2010/2/22 月曜日

Kasperskyがウィルス対策ハードウェアで特許取得

Kaspersky patents hardware-based AV – bit-tech.net
http://www.bit-tech.net/news/hardware/2010/02/19/kaspersky-patents-hardware-av/

髭のおじさんのパッケージで有名(?)な『Kaspersky Anti-Virus』の開発元 Kaspersky Labが新たなるウイルス対策ハードウェアの特許を取得したようです。

一般的なウイルス対策はソフトウェアによりHDDやRAMなどの記憶装置のデータを読みだしてウイルスを検知しますが、Kasperskyの特許では、HDDとマザーボード間にウイルス検知専用のハードウェアを挟み検知を行う。

現在のソフトウェアの場合、書き込まれたデータから検知を行うため、記憶装置上に一瞬でもウイルスが存在してしまう可能性があるが、ハードウェア対策ではHDDへの書き込み時点で検出を行い、排除を行うため安全性が向上するとのこと。

また、ハードウェアは専用のARMプロセッサとRAMを搭載しているため、現在のウイルス対策のようにCPUを占有してしまうことがなく、高速で処理が可能になる。

特許ではHDDとマザーボード(インターフェースコントローラ)間に挟む構成となっているが、将来的にはHDDやコントローラに内臓することも想定していとか。いずれは、こう言った機能がSATAなどの規格に盛り込まれるかもしれませんね。

2010/1/9 土曜日

USB 3倍バスパワーのGIGABYTEマザーの耐久テスト

USBバスパワーが3倍凄い! 噂のマザーで耐久テスト! – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/487/487078/

誰かやるだろうと思ってましたが、ASCII.jpがやってくれました。Gigabyteが販売している「333」を全面に押し出した現行マザーボード。「333」はUSB3.0、SATA Revision 3.0(SATA 6Gbps)の他にUSBのバスパワー出力が3倍になったことを示している。

USB3.0やSATA 6Gbpsのレビューはをれほど目新しくはないですが、ASCII.jpではUSBのバスパワー出力を検証していました。USBポートに手当たりしだいにUSBから電源を供給するデバイスを接続している。

どうやら、USB電源機器を大量に接続しても問題は無いようですね。ただ、個人的には安定した電力供給が不要な機器で実験しているのが残念ですねぇ。バスパワー方式の外付けHDDや光学ドライブを複数接続した際に安定するかの方が一般的な使い方では?

ちなみに、マザーボード自体が大電流に耐えられるだけであって、電力供給に用いるUSBケーブルやHUBは規格上はそれほど電流を流せないはず… 品質の低いケーブルは発火しないか不安ですね…

2009/11/17 火曜日

Gigabyte とASUSのマザーにてSATA 6Gbpsレビュー

Investigating SATA 6Gbps Performance – bit-tech.net
http://www.bit-tech.net/hardware/storage/2009/11/16/investigating-sata-6gbps-performance/

先週、一気に発売になったSATA 6Gbps対応製品ですが、そのひとつであるGigabyteのマザーボードGA-P55A-UD6とASUSのP7P55D PremiumにてSATA 6Gbpsのレビューを行っている記事がありました。検証に用いるストレージはもちろんSeagateのBarracuda XT 『ST32000641AS』。

まぁ、Barracuda XTのベンチマーク自体は日本でも多くの方が公開していますのでそれほど珍しくは無いですが、発売前からSATA 6Gbpsのコントローラチップの接続方式の違いで注目されていたGigabyteとASUSのマザーボードの実際の動作について書かれていました。

ASUSの方はIntel P55からのPCI Express 1.1 x1 (250MB/s)を2系統(500MB/s)ブリッジチップPEX PLX8613』でPCI Express 2.0 x1 (500MB/s)に変換することでボトルネックを防いでいる。

同じくASUSから発売になったSATA 6Gbps増設ボード『PCIE GEN2 SATA6G』ではPCI Express 1.1 x4 (1000MB/s)でしたのでちょっと異なるようですね。(もしかしたら実際には2レーンしか使ってないのか?)

