2010/10/3 日曜日

【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【ノートPC実装編】

~目次~

【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【目次】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【フォトレビュー】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【フォーマット編】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【ベンチマーク編】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【ノートPC実装編】←今ココ
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【今回のオチ】

と、ここまでデスクトップPCにてベンチマーク等行ってきましたが、実際に使用するノートPCに搭載していきます。

今回の獲物はThinkPad A21(正確にはi1800ですが、まぁ同じものだと思ってもらえれば良いかと)。 まぁ、この時点で失笑している方もいるかと思いますが、せっかくなので最後までお付き合いください。

ThinkPad HDD交換作業

まずは、すでに入っているHDDを外していきます。

ThinkPadシリーズは昔からHDDの交換が非常に簡単にできる構造になっている。ほとんどの機種でネジ1本外すだけでHDDを取り出すことが可能になっている。今回の獲物では左パームレスト部分にHDDが搭載されている。

液晶を半開きにした状態で3つの音声端子があるこの部分を引き出すだけでHDD交換が可能。ネジは上にあるマイナスネジですが、ここは広い溝が彫ってあってコインでも回せるようになっていました。

ネジを外したら…

引っ張り出します。先ほど「液晶半開き」と書きましたが、半開きにしていないと引っかかって引っ張り出せませんので注意!

元々入っていたHDDは日立の『DK23CA-20B』でした。

マウンタには左右2箇所のネジで固定されている。外すには小さめの+ドライバが必要ですね。

HDDはマウンタに両面テープで固定されているため、若干剥がすのが大変でしたが、慎重に剥がせば問題なし。さすがに、基板がバキッってはがれることはないと思いますが、慎重に越したことはないかと。

あとは、新しいHDDをここまでの逆の順番でマウンタに固定し、ThinkPadへ戻すだけ。

ねっ、簡単でしょ?

【今回のオチ】

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.528 sec. Powered by WordPress