2010/7/27 火曜日

東芝から最大容量640GBの7200rpm 2.5HDD登場

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 21:24:57

東芝、9.5mm厚で7,200rpm/640GBの2.5インチ HDD – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100727_383572.html

東芝から回転数7,200rpmの2.5インチHDDの新製品が発表されました。

新たに発表された『MK6461GSY』は一般的な9.5mm厚で容量640GB。面記録密度は784.8Mbit/mm2(506.3Gb/in2)となっており、同社の従来7,200rpmと比較して内部転送レートが1,255Mbpsから1,412Mbpsへ約12.5%向上。

接続インターフェースはSATA 3Gbpsでキャッシュ容量は16MBとなっている。

セクタサイズについてはまだ詳細な仕様表が掲載されていないため不明ですが、東芝製HDDでは今のところ750GB以上でラージセクタ(4KiBセクタ)を採用しているようですので、今回の640GBでは512byteのままでしょうかね?

型番一覧

通常モデル
MK6461GSY : 640GBモデル
MK5061GSY : 500GBモデル
MK3261GSY : 320GBモデル
MK2561GSY : 250GBモデル
MK1661GSY : 160GBモデル

連続稼動モデル
MK5061GSYB : 500GBモデル
MK2561GSYB : 250GBモデル
MK1661GSYB : 160GBモデル
MK8061GSYB : 80GBモデル

追記:2010/09/19 01:52

遅くなりましたが、仕様書で確認したところ、MK●●61GSYシリーズは4KiBセクタを採用していないようです。

2010/4/16 金曜日

東芝から車載向け2.5インチHDDが登場

業界最大記憶容量200GBを実現した車載用2.5型HDDの商品化について – 東芝
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2010_04/pr_j1501.htm

東芝が車載向けとしては業界最大容量となる200GBの2.5インチHDDを発表しました。量産は8月から開始される。

今回発表されたのは200GBの『MK2060GSC』と100GBの『MK1060GSC』。これまでの従来モデル『MK8057GSC』では容量が80GBであったため、大幅に容量が向上したことになる。厚さは一般的な2.5インチHDDと同じく、9.5mmとなっているが、プラッタ枚数は1枚となっている。

この他に従来モデルと比較すると平均シーク時間が約25%改善しており、内部転送レートも約78%向上している。また、車載向けとしては重要となる『耐振動性』もMK8057GSCの19.6m/s2(動作時)から24.5m/s2に向上した。

回転数は4,200rpmで接続インターフェースはこれまでの車載向けHDDで多かったPATAではなく、SATA 1.5Gbpsとなっている。

ちなみに、一般的な2.5インチHDDと違い車載向けらしいのが、動作温度。通常は+5~+50℃程度での動作を想定していますが、車載向けHDDの動作温度は『-30~+85℃』と通常のHDDの非動作温度をも超える範囲で動作する。真冬から灼熱の車内までしっかり動作するのが車載向けHDDのすごいところですね。

2010/3/31 水曜日

東芝から2.5インチHDDがもう一つと4KiBセクタ情報

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 13:33:28

Two-platter 750GB mobile drive due from Toshiba, too – THE TECH REPORT
http://techreport.com/discussions.x/18694

先週、東芝から9.5mm厚の750GB 2.5インチHDD『MK7559GSXP』と12.5mm厚の1TB『MK1059GSM』が発表されましたが、どうやら12.5mm厚の750GBモデルも出るようです。

(PDF)TOSHIBA INTRODUCES HIGHEST-CAPACITY 2.5-INCH HARD DISK DRIVES
IN TWO NEW PRODUCT FAMILIES – TOSHIBA Storage Device Division
http://sdd.toshiba.com/techdocs/MK_GSM-XRelease.pdf

日本の東芝のプレスリリースには掲載されていませんでしたが、米国でのプレスリリースには12.5mm厚の『MKxx59GSM』シリーズは1TBと750GBの2モデルが存在することが掲載されている。750GBの正式な型番は掲載されていない。なお、『MK7559GSXP』では541.4Gbpsiとなっていた面記録密度が『MKxx59GSM』では482Gbsiとなっている。

また、米国プレスリリースには『MKxx59GSM』シリーズと『MK7559GSXP』はWestern Digitalの『Advanced Format technology』と同様の4KiBセクタを採用することが記載されている。東芝は1.8インチHDDではすでに4KiBセクタを導入していますが、同社製2.5インチHDDとしては初のようです。ちなみに、東芝では『Advanced Sector Format technology』と記載されている。

~関連記事~

はいじん☆ちゃんねる >> 東芝から9.5mm厚2.5インチ最大の750GB HDDが登場
http://haizin.serveblog.net/?p=6885

