2010/2/22 月曜日

Kasperskyがウィルス対策ハードウェアで特許取得

Kaspersky patents hardware-based AV – bit-tech.net
http://www.bit-tech.net/news/hardware/2010/02/19/kaspersky-patents-hardware-av/

髭のおじさんのパッケージで有名(?)な『Kaspersky Anti-Virus』の開発元 Kaspersky Labが新たなるウイルス対策ハードウェアの特許を取得したようです。

一般的なウイルス対策はソフトウェアによりHDDやRAMなどの記憶装置のデータを読みだしてウイルスを検知しますが、Kasperskyの特許では、HDDとマザーボード間にウイルス検知専用のハードウェアを挟み検知を行う。

現在のソフトウェアの場合、書き込まれたデータから検知を行うため、記憶装置上に一瞬でもウイルスが存在してしまう可能性があるが、ハードウェア対策ではHDDへの書き込み時点で検出を行い、排除を行うため安全性が向上するとのこと。

また、ハードウェアは専用のARMプロセッサとRAMを搭載しているため、現在のウイルス対策のようにCPUを占有してしまうことがなく、高速で処理が可能になる。

特許ではHDDとマザーボード(インターフェースコントローラ)間に挟む構成となっているが、将来的にはHDDやコントローラに内臓することも想定していとか。いずれは、こう言った機能がSATAなどの規格に盛り込まれるかもしれませんね。

2009/12/15 火曜日

Kaspersky Anti-VirusがCUDAに対応する?!

Kaspersky utilizes CUDA computing for virus scanning – PC Perspective
http://www.pcper.com/comments.php?nid=8124

日本での知名度も上がってきた、ロシアのZAO Kaspersky Labが開発している『Kaspersky Anti-Virus』ですが、そのKaspersky LabがNVIDIAと協力し、CUDAを利用するウィルス対策ソフトを開発しているそうです。

すでにNVIDIAのGPGPUコンピューティングサーバ『Tesla S1070』にてテストを行っているようですが、その結果、2.6GHz動作のCore2Duoを搭載する一般的なシステムと比べると360倍も速くウィルススキャンが可能だったとか。

まぁ、Tesla自体が化け物みたいな性能を持っているので、ハードウェアがすごいのか、ソフトウェアがすごいのか今ひとつわかりません(^^;)が、自分のように高性能なGPUを普段眠らせている人にとってはGPGPUに対応することは嬉しいですねぇ。

2009/10/2 金曜日

Microsoftの無料対策ソフトダウンロード上の注意

無料対策ソフト便乗の悪質サイトが早くも出現、目的は偽ソフトの配布 – 日経PC online
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20091001/1019061/

9月30日から公開になったMicrosoftの無料ウイルス対策ソフト『Security Essentials』ですが、どうやらコレの偽ソフトが出回っているようです。日経PC onlineの記事によると検索エンジンで上位に表示される偽ソフトをダウンロードし、実行すると「ウイルスが見つかった」と表示されクレジットカードの番号を請求されるとか。

今、確認してみたところ、上位には表示されていませんでしたが、確かに怪しげなサイトはありました。『Security Essentials』をダウンロードする際にはURLが間違いなく[www.microsoft.com]を含んでいることを確認した方が良さそうです。

HTML convert time: 0.543 sec. Powered by WordPress