2010/10/3 日曜日

【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【目次】

久々の『レビュー的な何か』でっせ。

今回仕入れたのはSamsung製のIDE接続の2.5インチHDD『HM160HC』。

先日持ち運び用途で使用していたThinkPad X22がお亡くなりになり、代わりに押し入れに眠っていたThinkPad A21を復活させることにした。どちらのThinkPadもPentium III。CPUとしては現行のネットブックよりも遥かにショボイのだが、ネットを見たり、Officeを使うには必要十分なスペックである。

久々にA21を起動してみるとHDDから懐かしい「カリカリ」というシーク音がして動作していた。このまま使ってもよかったのだが、せっかく復活させるなら最速IDE 2.5インチHDDを搭載してみようと思い、品定めをしたところ、2つの選択肢が上がった。

  1. Western Digital WD1600BEVE
  2. Samsung HM160HC

どちらもIDE接続の2.5インチ製品としてはもっとも記録密度が高い160GBプラッタを採用している。

はいじん☆ちゃんねる >> WD1200BEVEレビュー[ベンチマーク編]
http://haizin.serveblog.net/?p=1264

以前、一世代前の120GBプラッタ採用『WD1200BEVE』をベンチマークしたので、本当なら『WD1600BEVE』との比較を行いたかったんですが…

HM160HCの価格に負けました…

スペックはほとんど同じながら、WD1600BEVEは5500円程度だが、HM160HCは4500円。さすがにこれだけ価格が違うとなぁ…

~目次~

【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【フォトレビュー】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【フォーマット編】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【ベンチマーク編】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【ノートPC実装編】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【今回のオチ】

【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【フォトレビュー】

~目次~

【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【目次】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【フォトレビュー】←今ココ
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【フォーマット編】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【ベンチマーク編】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【ノートPC実装編】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【今回のオチ】

まず、手始めに外観を見ていきましょ。

他社のバルクHDDと同様に帯電防止袋に包まれた状態でした。

HM160HCで気にする人がいるかどうかわかりませんが、この袋を開封していない状態での質量は97.8gでした。

袋を開封すると…

中にはHDDのほかに取扱い説明書が入っていました。Samsung製のHDDを購入したのはお初でしたが、SamsungのHDDにはついているものなのかな?

説明書の中にはIDE用のMaster/Slave設定法のほかにSATA用の注意事項等が書かれていました。どうやらIDE・SATA限らず2.5インチHDD共通の取説のようですな。

HDD自体の外観はこんな感じ。まぁ、普通ですね。

あえて珍しいというなら、SAMSUNGと刻印してあるところでしょうか?

ちなみに、HDD単体での質量は95.1gでした。以前レビューしたWD1200BEVEは同じ1プラッタで91.8gでしたので、ほんのちょっぴり重いようですね。

裏面はというと…

2.5インチなので、ほぼ全面が基板で覆われているのは他社と同じですね。地味に違うのが基板を固定しているネジがトルクスクリュー(星形)ではなく、一般的なプラススクリュー。ちなみに、表は他社と同じくトルクスクリューでした。

接続端子は…

IDE接続なのでこんな感じ。

最後に、ラベルに記載されている仕様を確認しておくと…

  • モデル名:HM160HC
  • 容量:160.0GB(LBA 312,581,808)
  • 回転数:5400rpm
  • キャッシュ容量:8MB
  • インターフェース:パラレルATA

【フォーマット編】

【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【フォーマット編】

~目次~

【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【目次】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【フォトレビュー】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【フォーマット編】←今ココ
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【ベンチマーク編】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【ノートPC実装編】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【今回のオチ】

では、HM160HCをPCに接続して準備していきます。

次に行う【ベンチマーク編】でPCのスペックは再確認しますが、ここからの作業はデスクトップPCにて行いました。

BIOSでの認識はこんな感じ。

HM160HCの後に表示されている『LQ100-10』はファームウェアバージョンですね。

Windows 7上での認識は…

特に面白いこともないですね。

まずは、フォーマット前にCrystalDiskInfo3.8.0でチェックしておきましょう。

新品ですが、電源投入回数は3回になってました。おそらく、出荷時にテストしているためでしょう。転送モードはUltra DMA/100(太字になっているのは意味があります)

ついでに、フォーマット前のHD Tune2.55

  • Minimum : 32.9MB/s
  • Maximum : 64.4MB/s
  • Average : 52.4MB/s
  • Access Time : 18.0ms
  • Burst Rate : 71.2MB/s

となってました。変なことになってないかを見たいだけなので、細かいことはあとの【ベンチマーク】編にて。ちなみに、CPU使用率がマイナスになっているのはHD TuneをWindows 7上で使った際の仕様のようです。

というわけで、フォーマットしてみました。

パーティションスタイルはMBRでファイルシステムはNTFSに。

初回フォーマットでしたので、『完全フォーマット』を行いましたが、フォーマットには約1時間要しました。最近の数TB HDDで数時間かかることを考えれば短いですが、完全フォーマットは時間に余裕がある時に!

