2009/7/31 金曜日

変わった方法でST31500341ASを高速化?

Modifying the Seagate 1.5TB Hard Drive: Unleash the Hidden Performance Within – TechwareLabs
http://www.techwarelabs.com/seagate_1-5tb-mod/

TechwareLabsにちょっと珍しい方法でHDDを高速化(というよりは最適化か?)していました。対象にしているのはSeagateのBarracuda 7200.11 1.5TBモデル「ST31500341AS」なんですが、Western Digitalの10,000rpm Velociraptorに迫る性能を出すことはできないか?ということを検証しています。

高速化の原理

その方法とは、ST31500341ASのファームウェアのLBA(Logical Block Address)を制限することで、HDDプラッタの外周域のみを利用するというもの。LBAはプラッタ上のデータの位置を示す“住所”のようなものですが、これの値を小さくすることで認識可能な容量を減らし、高速に読み書きができる外周のみを利用するわけだ。記事では、LBA数の値を589080586にすることで外周域の300GBのみを利用するようにしている。(1.5TBの場合は2930277167)

ST31500341ASは1.5TBですが、残りの1.2TBはどこに行くかと言うと、全く利用されない。つまり無駄になる。『それじゃ、ST31500341ASを使う意味が無いじゃん!』と思うかもしれませんが、この記事の趣旨は『ST31500341ASでVelociraptorに迫ること』なので、Velociraptorの最大容量である300GBであることに意義があるとのことです(^^;)

結果

このようにLBAを制限し外周域300GBを使用したところ、HDTune Pro 3.00で最大転送レート130.0MB/s、平均でも123.0MB/sとなっています。LBA制限が一番顕著に現れているのが、アクセスタイムですね。外周域のみを利用するためヘッドの移動量が少なく、アクセスタイムが10.7msになっています。以前、自分が行ったベンチマークでは13.7msとなっていたことを考えるとかなり早くなってますね。

はいじん☆ちゃんねる >> ST31500341AS レビュー[HDTune2.55編]
http://haizin.serveblog.net/?p=1123

アクセスタイムはランダムアクセスに現れるようですので、確かに高速化が期待できそうですね。

個人的に気になる点

ただし、この記事で若干疑問もあったり。

コレってパーティションを切るのと違うのだろうか?確かにHDTuneのようにファイルシステムレベルよりも物理層寄りのベンチマークでは効果がでますけど、実際の使用では差がでるでしょうかね?外周域以外は利用していないことでアクセスが発生しないのが利点ってことでしょうかね?

あと、ベンチマークがLBAをいじっていない“素のST31500341AS”と比較していないことも気になる。CrystalDiskMark 2.1の結果が掲載されていますが、この程度の上昇はベンチマーク環境の最適化で得られそうですからねぇ。そもそも、使っているのがバグがあるver 2.1だし…

まとめ

とはいえ、今まで聞いたことが無い方法だけに勉強になりました。

ちなみに、LBAの編集ですが、コンピュータの電源を完全に切ることがポイントだと書かれています。どうやら、再起動だとHDDの電源は切れておらずリセットされないのでLBA編集が失敗するようです。まぁ、試すときは自己責任でね(^^;)

2009/7/30 木曜日

500GBプラッタ採用のSpinpoint F3が発表

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 12:11:33

Samsung Unveils 7200RPM Hard Drives with 500GB Platters. – Xbit laboratories
http://www.xbitlabs.com/news/storage/display/20090729115431_Samsung_Unveils_7200RPM_Hard_Drives_with_500GB_Platters.html

Samsung’s 1TB Spinpoint F3 hard drive serves 500GB per platter – engadget
http://www.engadget.com/2009/07/29/samsungs-1tb-spinpoint-f3-hard-drive-serves-500gb-per-platter/

Samsungから500GBプラッタを採用した7200rpmの3.5インチHDD『Spinpoint F3』シリーズが発表されました。Samsungはこれまでに500GBプラッタ品として5400rpmのEcoGreenシリーズを出荷していましたが、7200rpmモデルは初となる。

(プレスリリース)Samsung Launches New 500 Gigabyte per Platter Hard Drive Line-up for Servers and Desktop PCs – Business Wire
http://www.businesswire.com/portal/site/home/permalink/?ndmViewId=news_view&newsId=20090728006478&newsLang=en

プレスリリースでは2プラッタ構成の1TBモデルの登場が示されてますが、3プラッタの1.5TBや4プラッタの2TBモデルについては触れられていません。キャッシュ容量はEcoGreenシリーズと同様に16MBと32MBの2種類となるようです。

出荷開始は8月となってますので、近々お店で目にするようになりそうですねぇ。

2009/7/28 火曜日

先日発売になったIntelの34nm世代のSSDにバグ?

