2010/3/9 火曜日

仮想化環境における10Gbit Ethernetベンチマーク

10Gbit Ethernet: Killing Another Bottleneck? – AnandTech
http://it.anandtech.com/IT/showdoc.aspx?i=3759

対応するハブやNICが低価格化して、現在普及してきている『1000Base-T』。最大1Gbpsの通信が可能なGigabit Ethernet(GbE)の規格のひとつですが、さらに10倍の帯域を持つ10Gbit Ethernet(10GbE)というものが存在する。

すでに、銅線(Cat6e等)を用いるNICが去年市販されていますが、高価であるためまだ目にすることはほとんど無い。また、消費電力が非常に大きく、GbEで1ポートが消費する電力0.5Wに対し、10GbEでは15Wも消費する。Broadcomが4Wというものを開発したようですが、それでもまだまだ高い。

確かの高速な通信が可能なのは良いことなのですが、こんなの何に活用できるのかと思ってましたが、どうやら多コアCPUによる仮想化が進むと非常に重要になってくるようです。

たとえばサーバー上で40個のOSを仮想化により実行していたとする。GbEを4ポート共有していたとすると、各OSでは実質100Base-TX程度の帯域しか得ることができないことになってしまう。これでは世代遅れのサーバーで実行しているのと変わらないことになってしまうため、より広い帯域の10GbEが必要になるようです。

AnandTechでは10GbEとGbEの比較を行っていますが、その際に仮想化マシン数(VM)を1、4、8と変化させて検証。1 VMではGbEの性能もフルに使えていませんが、4 VMではGbEを大きく上回る性能を発揮。仮想化環境において10GbEの効果があることがわかる。

GbEも出た当時は消費電力は大きいし、高かったので普及に時間がかかりましたが、いずれは10GbEが当たり前になるんでしょうかねぇ~。

2009/11/18 水曜日

10GBASE-Tに対応するLANカードが発売

RJ-45対応の10GbpsLANカードが店頭発売、動作デモも実施 – AKIBA PC Hotline!
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20091121/etc_intellan.html

現在PC間の接続で多く使用されているのは100BASE-TXや1000BASE-Tですが、これらの次世代規格となる10GBASE-Tに対応するIntelのPCI Express x8接続LANカード「10 Gigabit AT2 Server Adapter」が発売になったようです。

10GBASE-T対応を謳うEnhanced Category 6、Augmented Category 6、Category 7などのケーブルは数年前から発売されていますが、実際にデバイスが市販されたのはおそらく初。

驚いたのが、実効転送レート。CrystalDiskMarkにてネットワーク越しのRAID SSDにアクセスし、計測していますが、シーケンシャルリードが210MB/sでシーケンシャルライトは367.3MB/s!なんと、SATA 3Gbpsを上回っている!

市販のPCで利用できるのはHUBの価格がこなれてからでしょうから、まだまだ先でしょうけど、このスピードが利用できるようになるのは楽しみですねぇ。

2009/5/18 月曜日

DellがVIA NANOを採用したサーバを発表

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 21:57:15

Nanoを採用したDELLの新型サーバー XS11-VX8 – 上田新聞 blog版
http://nueda.main.jp/blog/archives/004417.html

DellがVIAの省電力CPU「NANO」を採用した新型のサーバー「XS11-VX8」を発表したようです。

Dell verbaut VIA Nano Netbook-CPU in Mini-Servern – netbooknews.de
http://www.netbooknews.de/5410/dell-verbaut-via-nano-netbook-cpu-in-mini-servern/

2Uラックマウントですが、NANOを搭載したボードを12個搭載できるブレードサーバーのようになっている。各ユニットの大きさは3.5インチHDDのマウンタサイズ大になっているため、netbooknews.deに掲載されている写真を見ると、HDDアレイストレージのようですね。

2009/4/21 火曜日

EeePCは次世代サーバープラッタフォーム?!

