2013/6/3 月曜日

【社会科見学】理化学研究所 計算科学研究機構【京速計算機】

久しぶりの更新!死んでないですよ!

先日、出張の帰りが神戸空港になって、フライトまで時間があったのでポートアイランドにある『理化学研究所 計算科学研究機構』に行ってみました。この名称だと「なんじゃそりゃ?」と思う方もいるかと思いますが、数年前に「2位じゃダメなんでしょうか?」で話題になった『京コンピュータ』が設置されている研究所です。

空港へ向かう『ポートライナー』の『京コンピュータ前 駅』で下車。

駅名がそのまんまなので間違えることはないですね。

IMG_9499

降りた瞬間「?」と思う。

そろそろ帰宅ラッシュ時間のはずだが、無人駅な上に、周辺人っ子一人歩いてない…

どうやら、まだまだ未開の地のようで空き地ばっかりのところでした。

IMG_9360

歩いてすぐのところにあるのが『理化学研究所 計算科学研究機構』

IMG_9474

中に入ると「京」の文字がお出迎え。

K_entrance

見学者が来るのが珍しいのか、守衛さんがものすごく親切に見学展示の範囲を教えてくださいました。

IMG_9467

展示スペースはこんな感じ。

行く前に事前に簡単な展示があるという情報は得ていたので、あまり期待はしてませんでしたが、30分くらいは時間が潰せました。

IMG_9471

これが一番の楽しみだったのですが、実物の「計算ノード」が展示されていました。

残念ながら赤い筐体にあらず。赤いほうが速そうなのに…

この筐体に24枚のシステムボードが入っていて重さは約1トンあるとか。

IMG_9439

システムボードは1枚ずつ水冷で冷却されている。

写真では分かりずらいかもしれないが、実はシステムボードはラックに平行に入っておらず13度ほど斜めに入っている。空気の流れる空間を確保するとこで、1ラックにより多くのシステムボードが搭載可能になっているとか。知りませんでした…

IMG_9433

こちらは中段のIOシステムボード(手前上)と電源ユニット(中央奧)とシステムの監視を行うシステムプロセッサボード(電源の下)。ほとんどの部品が稼働中に取り換え可能なHotSwapに対応していて、可能な個所にはオレンジ色のシールで取り外せることが明記されていました。

IMG_9436

システムプロセッサボードの下にはOSを格納するHDDを搭載する2Uシャーシが入っていました。残念ながらHDD自体は抜かれていました。

IMG_9443

裏はこんなかんじ。カバーがかかっていて中がよく見えなかったが…

IMG_9445

使ってる冷却ファンはアレですね。さすがです。( ̄ー ̄)ニヤリッ

展示スペースの入り口には建物全体の模型がありました。

IMG_9446

なかなか精巧にできていて、赤いボタンを押すと…

IMG_9449

建物が割れて、内部が見えるようになってました。赤い筐体が並んでる!

IMG_9452

なんと、単眼鏡が準備されていて、奥のほうまで細かく作られているのが見えました。

さて、展示スペースの奥のほうがどうなっているかというと…

IMG_9362

それほど広くはなく、技術紹介や実際に『京』を使用した研究が紹介されていました。

IMG_9401

トーラスインターコネクションの模型ですね。

大学の学部の情報工学で習った記憶もあるが、間違いなく寝てたので、どうすごいのかは全く覚えていない!どっか壊れても反対周りで通信できるんだっけか?

ちなみに、それぞれの球は…

IMG_9403

中が細かっ!

そして、こちらがシステムボードの実物。

IMG_9388

IMG_9390

こんな感じに、どこがどのパーツがわかるようになってました。

それぞれのパーツの単体も展示されていて…

IMG_9385

こちらがCPUのSPARC64 VIIIfx。

普段見慣れているCore iとかのダイと比べるとデカい!

