2011/6/26 日曜日

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【消費電力】

Seagate Barracuda LP 『ST2000DL003』 目次

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【フォトレビュー】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編その1】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編その2】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【CrystalDiskMark】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【消費電力】
←今ココ
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【まとめ】

最後に消費電力を検証します。

測定には自作のHDD消費電力計を使用しました。詳細は…

はいじん☆ちゃんねる >> 【レビュー的な何か】自作HDD消費電力計【目次】
http://haizin.serveblog.net/?p=8447

にて。SATAの3.3V測定用の回路は未完ですが、ST2000DL003は12Vと5Vのみで動作しており、3.3Vラインは使用していないことはマニュアルにて確認していますので、今回は測定していません。

消費電力検証 @SATA 3Gbps

まずは、SATA 3Gbps接続時の測定結果を。

12Vと5Vの各ラインでの電圧と電流値。横軸が(data points)になっていますが、ほぼ(秒)と思ってください。設計では100m秒おきに測定を行うようにしたんですが、若干誤差があったもので…

全体の傾向としては以前測定を行ったST3500413ASと同様で、スピンアップ時にプラッタを加速するために12Vラインが最大値を示し、その後は12Vラインはほぼ一定となっている。

この結果から電圧×電流で消費電力を計算した結果が下のグラフ。

5Vの消費電力の上に12Vの消費電力が積み重なるように表示させています。

消費電力が最大となるのはスピンアップ時で瞬間最大で約20Wとなっている。1プラッタの7,200rpm『ST3500413AS』では16Wでしたので、プラッタ枚数が3枚の『ST2000DL003』のほうが回転開始にかかる負荷が大きく消費電力が大きいことがわかる。最大回転数がST2000DL003の方が低いので、もっと低いかと思ってましたが、プラッタ枚数の方が影響が大きいようですね。

仕様書によるとスピンアップ時の電流量は2.0Aとなっており、今回の測定の限りでは1.5Aであったのでちょっと低めに出ましたね。

Idle時の平均消費電力は3.5W、Standby時が1.6W、CrystalDiskMark実行中のOperating時は4.0Wとなった。

仕様書では以上のような値となっています。Seagateが行っている測定と測定方法も違いますので単純な比較はできませんが、Standby時以外は仕様書よりも低めの値になっていますね。Standby時が高いのは測定装置のゼロ点で0.75W程度のオフセットがあってゼロ近くの値が正しく測定できないことも関わっているとおもいますので、実際のStandby時の値はもっと低いと思います。

ST3500413ASではIdle 3.5W、Standby 1.3W、Operating 3.4Wでしたので、ST2000DL003の方が全体的に消費電力が高いようですね。回転数よりもプラッタ枚数の方が消費電力に関わるようで。

消費電力検証 @SATA 6Gbps

次に、接続インターフェースをSATA 6Gbpsにした場合。

SATA 6Gbpsの場合も全体的な傾向はSATA 3Gbpsと変わらず。

消費電力の値を見てみると…

Idle時で3.2W、Standby時で1.6W、Operating時で3.8Wとなり、SATA 3Gbps時と比べるとIdle時で-0.3W、Operating時で-0.4Wとなった。

ST3500413ASの際はSATA 6Gbpsの方が消費電力が高かったですが、ST2000DL003では逆にSATA 6Gbpsの方が低い結果になりました。零点数Wの微妙な差ですし、接続インターフェースによる消費電力はそれほど変わらないのかもしれませんね。

【まとめ】

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.502 sec. Powered by WordPress