2011/12/4 日曜日

蛍光灯の安定器を修理してみた

Filed under: ハードウェア関連,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 19:25:48

数か月前から居間にある蛍光灯の点灯が徐々に遅くなり、ついにONにしたあと1時間くらいして忘れたころに点灯するようになった。

蛍光灯が切れたのならそもそも点灯しないはずなので、安定器がおかしいと判断し、修理してみることにしました。

搭載されていた安定器は小泉産業のIKC301A。

分解してみると…

どうやら点灯タイミングを制御しているインバータ方式のようである。

とりあえず、パッと部品を見渡してみると…

ああ、このコンデンサだな。明らかに膨らんでる。

というわけで、ひょひょいっ取り外して…

新しいのに交換!残念ながら同じ形状のものが無かったので、ちょっと強引な取り付け方をしてみました(^^;)

ハイ、おしまい!

じゃ、動作テスト!

….

点灯しない…

どうやら原因はコンデンサだけではないらしい…

というわけで、搭載されているパーツを片っ端からテスタで調べてみると…

このMOSFETがどの端子もツーツー。つまり、故障していることがわかった。

引っぺがしてみると、IRFBC40なる型番が書かれていた。

あまり聞いたことが無いなぁ…

と思いながら特性が近そうな東芝製のトランジスタを載せ替えてみたところ、点灯するようになった。が、燃えるんじゃないか?!と思うくらい熱くなったので、IRFBC40を取り寄せることにしました。

若松通商 電子部品コーナー
http://www.wakamatsu-net.com/biz/

調べてみると、若松通商で売っていたので注文。

で、届いたのがコレ。

若干外見が異なるが、まぁ、トランジスタは中身とパッケージが同じであればイイのだ!

半田付して…

MOSFETの放熱面に裏にあった白いサーモスイッチが密着するように熱収縮チューブをかぶせました。

以上で完成!

恐ろしく熱くなることもなく、動作するようになりました。

ネットで調べたら『IKC301A』が動作しなくなったと書き込みを見かけましたので、参考になればと思います。

2011/11/5 土曜日

アナログレコード ターンテーブルの修理

Filed under: ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 20:06:28

続けて修理もの。

ある日、母上から一言。

『アンタよくモノ直してるじゃん。レコード動かないから直しといて。』

無茶ブリ キタ━━(゚∀゚)━━ッ!!!!!

アナログレコードプレイヤなんて分解したこともないし、30年以上前の部品なんて売ってんのか?と思いながら、とりあえず、動作検証。

電源を入れてみるがターンテーブルが回転しない…

というか、モーター音が全くしない…

これは、モーターが死んでるか…

とりあえず、裏返して分解してみる。

大まかに「アーム駆動部」「電源部」「モーター部」3つの部品にわかれてました。

大部分をしめているのが右のアームを駆動する部分。ターンテーブルのモーターの回転を利用して、歯車等のみで機械仕掛けなんですねぇ。アツい!

このマイクロスイッチはアームが待機位置に戻ると電源が切れるようにするためのもの。

これが電源部。といっても、コンデンサーが1個ついてるだけ。モーターは100vの交流モーターなので、コンデンサーでノイズフィルタしてるだけのようですね。

んで、これがターンテーブルを駆動するモーター。

えらく、振動を防ぐ工夫がされて… ん?

ちょっと気になって、電源を入れてみる…

よく見るとコイツ回ってるぞ!

モーター音がしなかったのでモーターがお亡くなりになっていると思ってましたが、モーターは生きていたのだ。共振を防ぐために何重にも工夫がされているために全く音がしなかったようだ。実際、耳を当ててみても全く音がしない。いやぁ、古い装置とはいえ、これは驚きました。

となると、壊れているのは裏面ではない!

表面に戻って…

レコードを置くゴムを引っぺがす。

穴に指を入れて持ち上げると金属部分が外れました。

外した金属部分の内側を見てみると…

なにやらゴムのようなものが一部に付着している。

そして、これが裏面にあったモーターが表に出ている部分。

ここからベルトでターンテーブルを回していたようで、ベルトが劣化して切れてしまったようです。

さすがに、このベルトの純正品を入手するのは30年前の品なので無理だと判断し、近所のホームセンターで代替品を探しに。

で、買ってきたのが普通の輪ゴム。6mm幅×折径160mmのもの。

ターンテーブルの内側に巻きつけて、モーター軸部分に取り付けたら完了。

電源を入れたらバッチリ回りました!