Gigabyteの方はと言うと、Intel P55からのPCI Express 1.1 x1 (250MB/s)とCPU (LGA1156)からのPCI Express 2.0を必要に応じて自動的に切り替えるようになっているようですね。SATA端子にSATA 6Gbps対応製品が接続されるとPCI Express 2.0に切り替えることでボトルネックを解消。ただし、GPU用のPCI Express 2.0 x16スロットの帯域はx8に制限されてしまうようです。切り替えはOSが起動中には行えず、Hotplugには対応していなく、再起動が必要のようです。

同じような製品でも考え方が異なるのは面白いですねぇ。

2009/11/14 土曜日

ASUS「U3S6」とBarracuda XTのレビュー記事

Serial ATA 6GbpsのHDDをASUSの「U3S6」で検証 – 日経PC online
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20091114/1020457/

日経PC onlineに初のSATA 6Gbps接続HDDであるSeagate Barracuda XT 『ST32000641AS』をASUSのSATA 6Gbps + USB 3.0インターフェースボード『U3S6』に接続して使用するレビューが掲載されていました。

やはり、現行のHDDだとそれほどSATA 6Gbpsの性能は活用できないようで、SATA 3Gbpsでの接続とほとんど差がありませんねぇ。Western DigitalのWD RE4の2TBモデル『WD2003FYYS』との比較ではシーケンシャル読み書きはWD RE4が優勢ですが、ランダム読み書きはBarracuda XTの方が速いようです。

他にU3S6でのUSB 3.0の性能もベンチマークしていました。ラトックのUSB 3.0ボードと違い、PCI Express 1.1でも性能が発揮できるのは良いですねぇ。まぁ、PCI Express x4以上のスロットが余っているかが問題ですけどね(^^;)

USB3.0 / SATA 6Gbps対応機器続々発売

まるでタイミングを合わせたかのようにUSB 3.0とSATA 6Gbpsに対応した製品が一斉に発売されましたねぇ。

Gigabyte、USB3.0とSATA3.0対応の「P55」マザーが5モデル – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/475/475356/

ASUSTeKからもUSB3.0+SATA3.0対応の「P55」マザーが登場 – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/475/475712/

GigabyteとASUSからは両規格のコントローラを新たに搭載したマザーボードが発売。いずれも、以前から発売になっているIntel P55モデルに新たにUSB 3.0とSATA 6Gbpsのコントローラチップを搭載した以外は基本的には前モデルと同じようです。(PCIスロットの数が変わったりと微妙な違いもあるようですが)

GigabyteもASUSのどちらもUSB 3.0コントローラチップにはNECの「μPD720200」、SATA 6GbpsにはMarvell 「88SE9123」を使用。

GigabyteのマザーボードにはUSB PowerBoostという機能が搭載されており、USB 2.0では1500mA、USB 3.0では2700mAの電源供給が可能になっている。USB 2.0の規格上は500mA、USB 3.0では900mAとなっているため、それぞれ3倍近い出力が可能となっている。個人的には低品質なUSBケーブルに1.5Aもの電流を流して発火しないかが心配ですが…

ブリッジチップで高速化する6Gbps SATAカードなどが発売 – AKIBA PC Hotline!
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20091114/etc_asus.html

ASUSからはUSB 3.0とSATA 6Gbpsの両方に対応するPCI Express x4接続のインターフェースボード『U3S6』とSATA 6Gbpsだけの『PCIE GEN2 SATA6G』が発売。先日紹介しましたが、このボードはPCI Express 1.1の帯域不足によるボトルネックを解消するためPLX Technology Inc.のPCI Expressブリッジチップ『PLX PEX8613』を搭載している。

USB 3.0とSerial ATA 6Gb/sに対応するマザーボードおよびインターフェースカードを発表 – ASUS
http://www.asus.co.jp/news_show.aspx?id=16975

