2010/3/9 火曜日

仮想化環境における10Gbit Ethernetベンチマーク

10Gbit Ethernet: Killing Another Bottleneck? – AnandTech
http://it.anandtech.com/IT/showdoc.aspx?i=3759

対応するハブやNICが低価格化して、現在普及してきている『1000Base-T』。最大1Gbpsの通信が可能なGigabit Ethernet(GbE)の規格のひとつですが、さらに10倍の帯域を持つ10Gbit Ethernet(10GbE)というものが存在する。

すでに、銅線(Cat6e等)を用いるNICが去年市販されていますが、高価であるためまだ目にすることはほとんど無い。また、消費電力が非常に大きく、GbEで1ポートが消費する電力0.5Wに対し、10GbEでは15Wも消費する。Broadcomが4Wというものを開発したようですが、それでもまだまだ高い。

確かの高速な通信が可能なのは良いことなのですが、こんなの何に活用できるのかと思ってましたが、どうやら多コアCPUによる仮想化が進むと非常に重要になってくるようです。

たとえばサーバー上で40個のOSを仮想化により実行していたとする。GbEを4ポート共有していたとすると、各OSでは実質100Base-TX程度の帯域しか得ることができないことになってしまう。これでは世代遅れのサーバーで実行しているのと変わらないことになってしまうため、より広い帯域の10GbEが必要になるようです。

AnandTechでは10GbEとGbEの比較を行っていますが、その際に仮想化マシン数(VM)を1、4、8と変化させて検証。1 VMではGbEの性能もフルに使えていませんが、4 VMではGbEを大きく上回る性能を発揮。仮想化環境において10GbEの効果があることがわかる。

GbEも出た当時は消費電力は大きいし、高かったので普及に時間がかかりましたが、いずれは10GbEが当たり前になるんでしょうかねぇ~。

2010/2/20 土曜日

待ってました!Seagate 『Constellation』シリーズが発売。

エンタープライズ向けのSeagate製HDD「Constellation」シリーズ – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/500/500891/

Seagateから製品発表があって、ちょうど1年。『Constellation』シリーズがようやく発売になったようです。

ASCII.jpによると2.5インチHDDの『Constellation』と3.5インチHDD『Constellation ES』の両方の発売が確認されたようです。ただし、発売になったのはSATA 3Gbpsを採用するモデルのみ。

『Constellation』はニアライン向けの2.5インチHDDで回転数は7,200rpm、ドライブの厚みは一般的なノート向け2.5インチHDDよりも厚めの14.8mmとなっている。キャッシュ容量はモデルにより異なり、32MBと16MBのモデルがある。インターフェースはSATA 3Gbpsまたは6Gb/s SASで、SAS採用モデルには自己暗号化機能を搭載したものもある。

『ST9500430SS』 : 容量500GB / キャッシュ16MB / SAS 2.0
『ST9500431SS』 : 容量500GB / キャッシュ16MB / SAS 2.0 / 自己暗号化

『ST9500530NS』 : 容量500GB / キャッシュ32MB / SATA 3Gbps
『ST9160511NS』: 容量160GB / キャッシュ32MB / SATA 3Gbps

『Constellation ES』はニアライン向けの3.5インチHDD。回転数は7,200rpmでキャッシュ容量はモデルにより16MB、32MB、64MBとなっている。インターフェースについては『Constellation』と同様。なお、Western Digitalのエンタープライズ向け『RE4』シリーズと同様にデュアルプロセッサとなっている。

『ST32000444SS』 : 容量2TB / キャッシュ16MB / SAS 2.0
『ST32000445SS』 : 容量2TB / キャッシュ16MB / SAS 2.0 / 自己暗号化
『ST31000424SS』 : 容量1TB / キャッシュ16MB / SAS 2.0
『ST31000425SS』 : 容量1TB / キャッシュ16MB / SAS 2.0 / 自己暗号化
『ST3500414SS』 : 容量500GB / キャッシュ16MB / SAS 2.0
『ST3500415SS』 : 容量500GB / キャッシュ16MB / SAS 2.0 / 自己暗号化

『ST32000644NS』 : 容量2TB / キャッシュ64MB / SATA 3Gbps
『ST31000524NS』 : 容量1TB / キャッシュ32MB / SATA 3Gbps
『ST3500514NS』 : 容量500GB / キャッシュ32MB / SATA 3Gbps

ちなみに、いずれも4KiBセクタは採用せず、これまでのHDDと同様512バイト(程度)となっている。

ようやく出たかって感じですが、Barracudaシリーズの反省を生かして十分練りこんできたんでしょうかね?気になるのは『Barracuda ES』シリーズの行方。明らかにターゲットがかぶっていると思うんですが、リネームと思っていいのでしょうかね?

