2010/4/20 火曜日

新型WD VelociRaptor VR200Mのベンチマーク

SATA6Gbps対応の新型Raptorをテスト – 日経PC online
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20100420/1024420/

4月上旬に、Western Digitalから10,000rpm HDDの新型『VelociRaptor VR200M』が発表されましたが、その新型VelociRaptorのベンチマークが日経PC onlineに掲載されていました。

それによると、シーケンシャルアクセスでは、さすがにプラッタ径が小さいため最新の7,200rpm 3.5インチHDDと同等程度の性能しか発揮できず、ランダムアクセスは、回転数が高いため優秀なようです。ただし、最新のSSDと比較すると…

やはり、容量を重視しつつも、できるだけ高性能なストレージが必要な人向けの製品でしょうねぇ。

1件のコメント »

  1. WesternDigital SATA3.0対応3.5インチHDD WDVelociRapto…

    WesternDigitalは、SATA内蔵3.5インチハードディスクWDVelociRaptorシリーズの450GBモデル「WD4500HLHX」を発売しました。製品ページ主な特徴は次の通り。・世界最速のSATAハードドライブ。 10,000RPM、…

    トラックバック by マロンのデジタル・インフォ♪ - 最新 ... — 2010/7/2 金曜日 @ 20:27:51

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.525 sec. Powered by WordPress