2010/5/25 火曜日

SeagateがハイブリッドHDD『Momentus XT』を発表

先週から登場の噂が流れてましたが、Seagateから久々のハイブリッドHDDが発表されました。

Seagate debuts the Momentus XT hybrid drives TechConnect Magazine
http://www.tcmagazine.com/tcm/news/hardware/28262/seagate-debuts-momentus-xt-hybrid-drives

正式発表されたハイブリッドHDD『Momentus XT』はSeagateのリリースによるとHDDではなく、『solid state hybrid drive (SSHD)』と記述されており、HDDとSSDを合体させることで互いの欠点を補いあっている製品である。

ハードディスク部に注目すると、プラッタ径は一般的な2.5インチHDDと同じく、回転数は7,200rpm、容量は500GB、320GB、250GBとなる。SSD部は4GBのSLC NAND フラッシュEEPROMを採用している。接続インターフェースはSATA 3Gbpsで、32MBのDRAMキャッシュを搭載している。

通常のデータはハードディスクからやり取りされるが、新たに搭載された『Adaptive Memory technology』によりデータの使用頻度が解析され、頻度の高いデータはSSDからやり取りすることで高速かつ低消費電力での動作が可能となっている。Seagateの発表によると通常の5,400rpm 2.5インチHDDの倍のパフォーマンスが得られるとか。

ちなみに、すでにレビュー記事も上がってました。

Seagate Momentus XT 500GB ST95005620AS Review – Overclockers Club
http://www.overclockersclub.com/reviews/seagate_momentus_xt_500gb/

Seagate Momentus XT Solid State Hybrid Preview – HotHardware
http://hothardware.com/Articles/Seagate-Momentus-XT-Solid-State-Hybrid-Preview/

Seagate Momentus-XT Solid State Hybrid Drive -Benchmark Reviews.com
http://benchmarkreviews.com/index.php?option=com_content&task=view&id=525&Itemid=60

外見はパッと見、通常の2.5インチHDDと見分けが付きませんねぇ。ベンチマーク結果を見ると、通常のHDDとSSDの中間くらいのパフォーマンスといったところでしょうか。

面白いのが、HotHardwareで行っているベンチマークなんですが、1回目の試行よりも3回目のほうがパフォーマンスが向上していること。確かに、頻繁にしようされるデータはSSDに移動して効果を発揮しているようですね。

Overclockers ClubではWindowsの起動・終了に要する時間を測定していますが、3.5インチのBarracuda 7200.11よりも高速になっており、デスクトップ向けとしても使えそうな予感が。これは発売が楽しみですねぇ~。

型番一覧

  • ST95005620AS : 500GB
  • ST93205620AS : 320GB
  • ST92505610AS : 250GB

2010/5/19 水曜日

SeagateのハイブリッドHDDが復活へ

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 21:51:56

Seagate readies next generation hybrid drives – Fudzilla
http://www.fudzilla.com/content/view/18863/38/

HDDとフラッシュEEPROMを合体させた『ハイブリッドHDD』。

Seagateからは『Momentus 5400 PSD』、Samsungからは『Spinpoint MH80』として登場して、Windows Vistaの『Windows ReadyDrive』を用いることでパフォーマンス向上とバッテリの消費を抑えることが可能とされていました。

2~3年前にひょこっと現れて、いつの間にか見かけなりましたが、Seagateが次世代のハイブリッドHDDを準備中という噂が。

『Momentus XT』は2.5インチHDD形状でフラッシュEEPROMとし4GBのSLC NANDを搭載する。回転数は7,200rpmでキャッシュ容量は32MBとなっており、『XT』とつくだけあって2.5インチとしてはかなり高いパフォーマンスが期待できそう。容量は250GB、320GB、500GBとなるようです。

久々のハイブリッドHDDなのでちょっと楽しみですが、大容量なSSDが出回っている今、どれくらい需要があるんでしょうかねぇ?価格次第?

