2010/10/3 日曜日

【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【目次】

久々の『レビュー的な何か』でっせ。

今回仕入れたのはSamsung製のIDE接続の2.5インチHDD『HM160HC』。

先日持ち運び用途で使用していたThinkPad X22がお亡くなりになり、代わりに押し入れに眠っていたThinkPad A21を復活させることにした。どちらのThinkPadもPentium III。CPUとしては現行のネットブックよりも遥かにショボイのだが、ネットを見たり、Officeを使うには必要十分なスペックである。

久々にA21を起動してみるとHDDから懐かしい「カリカリ」というシーク音がして動作していた。このまま使ってもよかったのだが、せっかく復活させるなら最速IDE 2.5インチHDDを搭載してみようと思い、品定めをしたところ、2つの選択肢が上がった。

  1. Western Digital WD1600BEVE
  2. Samsung HM160HC

どちらもIDE接続の2.5インチ製品としてはもっとも記録密度が高い160GBプラッタを採用している。

はいじん☆ちゃんねる >> WD1200BEVEレビュー[ベンチマーク編]
http://haizin.serveblog.net/?p=1264

以前、一世代前の120GBプラッタ採用『WD1200BEVE』をベンチマークしたので、本当なら『WD1600BEVE』との比較を行いたかったんですが…

HM160HCの価格に負けました…

スペックはほとんど同じながら、WD1600BEVEは5500円程度だが、HM160HCは4500円。さすがにこれだけ価格が違うとなぁ…

~目次~

【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【フォトレビュー】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【フォーマット編】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【ベンチマーク編】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【ノートPC実装編】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【今回のオチ】

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.536 sec. Powered by WordPress