでいいことばっかり!置き換え作戦は大成功ということで!

2011/12/11 日曜日

ひさびさにUSBメモリなるものを買ってみた

個人的には最近の微細化が進んだフラッシュEEPROMというものを信用できないので、しばらくUSBメモリを使うことがほとんどなかった。調べてみると、最後に買ったのが2年以上も前…

だが、最近はPC以外の装置でもUSBメモリが無きゃお仕事にならない装置が増えてきたので久々にUSBメモリを買ってみた。

じゃんぱらで580円で購入。未開封だが何かワケありなのか「中古扱いですので、よろしくお願いします」と言われました。

USB端子はスライドさせるタイプ。よくフタをなくすのでありがたい。

とりあえず、つないでみる…

ご丁寧にアイコンが設定されていました。

プロパティはこんな感じ。

メモリ内にはソフトウェアが入っていました。どうやら永年保障登録を行うためのソフトらしい。

とりあえず、ひょいっとHD Tune 2.55でチェック。

CrystalDiskMarkも特に目立った値も無し。

この2年ちょっとでUSBメモリがどれだけ進化したものかと期待していましたが、まぁ、この価格帯のものはあまり変わってないんですね。

あとは、コイツがどれだけ長持ちしてくれるかですねぇ。

2011/11/27 日曜日

【レビュー的な何か】I・O DATAの地デジチューナーをゲット!

地デジ化で無駄にでかい箱に変わり果てたアナログテレビ。

品薄でなかなか手に入らなかったんですが、ようやく入手できました、地デジチューナ!

今回、ゲットしたのはI-O DATAの『HVT-T2SD』。

I-O DATA 地上デジタルチューナー HVT-T2SD - アイ・オー・データ

I-O DATA 地上デジタルチューナー HVT-T2SD

アイ・オー・データ

発売日:2010/05/30 | 定価:¥ 6,528 (掲載時現在)| amazonで購入する

せっかくなので、ちょっとだけ【レビュー的な何か】を。

本体はこんな感じ。

コンパクトで、ボタン類も必要最小限。

裏面の端子も最小限。映像出力はコンポジット端子のみで、D端子やS端子は搭載していない。

側面にはBCASカードスロット。

リモコンはこんな感じ。電池は付属していました。

データ放送用のdボタン等は無く、アナログテレビのリモコンと比べると「番組説明」「番組表」が増えているって感じですね。ボタンも大きくて使いやすそうです。

アナログテレビとの接続は説明するまでもなく、非常に簡単。

アンテナケーブルをつないで、本機の映像出力とテレビの映像入力をつなぐ。コンセントを刺しておしまい。

電源を入れると…

まず、チャンネルスキャンの設定画面が出ました。自分が視聴する地域を選ぶと…

スキャンが進行し、しばらくすると…

チャンネルの一覧が表示されます。以上で、地デジが見れるようになりました。

やったことは視聴地域の選択をしただけ。

機械が苦手と言う人でも簡単にできるように配慮されているんでしょうね。

画面表示を行うと、このようにハイビジョンテレビよりも字が大きく表示されるため、小さいテレビでも見やすい。

番組表はこんな感じで、チャンネル毎に表示されます。

さすがにアナログテレビで全チャンネル表示すると文字がつぶれてしまうでしょうからねぇ。

番組説明も、放送内容が見えない状態で全画面表示されました。

リモコンには[ズーム]ボタンが搭載されていますが、このボタンは…

通常はこのように16:9の映像を上下に黒枠を付けて表示されますが、[ズーム]を「入」にすることで…

左右が切れてしまいますが、全画面表示に変えることができます。

とまぁ、ちょろっとだけ紹介してみましたが、アナログテレビの復活に貢献してくれそうです。画質も予想以上に良くて、驚きました。やっぱりゴーストが出ないだけでキレイに見えるもんですねぇ。

使い方も簡単で、難しい設定も不要。祖母のテレビにつけてあげたんですが、バリバリ使いこなしているようですので、「難しそう…」と思っている人でも使いやすそうです。

アナログテレビ復活を試みている方におすすめですね。

2011/11/5 土曜日

【レビュー的な何か】ThinkPad用 互換バッテリーを買ってみた

ジャンク品で入手したため、長いことバッテリーなしで過ごしてきたThinkPad T60。

せっかくのノートPCなのに、使うたびにコンセントを探して作業していたのでは効率が悪いので、バッテリーを買うことにしました。

IBM(Lenovo)の純正品バッテリーが若松通商で安く変えることは以前から知っていたんですが、Amazonをウロウロしていたら気になるものを発見。

1020【IBM】【ThinkPad】 【T60】【R60】【T60P】【R60E】【Z60m】【バッテリー】【充電池】 - IBM Thinkpad

1020【IBM】【ThinkPad】 【T60】【R60】【T60P】【R60E】【Z60m】【バッテリー】【充電池】

IBM Thinkpad

発売日:- | 定価:¥ 3,490 (掲載時現在)| amazonで購入する

『価格破壊研究所』という怪しげな店名のショップが出品しているのだが、3,490円と激安。他にデジカメ用の互換バッテリーを出しているロワジャパンからもT60用互換バッテリーは出ているんですが、こちらは5,980円で安いなぁと思ってましたが、それよりも安い。

