2013/6/29 土曜日

JogShuttle Controller ver4.1

1年半くらい前に作成したCanopus製ジョグシャトル『JD-1』用の仮想ドライバ。

【お年玉企画?】Canopus JD-1用ドライバを自作してみた
http://haizin.serveblog.net/?p=9320

ジョグダイアルを回転させた際に生成できるのがキーコードのみのため、Webブラウザ等のスクロールには上下矢印キーを割り当てていました。これがマウスのホイールとは若干違う動作をしていたために、若干使い勝手が悪かった。

そこで、キーコード以外に、マウスホイールイベントが生成できるように書き換えてみました。

参考にしたのはこちらのページ

VB.netでマウスクリックなどの操作を行う – Yahoo!知恵袋
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n31274

この変更によってマウスホイールイベントが生成できるようになりましたが、前バージョンからアップデートする場合は設定ファイルに追記が必要になります。

マウスホイールイベントを用いることでキーコードよりもはるかにスムーズなスクロール動作が可能になりました。EDIUSやPremiereでのフレーム移動が大分し易くなったかと。

実行ファイル (コンパイル済)
JogShuttle Controller v4.1.zip

VisualBasic 2012 プロジェクト (ソースコード)
JogShuttle_Controller_VBProjectv41.zip

お約束

お約束なので書いておきますが、使用して何らかの損害を被っても私は知りません(`・ω・´)キリッ 自己責任でお使いくださいな。ただ、おかしな挙動を示した場合には報告をいただければ今後の改善に役立つかと思いますので、この記事のコメントにでもお願いします。

あと、完全に趣味で作っているものなのでCanopus(現グラスバレー)さんへ問い合わせるとかはおやめ下さいな。

2012/1/1 日曜日

【お年玉企画?】Canopus JD-1用ドライバを自作してみた

新年一発目はコレ!

Canopus製のJog/Shuttleコントローラ『JD-1』。

JD-1 製品情報 – GRASSVALLEY
http://pro.grassvalley.jp/catalog/jogdisk/jd1_index.htm

動画編集でコマ単位の編集を行う際に便利なジョグダイヤルですが、こいつのドライバは対応しているソフト以外で動作せず、もうメーカーのサポート終了しているために、対応ソフトが増える望みも無い…

なら、自分でドライバを作ってしまおう!

というわけで、VB.netを使って作ってみました。

そして、同様に困っている同士の参考になればと思い、ソース等を公開します!お年玉だと思って活用して頂ければと思います!

JD-1の動作確認

まず、初めにJD-1がどのように動作するかを確認してみました。

Canopusの公式ドライバをインストールしていない状態で接続すると…

『HID準拠コンシューマー制御デバイス』として認識した。

さすがに、ハードウェアレベルからドライバ作成するとなると大変だなぁ~と思ってましたが、HIDで認識してくれているので、ここから送られてくるデータを解析して利用することにしました。

正確には『ドライバ』と呼んでいいのか微妙ですが、まぁ、細かいことは(゚ε゚)キニシナイ!!

HIDドライバから受けた信号を作成するドライバで読み込んで、その信号に応じたキーコードを仮想キーボードから送信する。送信するキーコードを使用するソフトウェアのショートカットキーに割り当てることで動作させる。

これなら、どのソフトウェアでも対応できる!

HIDからのデータを読み出す方法はこちらのサイトのコードを使わせていただきました。

ぬるり。: Raw Input(直訳:生入力)
http://hongliang.seesaa.net/article/18076786.html

上記サイトのコードでは『マウス』のデータを読み出すことを目的にしているので、これを『コンシューマ制御デバイス』のデータを読み出すようにしました。

HIDデバイスには目的に応じて[Page]と[Usage]が指定されており、『マウス』の場合は[Page : 1][Usage : 2]となっている。

USB.org – HID Tools
http://www.usb.org/developers/hidpage/

各デバイスに割り当てられているPageとUsageについてはUSB-IFが公開している一覧表『HID Usage Tables』で調べることができる。

今回用いる『コンシューマ制御デバイス』の場合は[Page : 13][Usage : 1]となっているので、ここを書き換えている。

上記コードから得られるHIDの生データを解析すると、ジョグダイヤルは1クリックするごとに1信号、ボタンは押した瞬間離した瞬間にそれぞれ1信号が送信されることが分かった。押した瞬間と離した瞬間を読み取ることで、押しっぱなしを検出できますが、今回は押した瞬間のみ用いました。

作成したドライバ

ドライバの作成はVisualBasic 2010を使用。

以前から、何度か書いているように、自分はプログラミングは大の苦手で正直「動けば何でもいい」と言う考えなので、基本的には上で紹介したソースコードに手を加えた程度となっています。VBも今回初挑戦!

