2011/1/3 月曜日

【レビュー的な何か】Pen4世代でBlu-ray再生は可能か?【目次】

ひさびさの【レビュー的な何か】。今回のお題は…

数世代前のPCでBlu-rayの再生が可能かどうか。

Why Blu-ray?

しかし、最近は地デジ移行によりハイビジョンテレビが(嫌でも)1家に1台あったり、FullHD対応液晶ディスプレイが非常に安くなってきて、高画質で映像が楽しめるハードウェア環境が普及してきている。さらに、コンテンツも映画やアニメを中心にDVDからBlu-rayへ移行が進んできている。こうなると、やはり『高画質で映像を楽しみたい』と思うはず。

Why Pentium4世代?

最近のPCパーツは安くて、お手軽にマルチコアPCを入手できますが、「普段はネットとOfficeだけ」という人はそんなスペックは必要ないと感じて いてPentium3や4世代を使い続けている人も多いはず。(自分も使用しているPCの8割はPen4世代だったり)

しかし、よく自作系の雑誌やWebサイトではCore2世代でのBlu-ray再生について検証を行っている記事を見かけますが、自分が調べた限りでは検証しているCPUは『PentiumD』あたりがもっとも古い。

Why not Pentium4世代?

それでは何故、Pentium 4世代で検証している記事が少ないのか?一番、考えられるのは『スペックが低すぎてBlu-ray再生は無理』または『ハードウェアの仕様上不可能』。それとも、ギリギリスペックのPentium 4世代でBlu-rayを再生しようとは誰も思っていないのかもしれない。

できるだけ低コスト

というわけで、今回の【レビュー的な何か】の目標はPentium 4世代でのBlu-ray再生検証なのだが、ひとつ重要なことを付け加えておくと、出費を必要最小限に止める。現在使用中の数世代前のPCでの再生が目的なのに、高価なハードウェア等を揃えてしまって、最新のPCを購入した方が安くなってしまっては元も子もない。というわけで、コスト優先!現在使用中のPCでBlu-ray再生が可能かどうか知りたい方に有意義な情報になればと思います。

~目次~

  1. 検証環境・手法
  2. お買いもの編
  3. グラボ準備編
  4. Blu-ray準備編
  5. 検証編
  6. まとめ編
  7. 追記 / 番外編

  8. 番外編(追記 2011/01/10)
  9. CoreDuoT2400編(追記 2011/01/15)
  10. AGPx8編(追記 2011/02/20)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.539 sec. Powered by WordPress