2013/6/3 月曜日

【社会科見学】理化学研究所 計算科学研究機構【京速計算機】

久しぶりの更新!死んでないですよ!

先日、出張の帰りが神戸空港になって、フライトまで時間があったのでポートアイランドにある『理化学研究所 計算科学研究機構』に行ってみました。この名称だと「なんじゃそりゃ?」と思う方もいるかと思いますが、数年前に「2位じゃダメなんでしょうか?」で話題になった『京コンピュータ』が設置されている研究所です。

空港へ向かう『ポートライナー』の『京コンピュータ前 駅』で下車。

駅名がそのまんまなので間違えることはないですね。

IMG_9499

降りた瞬間「?」と思う。

そろそろ帰宅ラッシュ時間のはずだが、無人駅な上に、周辺人っ子一人歩いてない…

どうやら、まだまだ未開の地のようで空き地ばっかりのところでした。

IMG_9360

歩いてすぐのところにあるのが『理化学研究所 計算科学研究機構』

IMG_9474

中に入ると「京」の文字がお出迎え。

K_entrance

見学者が来るのが珍しいのか、守衛さんがものすごく親切に見学展示の範囲を教えてくださいました。

IMG_9467

展示スペースはこんな感じ。

行く前に事前に簡単な展示があるという情報は得ていたので、あまり期待はしてませんでしたが、30分くらいは時間が潰せました。

IMG_9471

これが一番の楽しみだったのですが、実物の「計算ノード」が展示されていました。

残念ながら赤い筐体にあらず。赤いほうが速そうなのに…

この筐体に24枚のシステムボードが入っていて重さは約1トンあるとか。

IMG_9439

システムボードは1枚ずつ水冷で冷却されている。

写真では分かりずらいかもしれないが、実はシステムボードはラックに平行に入っておらず13度ほど斜めに入っている。空気の流れる空間を確保するとこで、1ラックにより多くのシステムボードが搭載可能になっているとか。知りませんでした…

IMG_9433

こちらは中段のIOシステムボード(手前上)と電源ユニット(中央奧)とシステムの監視を行うシステムプロセッサボード(電源の下)。ほとんどの部品が稼働中に取り換え可能なHotSwapに対応していて、可能な個所にはオレンジ色のシールで取り外せることが明記されていました。

IMG_9436

システムプロセッサボードの下にはOSを格納するHDDを搭載する2Uシャーシが入っていました。残念ながらHDD自体は抜かれていました。

IMG_9443

裏はこんなかんじ。カバーがかかっていて中がよく見えなかったが…

IMG_9445

使ってる冷却ファンはアレですね。さすがです。( ̄ー ̄)ニヤリッ

展示スペースの入り口には建物全体の模型がありました。

IMG_9446

なかなか精巧にできていて、赤いボタンを押すと…

IMG_9449

建物が割れて、内部が見えるようになってました。赤い筐体が並んでる!

IMG_9452

なんと、単眼鏡が準備されていて、奥のほうまで細かく作られているのが見えました。

さて、展示スペースの奥のほうがどうなっているかというと…

IMG_9362

それほど広くはなく、技術紹介や実際に『京』を使用した研究が紹介されていました。

IMG_9401

トーラスインターコネクションの模型ですね。

大学の学部の情報工学で習った記憶もあるが、間違いなく寝てたので、どうすごいのかは全く覚えていない!どっか壊れても反対周りで通信できるんだっけか?

ちなみに、それぞれの球は…

IMG_9403

中が細かっ!

そして、こちらがシステムボードの実物。

IMG_9388

IMG_9390

こんな感じに、どこがどのパーツがわかるようになってました。

それぞれのパーツの単体も展示されていて…

IMG_9385

こちらがCPUのSPARC64 VIIIfx。

普段見慣れているCore iとかのダイと比べるとデカい!

IMG_9379

後工程前のウェハも!ダイが大きいと円周部で無駄になる量もすごいですね。

IMG_9384

こいつがインターコネクトコントローラ(ICC)。システムボード間で通信するヤツですね。

IMG_9399

そして、みなさんお待ちかね(?)、メモリです。MicronのDDR3ですね。

ちなみに、実際の『京』の展示ですが…

IMG_9422

ここのガラス張りから覗くことができる。

IMG_9369

と言っても、よく写真で見えるズラーと赤い筐体が並んでいる光景ではなく、赤い筐体は説明のためのこれ一台。

IMG_9367

通常の見学でみられるのは計算ノードが並んでいるフロアではなく、ファイルシステムがズラーっと並んでいるフロアだけとなっている。

IMG_9364

こちらがそのファイルシステム群。

IMG_9365

ちょうど、目線の高さにフリーアクセスの床が来ていて、床下の配線がビッシリなのが見えたりしてこれはこれで面白い。

とまぁ、本体が見れないのは事前に知っていましたが、ちょっと残念ですね。

これで、展示内容をザザッと載せましたが、最後に外にあるオブジェについて…

IMG_9483

『京』が完成した際にニュースで紹介されていたので、これが計算機の基本である「そろばんの珠」を縦に並べていることを知っている方は多いと思います。

自分も、現地で近くで見て初めて知ったんですが…

IMG_9479

実は、それぞれの珠に指数と対応するSI接頭辞が刻まれているんですね。

じゃ、一番上はというと…

IMG_9480

10^16で『京』でした!