はいじん☆ちゃんねる >> Seagateニアライン用2TB HDD
http://haizin.serveblog.net/?p=1743

2010/2/18 木曜日

Cheetah NS.2 + 3ware 9750-4iのベンチマーク記事

Seagate Cheetah NS.2 HDs & LSI 3ware SAS 9750-4i RAID Card – Bjorn3d.com
http://www.bjorn3d.com/read.php?cID=1790

先日発売になったLSI Logic製6Gb/s SAS RAIDボード『3ware SAS 9750-4i』とSeagateの6Gb/s SATA対応HDD『Cheetah NS.2』を用いたベンチマークがBjorn3d.comに掲載されていました。

あえて、高速なSSDを用いていないのはコストが高すぎて大容量かつ高速ストレージとしては実用的とは言えないため。記事では4台の600GB 『ST3600002SS』を単体の他、RAID0、RAID5にて比較。

CrystalDiskMark 2.2(100MB)では3ware SAS 9750-4iのキャッシュ容量(DDR2 512MB)範囲内に収まっているため、読み出しは1GB/s以上。できればデータサイズ1000MBの結果も欲しいところですね。

ちなみに、ベンチマークだけではなく、『3ware SAS 9750-4i』でのRAIDの設定方法やRAIDとは何かまで詳しく解説されていますので、色々と参考になると思います。

2010/2/17 水曜日

東芝としては初のエンタープライズ向けHDDを発表

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 23:02:52

東芝、600GB/10,000rpmの企業向け2.5インチHDD – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100217_349442.html

東芝がエンタープライズ向け2.5インチHDD『MBF2 RC』シリーズを発表しました。これまで富士通が出していたものですが、東芝と富士通のHDD事業が統合されたため、東芝としては実質初のエンタープライズ向け製品となる。

回転数は10,025rpmとなっており、最大容量は600GBと先日Seagateが発表した『Savvio 10K.4』と同じく10,000rpm 2.5インチHDDとしては世界最大容量となる。面記録密度は595Mbit/mm2(384Gbpsi)となっており、線記録密度が向上したため、従来の『MBD2 RC』シリーズと比較すると内部転送が13%向上しており、最大216MB/sとなっている。インターフェースは6Gb/s SASのみとなる。

プラッタ枚数がまだわからない為、プラッタ容量についてはわかりませんが、『Savvio 10K.4』の面記録密度 252Gbsiよりも高いことから200GB以上のプラッタを採用しているのかもしれませんね。

  • 600GBモデル 『MBF2600RC』
  • 450GBモデル 『MBF2450RC』
  • 300GBモデル 『MBF2300RC』

2010/2/11 木曜日

Seagateが『Savvio 10K.4』シリーズを発表

Seagate、600GBの10,000rpm 2.5インチHDD「Savvio 10K.4」 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100210_348167.html

Seagateからエンタープライズ向け2.5インチHDD『Savvio 10K.4』シリーズが発表されました。

10,000rpmの2.5インチHDDとしては最大容量となる600GBを実現した。去年6月に初の6Gb/s SAS対応で注目された前モデル『Savvio 10K.3』は最大容量が300GBでしたので、およそ1年で容量は倍増したことになる。ただし、プラッタ容量は150GBから200GBの向上で倍増しているわけではなく、プラッタ枚数が2枚から3枚に増えている。HDDの厚さは変わらず14.8mm厚となっているため、前モデルの置き換えも可能である。

プラッタ密度向上に伴い、公称サステイン転送レートも外周部においてSavvio 10K.3の129MB/sから141MB/sに向上している。また、プラッタ数が増えたため、シークタイムは若干遅くなっており、消費電力も高くなっている。