2010/3/30 火曜日

Western Digitalが750GBの2.5インチHDDを発表

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 23:20:36

WD® LEADS IN 2.5-INCH AREAL DENSITY WITH NEW 750 GB NOTEBOOK HARD DRIVES – Western Digital
http://www.wdc.com/en/company/releases/PressRelease.asp?release=5ba85c8b-0849-4158-8d72-b1be7ee43852

すでに東芝から同等製品が発表されていますが、今日、Western Digitalから最大容量750GBの2.5インチHDDが発表されました。

『WD Scorpio Blue』として登場した『WD7500BPVT』は回転数5,400rpm、キャッシュ容量は8MBとなっており、接続インターフェースはSATA 3Gbpsとなっている。

厚さは東芝の『MK7559GSXP』と同様にプラッタ枚数が2枚で一般的な2.5インチHDDと同じ9.5mm厚となっている。Western Digitalからはすでに1TBモデル『WD10TPVT』と750GB『WD7500KEVT』が登場していますが、こちらは12.5mm厚だったため、9.5mm厚としては容量を更新したことになる。

また、最近のWestern Digitalの製品で採用されている、4KiBセクタ『Advanced Format technology』が用いられている。このため、ラージセクタに対応していないWindows XP以前のOS等では注意が必要。

WD® INTRODUCES 2.5-INCH SATA HARD DRIVES THAT MEET DEMANDS FOR TODAY’S AV/DVR AND SURVEILLANCE MARKETS – Western Digital
http://www.wdc.com/en/company/releases/PressRelease.asp?release=b901afe8-83b3-43f1-a257-eebc631df841

同時に、あまりお目にかからないと思いますが、Western DigitalがAV機器向けの2.5インチHDD『WD AV-25』シリーズを発表しました。

こちらは、動画の録画再生に最適化されており、5本のHD動画の同時ストリームが可能な『SilkStream technology』を搭載している。また、動作は一般的なHDDとは異なり、24時間×週7を想定している。

この他、『Advanced Format technology』採用や回転数5,400rpm、インターフェースがSATA 3Gbpsなどの仕様はScopioシリーズと同様だが、キャッシュ容量は32MBと2.5インチHDDとしてはかなり大きい。

容量は最終的には160GBから500GBまで用意されるようですが、現在のところ160GBモデル『WD1600BUDT』、250GBモデル『WD2500BUDT』、320GBモデル『WD3200BUDT』のみとなっている。

2010/3/25 木曜日

東芝から9.5mm厚2.5インチ最大の750GB HDDが登場

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 22:45:10

東芝、業界最大750GB/9.5mm厚の2.5インチHDD – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100325_356671.html

東芝から一般的な9.5mm厚の2.5インチHDDとしては最大容量となる750GBの『MK7559GSXP』が発表されました。

『MK7559GSXP』は面記録密度839.1Mbit/mm2(541.4Gbpsi)と前モデルの640GBモデル『MK6465GSX』の817.9Mbit/mm2(528.5Gbpsi)から向上しており、これによりプラッタあたり375GBの記録を実現している。エネルギー消費効率も前モデルから14%向上している。

この他の仕様としては、接続インターフェースはSATA 3Gbpsで回転数は5,400rpm、キャッシュ容量は8MBと前モデルからの変更はない。

また、9.5mm厚の『MK7559GSXP』の他にプラッタ枚数が3枚で12.5mm厚となる『MK1059GSM』も同時に発表されており、こっちは容量が1TBとなっている。

ちなみに、面記録密度ですが3.5インチHDDであれば約500Gbpsiで640GBプラッタに相当する。そろそろ来るかなぁ~。

追記 : 2010/03/31 13:35

12.5mm厚の750GBモデルも存在することが判明しました。また、今回発表されたHDDはいずれも4KiBセクタとなっているようです。詳しくは以下の記事を…

はいじん☆ちゃんねる >> 東芝から2.5インチHDDがもう一つと4KiBセクタ情報
http://haizin.serveblog.net/?p=6914

2010/2/28 日曜日

4社の640GB 2.5インチHDDを比較したベンチマーク

640GBの2.5インチハードディスク4製品を比較 – ドスパラ製品レビュー
http://review.dospara.co.jp/archives/51791727.html

ドスパラの製品レビューに東芝、SAMSUNG、Western Digital、Seagateの4社の640GB 2.5インチHDDの比較ベンチマークが掲載されていました。対象は…

東芝 『MK6459GSX』
SAMSUNG 『HM641JI』
Western Digital 『WD6400BEVT』
Seagate 『ST9640320AS』

