2011/6/26 日曜日

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【まとめ】

Seagate Barracuda LP 『ST2000DL003』 目次

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【フォトレビュー】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編その1】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編その2】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【CrystalDiskMark】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【消費電力】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【まとめ】
←今ココ

HDDで初期不良を引いて若干ビックリでしたが、使い始める前にテストすることは重要だなぁと感じた今回の【レビュー的な何か】。

667GBプラッタを採用し、回転数を他社の5krpmよりも高めにすることで、パフォーマンスと消費電力を両立しているとしている新『Barracuda LP』シリーズ。

今回は2TBモデルの『ST2000DL003』を検証してみましたが、パフォーマンスは高く、シーケンシャルR/Wでは500GBプラッタの7,200rpm HDDを上回る結果となった。消費電力については、1プラッタの7,200rpm HDDとほぼ同等となった。他の5krpm台HDDで測定を行ったことがないので、これが5krpmとしては高いのかどうかはわかりませんが、予想していたよりは高かったですね。

一昔前なら5krpm HDDは倉庫用にしか使えないと思ってましたが、『ST2000DL003』ではシステムHDDや動画編集でも十分に使えるHDDだと感じました。確かに、Seagateのいうようにパフォーマンスと消費電力のバランスを重視する場合には良いHDDのようです

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.508 sec. Powered by WordPress