Get the Flash Player to see the wordTube Media Player.

さすがに、輪ゴムなのであまり耐久性は期待できませんが、まぁ1年おきに交換すれば良いかと思います。

復活してクラシックのレコードでテストをしていて思いましたが、確かにアナログレコードって音がイイですねぇ。(≠ 高音質)最近はiPod + イヤホンで聞くことが多かったですが、たまにはアナログレコード + スピーカーもいいもんですなぁ。

2011/11/3 木曜日

LED照明が故障→修理

Filed under: ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 13:57:02

以前自作したと紹介したLED照明ですが、一部点灯しなくなったので分解して修理してみました。

内部は故障した際に検証や修理が容易なように同じ構造の3つのLEDモジュールに分けていましたが、そのうちの1モジュールが点灯しなくなりました。

1つずつLEDの電圧をテスターで測定していくと、ほぼすべての電圧が集中しているLEDが1つありました。どうやら、このLEDが開放側で故障したようです。

モジュールの裏面は絶縁のためにエポキシで固めていたので、根性で削っていきます。

正直、この作業が一番大変…

エポキシを剥がしたら半田を取り、新しいLEDをはんだ付け。

そして、エポキシで再び固めて修理完了!

エポキシを剥がす作業が大変でしたが、まぁ、モジュール化しておいたことで故障個所の検証は簡単でした。壊れた時のことも考えて作るのも大切ですね(^^)

2011/5/25 水曜日

MacPlus復活!

Get the Flash Player to see the wordTube Media Player.

最近、部品を見かけることが無くてなかなか修理できなかったMacintosh Plusだが、先日偶然入手することができ、数年ぶりに復活しました!

それにしても、昔のOSは160KBで十分動いたんだよなぁ。起動しただけで2GBも食ってる今のOSと比べると驚きですなぁ。

2010/10/30 土曜日

液晶ディスプレイを修理してみた – LCD-AD194GB

お亡くなりになったIO-DATA製『LCD-AD194GB』が手元にあったので修理してみました。

症状は…

  • PowerLEDがうっすらとしか光らない
  • 画面が写らない

というわけで、電源回路が壊れているのでは?と予想し、まずは分解。

中は大きく分けで、2枚の基板で構成されていました。

これまでに液晶の修理は何回か行ったことがありますが、ほとんどの製品で

  1. 電源基板
  2. 映像処理基板
  3. バックライト用インバーター基板

の3枚で構成されていた。最近の液晶では全て1枚にまとめられているようですが。今回のLCD-AD194GBでは電源回路とインバータ回路が1枚の基板にまとまっていました。

電源回路部に目を向けてみると…

三端子レギュレータ付近の電解コンデンサーが膨らんでる!

というわけで、コンデンサーの側面に書かれている仕様をメモって梅沢無線(札幌にある電子部品屋)へ。5個のコンデンサーのうち一番大きい10V 1500μFのコンデンサーは売っていなかったので10V 2200μFのもので代用することに。

あとは、買ってきたコンデンサーを半田ごて片手に交換。

10分もかからずに完了!

で、電源を入れてみると…

(表示テスト画像は趣味なのでスルーしてください)

ばっちりです!問題なく動作するようになりました。

故障の原因ですが、動作テストを行っている際に気づいたんですけど、三端子レギュレータからの熱ではないかと思われ。今回交換したをコンデンサーは動作中に触れないくらい熱くなっていました。おそらく、三端子レギュレータからの熱でコンデンサーの劣化が進んだのでしょう。三端子レギュレータの近くコンデンサーを配置するのは基本なので仕方がないですが、熱が伝わりづらくなるような工夫があっても良さそうですね。LCD-AD194GB自体かなり5年前のモデルなので今の液晶では改善されているとは思いますが…

HTML convert time: 0.726 sec. Powered by WordPress