2011/12/4 日曜日

蛍光灯の安定器を修理してみた

Filed under: ハードウェア関連,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 19:25:48

数か月前から居間にある蛍光灯の点灯が徐々に遅くなり、ついにONにしたあと1時間くらいして忘れたころに点灯するようになった。

蛍光灯が切れたのならそもそも点灯しないはずなので、安定器がおかしいと判断し、修理してみることにしました。

搭載されていた安定器は小泉産業のIKC301A。

分解してみると…

どうやら点灯タイミングを制御しているインバータ方式のようである。

とりあえず、パッと部品を見渡してみると…

ああ、このコンデンサだな。明らかに膨らんでる。

というわけで、ひょひょいっ取り外して…

新しいのに交換!残念ながら同じ形状のものが無かったので、ちょっと強引な取り付け方をしてみました(^^;)

ハイ、おしまい!

じゃ、動作テスト!

….

点灯しない…

どうやら原因はコンデンサだけではないらしい…

というわけで、搭載されているパーツを片っ端からテスタで調べてみると…

このMOSFETがどの端子もツーツー。つまり、故障していることがわかった。

引っぺがしてみると、IRFBC40なる型番が書かれていた。

あまり聞いたことが無いなぁ…

と思いながら特性が近そうな東芝製のトランジスタを載せ替えてみたところ、点灯するようになった。が、燃えるんじゃないか?!と思うくらい熱くなったので、IRFBC40を取り寄せることにしました。

若松通商 電子部品コーナー
http://www.wakamatsu-net.com/biz/

調べてみると、若松通商で売っていたので注文。

で、届いたのがコレ。

若干外見が異なるが、まぁ、トランジスタは中身とパッケージが同じであればイイのだ!

半田付して…

MOSFETの放熱面に裏にあった白いサーモスイッチが密着するように熱収縮チューブをかぶせました。

以上で完成!

恐ろしく熱くなることもなく、動作するようになりました。

ネットで調べたら『IKC301A』が動作しなくなったと書き込みを見かけましたので、参考になればと思います。

2011/9/19 月曜日

【電子工作】電流制限式 冷却ファン回転数制御

PC用の冷却ファンで回転数を下げるために良く用いられる方法として12V専用ファンを5Vラインに刺す方法がある。

じゃ、もともと5V専用のファンの回転数を下げるなら?

少ない部品数で回転数を下げるならこんな回路でOK。

簡単に説明するとR1で抵抗値を変えることでT1のベースに流れ込む電流値が変わり、それに合わせてT1のコレクタからエミッタへ流れる電流が変わる。つまり、冷却ファンに流れる電流を制限することで回転数を下げることができる。

単純で良い回路なのだが、一つ問題が…

モーターは起動する際に必要な『起動電流』が回転しているときの電流よりも大きい。

つまり、起動電流に満たない電流値における回転数制御はできないことになる。

そこで、起動時に電流制限がOFFになるように改良してみました。

改良と言っても、コンデンサを1個追加しただけ!

充電済みのコンデンサは直流回路ではオープン(開放)として考えられますが、充電中は電流が流れる。

よって、上記回路に電源を供給した直後の極短い時間はC1を通して電流が流れるため可変抵抗(R1)は無視することができ、起動電流をモーターに供給することができる。C1が充電されればC1を通して電流は流れないため可変抵抗(R1)に従う電流制限が働く

Get the Flash Player to see the wordTube Media Player.

上の回路ではコンデンサ(C1)は47[μF]となっていて、今回用いた冷却ファンでは丁度起動直後に回転数が制限されます。試しにコンデンサ(C1)を2200[μF]と大きいものにしてみると、充電に時間がかかるため起動直後の数秒はファンがMAXで回転し、その後制限回転数まで下がりました。こういった動作をさせたい場合にも、この回路は使えそうです。

ちなみに、上記回路の定数や型番は今回用いた冷却ファン用の値になってますので、自分で組む場合は自分のモーターに合うように値の計算を行ってから組んでくださいよ~。

(参考)モーターの制御回路についてわかりやすいページ↓

モーター スピードコントロール – 始める電子回路
http://www9.plala.or.jp/fsson/NewHP_elc/elc/elc_14moterSpdContl.html

HTML convert time: 0.530 sec. Powered by WordPress