2010/7/11 日曜日

Seagateの外付け3TBの中身はBarracuda XT

Hands-On: The Seagate FreeAgent GoFlex Desk 3TB external hard drive – CrunchGear
http://www.crunchgear.com/2010/07/01/hands-on-the-seagate-freeagent-goflex-desk-3tb-external-hard-drive/

先日、Seagateから発表された3TBの外付けHDD『FreeAgent GoFlex Desk (STAC1000100)』。3.5インチHDD単体としては世界初の3TBを実現したHDDを内蔵とのことでしたが、その『STAC1000100』を分解して内蔵しているHDDを確認した記事がありました。

記事によると、内蔵しているHDDはSeagate 『Barracuda XT』シリーズの3TBモデル『ST33000651AS』。

Look out for 3TB enterprise hard drives from Seagate – THE TECH REPORT
http://techreport.com/discussions.x/18865

Seagateは年内に『Constellation ES』の3TBモデルを出荷すると発表していましたが、一足先に『Barracuda XT』から登場したようですね。

CrunchGearの記事では『ST33000651AS』をSATAインターフェースに直接接続してHD Tune Pro 4.01でベンチマークを行っていますが、それによると…

  • Average read: 129.7 MB/s
  • Average write: 127.7 MB/s
  • Access time: 11 ms

といった結果となっている。

ちなみに、750GBプラッタ採用との情報が流れているようですが、型番(ST33000651AS)からは5プラッタモデルとなっていることがわかる。HD Tuneの結果から750GBプラッタ採用にしては性能が低い感じがしますので、おそらくは640GB前後のプラッタを採用しているのではないでしょうか?

2010/4/3 土曜日

ひさびさの次世代VelociRaptor情報

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 12:59:02

Western Digital’s next-gen VelociRaptor hard drives detailed – TechConnect Magazine
http://www.tcmagazine.com/comments.php?id=33635

SSDの登場で存在感が今一つになってしまっているWestern Digitalの10,000rpm HDD『VelociRaptor』ですが、久しぶりに次期モデルの情報が出てきました。

年明けにWestern Digitalが開発を進めているとの情報がありましたが、今回はちょっぴり細かい仕様や写真まで出てきました。

これまでのVelociRaptor同様2.5インチHDDとなっており、3.5インチへの変換が可能なヒートシンクが付属。その他判明している仕様は…

  • 容量 600GB/450GB / 300GB / 150GB [300GB / 150GB]
  • 10,000rpm
  • キャッシュ容量32MB [16MB]
  • 接続インターフェース SATA 6Gbps [SATA 3Gbps]
  • MTBF 140万時間 [140万時間]
  • 平均待ち時間 3ms [3ms]
  • サステイン転送レート 145MB/s [126MB/s]
  • 動作音 37 dBA [34dBA]
  • NoTouch ランプロード技術
  • Preemptive Wear Leveling

[カッコ内]は現行モデルの値です。

『Preemptive Wear Leveling』は現在『WD AV』や『WD AV-GP』シリーズなどのAV機器向けHDDに搭載されている機能で、ドライブアームが同じ個所を集中的にリードライトするために発生するディスク上の摩耗度の不均一性を防ぐため、アームがディスク上を頻繁に掃引する機能。記憶が正しければAV機器向け以外のWD製HDDでは初搭載?

以前なら高速なストレージがほしかったら10,000rpm HDDでしたが、SSDが登場した今は結構微妙な位置ですよねぇ。でも、高速でかつ600GBの大容量が必要ならばSSDと比べるとかなりコストパフォーマンスが高いか。どれだけ売れるかが若干心配な製品だなぁ。

~関連記事~

はいじん☆ちゃんねる >> Western Digitalが次世代VelociRaptorを開発中
http://haizin.serveblog.net/?p=6197

2010/2/10 水曜日

640GBプラッタHDDが見えてきた

TDK roadmap suggests 2.5TB HDDs are just around the corner – TechConnect Magazine
http://www.tcmagazine.com/comments.php?shownews=32517&catid=6