ブリッジチップについてはASUSのニュースリリースにわかりやすく説明が書かれていました。

ASUSの発表では動作確認マザーボードはASUSTek製のみでしたが、ASUS以外のマザーボード使用可能かが気になりますねぇ。

初のUSB3.0対応外付けHDDがバッファローから登場! – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/475/475580/

周辺機器としてはバッファローからはUSB 3.0に対応した外付けHDDが発売。同時にUSB 3.0に対応したPCI Express 2.0 x1接続のインタフェースボード『IFC-PCIE2U3』も発売。玄人思考ブランドからもおそらく同じもの(?)と思われる『USB3.0N-PCIe』が発売。

先日ラトックからも同様の製品が発売されていますが、今回発売されたバッファロー(玄人思考)のものもPCI Express 2.0じゃないと性能を発揮できないのは要注意!

ちなみに、USB 3.0へのバスパワー電源用に電源供給用端子が搭載されていますが、ラトックのものはシリアルATA電源コネクタ (15ピン)したが、バッファローはFDD電源コネクタ (小4ピン)を採用。余っている端子でどちらにするかを選ぶと良いかもしれませんね。(注:追記参照)

6Gbpsに対応したSeagate製2TB HDDの販売がスタート! – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/475/475510/

Seagateからは初のSATA 6Gbps対応HDDとなるBarracuda XTの2TBモデル『ST32000641AS』が発売。先日ベンチマーク記事がありましたが、正直なところHDDではまだSATA 6Gbpsの性能を発揮できませんからねぇ。Western DigitalのCaviar Black『WD2001FASS』にするか悩むところでしょうねぇ…

追記 : 2009/11/14 16:20

【USB3.0】IFC-PCIE2U3カードファーストインプレのようなものです。 – 伝道師日記
http://ameblo.jp/dendoshi/entry-10388113251.html

伝道師日記さんにバッファローのUSB 3.0インターフェースカード『IFC-PCIE2U3』のレビューが掲載されていますが、どうやら、(シリアルATA電源コネクタ)→(FDD電源コネクタ)の変換ケーブルが付属しているようです。

2009/10/29 木曜日

また被った… 激安自作PCネタ

新型Celeronで2万7960円のPCを作る – 日経PC online
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/special/20091029/1019985/

おわっ!また被った…

はいじん☆ちゃんねる >> 【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【目次】
http://haizin.serveblog.net/?p=4830

さすがに自分の書いた2万2,380円には及びませんが、パーツはほとんど同じですね。ぶっちゃけ、自分の組んだ構成は安さだけを追求してコストパフォーマンス度外視なので日経PC onlineさんのほうがおすすめです(^^;)

2009/10/28 水曜日

【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【目次】

夏も終わりを告げたある日…

ハイジんブルーは依頼を受けた…

2万5千円でPCを入手出来ないだろうか…』

やったろうじゃないか!!

こうしてプロジェクトが開始された。

IMG_9947

~激安自作PC制作プロジェクト~

というわけで、今回のプロジェクトの条件。

  1. 予算2万5千円以内
  2. OSおよびディスプレイは不要
  3. 納期は2週間後

使用用途は表計算、インターネット、2.5次元CADということなので性能はそれほど必要としない。

中古ならチョロット揃えられそうな感じですね。でも、それじゃぬる過ぎる!そこで、今回は新品パーツに限ることにしました。

数年前は『5万円で自作する』やら『3万円で自作する』という書籍が良く出版されていましたが、最近はめっきり減ってしまいました。『PCが欲しいけどお金が無い!(><)』という方の参考になればと思い、ここに掲載します。

【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【目次】

  1. パーツ選びの手順
  2. 購入したパーツ – CPU編
  3. 購入したパーツ – マザーボード
  4. 購入したパーツ – メモリ
  5. 購入したパーツ – ケース・電源
  6. 購入したパーツ – 光学ドライブ
  7. 購入したパーツ – HDD
  8. ベンチマーク – その1
  9. ベンチマーク – その2
  10. まとめ

