2009/9/19 土曜日

更新再開 ~気になったものまとめ~

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 16:43:01

お久です!2週間ほどサボりお休みしてましたが、今日から更新を再開します。この2週間、修羅場があったり、富山へ行ったりしました。しばらくネットが使えず、いかに自分がネット依存症かを感じました(^^;)

さて、この2週間の間にいろいろ新製品が出たりしたようですが、まぁ、気になったところをまとめてみました。

HDD関連

HGSTもついに2TBへ! 回転数は7200rpm! – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/458/458446/

HGST初の2TB HDD 『Deskstar 7K2000(HDS722020ALA330)』が店頭に登場しましたねぇ。札幌駅前のPCショップでも発見しました。お値段は2万3千円くらいですね。

【2TBディスク比較テスト】さて、その結果は・・・・・ – 伝道師日記
http://ameblo.jp/dendoshi/entry-10341745292.html

伝道師日記さんが現行2TB HDDの比較を行ってますが、400GBプラッタとは言え、初の7200rpmですので、速いようですね。

Hitachi announces two new CinemaStar HDD series – TechConnect Magazine
http://www.tcmagazine.com/comments.php?id=29460&catid=2

同じくHGSTからHDDレコーダ用途のCinemaStarシリーズに新モデルが登場しました。『CinemaStar 7K1000.C』と『CinemaStar 5K1000』。名称からわかるように7K1000.CはDeskStarとUltraStarシリーズの同名品に対応しているようですね。

WD(R) Ships 640 GB Notebook Hard Drives – Western Digital
http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=61500&p=RssLanding&cat=news&id=1329472

Samsung, Toshiba have 640GB mobile drives, too – THE TECH REPORT
http://techreport.com/discussions.x/17566

先週は2.5インチHDDの発表ラッシュだったようですね。すでに、東芝から発表されていた、9.5mm厚品として最大容量となる640GBですが、あらたにWestern DigitalのWD Scorpio Blue(WD6400BEVT)とSamsungのSpinpoint M7シリーズに登場。いずれも5400rpmでキャッシュ容量は8MBとなっている。320GBプラッタを2枚用いているとのこと。

昭和電工、容量334GBの2.5インチハードディスクプラッタ – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090909_314421.html

その2.5インチHDD用プラッタに関連して、昭和電工からも発表が。同社が垂直磁気記録方式第5世代としている2.5インチHDD用334GBプラッタの量産が開始されたとのことです。また、3.5インチHDD用の750GBプラッタも量産準備中とか。3.5インチもあっという間に3TBに達してしまいそうですね。

業界最大記憶容量160GBを実現した1枚構成の1.8型HDDの商品化について – Akihabara News
http://www.akihabaranews.com/jp/news_details.php?id=18869

モバイル用途のHDDでは1.8インチHDDの1プラッタ品として最大容量となる160GB HDD『MK1634GAL』が東芝から登場。先日発表された新iPod Classicの中身はこれなんですかね?

CPU関連

“Lynnfield”こと「Core i7-870/860」「Core i5-750」の販売開始!
http://ascii.jp/elem/000/000/457/457875/

ついに発売されましたねぇ!LGA 1156製品。正直Core i7紛らわしいです…

今までのCore i7とは似て非なる新CPU「Core i5」の性能は?
http://ascii.jp/elem/000/000/457/457768/

Core2世代のノースブリッジに相当する部分がCPUに統合されながらもTDPが低めなので消費電力を少なくしたいなら良さそうですね。それにしても、GigabyteのP55マザー『GA-P55-UD6』の24フェーズって多すぎ(^^;)

Server Xeon L3426 to come with 45W TDP – INPAI.com
http://en.inpai.com.cn/doc/enshowcont.asp?id=6979

Lynnfield世代のXeonが発表されましたねぇ。やっぱり驚くべきは1.86GHz動作のXeon L3426ですね。TDPが45W!ターボブースト時に3.20GHzまであがるとなってますが、ここまでTDPが低くても上がるんですかね?

Arrandale Ultra Low Voltage has 18W TDP – Fudzilla
http://www.fudzilla.com/content/view/15448/1/

Mobile Core i7 launches at IDF, priced – Fudzilla
http://www.fudzilla.com/content/view/15445/1/

さらに、モバイル用のCore i7も登場するようですが、こちらは現在のCore 2 Duoの超低電圧モデル『SU9600』を置き換える『Core i7 640UM』がTDP 18Wになるとか!SU9600はTDP 10Wでしたので、高い?気がしますが、SU9600と異なり、グラフィック機能が統合されています。ただし、CPUの動作周波数は1.2GHzと低めになるようです。ターボブーストで2.26GHzまで上がるようですが、バッテリー使用時には効果がないようですからねぇ。

Athlon初のクアッドモデルが発売、L3無しで約1万円 – AKIBA PC Hotline!
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20090912/etc_amd.html

ついにAthlonシリーズにクアッドコアモデルが登場しましたね。安い(^^;)以前、Athlon II X2のクアッドコア化が可能という都市伝説(?)がありましたが、これが登場したとなると、これから登場するモデルでは本当に可能になるかもしれませんねぇ。

ディスプレイ関連

NEC readies the white LED backlit EA222WMe monitor – TechConnect Magazine
http://www.tcmagazine.com/comments.php?shownews=29453&catid=2

消費電力が少なく高コントラスト比が得られるLEDバックライトを採用した液晶ディスプレイですが、新たにNECからも新製品が登場するとか。LEDバックライト品を狙っているだけに選択肢が増えるのはうれしい(^^)

(続きを読むなの…)

2009/6/22 月曜日

320GBプラッタの2.5インチHDD登場のフラグか?!