2010/2/27 土曜日

SSDの内容をHDDに自動バックアップする『HyBrid Disk』

HyBrid Disk Features SSD & HDD Combo – LEGIT REVIEWS
http://www.legitreviews.com/news/7473/

先月、HDDとSSDを組み合わせて、SSDをキャッシュとして動作させる『HDDBOOST』がSilverStoneから発売されましたが、台湾のストレージ関連メーカー RAIDON Technologyからも同様の製品『HyBrid Disk』が登場するようです。

『HyBrid Disk』は通常の読み書きは高速なSSDで行い、スケジュールにより設定した間隔においてHDDにミラーリングを行うようです。同時に処理を行うわけではないため、RAID1と異なりますが、SSDが故障した際にはHDDからデータの復旧が可能となっている。

SSDはリムーバブルマウントラック方式になっているため、簡単に取り外すことが可能で、取り外したSSDはそのまま他のPCで使用可能。『HyBrid Disk』にSSDを接続するとSSDの内容が自動的にHDDにバックアップされるようです。

SilverStoneの『HDDBOOST』では、SSDへの書き込みを行わないことでSSDの寿命を延ばすとのことでしたのが、『HyBrid Disk』はSSDが故障した際のバックアップのようですので、若干コンセプトは違うようですね。RAIDONはNASなどを販売しているメーカーですので、自作向けというよりはSSDでも高信頼性を持たせる必要があるシステム向けの製品でしょうか?

2010/1/22 金曜日

SSDとHDDを合体させるアダプタ「HDDBOOST」

SSDをHDDキャッシュとして使うアダプタが近日入荷 – AKIBA PC Hotline!
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20100123/etc_sstone.html

去年6月に開催されたCOMPUTEX TAIPEI 2009で展示されて以来、音沙汰なしだったSilverStoneの『HDDBOOST』。

はいじん☆ちゃんねる >> ハイブリッドHDD自作キット?
http://haizin.serveblog.net/?p=3322

当時は7月発売となってましたが、半年ほど遅れてようやく製品が登場するようです。AKIBA PC Hotline!によると2月中旬に入荷予定とか。写真も掲載されていますが、開発中とは大分変わりましたね。

ちなみに、この『HDDBOOST』はHDDとSATAコントローラの間にSSDを挟みキャッシュとして働かせることができる製品。HDDと比較するとランダムアクセスが高速なSSDをキャッシュとし利用することでランダムリードを向上させることができ、OSの起動等を高速化できるとされている。なお、書き込みに関しては直接HDDにアクセスするようになっているため、SSDの寿命や書き込みの遅さを回避することができる。

お値段は6000円くらいになるようです。これは欲しい…

2009/6/10 水曜日

ハイブリッドHDD自作キット?

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 23:32:59

(3/3 page)SilverStone、新作PCケースは90度回転レイアウト! – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/426/426214/index-3.html

ASCII.jpのSilverStoneの新作PCケースを紹介する記事なんだが、最後の3ページ目の一番下に気になる製品が。

「HDDBOOST」という名前らしいが、SSDとHDDを組み合わせて「ハイブリッドHDD」モドキを作ってしまおうという品のようだ。どうやら、ランダムアクセスが発生する起動ドライブとしてSSDを用いるようですが、詳しいことは全く書かれてないんで不明。

うぅ~ん、気になる…

2009/4/1 水曜日

Western DigitalがSSD参入

Western Digital、SSD市場参入を発表 – エルミタージュ秋葉原
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/200903/09033104.html

さすがに、「ハイジんブルー旅行記」だけじゃダメかなと思い、まじめに更新してみたり(^^;)

どうやら、Westen DigitalがSSDに参入するようです。「あれ?前にもそんな情報なかったっけ?」と思って履歴を検索してみると…

はいじん☆ちゃんねる >> HGSTとIntelがSSD開発で協力
http://haizin.serveblog.net/?p=918

有りました。去年の12月2日に書いた記事ですね。HDDメーカーではSAMSUNGはすでにSSDに力いれてますし、残るはSeagateって感じですが、SeagateはハイブリッドHDD出してますからね。いずれHDDが消えてしまう日が来るんでしょうか?

2008/12/31 水曜日

PC関連2008年総集編

今年の初めにこんなことをしていました。

はいじん☆ちゃんねる >> 勝手に予想!2008年のPC関連!
http://haizin.serveblog.net/?p=72

2008年のPC関連の予想を行うというものですが、どんな予想をしていたかと言うと…

  1. 大容量メモリの低価格化に伴い64bitのOSが普及
  2. 大容量メモリの低価格化に伴いiRAMが復活
  3. 45nmプロセスCPUの登場
  4. 低消費電力思考へ
  5. DDR3メモリが普及へ
  6. いよいよHD-DVDとBDの決戦?!
  7. HDDは低価格・高機能化
  8. 無線LANで802.11nが普及

まぁ、(覚えてけど)たぶん当たりそうなことを予想したからでしょうけど、かなりの的中率じゃないですか?!