*DO NOT* set a BIOS HDD password on your X25-M G2 – PC Perspective
http://www.pcper.com/comments.php?nid=7544

Intel 34nm SSDs Have a Issue with BIOS Passwords – Expreview
http://en.expreview.com/2009/07/27/intel-34nm-ssds-have-a-issue-with-bios-passwords.html

先週発売になったIntelの34nmプロセスで製造されている第2世代SSD「X25-M Mainstream SATA SSD G2」の初期出荷ファームウェア(02G2)にバグが見つかったとの発表がIntelからあったようです。

そのバグとはBIOSにてHDD Password機能を用いているとSSDが動作不可になることがあるようです。HDD Password機能を解除または、パスワード変更を行うとNGのようです。

よって、近々公開されるファームウェアアップデートを当てるまでは

  • BIOS HDD Password機能を使用しない
  • 使用中の場合は絶対解除しない また、パスワードを変更しない

ようにとのことです。ファームウェアは準備ができ次第以下のリンク(7月28日現在:準備中のためリンク切れ)からダウンロード可能になるそうです。

http://www.intel.com/support/9089.html

購入した方は注意してください!

追記:2009/08/28 22:10

Intel、34nmプロセス採用SSDが使用不能になる不具合 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090728_305376.html

日本のメディアでも正式発表がありました。

Western Digitalから1TBの2.5インチHDDが発表!

ついに2.5インチHDDもテラバイト世代へ!

Western Digital Unveils World’s First 1TB 2.5-inch HDD – DailyTech
http://www.dailytech.com/article.aspx?newsid=15790

Western Digital 1TB mobile drive: much ado about nothing? – HEXUS.net
http://www.hexus.net/content/item.php?item=19446

WD launches 1TB 2.5-inch drive – Fudzilla
http://www.fudzilla.com/content/view/14805/38/

WD unleashes 1TB mobile hard drive – THE TECH REPORT
http://techreport.com/discussions.x/17291

Western Digital claims first dibs on 1TB 2.5-inch hard drive – TechConnect Magazine
http://www.tcmagazine.com/comments.php?id=28319&catid=2

Western Digitalから最大1TBの容量を誇るモバイル用2.5インチHDDが発表されました。

発表されたのはメインストリーム向けのWD Scorpio Blueシリーズ。プラッタ容量は333GBとなっており、これを3枚搭載した750GBモデル「WD7500KEVT」と1TBモデル「 WD10TEVT」の2モデル構成。

回転数は5200rpm、キャッシュ容量は8MBとなっている。通常のWD Scorpio Blueが5400rpmですので、若干遅めになっているようです。

残念なのが、通常のノート用2.5インチHDDは厚さが9.5mmであるのに対し、今回発表された新「WD Scorpio Blue」は12.5mm厚となる。最近の薄いノートPCでは搭載できる機種はかなり限られそうですね。低価格で大容量化が進んでいるSSDに対抗する製品って感じでしょうかねぇ。しばらくは、USB接続のポータブル外付けHDD「My Passport Essential」用として出荷されるようです。

Seagateから先に出るかと思ってましたが、Western Digitalが先を越しましたねぇ。近いうちに2プラッタ構成で9.5mm厚の640GBモデルも登場するかもしれませんね。

2009/7/27 月曜日

FDDもいよいよ生産終了に向かうのか

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 22:53:30

ついにフロッピーディスクドライブの生産をメーカーが打ち切りへ – GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090727_fdd/

ついに3.5インチフロッピディスクドライブの生産終了の話題が出てきましたねぇ。確かに、最近のPCには搭載すらされてないことが多いですし、PCで使うのはBIOSアップデートとかWindows XPでのドライバインストール時くらいですからねぇ。最近では、それもほとんどUSBメモリとかで可能だったりしますしねぇ。

でも、ちょっと古い装置とか使ってると3.5インチFDDって必須だったりするから、無くなったら、それはそれで困る予感が… 実際、いまだに5.25インチを使用する装置のFDDが壊れると必死にゴミ捨て場とか漁って探したりしますからねぇ(^^;)

はいじん☆ちゃんねる >> 3.5インチフロッピ販売終了
http://haizin.serveblog.net/?p=626

はいじん☆ちゃんねる >> フロッピディスクの歴史
http://haizin.serveblog.net/?p=647

SeagateのWebサイトがリニューアル

Filed under: コンピュータ関連,日記 — ハイジんブルー @ 3:32:34

Seagate
http://www.seagate.com/

久々にSeagateのWebサイトをみてみると…

seagate

おおっ!リニューアルされてますねぇ。

派手になったけど重い…

一部のページはまだ更新されてなく、旧インターフェースのままになってますねぇ。

ちなみに、デスクトップ向けHDDの製品情報にはBarracuda LP以外表示されないようですね。まだ、追加されてないだけかな?