どれも、プラッタ容量、回転数、キャッシュ容量が同じため、ほとんど似たような結果になってますが、Western DigitalのWD6400BEVTだけがほんのちょっとだけシーケンシャルレートが低いようですね。まぁ、ほとんど誤差でしょうね(^^;)

2010/2/17 水曜日

東芝としては初のエンタープライズ向けHDDを発表

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 23:02:52

東芝、600GB/10,000rpmの企業向け2.5インチHDD – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100217_349442.html

東芝がエンタープライズ向け2.5インチHDD『MBF2 RC』シリーズを発表しました。これまで富士通が出していたものですが、東芝と富士通のHDD事業が統合されたため、東芝としては実質初のエンタープライズ向け製品となる。

回転数は10,025rpmとなっており、最大容量は600GBと先日Seagateが発表した『Savvio 10K.4』と同じく10,000rpm 2.5インチHDDとしては世界最大容量となる。面記録密度は595Mbit/mm2(384Gbpsi)となっており、線記録密度が向上したため、従来の『MBD2 RC』シリーズと比較すると内部転送が13%向上しており、最大216MB/sとなっている。インターフェースは6Gb/s SASのみとなる。

プラッタ枚数がまだわからない為、プラッタ容量についてはわかりませんが、『Savvio 10K.4』の面記録密度 252Gbsiよりも高いことから200GB以上のプラッタを採用しているのかもしれませんね。

  • 600GBモデル 『MBF2600RC』
  • 450GBモデル 『MBF2450RC』
  • 300GBモデル 『MBF2300RC』

2009/11/14 土曜日

本家東芝製 2.5インチ最大容量512GBのSSD発売

2.5インチ最大容量の512GBとなる東芝製SSDが販売開始! – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/475/475696/

SSDに使用されているフラッシュEEPROMは舛岡 富士雄が東芝で開発した不揮発性メモリですが、そのフラッシュEEPROMの本家とも言える東芝製のSSDを採用し、2.5インチとしては最大容量となる512GBのSSD『FTM12DX25T』がSUPER TALENTから発売されたようです。

読み出し転送は230MB/s、書き込み転送は180MB/sでキャッシュ容量は128MBとなっており、妥協無しといった感じですが、お値段も約18万円。さすがに大容量SSDが気軽に使えるようになるのは先になりそうですねぇ。

2009/11/6 金曜日

東芝から1.8インチ最大となる320GB HDD登場

東芝、業界最大320GBの1.8インチHDD – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20091105_326429.html

東芝から1.8インチHDDとしては最大容量となる320GBの『MK3233GSG』が発表されました。2プラッタ構成となってますのでプラッタ容量的には9月に発表された160GBモデル『MK1634GAL』と同じですが、面記録密度は723Mbit/mm2(467Gbpsi)から801Mbit/mm2(516Gbpsi)に向上している。

3.5インチHDDで換算すると約500Gbpsiで640GBプラッタになりますので3.5インチでの新プラッタも間もなく出るんですかねぇ。(0゚・∀・) ワクテカ

その他に『MK1634GAL』と比べると回転数も4,200rpmから5,400rpmに向上しており、インターフェースもPATA-6(100MB/s)からSATA 3Gbpsに、さらにこれまで搭載されていなかったキャッシュメモリを16MB搭載し、性能は大幅に向上しているようです。

超薄型モバイルPCでも高性能なHDDが利用できるようになりそうですね。

型番一覧

320GBモデル 『MK3233GSG』
250GBモデル 『MK2533GSG』
160GBモデル 『MK1633GSG』

2009/9/20 日曜日

東芝 7,200rpmの500GB 2.5HDDが発表

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 14:48:22

回転数7,200rpmの2.5型として業界最大クラスの記憶容量500GBを実現したHDDの商品化について – 東芝
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2009_09/pr_j1701.htm

見逃してましたが、東芝から新しい7,200rpmの2.5インチHDDが発表されていました。10月から量産が開始されるとのこと。

容量は500GB/320GB/250GB/160GBの4モデルがあり、500GB/320GBモデルは2プラッタ、250GB/160GBモデルは1プラッタとなっている。いずれも一般的な9.5mm厚となっている。キャッシュ容量は16MB。

型番

500GBモデル 『MK5056GSY』
320GBモデル 『MK3256GSY』
250GBモデル 『MK2556GSY』
160GBモデル 『MK1656GSY』

ちなみに、160GBモデルは1プラッタですが、ヘッド数が250GBモデルと同様に2個になっているのえ、片面を使っているわけではなく、両面の一部を潰しているようですね。

次ページへ »

HTML convert time: 1.044 sec. Powered by WordPress