2009/6/21 日曜日

【レビュー的な何か】DOMINATOR PC2-8500【はとぅねベンチ編】

【レビュー的な何か】DOMINATOR PC2-8500【目次】
http://haizin.serveblog.net/?p=3743

~はとぅねベンチ編~

定番の「はとぅねベンチ」!とは意気込んでみましたが、過度な期待はしないでください…

ベンチマーク環境:『自作PC 3号』
[CPU]Core2Quad Q9650@定格
[Memory]DDR2 800 Firestix 1G×2+2G×2@定格
[Memory]DDR2 1066 Dominator 2G×2@推奨値
[M/B]Gigabyte GA-EP45-DS5
[System HDD]Seagate ST3320613AS
[VGA]HIS Radeon HD3870 IceQ3
[OS]WindowsVista SP1 64bit

※推奨値=EPP値

はとぅねベンチ環境設定値
『低負荷』
FullScreen/640×480/Type×1/Quality 0
『標準負荷』
FullScreen/1024×768/Type×4/Quality 0

ここでは、以前まで使用していたFirestixとの比較を行ってみました。Firestixの方は2GB×2枚+1GB×2枚の6GB構成で、Dominatorは2GB×2枚の4GB構成。

細かい事は気にするな!(゚Д゚)クワッ

いきなりだが、結果だ!

dominator_hatwune

つまらん…

どうやら、はとぅねベンチはメモリによる影響は少ないようだ。

【レビュー的な何か】DOMINATOR PC2-8500【CrystalMark編

2009/6/13 土曜日

【C2Q Q9650】独自CPUベンチマーク・レビュー まとめ

CPU関連のベンチマークとレビューの記事がだいぶ増えたので久々にまとめてみました。

Core2Quad Q9650

はいじん☆ちゃんねる >> 【C2Q Q9650】フォトレビュー的な何か
http://haizin.serveblog.net/?p=2974

はいじん☆ちゃんねる >> Core2Quad Q9650の消費電力
http://haizin.serveblog.net/?p=3222

はいじん☆ちゃんねる >> 【C2Q Q9650】リテールクーラ時のCore温度
http://haizin.serveblog.net/?p=3232

はいじん☆ちゃんねる >> 【C2Q Q9650】はとぅねベンチ v1.04
http://haizin.serveblog.net/?p=3230

Core2Quad Q8200

はいじん☆ちゃんねる >> Core2Quad Q8200 に換装してみました
http://haizin.serveblog.net/?p=2161

はいじん☆ちゃんねる >> 【C2Q Q8200】リテールクーラー比較
http://haizin.serveblog.net/?p=2185

はいじん☆ちゃんねる >> 【C2Q Q8200】リテールクーラー比較 その2
http://haizin.serveblog.net/?p=2195

はいじん☆ちゃんねる >> Core2Quad Q8200の消費電力は?!
http://haizin.serveblog.net/?p=2397

はいじん☆ちゃんねる >> 【C2Q Q8200】はとぅねベンチ v1.04
http://haizin.serveblog.net/?p=2403

Pentium Dual-Core E2200

はいじん☆ちゃんねる >> 買ってきたパーツの詳細(CPU編)
http://haizin.serveblog.net/?p=174

はいじん☆ちゃんねる >> 買ってきたパーツの詳細(リテールクーラー編)
http://haizin.serveblog.net/?p=181

はいじん☆ちゃんねる >> ベンチマーク 第1話 『定格動作編』
http://haizin.serveblog.net/?p=294

はいじん☆ちゃんねる >> はとぅねベンチ@HD3870
http://haizin.serveblog.net/?p=499

はいじん☆ちゃんねる >> 表示処理が変わったNicoplayer0.79 登場
http://haizin.serveblog.net/?p=516

はいじん☆ちゃんねる >> HD3870で動画再生支援(ベンチマーク編)
http://haizin.serveblog.net/?p=531

はいじん☆ちゃんねる >> WindowsMediaEncoder9
http://haizin.serveblog.net/?p=648

はいじん☆ちゃんねる >> Catalyst 9.2 比較ベンチマークしてみた
http://haizin.serveblog.net/?p=1953

Pentium 4 2.53GHz

はいじん☆ちゃんねる >> Pentium4 2.53GHz ベンチマーク結果
http://haizin.serveblog.net/?p=63

すべての始まり

はいじん☆ちゃんねる >> はとぅねベンチ (とは何ぞや編)
http://haizin.serveblog.net/?p=122

【C2Q Q9650】はとぅねベンチ v1.04

hatwune004

Core2Quad Q9650のベンチマークですが、毎度おなじみ「はとぅねベンチ」を用いました。CrystalMarkやPCMarkならみんなやってるしね(^^;)

