2016/4/7 木曜日

【レビュー的な何か】Seagate ArchiveHDD ST8000AS0002【SMR検証】

ST8000AS0002

気づけば、数年ぶり(?)の【レビュー的な何か】。最近は動画編集をすることもほとんどなく、HDDの容量や転送速度に困ることもほとんどなかったため、最新のHDDを購入することがほとんどなかった。だが、データは地味に増えていくもので、一眼レフのデータを保存している2TB HDDが圧迫されるようになってきた。そこで、4TBのHDDを購入しようとPCパーツ屋へ行って価格調査をすると、6TBとそれほど価格が変わらないではないか!どうしよう、どうしようと悩んでいたところ、衝撃的な品を発見した。SeagateのArchive HDDシリーズの8TBモデル『ST8000AS0002』が特価で2万円台前半で販売されている!!しかも、日本シーゲートが8TBキャンペーンなるものを開催している。

オープンキャンペーン| シーゲイト
https://www.seagate-campaign.com/8tb/

これは買うしかない!というわけで、計画の2倍もの大物を買ってしまいました。

でもって、レビューだが「固定ネジの位置がマニアック」だったり、通常のCrystalDiskMarkのベンチマークは他の多くの方が行っているので今回はまとめる時間も無いし、パス!代わりに下記の記事で気になっていた件を検証してみた。

最安の8TB HDD「ST8000AS0002」をテスト、SMR技術を再確認 – AKIBA PC Hotline!
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/mreview/rental/20160229_737407.html

近年の高密度記録HDDでは読出ヘッドと比べ書込ヘッドの微細化が難しくなってきており、Archive HDDシリーズでは書き込み時にトラックの一部を重ね書きする『Shingled Magnetic Recording (SMR)』が採用されている。非常に高密度な記録が可能であり、読み出し性能には影響を与えないと素晴らしい方式なのだが、書き込み時にには重なったトラックも書き直さなければならず、特にランダム書き込み時には大きなパフォーマンス低下が発生してしまう。

上記AKIBA PC Hotline!の記事によるとCrystalDiskMarkではSMRによる影響の有意差が見られないが実際のファイルコピーにおいてはベンチマークと異なる結果が得られたとしている。今回はその件をちょっと検証してみた。

ちなみに、今回の検証は時間がほどんどないためいずれのベンチマークでも試行回数が1回しか取れておらず、検証環境も普段使いのPCといい加減です。大体の傾向が見れれば良いかなと思っています。TiB級のベンチマーク行うと1試行で1日かかりますので、勘弁してください…

ST80000AS0002_018ST80000AS0002_019

まず、CrystalDiskMark 3での検証だが、通常のデータサイズ500 MiBと、かなりデータサイズを大きく取った2 TiBでは目立った低下がみられないどころが、データサイズが大きいほうが書き込みが早くなっている。AKIBA PC Hotline!の記事を見て、データサイズを大きくしていけばどこかで、パフォーマンス低下の閾値が見れるかと期待していましたが、ダメでした。

そこで、次はWindows上での実際のファイルコピーテスト。AKIBA PC Hotline!の記事では「1ファイル4GB前後の動画が約2.7TB」の全データをコピーしていたので、ファイルサイズと合計サイズを変化させて、これを少し詳しく検証してみました。

さすがに、全条件を手動で行うととんでもなく時間がかかるので、Lansen氏が公開しているCopySpdBenchを使わせて頂きました。

ファイルコピー速度計測ツール公開 – Lansenの現実逃避日記
http://d.hatena.ne.jp/Lansen/comment/20081003

WindowsAPIのCopyFile関数を使用していますので、エクスプローラ上でのコピーと近い結果が得られていると思います。

ST80000AS0002_020

上記がテスト中の画面です。1MiBのファイルを100万個コピーするテストではコピーに10時間以上(さらにテストファイル生成に同等の時間がプラスα)かかっているのがお分かりいただけるかと思います。さて、苦労話は置いといて、上記テストで取得したデータをまとめると以下のようになった。

