2010/10/11 月曜日

HGSTから『Ultrastar C10K600』シリーズが登場

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 22:24:26

Hitachi debuts the Ultrastar C10K600 10K RPM enterprise hard drive – TechConect Magazine
http://www.tcmagazine.com/tcm/news/hardware/30959/hitachi-debuts-ultrastar-c10k600-10k-rpm-enterprise-hard-drive

HGSTから最大容量600GBの2.5インチ 10krpm HDD『Ultrastar C10K600』が発表されました。

記憶容量600/450/300GBで接続インターフェースはSAS 6Gbps、キャッシュ容量は64MBとなっている。

(プレスリリースPDF)業界最速*で消費電力効率の高い毎分1 万回転の
サーバ向けハードディスク装置の出荷を開始 – HGST
http://www.hitachigst.com/portal/
binary/com.epicentric.contentmanagement.servlet.ContentDeliveryServlet/
JP_Public/aboutus/press_rsc/2010101201.pdf

型番一覧

通常モデル

HUC106060CSS600 : 600GB
HUC106045CSS600 : 450GB
HUC106030CSS600 : 300GB

自己暗号化モデル

HUC106060CSS601 : 600GB
HUC106045CSS601 : 450GB
HUC106030CSS601 : 300GB

2010/2/20 土曜日

待ってました!Seagate 『Constellation』シリーズが発売。

エンタープライズ向けのSeagate製HDD「Constellation」シリーズ – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/500/500891/

Seagateから製品発表があって、ちょうど1年。『Constellation』シリーズがようやく発売になったようです。

ASCII.jpによると2.5インチHDDの『Constellation』と3.5インチHDD『Constellation ES』の両方の発売が確認されたようです。ただし、発売になったのはSATA 3Gbpsを採用するモデルのみ。

『Constellation』はニアライン向けの2.5インチHDDで回転数は7,200rpm、ドライブの厚みは一般的なノート向け2.5インチHDDよりも厚めの14.8mmとなっている。キャッシュ容量はモデルにより異なり、32MBと16MBのモデルがある。インターフェースはSATA 3Gbpsまたは6Gb/s SASで、SAS採用モデルには自己暗号化機能を搭載したものもある。

『ST9500430SS』 : 容量500GB / キャッシュ16MB / SAS 2.0
『ST9500431SS』 : 容量500GB / キャッシュ16MB / SAS 2.0 / 自己暗号化

『ST9500530NS』 : 容量500GB / キャッシュ32MB / SATA 3Gbps
『ST9160511NS』: 容量160GB / キャッシュ32MB / SATA 3Gbps

『Constellation ES』はニアライン向けの3.5インチHDD。回転数は7,200rpmでキャッシュ容量はモデルにより16MB、32MB、64MBとなっている。インターフェースについては『Constellation』と同様。なお、Western Digitalのエンタープライズ向け『RE4』シリーズと同様にデュアルプロセッサとなっている。

『ST32000444SS』 : 容量2TB / キャッシュ16MB / SAS 2.0
『ST32000445SS』 : 容量2TB / キャッシュ16MB / SAS 2.0 / 自己暗号化
『ST31000424SS』 : 容量1TB / キャッシュ16MB / SAS 2.0
『ST31000425SS』 : 容量1TB / キャッシュ16MB / SAS 2.0 / 自己暗号化
『ST3500414SS』 : 容量500GB / キャッシュ16MB / SAS 2.0
『ST3500415SS』 : 容量500GB / キャッシュ16MB / SAS 2.0 / 自己暗号化

『ST32000644NS』 : 容量2TB / キャッシュ64MB / SATA 3Gbps
『ST31000524NS』 : 容量1TB / キャッシュ32MB / SATA 3Gbps
『ST3500514NS』 : 容量500GB / キャッシュ32MB / SATA 3Gbps

ちなみに、いずれも4KiBセクタは採用せず、これまでのHDDと同様512バイト(程度)となっている。

ようやく出たかって感じですが、Barracudaシリーズの反省を生かして十分練りこんできたんでしょうかね?気になるのは『Barracuda ES』シリーズの行方。明らかにターゲットがかぶっていると思うんですが、リネームと思っていいのでしょうかね?

はいじん☆ちゃんねる >> Seagateニアライン用2TB HDD
http://haizin.serveblog.net/?p=1743

2010/2/17 水曜日

東芝としては初のエンタープライズ向けHDDを発表

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 23:02:52

東芝、600GB/10,000rpmの企業向け2.5インチHDD – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100217_349442.html

東芝がエンタープライズ向け2.5インチHDD『MBF2 RC』シリーズを発表しました。これまで富士通が出していたものですが、東芝と富士通のHDD事業が統合されたため、東芝としては実質初のエンタープライズ向け製品となる。

回転数は10,025rpmとなっており、最大容量は600GBと先日Seagateが発表した『Savvio 10K.4』と同じく10,000rpm 2.5インチHDDとしては世界最大容量となる。面記録密度は595Mbit/mm2(384Gbpsi)となっており、線記録密度が向上したため、従来の『MBD2 RC』シリーズと比較すると内部転送が13%向上しており、最大216MB/sとなっている。インターフェースは6Gb/s SASのみとなる。

プラッタ枚数がまだわからない為、プラッタ容量についてはわかりませんが、『Savvio 10K.4』の面記録密度 252Gbsiよりも高いことから200GB以上のプラッタを採用しているのかもしれませんね。

