2011/12/4 日曜日

蛍光灯の安定器を修理してみた

Filed under: ハードウェア関連,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 19:25:48

数か月前から居間にある蛍光灯の点灯が徐々に遅くなり、ついにONにしたあと1時間くらいして忘れたころに点灯するようになった。

蛍光灯が切れたのならそもそも点灯しないはずなので、安定器がおかしいと判断し、修理してみることにしました。

搭載されていた安定器は小泉産業のIKC301A。

分解してみると…

どうやら点灯タイミングを制御しているインバータ方式のようである。

とりあえず、パッと部品を見渡してみると…

ああ、このコンデンサだな。明らかに膨らんでる。

というわけで、ひょひょいっ取り外して…

新しいのに交換!残念ながら同じ形状のものが無かったので、ちょっと強引な取り付け方をしてみました(^^;)

ハイ、おしまい!

じゃ、動作テスト!

….

点灯しない…

どうやら原因はコンデンサだけではないらしい…

というわけで、搭載されているパーツを片っ端からテスタで調べてみると…

このMOSFETがどの端子もツーツー。つまり、故障していることがわかった。

引っぺがしてみると、IRFBC40なる型番が書かれていた。

あまり聞いたことが無いなぁ…

と思いながら特性が近そうな東芝製のトランジスタを載せ替えてみたところ、点灯するようになった。が、燃えるんじゃないか?!と思うくらい熱くなったので、IRFBC40を取り寄せることにしました。

若松通商 電子部品コーナー
http://www.wakamatsu-net.com/biz/

調べてみると、若松通商で売っていたので注文。

で、届いたのがコレ。

若干外見が異なるが、まぁ、トランジスタは中身とパッケージが同じであればイイのだ!

半田付して…

MOSFETの放熱面に裏にあった白いサーモスイッチが密着するように熱収縮チューブをかぶせました。

以上で完成!

恐ろしく熱くなることもなく、動作するようになりました。

ネットで調べたら『IKC301A』が動作しなくなったと書き込みを見かけましたので、参考になればと思います。

HTML convert time: 0.532 sec. Powered by WordPress