2011/6/26 日曜日

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編その1】

Seagate Barracuda LP 『ST2000DL003』 目次

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【フォトレビュー】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編その1】
←今ココ
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編その2】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【CrystalDiskMark】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【消費電力】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【まとめ】

それでは、使用する準備を進めていきます。

まず、マザーボード(GA-EP45-DS5)のICH10R側SATA 3Gbpsに接続します。

認識はOK。

SMART値もOK。ST3500413ASもそうでしたが、最近のSeagateのHDDは初回起動時に電源投入回数が1回にならないのが仕様のようですね。出荷前にテストしているんでしょうね。

でもって、HDTunesでチェックしていくと…

あれっ?エラーが出ました。

そして、しばらくすると…

ICH10RがST2000DL003を見失ってしまったようです…

とりあえず、一旦取り外して、再度接続すると再び認識しましたので、HDTunesを再挑戦すると…

これはひどい…

最高で33.2MB/s、バース転送が25.8MB/s。先ほどエラーが発生した箇所はそもそも読めなくなってしまいました。

CrystalDiskInfoでSMART値をチェックすると…

回復不能セクタが8個発生していました。

どうやら、初期不良を引いてしまったようです。さっそく購入したお店へ行って初期不良交換してもらいました…

【準備編その2】

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.518 sec. Powered by WordPress