ニコニコ大百科のアーキテクチャ – グニャラくんのグニャグニャ備忘録@はてな
http://d.hatena.ne.jp/tasukuchan/20090417/nicopedia_hardware

未来検索ブラジルによって運営されているニコニコ大百科ですが、その未来検索ブラジルの方のブログにニコニコ大百科に用いられているハードウェアとソフトウェアについて書かれていました。これによりますと…

EeePCは、SSDUPSを備えた次世代サーバプラットフォームです。

メンテナンスの際、キーボードやモニタをつなぐ必要もありません。

また、各種Linuxの導入情報が充実しています。

メモリ増設などを行っても5万未満で調達を行うことができます。

消耗品として扱えるため、減価償却の必要もありません。

ラック内占有体積も少ないです。

だそうです。確かに、下手なサーバー環境をそろえるよりもコストパフォーマンス良さそう(^^;)参考にさせていただきます。

2009/4/7 火曜日

Google自社設計サーバー

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 11:46:53

グーグル、自社設計のサーバを初公開–データセンターに見る効率化へのこだわり – CNET
http://japan.cnet.com/special/story/0,2000056049,20390984,00.htm

CNETにGoogleの自社設計サーバーに関する記事が掲載されていました。Googleは他社のようにHPやSunなどのサーバーを使用せず、まさに「自作」しているという話は以前から聞いてましたが、今でもすべて自社製なんですね。

写真も公開されていますが、Googleの初代サーバーと比較すると大分簡素になった感じがしますが、雰囲気は変わらず、自作感ムンムンですね(^^;)

Googleの初代サーバを間近から詳細に撮影した写真いろいろ – GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070226_google/

UPS(無停電装置)のかわりにバッテリーが搭載されていることに注目されてますが、自分が一番気になったのはHDDですね。意外にもHGSTのDeskstarが使用されている!Enterprise向けのHGST UltrastarやBarracuda ESくらい使ってるのかと思ってました(^^;)GoogleはHDDに関する実験結果(故障率など)を公開してましたので、おそらく、これがその結果なんでしょうね。ちらっと見ただけで無駄がないですからねぇ。コストパフォーマンスを追及したのがよくわかります。

2009/1/15 木曜日

Seagate Cheetah 15.7発表

Seagate、最大容量600GBの15,000rpm SAS HDD – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0114/seagate2.htm

ほとんどの人が目にすることは無い品ですが、Seagateの新15,000rpm HDD『Cheetah 15.7』が発表されました。前モデル『Cheetah 15.6』では最大容量は450GBでしたが『Cheetah 15.7』では600GBに。インターフェースはSAS(Serial Attached SCSI)とFiberChannelとなっている。

回転数が15,000rpmと一般的なHDDの7,200rpmの2倍となっている。自分もSeagateの古い15,000rpm HDDを使用していますが、動作音はハンパなくうるさく、消費電力もかなり凄いです。しかし、性能は数世代前とは思えないものです。最近のは消費電力が大幅に減っていて動作音も静かになってるらしいですからねぇ。一回見てみたいものです。

ちなみに、シークタイムは3.8ms!シークタイムはプラッタ半径に依存するので通常の3.5インチHDDより速いのは当然ですが、それにしても凄い!

2008/12/5 金曜日

ラックマウント版PlayStation3が登場!?

ソニーからPS3構成の1Uラックマウントサーバー『BCU-100』が発表されたらしいです!

ソニー、“PS3構成”の1Uラックマウントサーバー – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1205/sony.htm

PS3の心臓部である『Cell Broadband Engine』を搭載しており、GPUにはPS3と同じ『RSX』搭載。ぱっと見るとPS3との違いは、メモリがサーバー用のECCメモリになっていることぐらいと、まさにPS3がラックマウントになったって感じである。(そのほかメモリ関連がかなり強化されてますけどね)

先月発表の スーパーコンピュータTOP500にPS3構成が7台も入ってましたので、これを利用したスーパーコンピュータが急増するかもしれませんねぇ。やっぱり台数が増えるとラックマウントのほうが管理等が便利ですからね。

ちなみに、PS3のゲームができるか?!というとたぶん無理でしょう(笑)Blu-rayドライブついてないし(^^;)

はいじん☆ちゃんねる >>TOP500 2008年11月
http://haizin.serveblog.net/?p=812

HTML convert time: 0.689 sec. Powered by WordPress