(以下、おまけ)

(続きを読むなの…)

2010/3/5 金曜日

さまざまなパーツの消費電力あたりのパフォーマンス比較

Energy Efficient Hardware Investigated – bit-tech.net
http://www.bit-tech.net/hardware/pcs/2010/02/24/energy-efficient-hardware-investigated/

多くのベンチマーク記事では最後に消費電力について検証していることが多いですが、bit-tech.netにちょっぴり珍しいベンチマークが。さまざまなパーツの消費電力あたりのパフォーマンスを検証している。

CPUやGPU、HDDなどではこういった比較は見かけますが、この記事ではメモリやサウンドカード、LANボードの消費電力を検証。1Wでも削減したい場合には役立つかもしれません。

2010/2/1 月曜日

IntelとMicronが25nmプロセスのNANDフラッシュEEPROMを発表

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 23:43:00

Intel and Micron Unveil 25nm NAND Flash – HOT HARDWARE
http://hothardware.com/Articles/Intel-Micron-Announce-25nm-NAND-Technology-/

IntelとMicronが業界初の25nmプロセス採用のMLC NANDフラッシュEEPROMを発表しました。

半導体は一般的に製造プロセスが進み、トランジスタ数が同じだと、一枚のウェアはから取れるチップ数は向上し、さらに歩留りが向上するため価格が下がる。新しいプロセスでの安定供給が可能になるまで時間がかかりますが、最終的には45nmプロセスのものよりも価格が1/3程度になると予想されているようです。

HOT HARDWAREにチップの画像が掲載されていますが、さすがメモリ。CPUと異なり素子が規則的に配置されているため、きれいですね。また、2ページ目にはIntelとMicronの合弁会社IM Flash Technologiesの製造工場(FAB)の様子もあり。クリーンルーム内の工程はすべて自動化されており、写真内に写っている人たちは装置の修理や保守点検を行っている技術者とのこと。21世紀って感じですね(^^)

追記 : 2010/02/01 23:45

Intel and Micron to announce 25nm flash memory – PC Perspective
http://www.pcper.com/comments.php?nid=8330

面白い画像があったので追記。持ち逃げはいけません!(笑)

ちなみに、この300mmウェハで2TB以上のメモリが集積されているそうです。すごい…

2009/12/8 火曜日

SODIMM上で動作するコンピュータ

SODIMM system-on-a-chip launched – bit-tech.net
http://www.bit-tech.net/news/hardware/2009/12/07/sodimm-system-on-a-chip-launched/1

とりあえず、この写真を見よう…

tx51frontlo-250x96

(引用)http://www.directinsight.co.uk/products/karo/triton-tx51-imx51.html

一見、ノートPCに用いらているSO-DIMMのようだが、良く見るとなんか変。実は、SO-DIMM上にCPU『ARM Cortex-A8』、128MBのDDR-400 DRAM、128MBのNAND フラッシュEEPROMを搭載している一つのコンピュータ!

さすがに、このままじゃI/O系が無いので使えませんので別途ベースボードが必要になりますが、SO-DIMMに乗せちゃうとは(^^;)

驚くべきは、映像の出力もできるのだが、720pまでの動画再生支援機能まで搭載!

Windows CEやLinuxを利用しての組み込みを想定しているので、実際にめぐり合うことはなさそうですが、すごいですねぇ。

2009/11/28 土曜日

次期PremiereProとAfterEffectsは64bit版のみに

アドビ、次期Premiere ProとAfter Effectsは64bit版のみ対応 – AV Watch
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20091127_331895.html

現在のAdobeのPremiere Pro CS4とAfter Effects CS4は32bitと64bitの両対応となっており、64bitに最適化されていますが、次期バージョンからは64bit版にのみになることが発表されたようです。

確かに動画編集は膨大なメモリを使いますし、Windows 7の64bit版も売れているようですからねぇ。

ちなみに、先月発売になったAdobe Premiere Elements 8ですが、1ヶ月ほど使ってみたので今週末あたりにレビューを載せようかと思います。こういうソフトはハードウェアと違って使い込んで見ないと違いがわからないですからねぇ…

2009/10/29 木曜日

また被った… 激安自作PCネタ

新型Celeronで2万7960円のPCを作る – 日経PC online
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/special/20091029/1019985/

おわっ!また被った…

はいじん☆ちゃんねる >> 【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【目次】
http://haizin.serveblog.net/?p=4830

さすがに自分の書いた2万2,380円には及びませんが、パーツはほとんど同じですね。ぶっちゃけ、自分の組んだ構成は安さだけを追求してコストパフォーマンス度外視なので日経PC onlineさんのほうがおすすめです(^^;)

2009/10/28 水曜日

【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【目次】

夏も終わりを告げたある日…

ハイジんブルーは依頼を受けた…

2万5千円でPCを入手出来ないだろうか…』

やったろうじゃないか!!

