2011/6/26 日曜日

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編その2】

Seagate Barracuda LP 『ST2000DL003』 目次

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【フォトレビュー】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編その1】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編その2】
←今ココ
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【CrystalDiskMark】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【消費電力】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【まとめ】

初期不良交換で新たにやってきた『ST2000DL003』。

SMART値はOK。

今度はHDTuneも問題なくクリアしました。

最小転送レート:60.3MB/s
最大転送レート:141.8MB/s
平均転送レート:105.9MB/s
アクセス時間:14.0ms
バーストレート:131.8MB/s

というわけで、ようやくフォーマット作業に。

パーティションスタイルはGPTにする理由も特にないので、MBRにしました。

NTFSの完全フォーマットで5時間19分かかりました。

さすがに、2TBともなると長い…

フォーマット後の実容量は2,000,396,742,656バイトでWindowsの表示上は1.81TB。1割も減ると悲しくなりますねぇ。OS上でも正しいTB表示にならんもんかねぇ。

【CrystalDiskMark】

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.531 sec. Powered by WordPress