2016/10/10 月曜日

【レビュー的な何か】SSD Sony SLW-MG2【CrystalDiskMark編】

Filed under: コンピュータ関連,ベンチマーク・レビュー,日記 — ハイジんブルー @ 18:56:53

Sony 240GB SSD『SLW-MG2』 目次

【レビュー的な何か】SSD Sony SLW-MG2【フォトレビュー】
【レビュー的な何か】SSD Sony SLW-MG2【分解】
【レビュー的な何か】SSD Sony SLW-MG2【準備編】
【レビュー的な何か】SSD Sony SLW-MG2【CrystalDiskMark編】←今ココ
【レビュー的な何か】SSD Sony SLW-MG2【CopySpdBench編】
【レビュー的な何か】SSD Sony SLW-MG2【まとめ】

もはやベンチマークのお約束『CrystalDiskMark』を使用してチェックしてみます。

SSDの場合、テストデータが[Random]か[All 0x00]かで結果が変わってくることがあるようですが、今回はざっとRandomだけで行っています。

[產品評測] SONY M series 240GB SSD (※中国語)
http://www.diypc.hk/archives/19941

このSSDの数少ないレビューの一つである上記サイトのベンチマークと比較するために同条件(CDMのバージョンは違いますが…)で取得した結果を示すと…

sonySLWM2_cdm512_1GiB

Random 4K I/Oに関しては若干値が異なるところがありますが、Sequential I/O に関してはほぼ同じような値となっている。

もう少し詳しく見るために、データサイズを変えながら計測を行いました。

 

 

sonySLWM2_cdm512r

Readに関してはデータサイズにほとんど依存しておらずほぼ一定となっている。Sequential I/O の値もSonyが公表している最大Read 560MB/sとほぼ一致している。

次にWriteの方はと言うと…

sonySLWM2_cdm512w

Random 4K I/OはReadと同様にほぼ一定だが、Sequential I/Oはデータサイズ1024 MiBと2048 MiBの間で急激に下がっている。HDDでもよく見られる傾向なので「キャッシュ容量を境に書き込みが…」と言いたいところだったのが、解せないことがある。

それは、このSSDに搭載されているDRAMが2 Gb (ギガビット)、つまりバイトに直すと256 MiBとなって上記の閾値とは一致しない。HDDでは搭載しているDRAMの容量よりも低いところで急激に転送レートが低下して容量をフルに生かせていない?ものを見たことはありますが、逆の例は初めてです。

初のSSD導入で、まだまだ勉強不足なので原因についてはもう少し勉強してみる必要がありそうです。φ(.. )

【CopySpdBench編】へ

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.500 sec. Powered by WordPress