こうしてプロジェクトが開始された。

IMG_9947

~激安自作PC制作プロジェクト~

というわけで、今回のプロジェクトの条件。

  1. 予算2万5千円以内
  2. OSおよびディスプレイは不要
  3. 納期は2週間後

使用用途は表計算、インターネット、2.5次元CADということなので性能はそれほど必要としない。

中古ならチョロット揃えられそうな感じですね。でも、それじゃぬる過ぎる!そこで、今回は新品パーツに限ることにしました。

数年前は『5万円で自作する』やら『3万円で自作する』という書籍が良く出版されていましたが、最近はめっきり減ってしまいました。『PCが欲しいけどお金が無い!(><)』という方の参考になればと思い、ここに掲載します。

【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【目次】

  1. パーツ選びの手順
  2. 購入したパーツ – CPU編
  3. 購入したパーツ – マザーボード
  4. 購入したパーツ – メモリ
  5. 購入したパーツ – ケース・電源
  6. 購入したパーツ – 光学ドライブ
  7. 購入したパーツ – HDD
  8. ベンチマーク – その1
  9. ベンチマーク – その2
  10. まとめ

【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【パーツ選びの手順】

【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【目次】

【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【パーツ選びの手順】←今ココ
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【CPU】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【マザーボード】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【メモリ】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【ケース・電源】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【光学ドライブ】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【HDD】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【ベンチマーク1】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【ベンチマーク2】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【まとめ】

パーツ選びの手順

まず、最初に激安自作PC制作の際のパーツ選びの手順を書いてみる。この手順はハイジんブルーの考える独自の方法で、人によってだいぶ違うと思います。

gekiyasu

CPU

まずは、PCの心臓部であるCPU(Central Processing Unit)。低予算で組む場合は、まずはCPUをどれにするかを検討してから他のパーツに手をまわしていった方が良さそう。

ほとんどのPCショップで入手できるCPUと言えばIntel製またはAMD製。

マザーボード

CPUが決定すれば、それに合ったマザーボードを選ぶことになる。マザーボードはハイエンドの高級品になるほど機能が増えてきますが、今回は激安路線ですので機能は必要十分に絞っていきます。

マザーボードにはグラフィック機能を内蔵したものと、内臓してなく外付けのグラフィックボードが必要になるものがある。安く済ませるにはグラフィック内臓を選ぶ。ただし、性能は期待できませんので3D関連(ゲーム含む)をする場合は多少の出費を覚悟すべし。

メモリ

現在のマザーボードはDDR2またはDDR3の規格に対応しているが、これもマザーボードが決まれば自然と決まってくる。

去年一気に値段が下がったDDR2ですが、最近ジワジワと値上がり中。キタ!と思ったら即買うべし。

ケース・電源

この二つを一緒にしましたが、ケースに電源ユニットが付属している事があるからです。電気で作動するPCにとって電源ユニットは重要なパーツですが、低価格構成だとそれほど電源ユニットに負荷が掛かりませんので、よっぽど酷いものでなければ大丈夫でしょう。ケースは完全にその人その人の趣味がありますので、気に入ったものを買うべし。ただし『カッコいい!』と思うケースは大抵高い… どこで妥協するかですね(^^;)

光学ドライブ

Blu-rayが見たい!とか言わない限りそれほど値段は変わらないのが光学ドライブ。(ただしPioneerは例外)書き込み速度が24倍速だろうと22倍速だろうとあまり変わらないと思うんだけどなぁ…

HDD

これを最後に持ってきたのにはワケがある。お値段の自由がもっとも効くからだ。下は3,000円位から、上は40,000円まである。しかもほとんど容量によって値段が決まってくる。よって、最後に余った予算で買えるだけ大きな容量のHDDを買えば良い!

【購入したパーツ – CPU編】へ

【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【CPU】

【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【目次】

【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【パーツ選びの手順】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【CPU】←今ココ
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【マザーボード】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【メモリ】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【ケース・電源】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【光学ドライブ】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【HDD】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【ベンチマーク1】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【ベンチマーク2】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【まとめ】

IMG_9883

では、今回購入したPCパーツを紹介していきましょう!

