2011/6/26 日曜日

【レビュー的な何か】Seagate BarracudaLP『ST2000DL003』【目次】

先日、再構築したST3500418(3)AS 3台によるRAID0アレイ。

RAID0アレイは台数を増やせば増やすほどパフォーマンスが向上するが、その分だけHDD故障によるリスクが高くなる。RAID0アレイは動画編集用に用いているのだが、趣味で撮っているもの以外に依頼を受けて撮影しているデータもあるので、しっかりデータを保存する必要もある。

よって、RAID0アレイの内容をバックアップするために新たに2TBのHDDを購入することに。

常時バックアップではなく、必要に応じて手動でバックアップを取るためパフォーマンスはそれほど重視しないため、省電力型のHDDから選択。候補としてSeagateの『Barracuda LP』、Western Digitalの『Caviar Green』、Samsungの『EcoGreen』、HGSTの『Deskstar 5K3000』などがあげられるが、Seagateの『Barracuda LP』シリーズは5,900rpmと他よりもほんのちょっぴり回転数が高く、パフォーマンスと消費電力のバランスが良いことを売りにしている。

今回はそのBarraucda LPシリーズの新2TBモデル『ST2000DL003』を購入し、そのバランスとやらが本当に良いのかを見てみます。

~目次~

  1. フォトレビュー編
  2. 準備編 その1
  3. 準備編 その2
  4. CrystalDiskMark編
  5. 消費電力編
  6. まとめ編

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.507 sec. Powered by WordPress