2011/6/26 日曜日

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【フォトレビュー】

Seagate Barracuda LP 『ST2000DL003』 目次

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【フォトレビュー】←今ココ
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編その1】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編その2】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【CrystalDiskMark】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【消費電力】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【まとめ】

まずは、お馴染みフォトレビューから。

今回購入したのはバルク品ですが、梱包はいつものシールド袋。

Seagate製品保証シールも変わらずですね。

中身はこんな感じ。

初代Barracuda LPではBarracuda 7200.11シリーズの筐体を受け継いだ形でしたが、2世代目にあたる新Barracuda LPではBarracuda 7200.12シリーズに近いデザインに。それに合わせてシールも7200.12と同じに。

シールの右上には『Barracuda LP』の文字が。2000GBの文字は左寄せになってますねぇ。

ちなみに、Seagateは2世代目の『Barracuda LP』から『Barracuda LP』の名前をあまり使わず、『Barracuda Green』の名称で呼んでいますが…

シールの真ん中辺に別に『Barracuda Green』と書かれていました。

ややこしいなぁ…

裏面もBarracuda 7200.12世代と同じような基板サイズになりました。

基板のチップ類を見ると…

コントローラが『LSI B6650B』、DDR SDRAMが『Samsung K4H511638G-LCCC』。

DDR SDRAMは512MbのDDR400の物なので、仕様通り64MBのキャッシュが搭載されていることがわかる。

【準備編その1】

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.524 sec. Powered by WordPress