追記:2009/07/28 01:09

Barracuda LP意外の3.5インチ情報も追加されていました。しかも、Maxtor DiamondMax。なぜにBarracuda 7200.12よりも先に更新?(^^;)

VOCALOMARK(ββ)を使用しているベンチマーク記事

キューブPCで萌えゲー三昧は可能なのか? そのスペックを見極める! – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/439/439444/

ASCII.jpの記事でのベンチマークでFake FarさんのVOCALOMARK(ββ)を使用していました。

いや、こういう記事で使用されているのが何となく珍しいし、お世話になってますので紹介してみました(^^;)

はいじん☆ちゃんねる >> (タグ)Fake Far
http://haizin.serveblog.net/?tag=fake-far

ちなみに、「タイムリープぶーとべんち」の結果を見て思いました。ちょっと前までは1280×960で10fps出すだけで大変だったこと考えると、えらくGPUが進化したって感じますねぇ。

はいじん☆ちゃんねる >> Pentium4 2.53GHz ベンチマーク結果
http://haizin.serveblog.net/?p=63

2009/7/26 日曜日

【レビュー的な何か】ST3500418ASでRAID0【目次】

ST3500418AS x2

先日2台目のST3500418ASを入手したということを書きました。同じHDDが2台あるならやることはRAIDしかない!

【レビュー的な何か】ST3500418ASでRAID0【目次】

【レビュー的な何か】ST3500418ASでRAID0【構築編】
【レビュー的な何か】ST3500418ASでRAID0【CrystalDiskMark編】
【レビュー的な何か】ST3500418ASでRAID0【StripeSize編】

もともとRAID0アレイを構築しようと考えた理由DxRec2を用いて1280×720 60fps(高画質モード)のキャプチャを行う際にSeagate Barracuda 7200.11 ST31500341ASでは書き込みが間に合わずコマ落ちが激しかったためRAMディスクを用いてました。しかし、この方法では容量に制限があり、一度 に数十秒程度しか記録できませんでした。

そこで、安くて速いST3500418ASでRAID0を構築すれば大容量かつ高速な環境が得られて安定したキャプチャができるのではと考えたわけです。

関連記事一覧

【レビュー的な何か】7200.12 ST3500418AS【目次】
【レビュー的な何か】7200.12 ST3500418AS 2台目【目次】
動画編集PCのスペックアップ計画
オレのHDD活用術『あり合わせ部品ファイルサーバー』

【レビュー的な何か】ST3500418ASでRAID0【構築編】

【レビュー的な何か】ST3500418ASでRAID0

【レビュー的な何か】ST3500418ASでRAID0【目次】
【レビュー的な何か】ST3500418ASでRAID0【構築編】←今ココ
【レビュー的な何か】ST3500418ASでRAID0【CrystalDiskMark編】
【レビュー的な何か】ST3500418ASでRAID0【StripeSize編】

構築編

ST3500418ASを2台購入したらやることはRAIDしかない!

Gigabyte GA-EP45-DS5に搭載されているサウスブリッジ『Intel ICH10R』を用いればカンタンにRAIDを構築できるはずなので、試してみました。

BIOS画面で設定することも可能ですが、ここではWindows Vista上のIntel Matrix Storage Consoleで設定する方法を紹介します。Intel Matrix Storage Consoleのインストール方法までは説明しませんので、それはマザーボードに付属の説明書とかで確認してください。

RAIDを構築するHDD達を接続したらIntel Matrix Storage Consoleを起動します。

intel000

初めて起動した場合は上のように[基本モード]になっていると思いますので、その際は[詳細モード]にしたほうが細かいところが見えて判りやすいです。

intel001

これが詳細モード。

[非RAID ハードドライブ]の[ポート0]と[ポート1]のST3500418ASでRAIDを構築します。

intel002

[アクション]メニューから[RAID ボリュームの作成]を選びます。

intel003

するとウィザードが開始される。

intel004

[ボリューム名]はデバイス名として表示されますので判りやすい名前にするといいかもしれませんね。ここでは[Volume_0000]のままにしておきます。

[RAID レベル]ではRAID0(ストライピング), RAID1(ミラーリング), RAID5(パリティー分散) ,RAID10(ミラーストライプ)で対応するものが選択できる。

[ストライプ サイズ]ではRAID0,RAID5,RAID10を選択した時、複数台のHDDにデータを分散する際のデータサイズ大きさを指定することができる。どのような処理を高速化するかによって最適な値がかわるようですが、まぁ、解らなければ推奨値で良いでしょう。