st8000as0002_filecopytest

おおよその傾向としては、「ファイル数が多い」と遅く、「合計ファイル容量が多い」と遅いといったところでしょうか。AKIBA PC Hotline!の記事ではファイルサイズ4GBで合計2.7TBのコピーで56MB/secとなっていましたが、値が半分程度となっているのはあちらは別なHDDからのコピーだったのに対し、CopySpdBenchでのコピーは同一HDD内で行って、読み書きが同時に行われたからではないでしょうか?また、AKIBA PC Hotline!の記事では「100GB程度のデータであれば極端な速度低下は発生しない」としていましたが、今回の検証ではたとえ10GBや1GB級のデータでもファイルサイズが小さければ速度低下が発生しており、この記述を否定する結果となりました。デジカメを使用していれば10MB程度のJPEGが1000個で10GBと言うのは実使用上で十分に在り得ると思いますので、注意が必要かもしれません。

SMRではない通常のHDDで同一のベンチマークを行ったことはありませんので、本当にSMRの影響かどうかは、さらなる検証が必要かと思いますが、CrystalDiskMark上では現れない差が実使用上で発生するのは確かのようです。

※上記記事内ではMiBやMBを使い分けています。紛らわしいですが、TiB / TBオーダーでは誤差がかなりのものになりますので、このようにして表記しています。

2012/6/18 月曜日

【レビュー的な何か】Seagate ST1000DM003【目次】

ついにプラッタ容量が1TBに達した3.5インチHDD。線記録密度向上に伴い転送レートが大幅に向上していることが期待できる。

そこで、現在500GBプラッタHDD『ST3500418AS』3台のRAID0にしている構成を性能を落とさずに1TプラッタHDD 2台構成に更新できないかと考え、テストしてみました。

1TBプラッタを採用したHDDはHGSTとWestern Digitalからも登場していますが、今回はSeagateのBarracudaシリーズ1TBモデル『ST1000DM003』を購入。気づけば、このブログが始まって以来3.5インチHDDはSeagateしか買ってない(^^;)

~目次~

  1. フォトレビュー編
  2. 準備編
  3. 単体ベンチマーク編
  4. Raid0ベンチマーク編
  5. まとめ編

【レビュー的な何か】Seagate ST1000DM003【フォトレビュー編】

Seagate Barracuda 『ST1000DM003』 目次

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【フォトレビュー】←今ココ
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【単体ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【Raid0ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【まとめ】

まずは、フォトレビューから。

バルク品で購入したので帯電防止保護袋に包まれただけの簡単な包装。

袋自体は、いつものSeagateのものと変わりませんが、製品保証シールが新しくなってますね。

去年購入したST2000DL003では「シーゲイト製品保証」と表記されていましたが、「シーゲイト正規代理店保証」に変更されていました。保証について変更があったとSeagateからアナウンスがあった記憶はないので、表記が変更されただけでしょうかね?

袋から取り出したST1000DM003。

ぱっと見、Barracuda 7200.12シリーズと変更はないように見えますが、実は写真下側の形状が左右逆になってたり。部品配置はBarracuda LPシリーズに近くなったようですね。

ラベルは久々にがらっと変わりましたね。これまで複数シリーズあったBarracudaですが、『Barracuda』に統一されたことでラベルも変えたんでしょうね。

これまでシリーズ名と容量の表記が世代ごとに左寄せ・中央揃え・右寄せと変わっていくのを見てきましたが、今回は左寄せってことで!

ちなみに、これまでのBarracudaシリーズではSATAケーブルの接続の仕方がラベルに丁寧に表記されていましたが、ST1000DM003では特に表記はなく、割と簡素な表記になりましたね。

裏面はこんな感じ。基板サイズ・形状はBarracuda 7200.12やBarracuda LPシリーズと変わらず。

基板を引っぺがして表面をみてみると、キャッシュメモリが『Samsung K4T511630I-HCE7』になっていました。

Barracuda LPやBarracuda 7200.12シリーズではTSOPパッケージのDDR SDRAMを搭載していましたが、ST1000DM003ではFBGAパッケージのDDR2 SDRAMに。以前の基板ではギッチリ詰まっている感じがしましたが、メモリのパッケージが小さくなったことでメモリ周辺の配線が余裕ありそうな感じに。次の世代ではさらに基板が小さくなるかもしれませんね。