ベンチマーク環境:『自作PC 3号』
[CPU1]Core2Quad Q9650@定格
[CPU2]Core2Quad Q8200@定格
[CPU3]Pentium Dual-Core E2200@定格
[Memory]DDR2 800 Firestix 1G×2+2G×2@定格
[M/B]Gigabyte GA-EP45-DS5
[System HDD]Seagate ST3320613AS
[VGA]HIS Radeon HD3870 IceQ3
[OS]WindowsVista SP1 64bit

はとぅねベンチ環境設定値
『低負荷』
FullScreen/640×480/Type×1/Quality 0
『標準負荷』
FullScreen/1024×768/Type×4/Quality 0

※前回のデータを流用しています。Core2Quad Q8200とPentiumDualCore E2200はCatalyst 9.2、Core2Quad Q9650はCatalyst 9.5を用いてます。

まずは、ミクが一人の状態で、『低負荷』と『標準負荷』を見てみました。

q9650_hatwune

標準負荷ではPentiumDualCore、Core2Quad Q8200とほとんど変わらない結果に。また、低負荷においては上昇しているものの、Core2Quad Q8200と比べるとそれほど大きな差はありませんでした。

はいじん☆ちゃんねる >> 【C2Q Q8200】はとぅねベンチ v1.04
http://haizin.serveblog.net/?p=2403

ミクの人数が少ない状態ではGPUベンチマークの色が強いことがわかってますので、「標準負荷」ではPentiumDualCore、「低負荷」ではCore2Quad Q8200の時点でRadeon HD 3870の限界に達しているようですね。これ以上のスコアを出すにはより、Radeon HD 4800シリーズが必要になってくるんでしょうね。

言っておきますけど買いませんよ… たぶん…

お次は、ミクの人数を100人まで増やした結果です。グラフ右端の数値は100人の際の値です。

q9650_hatwune2

予想通りですが、こっちはCPUのパワーに比例した結果となってますね。

ミクの人数が少ない場合はGPU、人数が増えるとCPUの負荷が増すため、人数が増えた際にはRadeon HD3870でもまだ余裕があります。

hatwune007

fpsは18みくでした。やはりCore2Quadでは100人、ヌルヌル動作は無理なのか?

言っておきますが、Core i7も買いませんよ… たぶん…

ちなみに、はとぅねベンチはマルチスレッドに対応していないため、同じアーキテクチャのCPUだとコア数によらず、クロック周波数が高い方が高いスコアがでます。

まとめ

1ミクではCore2Quad Q9650でも限界が見えてきた!少人数で楽しみたいならGPUを強化すべし!多人数で楽しみたいならCPUを強化すべし!ただし、遅いクアッドコアよりも速いデュアルコア!

2009/3/29 日曜日

【C2Q Q8200】はとぅねベンチ v1.04

温度・消費電力についてみてきましたが、パフォーマンスについてはまだみてませんでしたね。そこで、今回はパフォーマンスを見てみました。Core2Quad Q8200のPCMarkやCrystalMarkのベンチマークなら多くの方が公開しているので、ここでは「はとぅねベンチ」を使ってみました。

ベンチマーク環境:『自作PC 3号』
[CPU1]Core2Quad Q8200@定格
[CPU2]Pentium Dual-Core E2200@定格
[Memory]DDR2 800 Firestix 1G×2+2G×2@定格
[M/B]Gigabyte GA-EP45-DS5
[System HDD]Seagate ST3320613AS
[VGA]HIS Radeon HD3870 IceQ3
[OS]WindowsVista SP1 64bit

はとぅねベンチ環境設定値
『低負荷』
FullScreen/640×480/Type×1/Quality 0
『標準負荷』
FullScreen/1024×768/Type×4/Quality 0