容量は600GBのほかに450GBモデルがあり、接続インターフェースは前モデルと同様6Gb/s SASまたは4GbpsのFiber Channelとなる。

『ST9600104SS』 : 600GB SAS(自己暗号化機能搭載)
『ST9600204SS』 : 600GB SAS
『ST9600204FC』 : 600GB FiberChannel
『ST9450304SS』 : 450GB SAS(自己暗号化機能搭載)
『ST9450404SS』 : 450GB SAS
『ST9450404FC』 : 450GB FiberChannel

(データシートPDF)Savvio® 10K.4 – Seagate
http://www.seagate.com/docs/pdf/datasheet/disc/ds_savvio_10k4.pdf

2009/12/9 水曜日

Seagateがエンタープライズ向けSSD『Pulsar』を発表

Seagate Enters the Enterprise SSD Market with Pulsar – AnandTech
http://www.anandtech.com/storage/showdoc.aspx?i=3688

SeagateといえばHDDですが、そのSeagateがエンタープライズ向けのSSD『Pulsar』シリーズを発表しました。

フラッシュEEPROMにはSamsungのSLC NANDを使用しており、容量は200GB、100GB、50GBの3モデル。

SSDの新製品が出るとしっかりチェックしている方ならお気づきかと思いますが、現在販売されているSSDではあまり見かけない容量ですよね。実は、チップ自体はそれぞれ、256GB、128GB、64GB搭載しているんですが、信頼性向上のため冗長性を持たせているため、実際に使用できる容量がSSDらしからぬ容量になっている。

接続インターフェースはSATA 3Gbpsとなっている。(またしてもSATA 6Gbps接続との情報が流れてますが、デマです… SATA 3.0表記は止めよう…)

高速で高信頼なストレージが必要な場面では15,000rpmのSAS接続HDDを使用することが多いですが、HDD1台あたりの消費電力は少なくとも7W程度。これを高速なSSDに置き換えることで1台あたり3W程度に抑えることができ、システム全体の消費電力を大幅に減らすことができるとのこと。通常のフラッシュSSDよりも冗長性も確保してありますので、下手なHDD RAID組むよりも故障率は低くなるのかもしれませんね。

2009/11/22 日曜日

1TB/sを実現する超高速SSDストレージ

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 15:30:03

Fusion-io Achieves One Terabyte per Second Sustained Bandwidth – NordicHardware
http://www.nordichardware.com/news,10272.html

以前、Texas Memory Systemsから2Uラックマウント型のSSD「RamSan 6200」が20台構成で60Gbpsの最大スループットを得られると発表していましたが、今度はFusion-i0から似たような製品(というよりソリューション?)が発表されてたようです。

Fusion-ioのPCI Express 2.0 ×16接続のSSD「ioDrive Octal」は800,000IOPSの性能を持っており、最大スループットは6GB/s。

単体でも高速ですが、サーバ間通信に用いられているQDR(Quad Data Rate) Infinibandを用いることで非常に高速なストレージが構築でき、これまで1TB/sのHDDストレージでは792台(132ラック)のサーバと55,440台のHDDが必要でしたが、ioDrive Octalを用いることでこれをサーバー220台(6ラック)にまとめることが可能に。

直接的にお世話になることはなさそうですが、市販のPCI Express接続SSDの10倍近い帯域があるとは…

(データシート PDF)ioDrive Octal Delivers 1TB/s Bandwidth – Fusion-io
http://www.fusionio.com/load/media-docsProduct/kcb62o/Octal-Study.pdf

2009/11/18 水曜日

10GBASE-Tに対応するLANカードが発売

RJ-45対応の10GbpsLANカードが店頭発売、動作デモも実施 – AKIBA PC Hotline!
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20091121/etc_intellan.html

現在PC間の接続で多く使用されているのは100BASE-TXや1000BASE-Tですが、これらの次世代規格となる10GBASE-Tに対応するIntelのPCI Express x8接続LANカード「10 Gigabit AT2 Server Adapter」が発売になったようです。

10GBASE-T対応を謳うEnhanced Category 6、Augmented Category 6、Category 7などのケーブルは数年前から発売されていますが、実際にデバイスが市販されたのはおそらく初。

驚いたのが、実効転送レート。CrystalDiskMarkにてネットワーク越しのRAID SSDにアクセスし、計測していますが、シーケンシャルリードが210MB/sでシーケンシャルライトは367.3MB/s!なんと、SATA 3Gbpsを上回っている!

