2007/12/31 月曜日

Pentium4 2.53GHz ベンチマーク結果

Filed under: コンピュータ関連 — ハイジんブルー @ 2:21:39

年末の3日間をみっちり使って完成させた新自作PC。部品の寄せ集めだがどれくらいの性能か?! 完成したPentium4搭載PCのベンチマーク取りました。今更感が漂ってますが、まぁ参考程度に。

今回ベンチを実施したのはHDBench、SuperPI、CINEBENCH9.5、タイムリープブートベンチの4つ。だけど、CINEBENCH9.5はいつまでたっても終わりそうになかったし、参考にならなそうなので途中で止めました。

まずは、定番HDBench!

 ★ ★ ★  HDBENCH Ver 3.30  (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name
Processor   Pentium4 2531.20MHz[GenuineIntel family F model 2 step 4]
VideoCard   RADEON 9500 PRO / 9700 Family (Microsoft Corporation)
Resolution  1680x1050 (32Bit color)
Memory      1048,048 KByte
OS           5.1 (Build: 2600) Service Pack 2
Date        2007/12/30  23:53  

SiS PCI IDE Controller
プライマリ IDE チャネル
  IBM-IC35L060AVVA07-0

SiS PCI IDE Controller
セカンダリ IDE チャネル
  PIONEER DVD-RW  DVR-109
  IC35L120AVV207-0

LSI Logic 53C815 Device
  FUJITSU MCE3064SS       0030

   ALL  Integer   Float  MemoryR MemoryW MemoryRW  DirectDraw
 29416    61525   96016   109011   45907   100925          59

Rectangle   Text Ellipse  BitBlt    Read   Write    Copy  Drive
    54156   5967   10320     350   16059   14561    1582  C:100MB

結果から言ってしまうと、以前使っていたAthlonXP 2400+より結果が悪くなりました。以前の結果は下のような感じでした。

 ★ ★ ★  HDBENCH Ver 3.30  (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name
Processor   AMD Athlon 2002.72MHz[AuthenticAMD family 6 model 8 step 1]
Cache       L1_Data:[64K]  L1_Instruction:[64K]  L2:[256K]
Name String AMD Athlon(tm) XP 2400+
VideoCard   Radeon 9500PRO Series
Resolution  1680x1050 (32Bit color)
Memory      1572,336 KByte
OS          Windows 2000 5.0 (Build: 2195) Service Pack 4
Date        2007/10/28  21:58  

VIA Bus Master IDE Controller
プライマリ IDE チャネル
  ST3120022A
  IC35L120AVV207-0

VIA Bus Master IDE Controller
セカンダリ IDE チャネル
  JLMS XJ-HD165H
  PIONEER DVD/CDRW DCR-111

Win2000 Promise FastTrak100 (tm) Lite Controller

SCSI/RAID Host Controller

   ALL  Integer   Float  MemoryR MemoryW MemoryRW  DirectDraw
 32176    88606  104099    21290   30250    33266          29

Rectangle   Text Ellipse  BitBlt    Read   Write    Copy  Drive
    61200  12124    3671     396   40187   33095    3078  C:100MB

以前はWindows2000だったけど、XPになって落ちるものだろうか?余ってた部品をつかったからHDDが遅いのはわかるんだが、CPUはさすが当時のAthlonXPは同じ周波数でも早いのがわかる。(最近はIntelが優勢な感じだけどね)でも、AthlonXP2400+はSSE2に対応してなかったから、そこらへんで活躍してくれることを祈っている。

お次はSuperPI行ってみよう!Core2Duo E8500@4747.6MHzが9秒ってのが出てましたけど、速いですねぇ~。これに対し、わがPentium4@2.53GHzは1分19秒。AthlonXP2400+が1分4秒。やっぱり遅くなってるし…○| ̄|_

気を取り直して、CineBench!バージョンは9.5。あまりの遅さに途中で止めました… 永遠に完走できそうになかったので… ○| ̄|_

さぁ!やけくそだ!みんなお待ちかねタイムリープブートベンチだ!

タイムリープブートベンチ

先日発売になったタイムリープだが、こいつのおかげで最も有名なエロゲになったのでは?!

ベンチマークはネット標準規格?の『標準設定』と『高設定』で行った。

●標準設定
【環境設定】
1024×768/AAナシ/フルスクリーン/T&L HAL
HDR/ソフトフィルタ/被写界深度/バックライト
【ゲーム設定】
逆光/昼/上下黒/紙ふぶき/音楽デフォルト/舞台デフォルト/衣装デフォルト

●高設定
【環境設定】
1280×960/AAx4/フルスクリーン/T&L HAL
HDR/セルフシャドウ/ソフトフィルタ/被写界深度/バックライト
【ゲーム設定】
逆光/夕/上下黒/紙ふぶき/音楽デフォルト/舞台デフォルト/衣装メイド服

それぞれの結果は次のようになった。

標準設定

タイムリープブートベンチ(標準設定)

高設定

タイムリープブートベンチ(高設定)

AthlonXP2400+での結果は標準設定で15FPS、高設定で2FPSだった。おっ!高設定で上がってる!グラボは変わってないのでこれはPentium4の効果か?とりあえず、一個でも上がったのがあってよかった… ちなみに、このタイムリープブートベンチはかなり重い。FPSは一秒当たりに画面を何回書き換えるかの値なのだが、30FPSを超えないと人間の目にはカタカタ動いてるように見えるからね。ネットで調べると高設定で30FPS超えるには最新機種でなきゃ厳しそう。

あと、2chで同じ症状の人がいましたけど、Radeon9500Proでセルフシャドウをオンにすると、顔に凹凸にあわせた等高線のようなものが表示されてしまいます。しかも、今回の検証ではなぜか、歩(背が高いほうのキャラ)の顔の真ん中に真っ赤な縦線が一本入ってしまって、かなり怖かったです。怖いのでセルフシャドウはオフにしましょう…

4つのベンチマークを行いました(実質3つか…)が、結果をまとめると、

Pentium4 2.53GHzよりAthlonXP2400+の方が速いです!

○| ̄|_

あと、参考程度にCPU-Zの結果がわかる画像を載せます。

VistaもどきXP

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.519 sec. Powered by WordPress