で、実際に作成したドライバは…

[JogShuttleController.exe]と[settings.xml]の2ファイル構成。

JogShuttleController.exeを起動するとタスクバーの通知領域に常駐し、HID信号を監視します。

アイコンはWindows 7の通知領域と似たデザインになるようにしましたが、自分のセンスではこれが限界(^^;)

とりあえずアイコンが表示されれば起動完了。

JD-1からのデータを元にキーコードが送信されるようになる。

キーコード等の設定ですが、通知領域のアイコンを右クリックすると…

設定画面の項目が表示される。

設定画面はこんな感じ。設定内容はexeファイルと一緒に入っている[settings.xml]に保存されているんですが、自分にはxmlファイルを出力する方法が分からなかったので、細かい設定はxmlファイルを書き換えることで行うことになる。(気が向いたら実装するかも…)

この画面で設定できるので[動作モード][感度]およびそれらを切り替えるためのボタン設定。

まず[動作モード]ですが、複数のモードを登録することでアプリケーションごとに異なる動作をさせることができる。とりあえず、自分がよく使うソフトを5つほど登録してみました。

動作モードを増やすには[settings.xml]に追記を行うことで可能となっているが、その方法はxmlファイル内に書いてありますので、そちらを参照あれ。

もうひとつ、設定できるのが、[感度]。

[感度]はジョグダイヤルを1クリックさせると何回キーコードを送信するかを設定できる。動画編集でコマ単位の編集を行う際には不要な機能だが、Webブラウザでページをスクロールする際にはジョグダイヤルを回す回数が少なくて済むので手が疲れなくて便利だったりする。

[動作モード]と[感度]の切り替えは変更ボタンを登録しておくことで、設定画面を出さずに行うことも可能。

設定したボタンを押すとこんな感じでバルーンが表示されて変更された内容を知ることができる。

ダウンロード

とまぁ、作成したドライバですが、JD-1が肥やしになってしまっている方もいるかと思いますので公開しておきます。一応、Windows 7 64bit版とWindows XPにて動作することは確認してあります。

Canopus-JD1-JogShuttle-Controller.zip

なお、参考にさせてもらったソースコードを公開しているサイトさんが「改変、再頒布可」としていますので、VBプロジェクトも公開しておきます。使いやすいように改変したり、他のHID機器用のドライバ作成の参考になればと思います。

JogShuttle_Controller_VBProject.zip

お約束

お約束なので書いておきますが、使用して何らかの損害を被っても私は知りません(`・ω・´)キリッ 自己責任でお使いくださいな。ただ、おかしな挙動を示した場合には報告をいただければ今後の改善に役立つかと思いますので、この記事のコメントにでもお願いします。

あと、完全に趣味で作っているものなのでCanopus(現グラスバレー)さんへ問い合わせるとかはおやめ下さいな。

2011/1/15 土曜日

【レビュー的な何か】CoreDuoT2400でBlu-ray再生は可能か?

~目次~

【レビュー的な何か】Pen4世代でBlu-ray再生は可能か?【目次】
【レビュー的な何か】Pen4世代でBlu-ray再生は可能か?【検証環境・手法】
【レビュー的な何か】Pen4世代でBlu-ray再生は可能か?【お買いもの編】
【レビュー的な何か】Pen4世代でBlu-ray再生は可能か?【グラボ準備編】
【レビュー的な何か】Pen4世代でBlu-ray再生は可能か?【Blu-ray準備編】
【レビュー的な何か】Pen4世代でBlu-ray再生は可能か?【検証編】
【レビュー的な何か】Pen4世代でBlu-ray再生は可能か?【まとめ編】

(追記 / 番外編)
【レビュー的な何か】Pen4世代でBlu-ray再生は可能か?【番外編】
【レビュー的な何か】CoreDuoT2400でBlu-ray再生は可能か?←今ココ
【レビュー的な何か】Pen4世代でBlu-ray再生は可能か?【AGPx8編】

先日の【レビュー的な何か】Pen4世代でBlu-ray再生は可能か?の番外編的な感じですが、ついでにギリギリスペックでBlu-rayが再生できるかどうかを見てみました。

今回の獲物はIBM ThinkPad T60(2008)。

CPUはCoreDuo T2400(1.83GHz)、GPUはATI Mobility Radeon X1300を搭載している。

先日のPentium4の場合はGPUによる動画再生支援を用いることができましたが、今回用いるノートPCはBlu-ray向けの動画再生支援は搭載していない。つまり、すべての処理をCPUに行わせることになる。

用いる再生ソフトPowerDVDの仕様表にはCoreDuoを基準とした推奨スペックは掲載されていなかったので、別ソフト(WinDVD)で調べてみると…

ギリギリアウト!