【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【パーツ選びの手順】

【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【目次】

【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【パーツ選びの手順】←今ココ
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【CPU】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【マザーボード】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【メモリ】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【ケース・電源】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【光学ドライブ】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【HDD】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【ベンチマーク1】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【ベンチマーク2】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【まとめ】

パーツ選びの手順

まず、最初に激安自作PC制作の際のパーツ選びの手順を書いてみる。この手順はハイジんブルーの考える独自の方法で、人によってだいぶ違うと思います。

gekiyasu

CPU

まずは、PCの心臓部であるCPU(Central Processing Unit)。低予算で組む場合は、まずはCPUをどれにするかを検討してから他のパーツに手をまわしていった方が良さそう。

ほとんどのPCショップで入手できるCPUと言えばIntel製またはAMD製。

マザーボード

CPUが決定すれば、それに合ったマザーボードを選ぶことになる。マザーボードはハイエンドの高級品になるほど機能が増えてきますが、今回は激安路線ですので機能は必要十分に絞っていきます。

マザーボードにはグラフィック機能を内蔵したものと、内臓してなく外付けのグラフィックボードが必要になるものがある。安く済ませるにはグラフィック内臓を選ぶ。ただし、性能は期待できませんので3D関連(ゲーム含む)をする場合は多少の出費を覚悟すべし。

メモリ

現在のマザーボードはDDR2またはDDR3の規格に対応しているが、これもマザーボードが決まれば自然と決まってくる。

去年一気に値段が下がったDDR2ですが、最近ジワジワと値上がり中。キタ!と思ったら即買うべし。

ケース・電源

この二つを一緒にしましたが、ケースに電源ユニットが付属している事があるからです。電気で作動するPCにとって電源ユニットは重要なパーツですが、低価格構成だとそれほど電源ユニットに負荷が掛かりませんので、よっぽど酷いものでなければ大丈夫でしょう。ケースは完全にその人その人の趣味がありますので、気に入ったものを買うべし。ただし『カッコいい!』と思うケースは大抵高い… どこで妥協するかですね(^^;)

光学ドライブ

Blu-rayが見たい!とか言わない限りそれほど値段は変わらないのが光学ドライブ。(ただしPioneerは例外)書き込み速度が24倍速だろうと22倍速だろうとあまり変わらないと思うんだけどなぁ…

HDD

これを最後に持ってきたのにはワケがある。お値段の自由がもっとも効くからだ。下は3,000円位から、上は40,000円まである。しかもほとんど容量によって値段が決まってくる。よって、最後に余った予算で買えるだけ大きな容量のHDDを買えば良い!

【購入したパーツ – CPU編】へ

【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【CPU】

【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【目次】

【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【パーツ選びの手順】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【CPU】←今ココ
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【マザーボード】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【メモリ】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【ケース・電源】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【光学ドライブ】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【HDD】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【ベンチマーク1】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【ベンチマーク2】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【まとめ】

IMG_9883

では、今回購入したPCパーツを紹介していきましょう!

CPU

ちょっと前までは低価格で組むならAMDが良いと思って、最初はAMD路線で準備してましたが、パーツ集めを始めが当日にちょうどIntelのローエンドCPU『Celeron Dual-Core』シリーズが値下がりしてAMDのローエンドCPU『Athlon X2』シリーズよりも安くなっていた。

そこで、方針変更をして購入したのが…

IMG_9918

IntelのCeleron Dual-Core E1500。3,980円。

IMG_9919

現在販売されているIntelのCPUとしては最下位だが、上位のPentium Dual-CoreやCore2Duoとの違いは、

  • CPUとそのほかの半導体部品を接続するFSB(Front Side Bus)の動作周波数が800MHzと低めになっていること
  • CPU内部にある記憶領域であるL2キャッシュの容量が512KBと低めになっていること

