2009/12/14 月曜日

Seagate 『Momentus Thin』の仕様が公開されました

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 17:52:22

Seagate’s 7mm Momentus Thin Hard Drive To Ship In 160GB And 250GB Sizes – HOT HARDWARE
http://hothardware.com/News/Seagates-7mm-Momentus-Thin-Hard-Drive-To-Ship-In-160GB-And-250GB-Sizes/

先週、Seagateが薄型の2.5インチHDD『Momentus Thin』シリーズを『2010 International CES』で発表するという情報がありましたが、一足先に詳細な仕様が公開されたようです。

Momentus Thinシリーズは容量250GBと160GBの2モデルで登場。共にキャッシュ容量8MB、回転数5400rpmでインターフェースはSATA 3Gbpsとなる。厚さに関しては以前の情報と同じく7mm厚と通常の9.4mm厚の2.5インチHDDより25%薄くなる。来年の1月には出荷開始とのこと。

320GBプラッタで来るかと思ってましたが、まずは250GBから始まるようですね。

2009/12/9 水曜日

Seagateが薄型2.5インチHDDを開発中

連続でSeagate関連。

Momentus Thin series on a diet – Fudzilla
http://www.fudzilla.com/content/view/16750/41/

ノートPCで良く使用されている2.5インチHDD。ほとんどのものが9.5mm厚で、一部大容量のものが12.5mm厚となっていますが、Seagateが新たに薄型7mm厚のMomentus Thinシリーズを開発中だとか。

最近の超薄型モバイルノートでは1.8インチHDDを採用したり、SSDを用いてますが、1.8インチHDDはプラッタ径が小さいため読書きが遅い、SSDは容量あたりのコストパフォーマンスが悪いという欠点を持っている。

7mm厚の2.5インチHDDであれば、高速大容量で安く、さらに超薄型モバイルノートでの使用も可能になる。

まだ容量等の詳細は発表されていませんが、現在の2.5インチHDDから推測すると1プラッタ構成の320GBが最大になるんですかねぇ。正式発表はおそらく2010年1月7日から開催される『2010 International CES』で行われるとのことですので、ちょっぴり楽しみですね。

2009/12/4 金曜日

【重要な追記あり】WD20EARSは本当にSATA 6Gbps対応なのか?

WD’s 2TB Caviar Green goes SATA 6Gb/s – Fudzilla
http://www.fudzilla.com/content/view/16678/38/

FudzillaにWestern DigitalのCaviar Greenに新2TBモデル『WD20EARS』が追加され、SATA 6Gbpsに対応するとの情報がありました。追記を参照してください。

若干気になるのが、いまひとつ信憑性が欠けていること…

Western Digitalの型番の最後に『EARS』がつくモデルはすでに1TBモデル『WD10EARS』と1.5TBモデル『WD15EARS』がありますが、これまで発売されている『WD10EADS』との違いはキャッシュ容量が32MBから64MBになったことだけ。

WD20EARS

Western Digitalの製品情報もすでに更新されており、WD20EARSが追加されていますが、こちらではSATA 3Gbps接続となってますし、海外ですでに発売になっているようですが、そちらの情報でもSATA 3Gbpsになってるんですよねぇ。

まぁ、Western Digitalの場合、型番を大きく変えずに改良版を出してくることがあるから絶対無いとは言えないんですけど…

追記: 2009/12/04 11:21

調べてみると、どうやらFudzillaの情報はユーザーから「WD20EARSを接続してみたら何故かSATA 6Gbpsで認識した」っていうタレこみが情報源のようですね。転送モードが示されているスクリーンショットでもあればいいんですけどねぇ~。

追記: 2009/12/04 11:26

と書いた矢先に、Fudzillaにお詫びが掲載されました。タレこみがガセネタだったことがわかったようです。

2009/9/4 金曜日

Samsungからも出るか?2.5インチ640GBと3.5インチ2TB

Samsung to release 640GB portable hard drive too – TechConnect Magazine
http://www.tcmagazine.com/comments.php?id=29266&catid=2

Samsungからポータブル外付けHDD『S2』シリーズに新たに640GBを追加することを発表したようです。同時に、来年の早いうちに3.5インチHDDを採用した外付けHDDの2TBモデルを発売することを明かしたとのこと。

外付けHDDの情報なので、内臓されているHDDについては不明ですが、もしかしたらSamsungからも2.5インチの640GBと3.5インチの2TBが近々発表されるかもしれませんね。

2009/8/25 火曜日

3.4GHzで動作するCeleron E3900が来年登場する?