でも、まぁ、Pentium 4でできたのでできるんじゃないかと考え、試してみました。

ドライブは先日購入したLiteOn 『iHOS104』をUSB変換アダプタを介し接続。

CyberLink Blu-ray Disk Advisor

とりあえず、付属していたPowerDVD v8をインストールしてアドバイザを確認すると…

CPUとGPUが微妙とのこと。

このバージョンだとBlu-rayの再生ができないのでアップデートを行って再びアドバイザを確認すると…

あれっ?CPUがOKになりました。デコード効率が向上して要求スペックが下がったんですかね?

ATIドライバ

で、PowerDVDで再生してみると…

音はすれども映像無し…

CPU使用率はほぼ100%。

となると、怪しいのがGPUでのオーバーレイ処理。デバイスマネージャでRadeon X1300のドライバのバージョンを確認してみると…

間違ってWindows XP用のドライバをインストールしていました(^^;)

今回Windows 7で試しているんですが、実はThinkPad T60(2008)用のATIドライバが無いようで、Windows Vista用のVer.8.383.1.1をインストールしました。

とりあえず、問題なく動作し、PowerDVDでオーバーレイ処理も正しく行われるようになり、Blu-rayの映像が表示されました。

それにしてもVista用の方がバージョンが古いとは孔明の罠だな…

再生テスト

再生の様子をキャプチャしてみました。

Get the Flash Player to see the wordTube Media Player.

ウィンドウで再生を行っていると、CPU使用率はほぼ100%で時折コマ落ちが発生しているのがわかる。(画面右上にCPUメーターを表示しています)

次に、フルスクリーン再生を行ってみると…

Get the Flash Player to see the wordTube Media Player.

こっちはそこそこヌルヌル再生されました。この状態でもCPU使用率は100%近く。

まとめ

Blu-rayの再生条件をギリギリ満たしてないCoreDuo T2400を搭載したThinkPad T60で検証しましたが、再生自体は可能。適切なGPUドライバをインストールすることでWindows7にてオーバーレイ表示も行われました。

ただし、ギリギリアウトなスペックだけあってCPU使用率はほぼ100%。バックグラウンドで何か処理が行われるとコマ落ちが発生する。できるだけ快適に再生するためにはウイルスチェック等のバックグランド処理を停止し、フルスクリーン再生を行うべし!

2011/1/10 月曜日

【レビュー的な何か】Pen4世代でBlu-ray再生は可能か?【番外編】

~目次~

【レビュー的な何か】Pen4世代でBlu-ray再生は可能か?【目次】
【レビュー的な何か】Pen4世代でBlu-ray再生は可能か?【検証環境・手法】
【レビュー的な何か】Pen4世代でBlu-ray再生は可能か?【お買いもの編】
【レビュー的な何か】Pen4世代でBlu-ray再生は可能か?【グラボ準備編】
【レビュー的な何か】Pen4世代でBlu-ray再生は可能か?【Blu-ray準備編】
【レビュー的な何か】Pen4世代でBlu-ray再生は可能か?【検証編】
【レビュー的な何か】Pen4世代でBlu-ray再生は可能か?【まとめ編】

(追記 / 番外編)
【レビュー的な何か】Pen4世代でBlu-ray再生は可能か?【番外編】←今ココ
【レビュー的な何か】CoreDuoT2400でBlu-ray再生は可能か?
【レビュー的な何か】Pen4世代でBlu-ray再生は可能か?【AGPx8編】

番外編です。

本編ではBlu-rayが再生できるかの検証に注力したので、今回使用した製品の詳細はこちらにて。

再生専用ブルーレイドライブ『iHOS104』

お安くてかなり出回っているようなので、レビューサイトを見れば大量のレビューがありますので、それらが本当かどうかを見てみます。

筺体の長さ

まず、筺体が長いとのレビューが多かったですが…

確かに長いです。上の写真の左がLG電子製のDVD-RWドライブで右がiHOS104です。ご覧の通り一回り大きくて昔のCD-ROMドライブ並ですね。狭いPCケースを使用されている場合は電源ユニット等と干渉する可能性がありそうです。

