2010/10/3 日曜日

【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【今回のオチ】

~目次~

【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【目次】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【フォトレビュー】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【フォーマット編】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【ベンチマーク編】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【ノートPC実装編】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【今回のオチ】←今ココ

というわけで『HM160HC』をThinkPad A21に搭載しました。

ThinkPad A21がBigDriveに対応しているかがわからず、不安でしたが、特に問題もなく160GB全体を認識してくれました。

HDD全体を1パーティションにしてそこにWindows XP SP3を再インストールしてみました。

ThinkPad A21上でのベンチマーク

インストール後ベンチマークを行ってみたんですが、その結果を示す前に元々ThinkPad A21に入っていた日立『DK23CA-20B』のベンチマーク結果を…

さすがに古いHDDだけあって最大でも20MB/s程度となっている。発熱もかなりのものでベンチマーク後に60℃を超えていました。

それでは、新しく入れたHM160HCのベンチマークは…

あれっ?

目の錯覚か?

良く見てみよう…

オワタ \(^o^)/

ほとんど上がってないwww

はい、そうです、最初からお気づきの方もいたかもしれませんが、ThinkPad A21はUltraATA/33までです(笑)つまり、いくらHDDの性能が高くても30MB/s程度が最大転送レートになってしまうのだ!

いやぁ~、すっかり忘れてました(汗)

このためHD Tune2.55ではまるでSSDのような内外周差が全くない結果に(笑)

もう笑うしかないわwww

まとめ

というわけで、今回のまとめ。ThinkPad A21のHDDをHM160HCに交換することで性能アップを狙った訳ですが…

HM160HC自体はPATA接続2.5インチHDDとしてはナカナカの性能を発揮。お値段を考えるとPATA HDDとしては最高のコストパフォーマンスなのではないでしょうか?

ThinkPad A21への換装結果はまさに『猫に小判 豚に真珠』!性能向上という意味では全くの無意味でした。20MB/sから28MB/sへ4割も性能上がってるじゃん!と言われれば確かにそうですが、体感上の差は全くありませんでした。

ただ、性能はあがりませんでしたが、利点が全くないわけではなかったです。

まず、発熱量が元から入っていたDK23CA-20Bよりも遥かに少ない。最大負荷時の温度が10℃以上下がって48℃程度になりました。ThinkPad A21はパームレスト部分にHDDが入っていて作業時にパームレスト部が熱くならないことは作業する上では重要ですので、このことは大きなメリットですね。

あと、シーク音が非常に静か。DK23CA-20Bはかなりシーク音がうるさくて、最近の静かなHDDに慣れた身としては精神的によろしくない。(あの音がするとどうしてもHDDの故障を疑ってしまう…)HM160HCはさすがにPATA HDDとしては最新だけあって動作音は非常に静か

もし、ThinkPad A21やその世代(PentiumIII)のノートPCでのHDD交換を検討しているならそれ以上の性能向上は期待できないことを覚悟した方がよさそうですね。最新HDDにするよりもコンパクトフラッシュメモリをPATA接続に変換するアダプタ
を用いてランダムアクセス速度向上を狙った方が良いかもしれません。あえてこのHDDにする理由があるとしたら大容量・静穏性・低発熱のどれかが必要な場合でしょうねぇ。

というわけで、HM160HCを有効に活用したいなら自分のPCが少なくともUltraATA/66以上に対応しているかを確認してみましょう(><)b

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.534 sec. Powered by WordPress