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 23:39:32

3.4GHz Celeron E3900 exposed – INPAI.com.cn
http://en.inpai.com.cn/doc/enshowcont.asp?id=6858

2009年Q3に登場すると言われているCeleron Dual-Core E3000シリーズ。現行のE1000シリーズと比較すると、新たにIntel-VTに対応し、L2キャッシュが2倍の1MBとなっている。

2.4GHzのE3200と2.5GHzのE3300の情報が以前ありましたが、新たに2010年Q1に3.4GHzのE3900も登場するとの情報が。Celeron Dual-Coreでも3GHz超えなんですねぇ。

はいじん☆ちゃんねる >> Celeron に E3000シリーズが追加される?
http://haizin.serveblog.net/?p=3284

2009/6/19 金曜日

PentiumE6500が登場し、E2000シリーズは終焉へ

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 12:37:36

Reports: Pentium E6500 coming, Pentium E2000 models going – THE TECH REPORT
http://techreport.com/discussions.x/17090

先月発売になったIntelのPentium Dual-Core E6300の上位版に当たるPentium Dual-Core E6500が登場するようです。E6300ではクロック周波数が2.8GHzでしたが、E6500では2.93GHzに向上。FBSは1066MHz、2Lキャッシュは2MB、TDPは65WとE6300と同じになっている。

そして、Pentium Dual-Core E2000シリーズのE2200とE2220は今年の後半には終了となるとか。昨日発売が確認されたE2210は45nmプロセスで製造されてますので「E2000シリーズが終焉」というよりは「65nmプロセスのE2000シリーズが終焉」というのが正確かもしれませんね。

Celeron Dual-Coreも45nmプロセスのE3000シリーズの登場によってE1000シリーズが置き換えられたら、いよいよIntelの65nmプロセスCPUは無くなるんですねぇ。

2009/6/18 木曜日

Windows 7にはXPへのダウングレード権が?

Filed under: コンピュータ関連,ソフトウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 22:43:13

Microsoft extends Windows 7-to-XP downgrade availability – TechConnect Magazine
http://www.tcmagazine.com/comments.php?shownews=27300&catid=3

ホントか?って気もしますが、MicrosoftがWindows 7の発売以降最長で18ヶ月間OEM向けWindows 7にWindows XPへのダウングレード権提供を計画しているとか。

Windows VistaじゃなくてWindows XP(^^;)

追記:2009/06/18 23:07

マイクロソフト、Windows 7の「XPダウングレード」を認める方針 – 日経PC online
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20090618/1016113/?f=news1

2009/6/17 水曜日

Core2Quad Q9505が出る?

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 22:49:49

Intel plans Q9505, 45nm quad-core – Fudzilla
http://www.fudzilla.com/content/view/14251/35/

AMDのPhenom IIに対抗してIntelがCore 2 Quad Q9550を値下げする噂が流れてますが、それとは別に新たにCore 2 Quad Q9505が出るとの情報がありました。

現行Q9550ではL2キャッシュが12MBですが、Q9505では半分の6MBになるとか。その他の仕様は変わらないことから、Q9450からQ9400となったときと似てますね。

ただ、Q9505の最後の”5″は何のためについているんでしょうか?Q9500でよさそうな気がするんですけどねぇ。

2009/6/8 月曜日

HGSTが年内に750GBプラッタHDDを出す?

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 22:33:02

Hitachi: “750GB per platter nog dit jaar” – HARDWARE.INFO
http://www.hardware.info/nl-BE/news/ymiclpqXwpqabZY/Hitachi_750GB_per_platter_nog_dit_jaar/

(仏語は大学の教養で習った程度なので正確かどうか今ひとつ自信がないですが)HARDWARE.INFOによると、HGSTが年内に750GBプラッタの3.5インチHDDを出荷開始するのではとのこと。

750GBプラッタなら4枚で3TBですね。HGSTなら5枚ものを出す可能性もありますので、最大3.75GBですね。

2月に昭和電工が500GBプラッタを発表した際にも、次の「第5世代 垂直磁気記録方式ハードディスク」は750GBプラッタとあったので、年内かどうかはわかりませんが、次は750GBプラッタが出るんでしょうねぇ。

Celeron に E3000シリーズが追加される?

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 22:01:29

Celeron E3000 series duo said to arrive in Q3 – TechConnect Magazine
http://www.tcmagazine.com/comments.php?id=27039&catid=2

現在Intelの低価格デュアルコア Celeron Dual-CoreはE1000番台となっているが、新たにE3000番台が登場するのとの情報が。E1000シリーズでは65nmプロセスで製造されていましたが、E3000シリーズからは45nmプロセスに、L2キャッシュがE1000シリーズの512KBから倍の1MBになるようです。さらに、Intel-VTにも対応するとか。

はいじん☆ちゃんねる >> PentiumDCとCeleronDCでもVTが搭載される?!
http://haizin.serveblog.net/?p=2611

以前から噂がありましたが、これでWindows 7のXP modeもバッチリですね。

ちなみに、E3000シリーズってなんだか聞き覚えがあるなと思い、調べてみると…

Intel to introduce 45nm Core 2 Duo E3000 series – NordicHardware
http://www.nordichardware.com/news,7576.html

あぁ~。これかぁ~。Core 2 Duo E3000シリーズはデマだったんですねぇ。すっかり忘れてました(^^;) 他に、一度も見たことがないですが、Pentium Dual-Core E3200なるものの出回っているようですね。

次ページへ »

HTML convert time: 0.741 sec. Powered by WordPress