大容量メモリの低価格化に伴い64bitのOSが普及

これは部分点かな?確かに大容量メモリがバカ売れでしたね。今じゃ、4GBで2000円台で買えるみたいですし。ただ、予想外だったのがRamDiskの人気ですね。Gavotte RamDiskが広まってOSを64bitにする意味が薄れてしまいましたからねぇ。もしRamDiskがここまで広まらなかったら64bit OSもだいぶ普及していたかもしれませんね。

大容量メモリの低価格化に伴いiRAMが復活

まさか、これが当たるとは(笑)確かに当時イベントで展示がありましたが、ここまでヒットになる商品が出るとは思ってませんでした。ちなみに、SSDってのは去年は全く予想してませんでした。ここまでブームになるとは。

45nmプロセスCPUの登場

いまじゃ、IntelのCPUはすっかり45nmプロセスになりましたねぇ。AMDの45nmがいまだに出てないのは意外でしたけでね。あと、驚きなのはQ6600の製品寿命ですね。いまだに売ってますからねぇ。殿堂入りですね。

低消費電力思考へ

HDDと電源ユニットは確かに低消費・高効率製品がたくさん出ましたね。去年予想しなかったものとしてはマザーボードですね。GigabyteのDynamicEnergySaverのようにマザーボードの独自省電力機能が増えましたからねぇ。(使ってても効果は感じられませんけどねw)

DDR3メモリが普及へ

まだ、普及とは言えないですね。でもCore i7の発売でかなり売れてますから、来年こそは普及段階に入ってDDR2を超すかもしれませんね。

いよいよHD-DVDとBDの決戦?!

見事に勝敗が決定しましたね!HD-DVDがこんなにもあっさり消えるとは思ってませんでした。この記事を書くまで存在自体忘れてました(笑)てか、今年だったんですね。なんか遠い昔って感じがします。BDもだいぶドライブの値段が下がってきてますし、来年は本格的に普及しそうですね。

HDDは低価格・高機能化

やばいっす。値下がりしすぎです(笑)1.25TBは結局出ませんでしたね。ハイブリッドHDD?何それ?(気になる人はググってください)今年はHDDにお世話になりっぱなしでした。

無線LANで802.11nが普及

おまけで書いてたこれだけど、まぁ、普及したのか?確かに最近はノートでも無線ルータでも802.11nしか見なくなりましたねぇ。有効活用されているかは別にして、一応普及か?

まとめ

今年もPC関連アツかったですね~!やっぱりTSUKUMOが民事再生を申請したのが今年一番のニュースでしたね。ほかにCPU・グラボ・HDD・メモリ・SSDどれをとっても、異常なくらい値下がりしたのが印象的でしたね。消費する側としてはうれしい限りでしたが、メーカーとしては苦しい1年間だったでしょうね。来年は、消費する側も作る側も幸せな展開になることを祈って今年は〆ます!では、また来年!

2008/12/2 火曜日

HGSTとIntelがSSD開発で協力

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 22:13:52

日立GSTとIntel、SAS/FCインターフェイスのSSDを共同開発 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1202/hgstintel.htm

インテルと日立GST、企業向けSSDを共同開発
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20081202/1010174/

Intel and Hitachi-GST to Create Solid-State Drives with Serial Attached SCSI, Fibre Channel Interfaces. – X-bit labs
http://www.xbitlabs.com/news/storage/display/(中略).html

HGSTとIntelがSAS(Serial Attached SCSI)およびFC(Fiber Channel) を共同開発することを発表しました。SASもFCも、あまり聞いたことがないかもしれませんが、どちらもSATAのようにストレージを接続するためのインターフェースで高速・高信頼などが求められるサーバー等で採用されることが多い規格だ。

NANDフラッシュメモリをIntelが製造し、それを利用した製品をHGSTが販売することになるらしいですが、現在Intelが販売しているSATA接続の物は継続して販売されるとのこと。

他HDDメーカーではシーゲートはSSDではないですが、フラッシュメモリ搭載したHybridHDDを出してますし、WesternDigitalもSSD関連の噂が出てましたので、各社からSSDが出る日も近いかもしれませんね。

Western Digital Mulls Entering Solid-State Drive, SAS HDD Markets. – X-bit labs
http://www.xbitlabs.com/news/storage/display/(中略).html

HTML convert time: 0.683 sec. Powered by WordPress