気づけば500GBプラッタHDDが発売されてから1年以上たってますが、ようやく次期640GBプラッタの足音が聞こえてきました。HDDの磁気ヘッドを製造しているTDKのロードマップによると640GBプラッタ採用の3.5インチHDDは来月には出てくるだろうとのこと。また2.5インチHDD向けの375GBプラッタも登場するとか。

640GBプラッタを用いることで4プラッタHDDでは最大2.5TB、HGSTのような5プラッタHDDでは最大3TBが実現できる。いよいよ2TBの壁に悩まされる人が増えそうですね。

ちなみに、Western Digitalのロードマップでは7200rpmの640GBプラッタHDDと同時に5400rpmの667GBプラッタHDD(WD20EARS)が計画されているようです。回転数が低い分、ちょっとだけ密度を上げるんでしょうかね?

2010/2/9 火曜日

ION2ではGPU切り替えが可能に?

ION 2 supports Optimus – Fudzilla
http://www.fudzilla.com/content/view/17587/34/

1月に発売になったIntelの新型Atom『Pine Trail』(Atom D410/D510)。CPU側にGPUが統合されたため、NVIDIAは次期『ION2』はチップセットではなく、単体GPUになると発表していますが、NVIDIAがノートPC用に開発中の『Optimus technology』に対応するとか。

『Optimus』は3D処理や動画エンコードなどで負荷がかかる場合はNVIDIAの外部GPU、文書作成など負荷がかからない場合はCPUやチップセットの統合GPUを切り替えて使用することで消費電力を削減する技術。

これまで噂されてきたION2はAtomプラットフォームに単体GPUをくっ付いただけで、別途PCIe接続のGPUを利用するのと比べると利点が見えませんでしたが、これなら性能を上げながらも消費電力もそれほど増えずにすむので良さそうですね。

追記 : 2010/02/10 01:40

NVIDIAから正式な発表がありました。Atomで対応するのはN400番台だけ?

NVIDIA、第3世代のGPU切り替え技術「Optimus Technology」 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100209_347871.html

2010/1/5 火曜日

Western Digitalが次世代VelociRaptorを開発中

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 22:26:45

Western Digital Developing Next Generation VelociRaptor – DailyTech
http://www.dailytech.com/article.aspx?newsid=17194

Western Digitalが次世代VelociRaptorを開発中との情報がありました。

第5世代VelociRaptorは現在と同様に2.5インチ形状を採用し、最大容量は現在のVelociRaptorの倍の600GBになるとか。キャッシュ容量は現在の16MBよりは増えるが、32MBになるか、64MBになるかは不明とのこと。

VelociRaptorはSATA接続のHDDとしては最速の10,000rpmという回転数により高速なデータ転送が可能ですが、最近は高速なSSDにより目立たなくなってしまってましたねぇ。とはいえ、SSDはGB単価が高いため容量が大きく高速なHDDに需要があるということで新VelociRaptorが開発しているようです。

プラッタ容量が300GBと2倍になってますので、シーケンシャルリードで170MB/s以上は出るんでしょうかねぇ。

2009/12/14 月曜日

Seagate 『Momentus Thin』の仕様が公開されました

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 17:52:22

Seagate’s 7mm Momentus Thin Hard Drive To Ship In 160GB And 250GB Sizes – HOT HARDWARE
http://hothardware.com/News/Seagates-7mm-Momentus-Thin-Hard-Drive-To-Ship-In-160GB-And-250GB-Sizes/

先週、Seagateが薄型の2.5インチHDD『Momentus Thin』シリーズを『2010 International CES』で発表するという情報がありましたが、一足先に詳細な仕様が公開されたようです。

Momentus Thinシリーズは容量250GBと160GBの2モデルで登場。共にキャッシュ容量8MB、回転数5400rpmでインターフェースはSATA 3Gbpsとなる。厚さに関しては以前の情報と同じく7mm厚と通常の9.4mm厚の2.5インチHDDより25%薄くなる。来年の1月には出荷開始とのこと。