まずは、ミクの人数が1人の状態での結果です。

q8200_hatwune

「低負荷」ではスコアが2倍に!PentiumDualCore E2200ではRadeonHD3870の性能を生かし切れてなかったようですね。

しかし、「標準負荷」ではPentiumDualCoreとスコアが変化しませんでした。

このことから、はとぅねベンチは「低負荷」ではGPUに依存する部分が少なく、CPUによる処理が大きく影響し、「高解像度」「アンチエイリアシング」が大きい「高負荷」になるほどGPUでの処理が重要になってくることがわかる。

次に、ミクが1人でスコアが同じであった「標準負荷」においてミクの人数を増やしてみて変化をみた。

q8200_hatwune2

ミクの人数が1人ではPentiumDualCore E2200 と Core2Quad Q8200で差がありませんでしたが、5人に増やしただけで大きく差が開き、2倍近くになりました。以前、BlogなMaterialisticAさんが、ミクの人数を増やすとCPUによる差が大きくなる結果を出してましたが、今回のベンチマークでは確かにそのとおりの結果となりました。

ネギの人?が登場するベンチマークソフト ~はとぅねベンチ~ – BlogなMaterialisticA
http://materialistica.livedoor.biz/archives/51225510.html

ミクの人数の増やした際のCPUの各コアとGPUの使用率も見てみました。CPU使用率の測定にはCRN Monitor v1.10、GPU使用率にはGPU-Z v0.3.2を使用しました。

hatwuneq8200-3

120秒までがミクが1人、120秒~180秒で人数を少しづつ増やしていき、180秒以降で100人となっています。ミクが1人のときはGPUの使用率は100%、CPUはコア4のみが処理を行っているのがわかる。

ミクの人数を増やすとGPUの使用率は徐々に下がっていき、CPUの負荷は複数のコアに分散されている。このことからも、ミクの人数が増えると負荷がGPUからCPUへ移行していることがわかる。ただし、CPUの各コア合計使用率を見ると100%前後で推移しており、マルチスレッドにより処理しているわけでないようである。

まとめ

「低負荷」ではPentiumDualCore E2200とCore2Quad Q8200で大幅にスコアが上昇した。これはPentiumDualCore E2200がRadeonHD3870の性能を活かし切れていなかったためだと考えられる。

「標準負荷」ではミクが1人だとスコア変化はなかった。これはRadeonHD3870が足を引っ張ってるためであったが、ミクの人数を増やすとCPUへの負荷が増え、スコアに差が出た。

このことから、「高解像度」「高アンチエイリアシング」でスコア上昇を望むならよりハイスペックなCPUよりもハイスペックなGPUの方が効果的であり、「ミクの人数」を増やすならハイスペックなCPUが効果的であることがわかった。

ちなみに、「はとぅねベンチ」はマルチスレッドに対応していないようで、Core2Quad のクアッドコアによる効果は見れなかったため、コア数が多いCPUよりも動作周波数が高いCPUの方が効果的であるようです。

2009/3/2 月曜日

DVStorm-RTを入手しました

久しぶりにジャンクPCパーツの大物をゲットしました!

CanopusのDVStorm-RT

img_6731

リアルタイム・ノンリニア編集システム DVStorm-RT – Canopus
http://www.thomson-canopus.jp/catalog/dvstorm/dvstorm_index.htm

発売当時は168,000円もしたものが、なんと420円!

さらに、今ツクモではポイント2倍換算を行っているので、ポイントを使ったところ…

img_6738

2500分の1(笑)まぁ、ジャンクですしね。

そんなDVStorm-RTだが、DVポートは今のマザーボードなら大抵ついてますので、何に使うかと言うと、映像素材のアナログキャプチャに使おうかと。

これまでアナログキャプチャには同じくジャンクで入手したBuffalo PC-MV3S/PCI(以下PCast)を使用してました。

PC-MV3S/PCI

まぁ、滅多に使わないので不満はなかったんですが、高級品の違いとやらを見てみたくて買ってみました(^^;)

そうです

衝動買いです!

