2010/2/1 月曜日

IntelとMicronが25nmプロセスのNANDフラッシュEEPROMを発表

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 23:43:00

Intel and Micron Unveil 25nm NAND Flash – HOT HARDWARE
http://hothardware.com/Articles/Intel-Micron-Announce-25nm-NAND-Technology-/

IntelとMicronが業界初の25nmプロセス採用のMLC NANDフラッシュEEPROMを発表しました。

半導体は一般的に製造プロセスが進み、トランジスタ数が同じだと、一枚のウェアはから取れるチップ数は向上し、さらに歩留りが向上するため価格が下がる。新しいプロセスでの安定供給が可能になるまで時間がかかりますが、最終的には45nmプロセスのものよりも価格が1/3程度になると予想されているようです。

HOT HARDWAREにチップの画像が掲載されていますが、さすがメモリ。CPUと異なり素子が規則的に配置されているため、きれいですね。また、2ページ目にはIntelとMicronの合弁会社IM Flash Technologiesの製造工場(FAB)の様子もあり。クリーンルーム内の工程はすべて自動化されており、写真内に写っている人たちは装置の修理や保守点検を行っている技術者とのこと。21世紀って感じですね(^^)

追記 : 2010/02/01 23:45

Intel and Micron to announce 25nm flash memory – PC Perspective
http://www.pcper.com/comments.php?nid=8330

面白い画像があったので追記。持ち逃げはいけません!(笑)

ちなみに、この300mmウェハで2TB以上のメモリが集積されているそうです。すごい…

2009/2/10 火曜日

東芝が世界最速の不揮発性メモリを発表

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 20:54:43

東芝、世界最大最速の不揮発メモリ「FeRAM」 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0209/toshiba.htm

半導体メモリは大きく分けて2種類ある。電源を切るとデータが消えてしまう『揮発性メモリ』とデータが保持される『不揮発性メモリ』だ。PCのメインメモリとして使用されているDRAMは揮発性メモリでUSBメモリやSSDに使用されているフラッシュEEPROMは不揮発性メモリである。

東芝から発表された『FeRAM』は不揮発性のメモリとしては世界最速の1.6GB/sの転送速度をもっている。現行の不揮発性メモリの8倍とのこと。FeRAM自体は数年前から量産されていたようですが、今回のFeRAMで特徴的なのがDDR2インターフェースを搭載していること。つまり、既存製品を一から開発しなおすことなく使用できるのだ。

「DRAM並に高速な不揮発性メモリが登場すればPCの瞬間起動も夢じゃない」といいますが、そんな時代が近づいてきてるのかもしれませんね。

2009/1/29 木曜日

WindowsXPでもexFATが使用可能に

Windows XPが「exFAT」ファイルシステムに対応 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0128/ms.htm

MicrosoftからWindowsXP SP2またはSP3で『exFAT』を使用可能にする更新プログラムが公開されたようです!

『exFAT』は現在使用されている『FAT32』の後継規格。『FAT32』では32GBが限界容量(OS等の制限により)となっていましたが、『exFAT』ではそれを超える容量が可能になりました。さらに、『FAT32』では1ファイルあたり4GBという制限がありましたが、これが16EB(エクサバイト=100万TB)まで拡大。最近ではSDカードに記録するHDビデオカメラも出てましたが、FAT32の制限により4GBおきにファイルが分割されていましたので、利便性はかなり向上しそうですね。

今年のInternationalCESにおいてSDHCの後継規格『SDXC』においてファイルシステムとして『exFAT』を使用することが発表されてましたが、これまで対応しているOSがデスクトップ向けではWindows Vista SP1のみでした。対応OSが増えたことで一気に普及するかもしれませんね。

はいじん☆ちゃんねる >> 「メモリスティック」「SDカード」の新規格
http://haizin.serveblog.net/?p=1326

2009/1/8 木曜日

「メモリスティック」「SDカード」の新規格

「2009 International CES」はいろいろと新製品が発表されてますねぇ。

すでに規格の限界に達しているメモリカード「メモリスティック」と「SD」が新規格を発表しました。現在の「メモリスティック」と「SD」メモリカードの規格「メモリスティックPRO」と「SDHC」はともに限界容量が32GB。これはどちらもファイルシステムにFAT32を用いているためである。(※FAT32自体は8TBまで可能です。正確にはFAT32の使い方による制限です)

すでに、この限界容量の32GBのSDカードが出てますし、メモリスティックもSDカード変換アダプタで32GBが実現できるらしいです。そこで、さらなる大容量の新規格が待たれていたわけです。

最大2TバイトのSDカード新規格「SDXC」 – ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0901/08/news052.html

メモリースティックPRO、最大2Tバイトに – ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0901/08/news048.html

これまで「SDメモリカード(FAT16)」→「SDHCメモリカード(FAT32)」と進化してきたSDカードの新規格は「SDXC」に、そして「メモリスティック」の方は正確には新規格ではなく、「メモリスティックPRO」の「メモリースティック高容量向け拡張フォーマット(仮称)」は拡張規格ということらしいです。メモリスティックの方のファイルシステムはプレスリリースで公開されてませんでしたが、SDXCの方はexFATを採用し、「メモリースティック高容量向け拡張フォーマット(仮称)」「SDXC」ともに最大容量が2TBとなる。

exFATでお気づきの方もいるかもしれませんが、デスクトップ用WindowsではVista SP1以降でしか使えません!Windows VistaとWindows7が新規格普及が鍵を握りそうですね。

(英文PDF)SDXC SIGNALS NEW GENERATION OF REMOVABLE MEMORY
WITH UP TO 2 TERABYTES OF STORAGE – SD Association
http://www.sdcard.org/home/SD_Association_Announces_SDXC_FINAL_1-6-2009.pdf

サンディスクとソニー、「メモリースティックPRO」と「メモリースティック マイクロ」の拡張フォーマットを共同開発 – SONY
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/200901/09-0108/index.html

追記(2009/01/10 18:40)
SDXCではSD・miniSD・microSDのうちminiSD規格が消えるんですね!確かに、携帯カメラが出始めた頃はものすごい売ってましたが、最近全く見ませんからね。SDサイズすら最近見なくなって、ほとんどmicroSD+変換アダプタになりましたよね。

OQOのAtom搭載ウルトラポータブルや東芝の512GB SSD – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0109/ces07.htm

HTML convert time: 0.561 sec. Powered by WordPress