  • 600GBモデル 『MBF2600RC』
  • 450GBモデル 『MBF2450RC』
  • 300GBモデル 『MBF2300RC』

2010/2/11 木曜日

Seagateが『Savvio 10K.4』シリーズを発表

Seagate、600GBの10,000rpm 2.5インチHDD「Savvio 10K.4」 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100210_348167.html

Seagateからエンタープライズ向け2.5インチHDD『Savvio 10K.4』シリーズが発表されました。

10,000rpmの2.5インチHDDとしては最大容量となる600GBを実現した。去年6月に初の6Gb/s SAS対応で注目された前モデル『Savvio 10K.3』は最大容量が300GBでしたので、およそ1年で容量は倍増したことになる。ただし、プラッタ容量は150GBから200GBの向上で倍増しているわけではなく、プラッタ枚数が2枚から3枚に増えている。HDDの厚さは変わらず14.8mm厚となっているため、前モデルの置き換えも可能である。

プラッタ密度向上に伴い、公称サステイン転送レートも外周部においてSavvio 10K.3の129MB/sから141MB/sに向上している。また、プラッタ数が増えたため、シークタイムは若干遅くなっており、消費電力も高くなっている。

容量は600GBのほかに450GBモデルがあり、接続インターフェースは前モデルと同様6Gb/s SASまたは4GbpsのFiber Channelとなる。

『ST9600104SS』 : 600GB SAS(自己暗号化機能搭載)
『ST9600204SS』 : 600GB SAS
『ST9600204FC』 : 600GB FiberChannel
『ST9450304SS』 : 450GB SAS(自己暗号化機能搭載)
『ST9450404SS』 : 450GB SAS
『ST9450404FC』 : 450GB FiberChannel

(データシートPDF)Savvio® 10K.4 – Seagate
http://www.seagate.com/docs/pdf/datasheet/disc/ds_savvio_10k4.pdf

2009/7/7 火曜日

SAS 2.0対応のSavvio 15K.2が発売

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 22:35:32

SAS 2.0対応、15000回転の2.5インチHDD! Seagate「Savvio 15K.2」発売 – アキバ総研
http://akiba.kakaku.com/pc/0907/07/214500.php

6月20日にSAS 2.0に対応した10000rpmの2.5インチHDD「Savvio 10K.3」が発売になってましたが、今度はその15000rpm版の「Savvio 15K.2」が発売になったようです。

はいじん☆ちゃんねる >> 6Gb/s SASに対応したSavvio 10k.3シリーズが発売
http://haizin.serveblog.net/?p=3657

転送速度はプラッタ外周部で160MB/sとなっている。さすが、15krpmって感じですね。

ちなみに、アキバ総研で発売が確認されたのは147GBモデル「ST9146852SS」。Seagateのデータシートによると、このほかに登場すのは73GBモデル「ST973452SS」と自己暗号化機能搭載の147GBモデル「ST9146752SS」と73GBモデル「ST973352SS」となっている。

(PDF)Savvio 15K.2データ・シート – Seagate
http://www.seagate.com/docs/pdf/ja-JP/datasheet/disc/ds_savvio_15k_2.pdf

2009/6/20 土曜日

6Gb/s SASに対応したSavvio 10k.3シリーズが発売

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 22:01:11

6Gbps転送に対応したSAS-HDDが初登場 – AKIBA PC Hotline!
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20090620/etc_seagate.html

先日、6Gb/s転送が可能なSerial ATA Revision 3.0が発表され、COMPUTEX 2009では対応製品が展示されて話題になってましたが、一足先にSerial Attached SCSI対応製品で6Gb/s転送に対応した製品が登場しました。

Seagate 社、エンタープライズ向け 2.5 インチ HDD、「Savvio 10K.3」 を発表 – Seagate
http://www.seagate.com/ww/v/index.jsp?locale=ja-JP&name=savvio10k3-pr&vgnextoid=aeebc068a159a110VgnVCM100000f5ee0a0aRCRD

Seagateのエンタープライズ向け「Savvio 10k.3」シリーズは6Gb/sの転送が可能なSAS 2.0に対応。2.5インチHDDで10,000rpmとなっており、今回発売されたのは146GBモデル「ST9146803SS」と300GBモデル「ST9300603SS」。いずれもキャッシュ容量は16MBとなっている。

なお、この「Savvio 10k.3」には自己暗号化機能を搭載した146GBモデル「ST9146703SS」と300GBモデル「ST9300503SS」も登場するようです。

6gb-sasinitials

ちなみに、Serial ATAのほうは「SATA 3.0」や「SATA III」表記は禁則事項になってましたが、Serial Attached SCSIでは「SAS 2.0」が使われてますね。といっても、SATAと同様に「SAS 2.0」=6Gb/sというわけではなく、6Gb/sのSASとして「SAS 2.1」の登場も決まっているようですので、6Gb/sの規格を示す場合はSATAと同様に正式表記「6Gb/s SAS」または「SAS-2」を用いたほうがよさそうですね。

(White Paper)An Evolutionary Step for SAS Technology – SCSI Trade Association
http://www.scsita.org/aboutscsi/sas/6GbpsSAS_WP_3Q08.pdf

HTML convert time: 0.679 sec. Powered by WordPress