動作音

「Lite-Onのクセに静か」といったレビューを見かけましたが、確かにLite-On製のドライブにしては静かで驚きました。(以前買ったLite-On製DVDが爆音だっただけに^^;)どうやら、最新のBlu-rayドライブよりも読み込みが4倍速と遅く、回転数が低いために動作音が静かなようです。さすがにPioneerのDVDドライブには及ばないですが、正直驚きです。

付属ソフトウェア

本編でも書いたとおり『PowerDVD v8 2ch BD Edition』が付属している。

PowerDVDのBlu-ray対応版はまともに購入すると1万円近くするソフトであり、「5000円台のドライブに付属しているなら超お得では?!」と思うかもしれませんが、残念。さすがに機能制限版です。

では、何が制限されているかというと、音声出力がステレオ2chに制限されてしまってます。つまり、Blu-rayやDVD再生時に5.1や7.1チャンネルといった出力が不可となっている。試しに、音声を『DTS-HD Master Audio 5.1』を採用している『日本語2』に切り替えてみると…

ソフトウェア上では正しく音声が再生されている。

ところが、5.1チャンネルのサラウンドスピーカーからはフロント左右のステレオスピーカーにミキシングされて出力されました。

試しに、最新版のPowerDVD10で再生してみると…

こんな感じで『出力』の項目が増えて5+1=6チャンネルで出力されていることが確認できる。

5.1チャンネル以上のサラウンドスピーカーをお持ちの方は別途PowerDVDを購入するか、フル機能版が付属しているドライブを検討したほうがいいかもしれませんが、ステレオスピーカーやヘッドホンで楽しむ方には必要十分な仕様でしょうね。

ちなみに、ネットで調べると古いiHOS104には青いディスクで『2ch』の表記が無いものが付属しているようですが、どうやらそちらも同様の制限がかかっているようです。(危なくワナにはまるところでした…)

推奨スペック

完璧に余談ですが、仕様書によると、Blu-ray再生に必要なスペックを見ると…

メモリ10GB以上?!

どんだけ、ハイスペックなPCを要求してるんだwww

8GB搭載したCore2Quad機や1GBしかないPentium4でも問題なく再生できてますので、ここで無理だと感じていた方はご安心を(^^;)

AGP接続『AH3450/DI/512MD2』

Radeon HD3450を搭載したAGP接続グラフィックボード。ロープロファイルにも対応しており、D-sub端子が取り外し可能になっている。

端子類はアナログ出力(VGA端子)、HDMI、DVI-Iを搭載。現在は販売終了しているようですが、前モデル『AH3450/HTP/256M』というのが存在しますが、そちらはHDMIのかわりにアナログのコンポーネント出力を搭載している。中古で購入の際には必要な端子に注意を!

裏面に目を向けると…

大きなチップが1枚。

どうやら『218BAPAGA12FG』というATI製のPCIe-AGPブリッジチップを用いてAGPに対応しているようです。

搭載している冷却ファンは1スロットタイプ。

隣のスロットと干渉しないようになっている。

動作音はあまり詳しく検証してませんが、ひどくうるさいわけでもないし、静かなわけでもないといった印象。

ただ、このボードひとつ問題が…

ロープロファイルで、電源コネクタが横向きに付いているのだ。電源コネクタを挿してみると…

隣の拡張スロットと干渉して使用できない(泣)

おそらく、ロープロファイル向けにするためにこんな仕様になってしまってるんでしょうけど、Radeon 9000世代みたいにフロッピドライブ用電源コネクタとかを採用してくれればよかったのに…

というわけで、AGPの隣のスロットを活用したい人にはお勧めできませんね。

ドライバ

ちなみに、ディスプレイドライバですが、最新版のCatalystをインストールするのが『吉』のようです。ちょっとお古いCatalystだとPowerDVDでBlu-rayを再生しようとすると…

と言って再生できませんでした。最新版を入れましょう!

