2010/10/3 日曜日

【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【フォーマット編】

~目次~

【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【目次】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【フォトレビュー】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【フォーマット編】←今ココ
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【ベンチマーク編】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【ノートPC実装編】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【今回のオチ】

では、HM160HCをPCに接続して準備していきます。

次に行う【ベンチマーク編】でPCのスペックは再確認しますが、ここからの作業はデスクトップPCにて行いました。

BIOSでの認識はこんな感じ。

HM160HCの後に表示されている『LQ100-10』はファームウェアバージョンですね。

Windows 7上での認識は…

特に面白いこともないですね。

まずは、フォーマット前にCrystalDiskInfo3.8.0でチェックしておきましょう。

新品ですが、電源投入回数は3回になってました。おそらく、出荷時にテストしているためでしょう。転送モードはUltra DMA/100(太字になっているのは意味があります)

ついでに、フォーマット前のHD Tune2.55

  • Minimum : 32.9MB/s
  • Maximum : 64.4MB/s
  • Average : 52.4MB/s
  • Access Time : 18.0ms
  • Burst Rate : 71.2MB/s

となってました。変なことになってないかを見たいだけなので、細かいことはあとの【ベンチマーク】編にて。ちなみに、CPU使用率がマイナスになっているのはHD TuneをWindows 7上で使った際の仕様のようです。

というわけで、フォーマットしてみました。

パーティションスタイルはMBRでファイルシステムはNTFSに。

初回フォーマットでしたので、『完全フォーマット』を行いましたが、フォーマットには約1時間要しました。最近の数TB HDDで数時間かかることを考えれば短いですが、完全フォーマットは時間に余裕がある時に!

フォーマット後にプロパティを確認すると…

総容量は149GB(160,037,859,328byte)でした。128GBを超えてますので、BigDrive非対応ATAコントローラでは注意が必要ですね。

最後に一応HD Tune 2.55を…

特に変化無し!というか、初回とバーストレート以外の値が全く変化していないとは…

【ベンチマーク編】

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.515 sec. Powered by WordPress