コントローラのほうはLSI製であることがわかりますが、放熱シートがバッチリくっついていて詳細は確認できませんでした。

(左:ST1000DM003(1プラッタ) 右:ST2000DL003(3プラッタ) )

Seagate製1プラッタHDDの特徴でもあるのですが、ST1000DM003は通常の3.5インチHDDよりも薄型となっている。多数のHDDを搭載するRAIDではHDD同士の距離が離れるほうが排熱上うれしいので、個人的には重要なファクターだと思っている。

【準備編】

【レビュー的な何か】Seagate ST1000DM003【準備編】

Seagate Barracuda 『ST1000DM003』 目次

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【フォトレビュー】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編】←今ココ
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【単体ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【Raid0ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【まとめ】

それでは、実際に使用する準備に取り掛かっていきます!

はじめに、CrystalDiskInfo 4.3.0でSMART値のチェック。

ST2000DL003のとき同様バッファサイズは表示されませんでした。フォトレビュー編で見たDDR2 SDRAMは512Mbitなので仕様通り64MBであると思われますが、CrystalDiskMarkの結果がちょっと楽しみですね。

フォーマット前にHDTune2.55でチェックしてみると…

おおっ!Max 199.1MB/s!残念ながら200MB/sには達しませんでしたが、これはすごい!Access TimeもBarracuda 7200.12とほとんど変わらず。

完全フォーマットには1時間46分25秒要しました。

500GBのST3500418ASのときは1時間22分でしたので、転送速度差(ST3500418AS:125MB/s  ST1000DM003:200MB/s)を考慮すると妥当な感じですね。

フォーマット後のプロパティは上に示した通りでWindows上での実容量は1,000,202,039,296byte (931GB)となってます。

【単体ベンチマーク編】

【レビュー的な何か】Seagate ST1000DM003【単体ベンチ編】

Seagate Barracuda 『ST1000DM003』 目次

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【フォトレビュー】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【単体ベンチ編】←今ココ
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【Raid0ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【まとめ】

お次にCrystalDiskMarkでベンチマーク。

ベンチマーク環境:『自作PC 3号』
[CPU]Core2Quad Q9650@定格
[Memory]DDR2 800 2G×4@定格
[M/B]Gigabyte GA-EP45-DS5
[System HDD]Seagate ST2000DL003
[Data HDD]ST31500341AS + ST3500418AS×3(RAID0)
[VGA]HIS Radeon HD3870 IceQ3
[OS]Windows7 Home Premium 64bit
[SATA 3Gbps]Intel ICH10R (Intel Rapid Storage 10.1.0.1008)

ST1000DM003自体はSATA 6Gbpsに対応していますが、現在使用中の環境でSATA 6Gbpsに対応するものが無いので、今回はすべてSATA 3Gbpsで測定しました。いずれの結果もフォーマット直後の状態で行いました。

CrystalDiskMark 3.0.1

まず、はじめにCrystalDiskMark 3.0.1の結果。

最大となったのがデータサイズ1000MBでシーケンシャルリード171.9MB/s。HDTuneでMax 199.1MB/s出ていたので200MB/s近くを期待していただけにちょっぴりガッカリ…

CrystalDiskMark 2.2

これまでの世代のSeagate Barracudaシリーズと比較するためにCrystalDiskMark 2.2の値を見てみます。

~比較対象~

  • ST1000DM003 (1TB [1TBプラッタ] 7200rpm) Barracuda
  • ST2000DL003 (2TB [667GBプラッタ] 5900rpm) Barracuda Green
  • ST31000520AS (1TB [500GBプラッタ] 5900rpm) Barracuda LP
  • ST3500413AS (500GB [500GBプラッタ] 7200rpm) Barracuda 7200.12
  • ST3500418AS (500GB [500GBプラッタ] 7200rpm) Barracuda 7200.12
  • ST31500341AS (1.5TB [375GBプラッタ] 7200rpm) Barracuda 7200.11
  • ST3320613AS (320GB [320GBプラッタ] 7200rpm) Barracuda 7200.10