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 21:38:04

Seagate Debuts World’s First 640GB Portable Hard Drive – Expreview
http://en.expreview.com/2009/06/22/seagate-debuts-worlds-first-640gb-portable-hard-drive.html

SeagateからポータブルHDDとしては世界最大容量となる640GBの「FreeAgent Go」が登場しました。接続はUSB 2.0となっており、筐体の薄さも特徴となっている。

どうもプレスリリースがババン!と出されたわけではなく、公式Webサイトの製品情報が更新されて判明したようです。22日21時 現在も他の容量のものと異なり、購入はできなくなってます。

ここで、気になるが、この製品に使用されているHDD。

FreeAgent Goの厚さが12.5mmであることから内臓されているのは9.5mm厚の2.5インチHDDであると考えられる。現在、9.5mm厚の2.5インチHDDは250GBプラッタを2枚搭載した500GBが最大容量となっている。Seagateの製品で言うと、Momentus 5400.6シリーズまたはMomentus 7200.4シリーズとなる。

ところが、今回登場したものは640GB!

外付けHDD用に専用HDDを開発するとは思いにくいから、これは320GBプラッタを採用したMomentusシリーズ登場フラグなのではないか?!

追記 : 2009/06/24 22:34

フラグ検証のため、情報収集中なわけですが、噂すらない(^^;) というわけで、出所不明情報まで手を出してみました。

2.5″ HDD Platter Capacity Model List – Yersys Technology Blog
http://yertech.blogspot.com/2009/04/hdd-platter-capacity-model-list.html

こちらには320GBプラッタとしてMomentus 5400.7の名前が6月22日に登録されていますね。まぁ、情報源不明ですので予想かもしれませんね。

Seagate Surpasses 500 GB In 2.5 Inches – Stephen Foskett, Pack Rat
http://blog.fosketts.net/2009/06/23/seagate-surpasses-500-gb-25-inches/

こちらはFreeAgent Goに採用されているHDDについて書かれていました。640GBモデル以外にはMomentus 5400.6が採用されているようですね。あくまでも予想ですが、640GBモデルにはMomentus 5400.7が採用されているのでは?と書かれています。型番も予想しており、640GBモデルがST9640326ASで320GBモデルがST9320316ASになるのではないかとのこと。

ちなみに、今年の頭に3.5インチHDD用500GBプラッタが登場した際の昭和電工のニュースリリースでは2.5インチHDD用320GBプラッタは垂直磁気記録方式第5世代HDDとなっており、3.5インチHDDでは750GBプラッタに相当する。

はいじん☆ちゃんねる >> HGSTが年内に750GBプラッタHDDを出す?
http://haizin.serveblog.net/?p=3289

先日HGSTが年内に750GBプラッタHDDを出すとの情報がありましたが、2.5インチ320GBプラッタHDDが登場すれば少し信憑性が高くなりますね。

2008/12/20 土曜日

500GBプラッタについて考察してみた

最近500GBプラッタHDDの情報が出回ってますね。3.5インチHDDでは最大5枚プラッタを搭載できるので、Max 2.5TBのHDDが作れられる可能性も…

ところ、最近のプラッタ容量の推移を見てみると…

プラッタ容量

このグラフは新しいプラッタを採用したドライブが『発売』になった日をプロットしています。『発表』日やメーカーの研究室レベルの話だと実際に出回るまで時差がありそうなので、あえて『発売日』を調べました。

こうやってみると、全体的には確かに指数関数的にプラッタ容量が増えてますねぇ。

200GBでいったん収束しそうになって、その後急激に増えてます。これは200GBから垂直磁気記録方式を採用したことにより、従来の水平磁気記録方式を超える記録密度が可能になったためである。60GB→80GBも急激に変わっているようですが、これは60GBと80GBがほぼ同時にでたためです。60GBプラッタ=80GBプラッタと考えてよさそうですが、一応、メーカー発表では別物扱いになっていたので(笑)

ヘッドに関してですが、調べた限りではGB級プラッタからはGMR(Giant Magneto Resistance:巨大磁気抵抗)ヘッドのままである。細かい改良が加えられているが、MR→GMRほどの大きな変化が今のところは無い。次に採用されると考えらるのはTMR(Tunnel Magneto Resistance:トンネル磁気抵抗)ヘッドですが、もし500GBプラッタで採用されてたとしたらもっと大々的に発表すると思うので、おそらく500GBプラッタでは特にヘッドに大幅な変更はないんでしょうねぇ。

グラフにもう一度戻ると、375GB→500GBで急激に傾きが変わっているのがわかる。もし、ヘッドが変わっていないとなると、やはり考えられるのがプラッタに何かしら変化があったということだ。現在のSamsungのドライブに用いられているプラッタは日本の昭和電工で生産されていることが知られてますが、昭和電工では500GBプラッタは第4世代プラッタとして現在量産準備中になっている。(現在の334GBは第3世代)また、富士電機でも12月から500GBプラッタの量産開始となっている。これらのプラッタが採用されているのかもしれませんね。

昭和電工株式会社
http://www.sdk.co.jp/index.html

富士電機グループ
http://www.fujielectric.co.jp/

HTML convert time: 0.662 sec. Powered by WordPress