2008/11/14 金曜日

RamDiskの速度はCPUに依存?

自分は最近まったりとベンチマークをやってる暇がないので、人のベンチマーク紹介ばっかり(笑)

GA-E7AUM-DS2HにてCPU3種によるRamDisk速度比較 – チラシの裏面
http://zak.spaces.live.com/blog/cns!5869D36F23231654!4809.entry

チラシの裏面さんがGA-E7AUM-DS2HでCPUを変えてみてRamDiskの速度が変わるかどうかのベンチマークを行ってました。

PentiumDualCore E5200、Core2Duo E7200, E8400と換装して比較を行っているのだが、見事に性能が高いCPUの方がRamDiskの転送速度が向上している。シーケンシャルリードでE7200がE5200の倍近い転送速度が出ている。E8400はFSBが1333MHz、E7200は1066MHz、E5200は800MHzとなっているのでこの差が出ているのでしょうね。ランダムの方はみた感じL2キャッシュ容量の差が影響している気がしますねぇ。

とはいえ、E5200でもHDDではまずありえない速度が出てますから、十分でしょうからね。ホントに限界速度に挑戦したいならメモリコントローラがCPUに内蔵されているPhenomやCore i7を買うしかないですね(笑)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.485 sec. Powered by WordPress