2009/6/26 金曜日

価格改定でCodecSys CE-10の期間ライセンス制が廃止に

フィックスターズ、PS3利用のAVC変換ソフトが買い切りに – AV Watch
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20090626_297094.html

Playstation 3を用いることで動画コーデック「H.264」のエンコードを高速化するフィックスターズのソフトウェア「CodecSys CE-10」の価格改定が行われました。

これまで、1年間のライセンス制だった料金体系がなんと廃止に!

Personal版は年間19,800円、Professional版が年間198,000円(1ヵ月 24,800円)でしたが、値段は変わらず買い切り制に変わりました。つまり、購入すればずっと使える。これに伴い、Professional版の1ヵ月ライセンスは販売休止になりました。(休止?復活する可能性あり?)

ただし、注意が必要なのが2年目以降は『年間バージョンアップ保守料』がかかること。とはいえ、保守料自体はこれまでの年間ライセンスよりもやすく、Personal版が年間9,800円、Professional版が年間98,000円となっている。

以前の価格制度だと導入を躊躇してしまいそうでしたが、これなら気軽に手が出せそうですね。気になるのはこれまでに購入した方。自動的に新価格制度に移行なんですかね?

はいじん☆ちゃんねる >> 「CodecSys CE-10」のレビュー記事
http://haizin.serveblog.net/?p=3905

はいじん☆ちゃんねる >> PS3を利用するH.264エンコードソフト正式発表
http://haizin.serveblog.net/?p=3256

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.499 sec. Powered by WordPress