早速、PCastと置き換えて使ってみました。ドライバ類はCanopusのダウンロードページから入手できました。

ダウンロード DVStorm-RT シリーズ – THOMSON
http://www.thomson-canopus.jp/download/stormrt.htm

RadeonHD3870のS-video出力から1024×768で出力した『はとぅねベンチ』をキャプチャしたところ、こんな感じでした。

DVStorm-RT アナログキャプチャ

これに対し、PCastでは…

PC-MV3S/PCI アナログキャプチャ

(クリックすると拡大できます)

一見PCastの方が発色がいいのでは?って感じがしますが、明るいところで色が飛んでたりしている。(どちらも設定は初期設定のままです)

Radeon HD3870からDxRec2を使用し、直接キャプチャすると…

RadeonHD3870 直接キャプチャ

設定をいじれば変わってくるのかもしれませんが、DVStorm-RTの方が元の信号に忠実な感じですね。細かい文字もDVStorm-RTの方が潰れておらず見やすいですね。

映像圧縮はPCastがソフトウェアによるMPEG-2に対し、DVStorm-RTはハードウェアによる独自のDV形式『Canopus DV』で圧縮される。このため、コーデックがインストールされていないPCでは再生ができませんでした。でも、コーデックは現在Canopusから無料ダウンロードできました(^^;)これでPremiere Elementsでの編集もOK!

ダウンロード Canopus Codec Option(無償版) – THOMSON
http://www.thomson-canopus.jp/download/codec_option_pb.htm

キャプチャした映像ですが、PCastの方はインタレースが解除されていますが、DVStorm-RTの方はインターレースが解除されていませんでした。

DVStrom-RTとPCast比較

最後に実際に動画での比較です。

Get the Flash Player to see the wordTube Media Player.

動きがあるとはっきりと違いがでました。特に、細かい文字についてはDVStorm-RTが圧倒的に見やすいですね。

2009/2/24 火曜日

はとぅねベンチ関連動画

Filed under: ニコニコ動画,日記 — ハイジんブルー @ 1:14:02

同じこと考える人がいた(^^)

2009/2/23 月曜日

Catalyst 9.2 比較ベンチマークしてみた

おとといから公開されているCatalyst 9.2。ATIによると一部のソフトにおいて大幅に性能が上がっているとのこと。また、複数のブログのベンチマークでCrystalMarkでスコアが向上したと書かれていた。そこで、自分も試してみることにしました。

比較は2008年11月版のCatalyst 8.11、2009年1月版のCatalyst 9.1、2月のCatalyst 9.2の3つで行った。Catalyst 8.12がありませんが、これは今回ベンチマークを行ったVista 64bitではCatalyst 8.12が正しく動作しないので除外しました。また、Catalyst 9.1でCatalyst Control Center 9.1がインストールできなかったため、すべてのバージョンでCatalyst Control Centerは8.12のものに統一しました。詳細は下の画像で確認してください。

Catalyst 9.1 +Catalyst Control Centerは8.11

Catalyst 9.1 - Catalyst Control Center

Catalyst 9.2 +Catalyst Control Centerは8.11

Catalyst 9.2 - Catalyst Control Center

では、さっそく比較に入っていくわけだが、まずはベンチマーク環境を紹介しておきます。OSはいつもどおり、クリーンインストール直後で実施し、Catalyst は順次上書きしていきました。

ベンチマーク環境:『自作PC 3号』
[CPU]Pentium Dual-Core E2200@定格
[Memory]DDR2 800 Firestix 1G×2+2G×2@定格
[M/B]Gigabyte GA-EP45-DS5
[System HDD]Seagate ST3320613AS
[VGA]HIS Radeon HD3870 IceQ3
[OS]WindowsVista SP1 64bit

はじめに、CrystalMark 2004R3で比較を行ってみました。

Catalyst 8.11

Catalyst 8.11 - CrystalMark2004R3

Catalyst 9.1

Catalyst 9.1 - CrystalMark2004R3

Catalyst 9.2

Catalyst 9.2 - CrystalMark2004R3

アレ?なんだか予想外の展開ですね。スコアとしては8.11 < 9.2 < 9.1って感じになってしまいました。とくにOpenGLのスコアは9.2が一番低い。9.2にしたから性能が必ず上がるわけではなく、どうやら、環境によって結果が異なるようですね。

vocalomark012

このほか、定番のHDBENCH、3DMarkでベンチマークを行ってもいいのですが、まぁ、それは他サイト様にお任せして、グラフィック関連のベンチマークを行うなら、ココはやはり『はとぅねベンチ』と『Vocalomark』でしょう!