320GBプラッタで来るかと思ってましたが、まずは250GBから始まるようですね。

2009/12/9 水曜日

Seagateが薄型2.5インチHDDを開発中

連続でSeagate関連。

Momentus Thin series on a diet – Fudzilla
http://www.fudzilla.com/content/view/16750/41/

ノートPCで良く使用されている2.5インチHDD。ほとんどのものが9.5mm厚で、一部大容量のものが12.5mm厚となっていますが、Seagateが新たに薄型7mm厚のMomentus Thinシリーズを開発中だとか。

最近の超薄型モバイルノートでは1.8インチHDDを採用したり、SSDを用いてますが、1.8インチHDDはプラッタ径が小さいため読書きが遅い、SSDは容量あたりのコストパフォーマンスが悪いという欠点を持っている。

7mm厚の2.5インチHDDであれば、高速大容量で安く、さらに超薄型モバイルノートでの使用も可能になる。

まだ容量等の詳細は発表されていませんが、現在の2.5インチHDDから推測すると1プラッタ構成の320GBが最大になるんですかねぇ。正式発表はおそらく2010年1月7日から開催される『2010 International CES』で行われるとのことですので、ちょっぴり楽しみですね。

2009/10/16 金曜日

次期Mac Proでは6コアGulftownを搭載?

Intel’s six-core, 12-thread Gulftown CPU could debut in Apple’s Mac Pro – HEXUS.net
http://www.hexus.net/content/item.php?item=20730

家電量販店で買える最強のパソコンと言えばAppleのMac Pro。

Mac Pro – Apple
http://www.apple.com/jp/macpro/

現行モデルは最上位でIntel Xeon “Nehalem” 2.93GHzを2基搭載していて、物理コア数8、論理コア数16となっていますが、次期モデルではIntel Gulftownを搭載するとの噂が。

Gulftownは32nmプロセスで製造される6コアCPUで、Core iシリーズでは『Core i9』となると言われている。MacProではデュアルCPU構成になると考えられるので、物理コア数12、論理コア数はHyperThreadingにより24にもなると考えられる。

このほかに現行Gigabit Ethernetの10倍の帯域を持つ10G Ethernet搭載やら、16GBのメモリモジュールに対応するとか大幅に強化されるとの情報も。登場は来年の頭のようですので、ちょっと楽しみですね。いや、買いませんよ。てか買えません…

2009/8/29 土曜日

RadeonHD5800シリーズでは演算能力が2TFlopsに

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 13:46:16

Radeon HD 5800 series with 2TFLOPS – NordicHardware
http://www.nordichardware.com/news,9840.html

Radeon HD 4800シリーズで1.36TFlopsに達した演算能力でしたが、次期Radeon HD 5800シリーズでは2TFlopsに達するとのこと。Playstation3に搭載されているGPU『RSX』が1.8TFlopsと言われてますので、浮動小数点数演算能力に限れば上回ったことになりますね。

はいじん☆ちゃんねる >> RadeonHD5870の写真?!
http://haizin.serveblog.net/?p=2917

2009/5/1 金曜日

RadeonHD5870の写真?!

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 22:09:46

Details Radeon HD 5870 en HD 5870 X2 gelekt? – HARDWARE.INFO
http://www.hardware.info/nl-BE/news/ymiclpqTwpaab5Y/Details_Radeon_HD_5870_en_HD_5870_X2_gelekt/

ホンマものかどうかはわかりませんが、Radeon HD 5870および、Radeon HD 5870 X2の詳細らしき情報が出てました。何語か分からず、読めないので詳しいことはわかりませんが、写真を見るだけでもビックリでした。これまでに無いグラボって感じですね。

演算性能(GFLOP)がシングルGPUのRadeon HD 5870でデュアルGPUのRadeon HD 4870並みになってますので、かなり性能は上がるようですね。

次ページへ »

HTML convert time: 0.777 sec. Powered by WordPress