2011/1/3 月曜日

【レビュー的な何か】Pen4世代でBlu-ray再生は可能か?【グラボ準備編】

~目次~

【レビュー的な何か】Pen4世代でBlu-ray再生は可能か?【目次】
【レビュー的な何か】Pen4世代でBlu-ray再生は可能か?【検証環境・手法】
【レビュー的な何か】Pen4世代でBlu-ray再生は可能か?【お買いもの編】
【レビュー的な何か】Pen4世代でBlu-ray再生は可能か?【グラボ準備編】
←今ココ
【レビュー的な何か】Pen4世代でBlu-ray再生は可能か?【Blu-ray準備編】
【レビュー的な何か】Pen4世代でBlu-ray再生は可能か?【検証編】
【レビュー的な何か】Pen4世代でBlu-ray再生は可能か?【まとめ編】

(追記 / 番外編)
【レビュー的な何か】Pen4世代でBlu-ray再生は可能か?【番外編】
【レビュー的な何か】CoreDuoT2400でBlu-ray再生は可能か?
【レビュー的な何か】Pen4世代でBlu-ray再生は可能か?【AGPx8編】

ドライバの認識

ハードウェアの取り付け等はスルーして、いきなりデバイスマネージャーでの認識を確認してみます。

Blu-rayドライブ『iHOS104』は特にドライバのインストール等不要でDVD/CD-ROMドライブとして認識。グラフィックボード『AH3450/DI/512MD2』の方は最新のAMD Catalyst 10.12をインストールして『ATI Radeon HD3450』とHDMIオーディオ出力『ATI High Definition Audio Device』として認識しました。

動画再生支援の動作確認

Blu-rayに入る前にグラフィックボードの動画再生支援が正しく働くかどうかを確認してみました。何せAGPでは初めてなもので…

確認方法は、GPUの動画再生支援(以下DXVA)が利用できる『MediaPlayerClassic HomeCinema(以下MPCHC)』にてDXVAの有無で差が出るか。

再生する動画ファイルは映像コーデック『H.264 (6Mbps)』で圧縮された1920×1080/30fpsのファイル。

まずは、DXVAがOFFになっている状態では…

CPU使用率は常に100%で動画の再生は数秒に1コマずつ進む状態。つまり、全く再生できているとは言えない状態である。

で、DXVAをONにしてみると…

CPU使用率はグッと下がって30%前後で安定しました。

さらに、再生もヌルヌルされてMPCHCの統計によるとコマ落ちはゼロ。

動画再生支援はバッチリ働いているようですな。

ドキドキでしたがAGP接続でも問題なくDXVAが動作することを確認できましたので、いよいよBlu-ray再生に挑戦。

【Blu-ray準備編】へ

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.508 sec. Powered by WordPress