2011/9/19 月曜日

【電子工作】電流制限式 冷却ファン回転数制御

PC用の冷却ファンで回転数を下げるために良く用いられる方法として12V専用ファンを5Vラインに刺す方法がある。

じゃ、もともと5V専用のファンの回転数を下げるなら?

少ない部品数で回転数を下げるならこんな回路でOK。

簡単に説明するとR1で抵抗値を変えることでT1のベースに流れ込む電流値が変わり、それに合わせてT1のコレクタからエミッタへ流れる電流が変わる。つまり、冷却ファンに流れる電流を制限することで回転数を下げることができる。

単純で良い回路なのだが、一つ問題が…

モーターは起動する際に必要な『起動電流』が回転しているときの電流よりも大きい。

つまり、起動電流に満たない電流値における回転数制御はできないことになる。

そこで、起動時に電流制限がOFFになるように改良してみました。

改良と言っても、コンデンサを1個追加しただけ!

充電済みのコンデンサは直流回路ではオープン(開放)として考えられますが、充電中は電流が流れる。

よって、上記回路に電源を供給した直後の極短い時間はC1を通して電流が流れるため可変抵抗(R1)は無視することができ、起動電流をモーターに供給することができる。C1が充電されればC1を通して電流は流れないため可変抵抗(R1)に従う電流制限が働く

Get the Flash Player to see the wordTube Media Player.

上の回路ではコンデンサ(C1)は47[μF]となっていて、今回用いた冷却ファンでは丁度起動直後に回転数が制限されます。試しにコンデンサ(C1)を2200[μF]と大きいものにしてみると、充電に時間がかかるため起動直後の数秒はファンがMAXで回転し、その後制限回転数まで下がりました。こういった動作をさせたい場合にも、この回路は使えそうです。

ちなみに、上記回路の定数や型番は今回用いた冷却ファン用の値になってますので、自分で組む場合は自分のモーターに合うように値の計算を行ってから組んでくださいよ~。

(参考)モーターの制御回路についてわかりやすいページ↓

モーター スピードコントロール – 始める電子回路
http://www9.plala.or.jp/fsson/NewHP_elc/elc/elc_14moterSpdContl.html

2010/3/28 日曜日

秋葉原で調達してきたもの – その4

ごめんなさい。どこでも売ってるようなものを買ってきましたヾ(´ー`)ノ

IMG_1455

ツクモでainexの『CFY-895S』が500円で売っていたので買ってみました。ちょうど92mmファンが一つパルス信号が出なくなって困っていたので購入。最近、92mmファンの安売りがあまりなかったしね。

IMG_1456

付属のネジがちょっと意外でした。ファンといえばテーパーネジが付属するものだと思ってましたが、このファンには長ネジ、座金、バネ座金、ナットが付属していました。

ファン自体は80mmの固定穴に95mmファンが取り付けられるようになっているもの。

IMG_1457

ちょっときになったのが一般的なファンと違ってツヤツヤして若干やわらかい素材。ちょっと力を加えるとフニャフニャするけど強度は大丈夫なのかなぁ。

動作音は『静音』というだけあって、静か。(というかPCに搭載している他のファンがうるさくて聞こえないだけだが…)その代わり風量はちょっとすくない気が。どうせファンコンを使うのでもっと回転数高めの方が良かったかもしれぬ。

ちなみに、500円で売っていた理由なのかもしれないが、回り始めるのが他のファンとくらべると若干遅い。このため起動時にファンコンで回転パルスが受信できず、エラーが発生し警告音が出る。まぁ、一瞬だから良いんですけど…

2009/9/28 月曜日

この手があったか!120mmファン比較

What’s the best 120mm case fan? – bit-tec.net
http://www.bit-tech.net/hardware/2009/09/28/what-s-the-best-case-fan/1

PC用の冷却ファンはどれもメーカーが独自に行った検証による動作音や風量が仕様として書かれていますが、いまひとつあてにならないんですよねぇ~。

bit-tec.netに120mmファンの比較レビューが掲載されていました。

この記事で一番気になったのは風量の検証方法。ゴミ袋がいかに早く膨らむかで風量を計算しています。これなら誰でも出来そうですね。こんな方法があったとは(^^;)

2009/6/23 火曜日

12・14cmファンを57種類比較!がんばりすぎ(笑)

Be Cool: Ultimate 120/140 mm Fans Roundup – X-bit laboratories
http://www.xbitlabs.com/articles/coolers/display/120-140-fans-roundup.html

X-bit labに恐ろしい記事が…

なんと12cmと14cmの冷却ファンを57種類も比較してます。しかも、中途半端な比較ではなく、ちゃんとした風速計と騒音計で測定。(風洞にペットボトルを利用してるところはwww)

img_7701冷却ファンのパッケージに書いてある値ってメーカーが独自に測ってたりしていま一つ比較に使えませんので、この記事は購入の参考になりそうです。ただし… 長い…

もし、気になる製品があるならそのページを。比較が見たいだけなら28ページからのまとめだけを見たほうが良いですよ。自分は5ページ目あたりであきらめました(^^;)

ちなみに、自分も春にENERMAXのMAGMAを購入してレビューを書こうと思ってましたが、結果を数値化する方法が思いつかず、お蔵入りに…

数値化する方法がないと「静か!な気がする…」としか書けませんからねぇ。

2009/2/27 金曜日

HIS HD4870 IceQ 4+ Turbo のレビュー記事

HIS HD 4870 IceQ 4+ Turbo tested – Fudzilla
http://www.fudzilla.com/index.php?option=com_content&task=view&id=12281&Itemid=40

今更?!って感じもしますが、HISの極太ヒートパイプを採用したHD4870 IceQ 4+のレビューが掲載されてました。確かにレファレンスカードと比べるとかなり冷えるようですが、本気を出すと冷却ファンはうるさいようですね。まぁ、うるさいと思うかは個人差があるでしょうけど(^^;)

HTML convert time: 0.695 sec. Powered by WordPress