200MB/sにはまだまだ達しなくてガッカリしましたが、それでも、これまでに使用してきたHDDの中で最速の値になっていて1TBプラッタの高記録密度が発揮されていることが分かる。

最後にデータサイズを変化させた際の結果を…

リードに関してはST2000DL003(キャッシュ容量64MB)の時と同様に512Kがデータサイズ16MBから下がり始める傾向となっているが、急に下がるわけではなく、128MBまでジワジワと下がる結果になっており、64MBキャッシュが効いていることが分かる。

ライトはST2000DL003の時はリードと同様に16MBから急に下がる傾向になってましたが、ST1000DM003では64MBまでは維持されていることが分かる。ちょっとおもしろかったのが、Seqの値。64MBまでギザギザした形になってますが、これが何回測定しなおしてもこの傾向は変わらず。不思議です…

【Raid0ベンチマーク編】

【レビュー的な何か】Seagate ST1000DM003【RAIDベンチ編】

Seagate Barracuda 『ST1000DM003』 目次

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【フォトレビュー】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【単体ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【Raid0ベンチ編】←今ココ
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【まとめ】

今回、ST1000DM003を購入した目的は現行のRAID0環境を置き換えることにありました。

そこで、ST1000DM003を2台用いたRAID0が現行のST3500418ASを3台用いたRAID0の性能に及ぶかを見ていきます。

ベンチマーク環境:『自作PC 3号』
[CPU]Core2Quad Q9650@定格
[Memory]DDR2 800 2G×4@定格
[M/B]Gigabyte GA-EP45-DS5
[System HDD]Seagate ST2000DL003
[Data HDD]ST31500341AS + ST3500418AS×3(RAID0)
[VGA]HIS Radeon HD3870 IceQ3
[OS]Windows7 Home Premium 64bit
[RAID0] LSI MegaRAID SAS 8708EM2

RAID構築には『LSI MegaRAID SAS 8708EM2』を用いました。

現行の『MegaRAID SAS 9240』ではSATA 6Gbps対応となってますが、今回用いる『8708EM2』はSATA 3Gbpsまでの対応となる。SSDのRAID構成では重要なファクタかもしれませんが、現行のHDDのRAIDならSATA 3Gbpsで十分!

さっそく、RAID0構成時のCrystalDiskMark 3.0.1の結果を。

シーケンシャルの値は期待通り、ほぼ倍になりました。

これまでのST3500418AS 3台でのRAID0構成の結果はどうだったかというと…

シーケンシャルリードの値が多少下がってしまいましたが、ライトは向上。ランダムアクセスは台数が減ってるので仕方ないでしょうねぇ。これならRAID環境を置き換えても問題なさそう!

【まとめ】

【レビュー的な何か】Seagate ST1000DM003【まとめ】

Seagate Barracuda 『ST1000DM003』 目次

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【フォトレビュー】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【単体ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【Raid0ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【まとめ】←今ココ

新しくBarracudaシリーズとして生まれ変わったSeagateの3.5インチHDDの1TBモデル『ST1000DM003』。

プラッタ容量がついに1TBに達し、転送レートも前世代から向上していることを確認しました。本当なら消費電力についても掲載したかったんですが、あり得ないほど低い値が出てしまって、測定環境に問題があるかもしれませんので、今回は掲載を見送りました。再検証を行ったら載せます!

現行のST3500418AS 3台を用いたRAID0の置き換えを狙ってみましたが、ST1000DM003 2台でホボ同等の性能が得られました。2台になったことで消費電力が削減されただけでなく、RAID合計容量も1.5TBから2.0TBに向上。台数が減れば、故障率も下がるのでいいことばっかり!置き換え作戦は大成功ということで!