IMG_9379

後工程前のウェハも!ダイが大きいと円周部で無駄になる量もすごいですね。

IMG_9384

こいつがインターコネクトコントローラ(ICC)。システムボード間で通信するヤツですね。

IMG_9399

そして、みなさんお待ちかね(?)、メモリです。MicronのDDR3ですね。

ちなみに、実際の『京』の展示ですが…

IMG_9422

ここのガラス張りから覗くことができる。

IMG_9369

と言っても、よく写真で見えるズラーと赤い筐体が並んでいる光景ではなく、赤い筐体は説明のためのこれ一台。

IMG_9367

通常の見学でみられるのは計算ノードが並んでいるフロアではなく、ファイルシステムがズラーっと並んでいるフロアだけとなっている。

IMG_9364

こちらがそのファイルシステム群。

IMG_9365

ちょうど、目線の高さにフリーアクセスの床が来ていて、床下の配線がビッシリなのが見えたりしてこれはこれで面白い。

とまぁ、本体が見れないのは事前に知っていましたが、ちょっと残念ですね。

これで、展示内容をザザッと載せましたが、最後に外にあるオブジェについて…

IMG_9483

『京』が完成した際にニュースで紹介されていたので、これが計算機の基本である「そろばんの珠」を縦に並べていることを知っている方は多いと思います。

自分も、現地で近くで見て初めて知ったんですが…

IMG_9479

実は、それぞれの珠に指数と対応するSI接頭辞が刻まれているんですね。

じゃ、一番上はというと…

IMG_9480

10^16で『京』でした!

(以下、おまけ)

(続きを読むなの…)

2009/12/8 火曜日

IBMが京速計算機を超えるスパコンを計画?

IBM Planning 10 Petaflop Supercomputer for Next Year – MAXIMUM PC
http://www.maximumpc.com/article/news/ibm_planning_10_petaflop_supercomputer_next_year

何かと話題になっている『汎用京速計算機』。

理論演算性能10PFLOPSを目標に2012年完成と言われてますが、IBMが米国イリノイ大学に来年設置する大型計算機『Blue Waters』の計画を発表しましたが、それによると理論演算性能は10PFLOPS。(実際の実行性能は1PFLOPS程度になると予想されているようです)IBMの32コアPower7プロセッサを用いるノードを16,384台並列に接続することで10PFLOPSを実現するようです。

日本が2年先を目標にしている性能を先に実現されてしまいそうですねぇ。

2009/11/17 火曜日

世界一の計算機ランキング『TOP500』 2009年11月発表

世界最速スーパーコンピュータ、CrayがIBM抜く 中国が5位に – ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0911/16/news071.html

2009年11月の計算機性能ランキング『TOP500』が発表されました。前回までの3期にわたり1位だった米国ロスアラモス国立研究所のRoadrunnerは今回は2位になり、世界最速は前回2位だった米国オークリッジ国立研究所のJaguar – Cray XT5-HE (1.759PFLOPS)に。

システム名からわかるように開発元はCray。CrayといえばCray-1。スーパーコンピュータと言えば円筒形のものを想像してしまう自分は古臭いのだろう(^^;)

ちなみに、Roadrunnerは前回ベンチマークスコアが1.105PFLOPSでしたが今回は1.042PFLOPS。どのように計測しているのかは詳しくしりませんが、その時その時でスコアが変動してしまうんでしょうかね?

他に気になるのは中国の天津国立スーパーコンピュータセンターのTianhe-1が5位に入っていることですね。こちらはIntelのXEONとAMDのGPUのハイブリッド構成とのこと。東工大のTSUBAMEにNVIDIAのTESLAが搭載されたときにも注目されましたが、これからはGPGPUを利用するシステムが増えてきそうですね。

国内の計算機では今年3月に更新された新「地球シミュレータ」が31位。プロセッサ別ではTOP500のうち1つNECが入っているのみ。そんな日本の計算機に関連してこんな情報が…

世界一のスパコン本当に不要? 文科省、仕分け結果の意見募集 – ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0911/17/news023.html

何年も前から世界一奪還を目指して計画されていた「汎用京速計算機」。現在の計算機の10倍もの性能を目指して2012年完成と言われてますが、不景気になったりNECと日立が撤退したりで雲行きがあやしくなったなぁと思いきや、お国もこの国家プロジェクトに微妙な反応を…

先日物性理論をやっている方から話を聞いたんですが、今理論計算をおこなっていて一番大変なのが計算機の性能が足りないこと言っていました。国家プロジェクトで作りあげられた計算機以外にも、開発で得られた成果から他の計算機の性能も向上するでし、何よりも技術立国と自賛している国が隣国に抜かれっぱなしって言うのが恥ずかしいですからねぇ。ぜひ頑張って頂きたい…

HTML convert time: 0.770 sec. Powered by WordPress