2010/3/23 火曜日

FireFox 3.6.2公開 + ThinkPadでのスクロール

Filed under: コンピュータ関連,ソフトウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 21:38:58

Firefoxに深刻な脆弱性、3月30日にパッチ公開へ – ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1003/23/news021.html

30日に公開となっているFireFox 3.6.2ですが、さっきアップデートをかけたところ、すでに公開されていました。

firefox362

Firefox 3.6 Windows 版のマウスホイールによるスクロールでお困りの方へ – Mozilla Japan
http://mozilla.jp/blog/entry/5362/

Firefox 3.6.2ではThinkPadのトラックポイントでスクロールを利用するとクラッシュする問題が修正されるたとのこと。

実は、Firefox 3.5.8からFirefox 3.6にした際にThinkPadのトラックポイントを利用したスクロールが出来なくなってしまったんで、3.6.2で修正されるかと期待していましたが、治りませんでした。

そこで、ドライバの設定ファイルに追記する手法を使ってドライバ側で修正しちゃいました。まず…

C:\WINDOWS\system32

にあるtp4table.datをテキストエディタなどで開きます。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;Pass 0 rules (These rules run first)
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

の下に以下の2行を追加する。

; Firefox web browser
*,*,firefox.exe,*,*,MozillaWindowClass,WheelVkey,0,9

あとは、セーブして、再起動すればスクロールが可能になりました。お困りでしたら試してみてもらえればと思います。

2009/7/25 土曜日

ATI Catalyst 9.7でてました~

Windows 7 RTM対応の「ATI Catalyst 9.7」がVista&7向けに公開。XP用は23日深夜リリースか – 4Gamer.net
http://www.4gamer.net/games/022/G002212/20090723007/

更新をサボっていた間に、AMDのRadeonシリーズ用のグラフィックスドライバの2009年7月版「ATI Catalyst 9.7」が公開されていました。どうやら、Windows 7でのパフォーマンスが大幅に向上しているようですね。

2009/7/13 月曜日

ATI Catalyst 9.3.1が公開

Filed under: コンピュータ関連,ソフトウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 20:57:45

「ATI Catalyst 9.3.1」公開。X1000以前のGPUに「重大な修正」が – 4Gamer.net
http://www.4gamer.net/games/022/G002212/20090713001/

ATI Catalyst 9.3.1が公開されました。

何故に今さら?と思ったけど、そういえばRadeon HDシリーズ以前はCatalyst 9.4以降では対応してないんでしたね。今回のアップデートではこれらの製品に対する「重大な修正」が行われているらしいです。

ATI Radeon X1000以前のGPUとATI Radeon X2000以前のグラフィックス機能統合型チップセットを使用している方はアップデートしたほうがよさそうですね。

2009/5/20 水曜日

Catalyst 9.5公開

Catalyst™ Drivers – AMD
http://game.amd.com/us-en/drivers_catalyst.aspx

Catalyst 9.5なかなか公開されないなぁ~、と思っていたら今日AMDの公式ページでダウンロード可能になってました。

「ATI Catalyst 9.5」リリース。Vista&7のバグフィックスが進む一方,XP用の修正はゼロに – 4Gamer.net
http://www.4gamer.net/games/022/G002212/20090520004/

今回のCatalyst 9.5ではWindowsXP関連の修正はゼロらしいです…

2009/5/18 月曜日

Catalyst 9.5 の比較ベンチマーク

ATI Catalyst 9.5 Hardly Brings Performance Improvements – Expreview
http://en.expreview.com/2009/05/18/ati-catalyst-95-hardly-brings-performance-improvements.html

うぅ~ん。ATI Catalyst 9.5なかなか公開されませんなぁ。多分2009年5月22日は72時間くらいあるに違いない!

まぁ、それは置いといて、ExpreviewにCatalyst 9.5と9.4の比較が行われてました。ベンチマーク的にはそんなに変わらないようですね。

はいじん☆ちゃんねる >> Catalyst 9.5 間もなく公開
http://haizin.serveblog.net/?p=3066

2009/5/16 土曜日

Catalyst 9.5 間もなく公開

ATI Catalyst 9.5 Released – techPowerUp!
http://www.techpowerup.com/94347/ATI_Catalyst_9.5_Released.html

5月13日公開予定でしたATI RadeonシリーズのドライバCatalyst 9.5ですが、どうやら今夜あたり公開されそうです。techPowerUP!では既にダウンロード可能になってました。

Catalyst™ Drivers – AMD
http://game.amd.com/us-en/drivers_catalyst.aspx

まだATIの公式ページでは公開されていませんが、こんなことが書かれてました。

catalystmaker

開発者のコメントなんですかね(^^)? とりあえず、おめでとうございます!

次ページへ »

HTML convert time: 0.975 sec. Powered by WordPress