2008/11/22 土曜日

E7200はヒートシンク無しでも動作?!

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 23:31:23

『チラシの裏面』さんが凄いことしてました。なんとCore2Duo E7200とPentium DualCore E5200をファンレスどころかヒートシンクすら取っ払った状態で動作させてます!

abit I-N73H with E5200 – チラシの裏面
http://zak.spaces.live.com/blog/cns!5869D36F23231654!4908.entry

abit I-N73H with E7200 – チラシの裏面
http://zak.spaces.live.com/blog/cns!5869D36F23231654!4887.entry

低発熱で有名な45nmプロセスCPUですが、ここまでできるとは驚きです。ちょっと前はPentium4のヒートシンクのネジを1本忘れただけでBIOSすら起動しなかったものでしたから(笑)

さすがに、安心して使うとなると厳しいかもしれないですが、現在のIntelの薄型冷却ファンでも相当余裕があるってことで安心して使えますね。


ST3250820NS その1

先日買ったBarracudaES ST3250820NSだが、今からベンチマークを始めようかと思って、フォーマット中です。

ST3250820NS

色々と面倒なのでeSATA接続で使用中。 電源はPCから取ってますが、ここでひとつ問題が… 現在OSをインストールしているBarracuda7200.11 ST3320613ASと同じ電源ライン上に接続するとST3250820NSまたはST3320613ASのどちらかしか認識しない。しかもランダムで。両方ともスピンアップはしっかりしてるし、2個のHDD程度で容量不足になる電源(Enemax Liberty 500W)ではないんですけどねぇ。どちらかが発してるノイズが電源ライン上に載ってしまって相性問題がでているのかな?ちなみに、別系統上に接続すると全く問題なく動作します。

ST3250820NS SMART

とりあえず、フォーマット前にHD Tune2.55でSMARTを確認してみる。まぁ、中古なのでそれほど期待はしてませんでしたが、とりあえずのところはOKっぽいですね。むしろHD Tuneを起動すると5秒おきにシーク音がするんですが、これは仕様なんでしょうかねぇ?

ST3250820NS ErrorScan

ディスク上のエラーのスキャンも行ってみましたが、特に不良はなさそうですね。

んじゃ、まだフォーマットしてない状態ですが、簡易ベンチマークをしてみました。

ST3250820NS Benchmark

まぁ、ベンチマーク専用環境ではなく、普段使ってる環境での結果ですから参考程度ですが、166GBプラッタって結構思ってたよりは速いですね。

Mini-ITX、CPU、メモリの3点セット

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 17:24:11

Mini-ITXマザーにCPUとメモリが付属したお買い得モデル! – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/191/191539/

  1. Jetway製のmini-ITXマザーボード「NC81-LF」
  2. Athlon LE-1660(2.8GHz)
  3. CFD製DDR2 SO-DIMM 1Gバイト「CFD Elixir D2N800CQ-1GLZJ」

の3点がセットになったMini-ITXキットが発売になったようです。

マザーボードはGigabitLANを2ポートを搭載しているのでサーバーにも使えそうだし、内臓グラフィックは「ATI Radeon HD 3200」を搭載しており、さらにHDMI搭載なので動画再生用にもよさそうですね。

OpenCL まもなく登場

高性能なGPUを汎用演算につかってしまおうというGPGPU。現在は各メーカーが独自にCUDAやATI Streamなどと開発環境とかを提供している感じで、互換性が無い状況だ。そんな中、Appleの提案でオープンスタンダードな『OpenCL』というものがまもなく登場するとのこと。

OpenCL spec is almost out the door – The Tech Report
http://techreport.com/discussions.x/15935

プログラミングに詳しい方ならOpenGL(Open Graphics Library)というのをご存知かと思いますが、ちょっと強引ですがOpenCL(Open Computing Language)はそれの汎用演算版ってかんじですね。 (※LanguageとLibraryなのでちょっと違いますよ…)

C言語をベースにしているため、Cを使ったことある人には使いやすくなっており、異なるGPUでも使うことができるのが特徴だ。

すでにAppleの次期OS『MacOSX SnowLeopard』への搭載も決定してますので、MacOSでは一気に普及していきそうですね。他のOSでも普及して現在、各メーカー独自路線を突っ走ってしまっているGPGPUで共通で使える仕様ができると便利ですからねぇ。

KITAKAスタートから1か月

Filed under: ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 14:47:31

JR北海道の交通ICカード『KITAKA』。10月25日に開始されてから、早くも1か月経過しましたが、発行枚数は予想を上回ってるとのことです!自分も東京へ行くたびに『SUICA』の便利さが身にしみてたので、登場が非常に楽しみでした。

北海道に交通ICカード登場――Kitaca旋風どこまで続く? – Business Media 誠
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0811/21/news144.html

昨日JR札幌駅の改札の前を通りましたが、確かに利用者いますねぇ~。ただ、まだ慣れていない人がいるのか、しっかり『タッチ』してなくてドアに激突している人がいました(笑)お財布に入れたままOKってことにはなってますが、他のカードと干渉したり、分厚い財布だと反応しないみたいなのでしっかりとタッチした方がいいですね。

ただ、JR北海道の『KITAKA』と札幌市営交通が先日市民モニターを開始した『SAPICA』はやはり共通利用不可。札幌市はSAPICAを図書館カードとかの公共サービスでも使うつもりためらしい。ICカードになると財布の中のカードの枚数が減らせる!というのが特徴のはずなのに、厚さが若干増したカードが財布の中で増えて結局意味がないし… 共通利用については2011年度に最終的な決断が下されるとのことなので、札幌市へ不満の声を届けるしかない!!

Pen4でビデオレンダリングはかなり…

Filed under: コンピュータ関連,日記 — ハイジんブルー @ 3:17:09

Pentium DC E2200を搭載したVista 64bit機だとAdobe Premiere Elementsが使えないので動画編集専用にPentium 4 2.53GHzを1台用意している。ちょろっと動画編集をして13分あまりの動画のレンダリングを開始… 遅い… 遅すぎる…

編集作業中は多少重いけど、まぁ、必要十分な性能って感じでしたが、さすがにレンダリングはひどい…

これはビデオ編集用にVista 32bit買った方がいいのか?!

※追記:2008/11/22 03:24

今気づいた。動画の編集まではPentium4機で行って、レンダリングはPowerEdge2650で行えば良いんじゃんΣ( ̄ロ ̄|||)アホだなぁオレ…

※追記:2008/11/22 04:00

結局、13分の動画のレンダリングに1時間もかかってしまった…

HTML convert time: 0.700 sec. Powered by WordPress