2010/1/4 月曜日

GPUが統合されたClarkdaleとArrandaleのレビュー解禁

CPUに統合されたグラフィックス機能はゲーマーの信頼に足るのか Core i5-661/3.33GHz(Intel HD Graphics) – 4Gamer.net
http://www.4gamer.net/games/065/G006504/20100102002/

まもなく登場の「Clarkdale」はゲームで速いのか?Core i5-661/3.33GHz – 4Gamer.net
http://www.4gamer.net/games/065/G006504/20100102001/

GPUが統合されたIntelの「Clarkdale」こと『Core i5 661』のレビューが解禁されましたねぇ。

Nehalemマイクロアーキテクチャとしては初のデュアルコアですが、CPUのパフォーマンスはよさそうですね。GPU側(Intel HD Graphics)のパフォーマンスもIntel G45のGMA X4500HDよりも向上しているようです。それでもって消費電力は低く抑えられている。低消費電力の構成として面白そうですね。

IntelのノートPC向けグラフィックス機能は信用できるようになったか Core i5-540M/2.53GHz(Pegatron DC5) – 4Gamer.net
http://www.4gamer.net/games/103/G010355/20100103002/

「Clarkdale」と同時にノートPC向けの「Arrandale」も発表されました。こっちは、これまでのノート向けCPUと同様にヒートスプレッダが搭載されていないのだが、GPUとCPUが別の製造プロセスを採用しているため、ダイの高さが若干異なる。そのため段差が付いた特殊なヒートシンクを用いる必要があるのでは?とされていましたが、4Gamer.netが検証しているノートPCでは特別な加工はされていなかったようです。

Dual-Core LGA1156 Processors: Core i5-661, Core i3-540 and Pentium G9650 CPUs Review – X-bits laboratories
http://www.xbitlabs.com/articles/cpu/display/clarkdale-review.html

国内のレビューではCore i5-661のレビューしか見かけませんが、海外レビューでは同時に発売されるとされているCore i3-540とPentium G6950のレビューもありました。Core i5-661は一式揃えると高くなりそうですので、Pentium G6950のコストパフォーマンスが高そうですねぇ。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.521 sec. Powered by WordPress