  • RAID0推奨値 : 128KB
  • RAID10推奨値 : 64KB
  • RAID5推奨値 : 64KB

intel005

お次はRAIDに用いるHDDの選択画面。

intel006

使用するHDDを選択して[⇒]をぽちっと押して[選択済み]に移動しましょう。

同じ型番のHDDをいっぱい搭載している際はシリアル番号で見分けることができますので、あらかじめHDDのラベルに書かれているシリアル番号を確認しておいたほうがいいかもしれませんね。

intel007

[ボリュームサイズ]の設定ができます。HDD全体でRAIDを構築する場合は、100%のままでOK。

100%未満の場合は複数のRAIDアレイが構築かのうなようです。

intel008

あとは、完了を押すと…

intel009

デバイスドライバがインストールされます。

intel010

使用準備可能になったので再びIntel Matrix Storage Consoleで確認すると…

intel011

RAID0アレイが登録されているのがわかります。

ここまでくれば、後は通常のHDDと同様に使えます。

HDDを増設した際と同様に、[コントロールパネル]-[システムとメンテナンス]-[管理ツール]内[ハードディスク パーティションの作成とフォーマット]を開くと…

intel012

初期化するように言われます。今回のRAID0アレイでは合計1TBですので、MBRを選択しました。2TBを超えるアレイを作成する際にはGPTを選んだほうが良いのかもしれませんね。(試してないので断定はできません^^;)

このあとNTFSでフォーマット。

intel013

ST3500418AS(500GB)×2台のRAID0ですので容量は1TB。

単体のST3500418ASでは容量は500,104,687,616バイトでした。2台だと合計1,000,209,375,232バイトになるはずですが、実際には1,000,207,282,176バイトになってました。2,093,056バイト減ってますね。まぁ、ほんの2MBですけどね(^^;)

ちなみに、IntelのチップセットでRAIDを構築するとHDDのSMART値は直接見れなくなります。Intel Matrix Storage ConsoleがSMART値に問題が発生すると警告してくれるようですが、詳細な表示ができないのは不便ですねぇ…

【CrystalDiskMark編】へ

【レビュー的な何か】ST3500418ASでRAID0【CrystalDiskMark編】

【レビュー的な何か】ST3500418ASでRAID0

【レビュー的な何か】ST3500418ASでRAID0【目次】
【レビュー的な何か】ST3500418ASでRAID0【構築編】
【レビュー的な何か】ST3500418ASでRAID0【CrystalDiskMark編】←今ココ
【レビュー的な何か】ST3500418ASでRAID0【StripeSize編】

CrystalDiskMark編

さて、Intel ICH10RとIntel Matrix Storage Consoleを用いて構築したRAID0アレイのベンチマーク結果です。測定にはCrystalDiskMark 2.2 (1000MB)を用いました。

ベンチマーク環境:『自作PC 3号』
[CPU]Core2Quad Q9650@定格
[Memory]DDR2 800 2G×4@定格
[M/B]Gigabyte GA-EP45-DS5
[System HDD]HGST HDT725025VLA380
[VGA]HIS Radeon HD3870 IceQ3
[OS]WindowsVista SP1 64bit

1台では…

cdm1000_st3500418as

だったSeagate Barracuda 200.12 ST3500418ASですが、2台でRAID0を組んだところどうなったかというと…

cdm1000_st3500418as_raid0

すべての値が上昇しました。

Sequentialでは読み書きともに約2倍となりました。ランダムでは4K書き込み意外で大幅な上昇はありませんでした。4K書き込みでは単体のST3500418ASの2倍以上の値となってますね。RAIDにすることで書き込みキャッシュの影響とかがあるんでしょうかねぇ?

ちなみに、当初の目的だったDxRec2でのキャプチャですが、さすがに1280×720 60fpsでのキャプチャは書き込みが間に合わないようでコマ落ちがときどき発生しました。30fpsではデータレートが半分に減るためコマ落ちが発生しませんでした。60fpsでのキャプチャにはさらに、アレイを構成するHDDをもう1台増やすしかないみたいですね。(増やしません!たぶん!)

次に、RAID0構成にすることでHDDのキャッシュによる効果範囲が2倍となるのかを検証してみました。

st3500418as_raid0_read

st3500418as_raid0_write

上が読み出し、下が書き込みのグラフとなります。

ST3500418ASはキャッシュ容量16MBですが、データサイズによる512K読み出しの変化からキャッシュは16MB以上においても効果が発揮されていることが判る。このことから、RAID0にすることでキャッシュによる効果は上昇することがわかりました。

それにしても、キャッシュ効果範囲内で400MB/s以上出ているのは凄いですねぇ。下手なPCI Express 1.1 ×1接続のRAIDボードの限界を超えてますからね。

【StripeSize編】へ

(続きを読むなの…)

次ページへ »

HTML convert time: 0.907 sec. Powered by WordPress