CPU

ちょっと前までは低価格で組むならAMDが良いと思って、最初はAMD路線で準備してましたが、パーツ集めを始めが当日にちょうどIntelのローエンドCPU『Celeron Dual-Core』シリーズが値下がりしてAMDのローエンドCPU『Athlon X2』シリーズよりも安くなっていた。

そこで、方針変更をして購入したのが…

IMG_9918

IntelのCeleron Dual-Core E1500。3,980円。

IMG_9919

現在販売されているIntelのCPUとしては最下位だが、上位のPentium Dual-CoreやCore2Duoとの違いは、

  • CPUとそのほかの半導体部品を接続するFSB(Front Side Bus)の動作周波数が800MHzと低めになっていること
  • CPU内部にある記憶領域であるL2キャッシュの容量が512KBと低めになっていること

この二つは動画エンコード等の複雑な処理の際には効果が発揮されるが、インターネット閲覧といった処理においてはそれほど違いを感じられることはない。よってコレで十分!しかも動作クロック周波数は2.20GHz。

はいじん☆ちゃんねる >> WindowsMediaEncoder9
http://haizin.serveblog.net/?p=648

以前、このCeleron Dual-Coreと同じCoreマイクロアーキテクチャを採用するPentium Dual-Core E2200(2.20GHz)とPentium4(NetBurstマイクロアーキテクチャ)世代のXeon 2.8GHz Dual CPUにてエンコード比較ベンチマークを行ったことがありますが、その際にCoreマイクロアーキテクチャのクロック周波数当たりの効率の良さを確認しました。よって、現在Pentium 4を使用している方でもCeleron Dual-Coreにするだけでも速くなったことを実感できると思います。

【購入したパーツ – マザーボード編】へ

【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【マザーボード】

【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【目次】

【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【パーツ選びの手順】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【CPU】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【マザーボード】←今ココ
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【メモリ】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【ケース・電源】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【光学ドライブ】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【HDD】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【ベンチマーク1】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【ベンチマーク2】
【レビュー的な何か】激安自作PC制作プロジェクト【まとめ】

マザーボード

今回はIntelのCeleron Dual-Core E1500をCPUに選んだのでマザーボードはそれに対応したものを選んだ。最新のCPUの場合、対応しているマザーボードを探すのが大変だったりしますが、このE1500は発売から1年近くが経過しており、それほど困難ではなかった。

3D関連の作業を行わないということなのでグラフィック機能を内蔵したチップセットを採用したマザーボードを選ぶことに。現在発売中のIntel CPU向けグラフィック内臓チップセットは…

  • NVIDIA GeForce 9400
  • NVIDIA GeForce 9300
  • Intel G45 Express
  • Intel G43 Express
  • Intel G41 Express
  • Intel G31 Express

上にいくほどグラフィック性能は高いがお値段も高い。激安で仕上げるなら一番安いIntel G31 Expressしかない!1世代前のチップセットですが、低価格向けとして未だに販売されている。密かに人気があるんでしょうかね?

そのIntel G31 Express対応マザーボードを探していたところ、これまた偶然ASUSのものが値下げになったのでそれに決定!

IMG_9905

購入したのはASUS P5KPL-AM EPU。5,980円。

中身はというと…

IMG_9907

デバイスドライバCD、説明書、バックパネル、ケーブル1本ずつ。安いだけあって必要最小限なものしか入っていませんね。ハイエンドマザーボードだと一生使わない物が大量に付属してますからね(^^;) ケーブル等が必要なら自分で買え!ってことですね。わかります。

IMG_9909

マザーボード自体も必要十分といった感じですね。メモリスロットは2個しかありませんが、普通の人は4GB以上使いませんよね(^^;)十分ですね。

IMG_9913

大きな電流が流れるCPUとメモリ周りに耐久性の高い個体コンデンサーを採用しているのはGood!

何回、電解コンデンサーが爆発して謎の液体を吹きかけられたことか…

IMG_9915

SATAポートは4個。System用HDDに1個、Data用HDDに1個、DVDドライブに1個で3個使ってもお釣りがくる!自分みたいな変態じゃない限り、必要十分!

ただし注意が必要なのがこのマザーボード、FDD端子が無い…

買ってから気づいた…

※注!!WindowsのDSP版とFDDのセットの組み合わせでは使えませんので、DSP版を買う場合はセットとなるハードウェアがFDD以外になるようにしましょう!

IMG_9911

最近のマザーボードは意味がないほど無駄なヒートシンクがついていたりします(←だがそれがイイwww)が、このマザーボードは簡素。これまた必要十分!

IMG_9910

背面ポート類は何だか懐かしい構成ですね(^^;)昔の資産を使いまわしたい人にとってはかなりありがたい構成ですね。

【購入したパーツ – メモリ編】へ

次ページへ »

HTML convert time: 0.972 sec. Powered by WordPress