2008/11/30 日曜日

[メモ書き]iTunesライブラリの移行方法

Filed under: コンピュータ関連,日記 — ハイジんブルー @ 23:35:48

OSを入れなおし、せっかくなので個人的に若干わかりずらいかったり、毎回調べなおしていることについてメモ程度に書いていきます。

まずは、AppleのiTunesのライブラリの移行方法。

※試したことがないので、iTunes Music Storeで著作権保護されている曲をダウンロードしている場合にこの方法がうまくいくかわかりません。たぶん、ググれば他のサイトに情報があると思いますので、実行前に他サイトで調べてみてください。

iTunesは初期の設定のまま使用している場合はXPなら[My Documents] – [My Music] – [iTunes]フォルダ内、Vistaなら[個人用フォルダ] – [ミュージック] – [iTunes]フォルダ内にデータが保存されている。よって、このフォルダをバックアップして新環境では、これを戻すことで簡単に復元できるのだ。

ただし、iTunesの設定で「ライブラリへの追加時にファイルを[iTunes Music]フォルダにコピーする」を選択している場合は、すべてのファイルが[iTunes]内にあるのだが、上記項目を選択していない場合はファイルがHDD上に散らばっている可能性がある。よって、すべてのデータを[iTunes]フォルダ内にまとめるために、下のように[ファイル]-[ライブラリ]-[ライブラリを統合(L)…]を実行すれば良い。

iTunesライブラリ移行方法1

すると、ダイアログが表示されますので、ここで[統合]を選択すると、[iTunes Music]フォルダ外のファイルがコピーされ始めます。対象となるファイルが存在しない場合は一瞬で終わるはずです。

iTunesライブラリ移行方法2

これで[iTunes]フォルダにデータがまとまったので、[iTunes]フォルダをどこか別な場所に移動し、バックアップを取る。

再び同じ場所に戻す場合

これは簡単。バックアップしておいた[iTunes]フォルダを元の場所に戻しておしまい!あとはiTunesを起動すると勝手に復元される。

別な場所に移動する場合

これは知らないと絶対無理なんだなぁ。iTunesを起動する際にシフトキーを押しながら起動します。すると…

iTunesライブラリ移行方法3

こんなダイアログがでます。ここで、[ライブラリを選択…]を選び、次に選択画面がでますので、[iTunes]フォルダ内のiTunes Library.itlを選択します。これでライブラリは復元されます。ちなみに、自分の環境ではほぼ一瞬でおわりましたが、データの容量が数百GBと多くなると、かなり時間がかかるそうです…

おまけ

昔のiTunesはこの方法でMac⇔Windowsの移行ができたのだが、今のiTunes8はどうなんだろう…

1件のコメント »

  1. ipodケース…

    ipod
    (more…)

    トラックバック by ipodケース — 2008/12/7 日曜日 @ 18:06:24

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.514 sec. Powered by WordPress