同製品のレビューを探してみるも、わりと新しいお店のようでレビューはあまり見つからず。

安い+怪しげな店名=残念バッテリー

と言う式が頭の中で表示されたが、まぁ、安いし失敗してもイイやと思い、注文してみたところ、注文から2日で届きました。北海道だから4日以上は覚悟していたのだが、意外に早かった…

届いたバッテリーはこんな梱包。いかにもバルク!って感じです。

中も、過剰包装されているわけではなく、必要十分な緩衝剤のみでした。

バッテリーはこんな感じ。もともと純正バッテリーを持っていないので比較はできませんが、パッと見、純正バッテリーと見分けがつかないんじゃないか?と言った感じですね。

表記では11.1V 6600mAh。純正バッテリーは10.8V 7800mAhらしいので、容量少なめで電圧は高め。多少不安だが、動けば良いんだ!

注意書きは日本語もありました。

でもって、ThinkPad T60につけてみました。

良く怪しげな互換バッテリーである「筐体の色が若干異なる」や「寸法が若干違って抜き差しがしにくい」と言ったことはなく、これまた純正バッテリーと見分けがつかない。

ThinkPad T60にはWindows 8 Developer Previewが入っているので、その状態で起動すると…

残量は67%表示。リチウムイオンバッテリーは満充電や過放電にしておくとろくなことが無いので、出荷されるまで丁度いい残量で保管されている感じですね。

ThinkPad Power Managerを開くとこんな感じ。

ThinkPadは互換バッテリーを使うと「純正バッテリーを使え!」って表示が出ると聞いていましたが、今回は出ませんでした。当たりのバッテリーなのか、それともWindows 8のせいなのかはわかりません。

で、しばらく充電したあと、BBenchで持続時間のテストをしてみました。

条件は[キーストローク出力 : 10秒おき][Web巡回 : 60秒おき]で、Windowsの電源プランはThinkPadの[パワー源最適化]に設定。インターネットへの接続は内臓Wi-Fi(802.11g)として実使用に近い条件で行いました。

で、測定結果がこんな感じ。

正直、こんなに持つとは思ってませんでした…

100%からWindowsが自動終了する5%まで4時間17分。これまでバッテリーに依存していない使い方をしていたので十分すぎる持続時間です(^^;)

とまぁ、「安かろう悪かろう?!」というつもりで購入した激安互換バッテリーですが、意外に活躍してくれそうです。耐久性とかは使ってみないとわからないので、何かあったら報告していこうかと思います。

2011/10/13 木曜日

Adobe Photoshop/Premiere Elements 10発売

Adobe Photoshop ElementsとPremiere Elements 10が発売になりました~。

そして、さっそく届きました~!

パッケージはこれまでのものよりも小さく、DVDトールケースサイズに。

付属のディスクは(おそらく)過去最高枚数のDVD 5枚!

Mac用とWindows用の他に、Premiere Elementsがついに64bit対応をはたして、その分だけディスクが増えたのでしょう。

「レビューは?」と聞かれそうですが、ちょっと今忙しくてできそうに無しorz

他の方のレビューをご覧ください(^^;)

2011/9/19 月曜日

【電子工作】電流制限式 冷却ファン回転数制御

PC用の冷却ファンで回転数を下げるために良く用いられる方法として12V専用ファンを5Vラインに刺す方法がある。

じゃ、もともと5V専用のファンの回転数を下げるなら?

少ない部品数で回転数を下げるならこんな回路でOK。

簡単に説明するとR1で抵抗値を変えることでT1のベースに流れ込む電流値が変わり、それに合わせてT1のコレクタからエミッタへ流れる電流が変わる。つまり、冷却ファンに流れる電流を制限することで回転数を下げることができる。

単純で良い回路なのだが、一つ問題が…

モーターは起動する際に必要な『起動電流』が回転しているときの電流よりも大きい。

つまり、起動電流に満たない電流値における回転数制御はできないことになる。

そこで、起動時に電流制限がOFFになるように改良してみました。

改良と言っても、コンデンサを1個追加しただけ!

充電済みのコンデンサは直流回路ではオープン(開放)として考えられますが、充電中は電流が流れる。

よって、上記回路に電源を供給した直後の極短い時間はC1を通して電流が流れるため可変抵抗(R1)は無視することができ、起動電流をモーターに供給することができる。C1が充電されればC1を通して電流は流れないため可変抵抗(R1)に従う電流制限が働く

Get the Flash Player to see the wordTube Media Player.

上の回路ではコンデンサ(C1)は47[μF]となっていて、今回用いた冷却ファンでは丁度起動直後に回転数が制限されます。試しにコンデンサ(C1)を2200[μF]と大きいものにしてみると、充電に時間がかかるため起動直後の数秒はファンがMAXで回転し、その後制限回転数まで下がりました。こういった動作をさせたい場合にも、この回路は使えそうです。

ちなみに、上記回路の定数や型番は今回用いた冷却ファン用の値になってますので、自分で組む場合は自分のモーターに合うように値の計算を行ってから組んでくださいよ~。

(参考)モーターの制御回路についてわかりやすいページ↓

モーター スピードコントロール – 始める電子回路
http://www9.plala.or.jp/fsson/NewHP_elc/elc/elc_14moterSpdContl.html

« 前ページへ次ページへ »

HTML convert time: 0.981 sec. Powered by WordPress