この二つは動画エンコード等の複雑な処理の際には効果が発揮されるが、インターネット閲覧といった処理においてはそれほど違いを感じられることはない。よってコレで十分!しかも動作クロック周波数は2.20GHz。

はいじん☆ちゃんねる >> WindowsMediaEncoder9
http://haizin.serveblog.net/?p=648

以前、このCeleron Dual-Coreと同じCoreマイクロアーキテクチャを採用するPentium Dual-Core E2200(2.20GHz)とPentium4(NetBurstマイクロアーキテクチャ)世代のXeon 2.8GHz Dual CPUにてエンコード比較ベンチマークを行ったことがありますが、その際にCoreマイクロアーキテクチャのクロック周波数当たりの効率の良さを確認しました。よって、現在Pentium 4を使用している方でもCeleron Dual-Coreにするだけでも速くなったことを実感できると思います。

【購入したパーツ – マザーボード編】へ

【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【マザーボード】

【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【目次】

【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【パーツ選びの手順】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【CPU】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【マザーボード】←今ココ
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【メモリ】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【ケース・電源】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【光学ドライブ】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【HDD】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【ベンチマーク1】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【ベンチマーク2】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【まとめ】

マザーボード

今回はIntelのCeleron Dual-Core E1500をCPUに選んだのでマザーボードはそれに対応したものを選んだ。最新のCPUの場合、対応しているマザーボードを探すのが大変だったりしますが、このE1500は発売から1年近くが経過しており、それほど困難ではなかった。

3D関連の作業を行わないということなのでグラフィック機能を内蔵したチップセットを採用したマザーボードを選ぶことに。現在発売中のIntel CPU向けグラフィック内臓チップセットは…

  • NVIDIA GeForce 9400
  • NVIDIA GeForce 9300
  • Intel G45 Express
  • Intel G43 Express
  • Intel G41 Express
  • Intel G31 Express

上にいくほどグラフィック性能は高いがお値段も高い。激安で仕上げるなら一番安いIntel G31 Expressしかない!1世代前のチップセットですが、低価格向けとして未だに販売されている。密かに人気があるんでしょうかね?

そのIntel G31 Express対応マザーボードを探していたところ、これまた偶然ASUSのものが値下げになったのでそれに決定!

IMG_9905

購入したのはASUS P5KPL-AM EPU。5,980円。

中身はというと…

IMG_9907

デバイスドライバCD、説明書、バックパネル、ケーブル1本ずつ。安いだけあって必要最小限なものしか入っていませんね。ハイエンドマザーボードだと一生使わない物が大量に付属してますからね(^^;) ケーブル等が必要なら自分で買え!ってことですね。わかります。

IMG_9909

マザーボード自体も必要十分といった感じですね。メモリスロットは2個しかありませんが、普通の人は4GB以上使いませんよね(^^;)十分ですね。

IMG_9913

大きな電流が流れるCPUとメモリ周りに耐久性の高い個体コンデンサーを採用しているのはGood!

何回、電解コンデンサーが爆発して謎の液体を吹きかけられたことか…

IMG_9915

SATAポートは4個。System用HDDに1個、Data用HDDに1個、DVDドライブに1個で3個使ってもお釣りがくる!自分みたいな変態じゃない限り、必要十分!

ただし注意が必要なのがこのマザーボード、FDD端子が無い…

買ってから気づいた…

※注!!WindowsのDSP版とFDDのセットの組み合わせでは使えませんので、DSP版を買う場合はセットとなるハードウェアがFDD以外になるようにしましょう!

IMG_9911

最近のマザーボードは意味がないほど無駄なヒートシンクがついていたりします(←だがそれがイイwww)が、このマザーボードは簡素。これまた必要十分!

IMG_9910

背面ポート類は何だか懐かしい構成ですね(^^;)昔の資産を使いまわしたい人にとってはかなりありがたい構成ですね。

【購入したパーツ – メモリ編】へ

次ページへ »

HTML convert time: 0.883 sec. Powered by WordPress