2010/3/9 火曜日

仮想化環境における10Gbit Ethernetベンチマーク

10Gbit Ethernet: Killing Another Bottleneck? – AnandTech
http://it.anandtech.com/IT/showdoc.aspx?i=3759

対応するハブやNICが低価格化して、現在普及してきている『1000Base-T』。最大1Gbpsの通信が可能なGigabit Ethernet(GbE)の規格のひとつですが、さらに10倍の帯域を持つ10Gbit Ethernet(10GbE)というものが存在する。

すでに、銅線(Cat6e等)を用いるNICが去年市販されていますが、高価であるためまだ目にすることはほとんど無い。また、消費電力が非常に大きく、GbEで1ポートが消費する電力0.5Wに対し、10GbEでは15Wも消費する。Broadcomが4Wというものを開発したようですが、それでもまだまだ高い。

確かの高速な通信が可能なのは良いことなのですが、こんなの何に活用できるのかと思ってましたが、どうやら多コアCPUによる仮想化が進むと非常に重要になってくるようです。

たとえばサーバー上で40個のOSを仮想化により実行していたとする。GbEを4ポート共有していたとすると、各OSでは実質100Base-TX程度の帯域しか得ることができないことになってしまう。これでは世代遅れのサーバーで実行しているのと変わらないことになってしまうため、より広い帯域の10GbEが必要になるようです。

AnandTechでは10GbEとGbEの比較を行っていますが、その際に仮想化マシン数(VM)を1、4、8と変化させて検証。1 VMではGbEの性能もフルに使えていませんが、4 VMではGbEを大きく上回る性能を発揮。仮想化環境において10GbEの効果があることがわかる。

GbEも出た当時は消費電力は大きいし、高かったので普及に時間がかかりましたが、いずれは10GbEが当たり前になるんでしょうかねぇ~。

2009/11/18 水曜日

10GBASE-Tに対応するLANカードが発売

RJ-45対応の10GbpsLANカードが店頭発売、動作デモも実施 – AKIBA PC Hotline!
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20091121/etc_intellan.html

現在PC間の接続で多く使用されているのは100BASE-TXや1000BASE-Tですが、これらの次世代規格となる10GBASE-Tに対応するIntelのPCI Express x8接続LANカード「10 Gigabit AT2 Server Adapter」が発売になったようです。

10GBASE-T対応を謳うEnhanced Category 6、Augmented Category 6、Category 7などのケーブルは数年前から発売されていますが、実際にデバイスが市販されたのはおそらく初。

驚いたのが、実効転送レート。CrystalDiskMarkにてネットワーク越しのRAID SSDにアクセスし、計測していますが、シーケンシャルリードが210MB/sでシーケンシャルライトは367.3MB/s!なんと、SATA 3Gbpsを上回っている!

市販のPCで利用できるのはHUBの価格がこなれてからでしょうから、まだまだ先でしょうけど、このスピードが利用できるようになるのは楽しみですねぇ。

2009/10/8 木曜日

BuffaloのUSB3.0対応機器 正式発表

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 13:19:39

世界初!! 従来比10倍の次世代高速規格USB3.0に対応したハードディスク – Buffalo
http://buffalo.jp/products/new/2009/001023.html

Intel Developer Forum(IDF) Fall 2009で展示されていたBuffaloのUSB 3.0対応機器が国内でも正式に発表されたようです。

はいじん☆ちゃんねる >> BuffaloからUSB3.0対応製品が発表に
http://haizin.serveblog.net/?p=4626

以前の情報ではUSB 3.0対応の外付けHDDのみでしたが、USB 3.0対応のPCI Express ×1(Rev.2)接続インタフェースボードも発表されました。使用されているホストコントローラはNECエレクトロニクス製のようです。HDDの方はSATAをUSB3.0に変換するようになっていて、こちらは富士通マイクロエレクトロニクス製のブリッジLSIを使用しているとか。

BuffaloのUSB 2.0対応製品はBaffalo独自の「ターボUSB」に対応していますが、USB 3.0対応製品でも「ターボUSB」が利用できるらしく、約6%ほど転送速度が上昇するようです。

出荷開始は今月下旬のようですので、思っていたよりも早くUSB 3.0対応製品が出回るようですね。

2009/9/28 月曜日

BuffaloからUSB3.0対応製品が発表に

Buffalo announces SuperSpeed USB 3.0 external hard disk drive – HEXUS.net
http://www.hexus.net/content/item.php?item=20457

理論転送レートが5GbpsとなるUSB 3.0に対応した外付けHDD『DriveStation HD-HXU3』がBuffaloから発表されたようです。

先日サンフランシスコで開催されたIntel Developer Forum(IDF) Fall 2009でBuffalo製のUSB3.0対応HDDが展示されていたようですが、どうやらコレが正式発表されたようです。

USB 3.0 shows considerable promise. Full Wintel integration some way off – HEXUS.net
http://www.hexus.net/content/item.php?item=20361

容量は1TB、1.5TB、2TBの3モデル。IDFでのベンチマークからもわかるとおり、転送レートは125MB/s程度出てますので、USB 3.0では現在のHDDの性能がフルに使えそうですね。

日本でも同じ製品が登場するかはまだ不明ですが、これから徐々にUSB 3.0に対応した製品が増えてきそうですね。(27日 21時半現在、公式サイトには情報なし)

HTML convert time: 0.655 sec. Powered by WordPress