というわけで、『はとぅねベンチv1.04』と『Vocalomark (ββ)』において、負荷を変えてベンチマークを行いました。負荷表記として[低負荷]と[標準負荷]を用いますが、それぞれ次のような設定値になっています。

『低負荷』
[環境設定]FullScreen/640×480/Type×1/Quality 0

『標準負荷』
[環境設定]FullScreen/1024×768/Type×4/Quality 0

はとぅねベンチとVocalomarkで統一しました。ちなみに、以前行っているベンチマークとは値が変わってますので、ご了承を。スコアは3回測定を行いその平均値を用いました。また、3回の測定で明らかに変な値がでた場合は再測定を行いました。(時限タスクによって割り込みが発生する影響を防ぐため)

では、『はとぅねベンチv1.04』の結果です。

Catalyst 9.2 - はとぅねベンチv1.04 [低負荷]

Catalyst 9.2 - はとぅねベンチv1.04 [標準負荷]

お見事にCrystalMarkの結果と一致しました。[低負荷]と[標準負荷]でグラフの縮尺が違うのでそれぞれのデータにCatalyst 8.11を100%とした際のスコア上昇率を載せました。この結果から負荷が低い方がスコア変化が大きいことがわかる。

続いてVocalomark(ββ)。

Catalyst 9.2 - VocaloMark(ββ) [低負荷]

Catalyst 9.2 - VocaloMark(ββ) [標準負荷]

[標準負荷]では、はとぅねベンチとCrystalMarkと同様にCatalyst 9.1がトップスコアとなっており、Catalyst 9.2で下がっている。ところが、[低負荷]ではCatalyst 9.2が9.1を上回ってトップとなっている。

最後にはとぅねベンチでミクの人数を増やした際のスコアの変化。

hatwunebench

Catalyst 9.2 - はとぅねベンチv1.04 [標準負荷] 負荷変動

このグラフの作成はひじょ~に悩みました(笑)このスケールだとほとんど誤差程度の違いしか見えないので。

[標準負荷]でミクの人数を増やしていったのだが、グラフをよ~く見ると、どの人数においても8.11 < 9.2 <9.1となってます。予想以上に面白くない結果でした(笑)

まとめ

Catalyst 9.2で性能向上ってことでしたが、まぁ、これはどうやら環境やソフトによってだいぶ違うみたいですね。個人的にはVista 64bitでまともに使えるようになっただけで大満足です(^^;)

2009/2/18 水曜日

FakeFarさんのオドルウサギ

オドルウサギ – Fake Far
http://fakefar.jp/odoruusagi.html

Fake Farさんの製品情報に新作が上がってました。

今度ももちろんベンチマークですよね?!(゚Д゚)

2009/1/29 木曜日

FakeFarさんの新作ぅ~

Filed under: ニコニコ動画,日記,萌の寄せ集め — ハイジんブルー @ 5:02:38

いやぁ~、あんた凄いよ!

2009/1/13 火曜日

VocaloMark(ββ)起動画面

では、さっそくVocaloMark(ββ)を起動してみた。

VocaloMark(ββ)起動画面

VocaloMark(β)までは「はとぅねベンチ」から続くスクリプト選択画面(はとぅねv1.04ではモデルも選択可能)が採用されていましたが、VocaloMark(ββ)ではスクリプト選択画面ではなく、いきなり再生が可能に。スクリプトの選択はどうするかはこれから調べていきます。

これまで起動画面ではミクが何かポーズを取ってたり、ただ立ってるだけでしたが、VocaloMark(ββ)ではDo-Daiを踊っています。

追記 2009/01/14 01:28
動画を追加しました。http://haizin.serveblog.net/?p=1452

起動画面では[BGM File]と[Adjustment]という項目ができました。[BGM File]を選択して[Enter]キーを押すと…

VocaloMark(ββ) BGM選択画面

このように音声ファイルを選択できる画面が現れる。

なお、VocaloMark(ββ)には無音のdummy.wavしか付属していません。まぁ、大人の事情なので察してあげましょう(笑)音声ファイルは自分でミクを調教するやら3月18日発売予定のTHE IDOLM@STER MASTER BOX Vを買うなりして自分で調達しましょう!

[Adjustment]では音声ファイルの再生開始オフセットが設定できます。自分が調達した音声がズレる際に使います。オフセットは-5秒~+5秒まで5msおきに設定できます。かなり正確に合わせられますね。

ちなみに、この[BGM Files]と[Adjustment]は『はとぅねベンチ』および『VocaloMark(β)』ではスクリプトを自分で編集して設定する項目でした。かなり使いやすさは向上しました。Fake Farさん、さすがの完成度です!

次ページへ »

HTML convert time: 0.851 sec. Powered by WordPress