2011/6/26 日曜日

【レビュー的な何か】Seagate BarracudaLP『ST2000DL003』【目次】

先日、再構築したST3500418(3)AS 3台によるRAID0アレイ。

RAID0アレイは台数を増やせば増やすほどパフォーマンスが向上するが、その分だけHDD故障によるリスクが高くなる。RAID0アレイは動画編集用に用いているのだが、趣味で撮っているもの以外に依頼を受けて撮影しているデータもあるので、しっかりデータを保存する必要もある。

よって、RAID0アレイの内容をバックアップするために新たに2TBのHDDを購入することに。

常時バックアップではなく、必要に応じて手動でバックアップを取るためパフォーマンスはそれほど重視しないため、省電力型のHDDから選択。候補としてSeagateの『Barracuda LP』、Western Digitalの『Caviar Green』、Samsungの『EcoGreen』、HGSTの『Deskstar 5K3000』などがあげられるが、Seagateの『Barracuda LP』シリーズは5,900rpmと他よりもほんのちょっぴり回転数が高く、パフォーマンスと消費電力のバランスが良いことを売りにしている。

今回はそのBarraucda LPシリーズの新2TBモデル『ST2000DL003』を購入し、そのバランスとやらが本当に良いのかを見てみます。

~目次~

  1. フォトレビュー編
  2. 準備編 その1
  3. 準備編 その2
  4. CrystalDiskMark編
  5. 消費電力編
  6. まとめ編

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【フォトレビュー】

Seagate Barracuda LP 『ST2000DL003』 目次

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【フォトレビュー】←今ココ
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編その1】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編その2】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【CrystalDiskMark】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【消費電力】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【まとめ】

まずは、お馴染みフォトレビューから。

今回購入したのはバルク品ですが、梱包はいつものシールド袋。

Seagate製品保証シールも変わらずですね。

中身はこんな感じ。

初代Barracuda LPではBarracuda 7200.11シリーズの筐体を受け継いだ形でしたが、2世代目にあたる新Barracuda LPではBarracuda 7200.12シリーズに近いデザインに。それに合わせてシールも7200.12と同じに。

シールの右上には『Barracuda LP』の文字が。2000GBの文字は左寄せになってますねぇ。

ちなみに、Seagateは2世代目の『Barracuda LP』から『Barracuda LP』の名前をあまり使わず、『Barracuda Green』の名称で呼んでいますが…

シールの真ん中辺に別に『Barracuda Green』と書かれていました。

ややこしいなぁ…

裏面もBarracuda 7200.12世代と同じような基板サイズになりました。

基板のチップ類を見ると…

コントローラが『LSI B6650B』、DDR SDRAMが『Samsung K4H511638G-LCCC』。

DDR SDRAMは512MbのDDR400の物なので、仕様通り64MBのキャッシュが搭載されていることがわかる。

【準備編その1】

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編その1】

Seagate Barracuda LP 『ST2000DL003』 目次

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【フォトレビュー】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編その1】
←今ココ
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編その2】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【CrystalDiskMark】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【消費電力】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【まとめ】

それでは、使用する準備を進めていきます。

まず、マザーボード(GA-EP45-DS5)のICH10R側SATA 3Gbpsに接続します。

認識はOK。

SMART値もOK。ST3500413ASもそうでしたが、最近のSeagateのHDDは初回起動時に電源投入回数が1回にならないのが仕様のようですね。出荷前にテストしているんでしょうね。

でもって、HDTunesでチェックしていくと…

あれっ?エラーが出ました。

そして、しばらくすると…

ICH10RがST2000DL003を見失ってしまったようです…

とりあえず、一旦取り外して、再度接続すると再び認識しましたので、HDTunesを再挑戦すると…

これはひどい…

最高で33.2MB/s、バース転送が25.8MB/s。先ほどエラーが発生した箇所はそもそも読めなくなってしまいました。

CrystalDiskInfoでSMART値をチェックすると…

回復不能セクタが8個発生していました。

どうやら、初期不良を引いてしまったようです。さっそく購入したお店へ行って初期不良交換してもらいました…

【準備編その2】

次ページへ »

HTML convert time: 0.977 sec. Powered by WordPress