市販のPCで利用できるのはHUBの価格がこなれてからでしょうから、まだまだ先でしょうけど、このスピードが利用できるようになるのは楽しみですねぇ。

2009/11/4 水曜日

Western Digitalが初のSAS接続HDDを発表

(プレスリリース)WD(R) Enters Traditional Enterprise HDD Market With First SAS Product
http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=61500&p=RssLanding&cat=news&id=1350002

Western Digitalから初のSerial Attached SCSI(SAS)接続のHDD『WD S25』シリーズが発表されました。

言われてみれば、Western Digitalってエンタープライズ向け製品のデータシートに「SAS接続製品は出ません」という記述はあったけど、実際の製品は出てませんでしたねぇ。

この『WD S25』は10,000rpmの2.5インチHDDとなっており、容量は最大で300GB。VelociRaptorをエンタープライズ向けにしたものって感じがしますねぇ。インターフェースはSAS 2.0(6Gbps)に対応しており、Sustain Data Rateは128 MB/secとのこと。

さすがに500GBプラッタを採用する7,200rpmドライブと比べると見劣りしてしまいますが、10,000rpmの特徴はランダムアクセスですからねぇ。VelociRaptorの新製品は出ないのだろうか…

2009/10/14 水曜日

Ultrastar 15K600とUltrastar C15K147が出荷開始

日立GST、同社初の15,000rpmの2.5インチHDDなど – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20091013_321241.html

HGSTからエンタープライズ向け『Ultrastar』シリーズの新モデル『15K600』と『C15K147』の出荷開始が発表されました。

15K600は15,000rpmの3.5インチHDDで300GB、450GB、600GBの3モデル構成。プラッタ容量は150GBのようですが、同じ3.5インチHDDでも15krpm HDDは一般的なHDDとはプラッタ面積が小さいですのでプラッタ容量での単純比較はできませんね。

サステイン転送レートは119~198MB/s。前モデルの『15K450』では100~160MB/sでしたの大幅に向上してますね。キャッシュ容量は64MBと15K450の16MBから4倍に。インターフェースは6Gbps SASと4Gbps Fiber Channel。

C15K147はHGSTとしては初の15,000rpmの2.5インチHDD。73GBと147GBの2モデル構成。こちらのプラッタ容量は73GBのようですね。こちらは接続インターフェースは6Gbps SASのみ。ノートPCで使おうと思う勇敢な方はいないとおもいますが、厚さは通常の2.5インチHDDの9.5mm厚ではなく、14.8mm厚となってます。

Ultrastar 15K600

600GBモデル/SAS 6Gbps 『HUS156060VLS600』

600GBモデル/FCAL 4Gbps 『HUS156060VLF400』
450GBモデル/SAS 6Gbps 『HUS156045VLS600』
450GBモデル/FCAL 4Gbps 『HUS156045VLF400』
300GBモデル/SAS 6Gbps 『HUS156030VLS600』
300GBモデル/FCAL 4Gbps 『HUS156030VLF400』
600GBモデル/SAS 6Gbps(暗号化機能搭載) 『HUS156060VLS601』
600GBモデル/FCAL 4Gbps(暗号化機能搭載) 『HUS156060VLF401』
450GBモデル/SAS 6Gbps(暗号化機能搭載) 『HUS156045VLS601』
450GBモデル/FCAL 4Gbps(暗号化機能搭載) 『HUS156045VLF401』
300GBモデル/SAS 6Gbps(暗号化機能搭載) 『HUS156030VLS601』
300GBモデル/FCAL 4Gbps(暗号化機能搭載) 『HUS156030VLF401』

Ultrastar C15K147

147GBモデル 『HUC151414CSS600』
73GBモデル 『HUC151473CSS600』
147GBモデル(暗号化機能搭載) 『HUC151414CSS601』
73GBモデル(暗号化機能搭載) 『HUC151473CSS601』

次ページへ »

HTML convert time: 0.793 sec. Powered by WordPress