フォーマット後にプロパティを確認すると…

総容量は149GB(160,037,859,328byte)でした。128GBを超えてますので、BigDrive非対応ATAコントローラでは注意が必要ですね。

最後に一応HD Tune 2.55を…

特に変化無し!というか、初回とバーストレート以外の値が全く変化していないとは…

【ベンチマーク編】

【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【ベンチマーク編】

~目次~

【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【目次】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【フォトレビュー】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【フォーマット編】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【ベンチマーク編】←今ココ
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【ノートPC実装編】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【今回のオチ】

お待ちかね(?)【ベンチマーク編】です。

まずは、環境から確認。【フォーマット編】でも紹介したようにPCケースの天板に置いた状態で実施しました。ファンでの冷却は行ってませんが、まぁ、ノートPCでの使用により近いと思っていただければいいかと。(←こじ付け)

PCは以下のスペック。

ベンチマーク環境:『自作PC 3号』
[CPU]Core2Quad Q9650@定格
[Memory]DDR2 800 2G×4@定格
[M/B]Gigabyte GA-EP45-DS5
[System HDD]ST3320613AS
[Data HDD]ST31500341AS + ST3500418AS×2(RAID0)
[VGA]HIS Radeon HD3870 IceQ3
[OS]Windows 7 64bit

接続はマザーボード上のパラレルATA端子につながったケーブルにて。ケーブルセレクトのマスタ側に接続し、スレーブ側には何も接続していない状態です。当然、デスクトップ用のケーブルですので、写真のようにサンワサプライの2.5HDDアダプタ(TK-AD40
)を介して接続しました。電源はPCから取らず、HDD用ACアダプタを使用。

テスト条件は以前行ったWD1200BEVEとほぼ同じ感じになるようにしました。PCスペックは当時と違いますが、参考程度にはなると思います。

CrystalDiskMark 3.0.0g

では早速、CrystalDiskMark 3.0.0gの結果を…

シーケンシャルはリード・ライトともにどのデータサイズでも65MB/s程度。

以前のWD1200BEVEでは55MB/s程度でしたのが、プラッタ容量が120GB→160GBに増加していることから妥当な値でしょうね。

若干気になるのが、ランダムアクセス時のデータサイズ4000MBの値が飛びぬけていることですね。次に示すデータで説明しますが、キャッシュ容量が効いてくるデータサイズが小さい領域ではよくあることですが、大きい領域で出るのはよくわかりませんねぇ。何かわかる方いらっしゃいましたら教えてください。

CrystalDiskMark 2.2

お次にCrystalDiskMark 2.2。

なぜにCDM2.2?と思うかもしれませんが、最新のCDM3での任意データサイズ設定方法がわからないもので…

というわけで、CrystalDiskMark 2.2にてデータサイズを1MB~1024MBまで変化させた結果です。横軸は対数表示になっています。

データサイズ8MB付近まで高い値を維持していることからHM160HCに搭載されている8MBのキャッシュの効果が見れます。

90MB/sで頭打ちになっているのはUltra DMA/100接続の実行最大転送レートに到達しているためでしょう。以前ベンチマークしたWD1200BEVEでは頭打ちにならず最大70MB/s程度でしたので、HDDのコントローラ内部での処理能力はより新しいHD160HCの方が高いのでしょう。

ライト時も90MB/sで頭打ちになっているところなどは共通ですね。ライト時はシーケンシャルライト以外ではキャッシュがそれほど効果がないこともわかりますね。

とまぁ、とりあえずベンチマークはこれで終わりですが、まだまだ終わらんぞ!オチはこれからだ!

【ノートPC実装編】

(続きを読むなの…)

【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【ノートPC実装編】

~目次~

【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【目次】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【フォトレビュー】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【フォーマット編】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【ベンチマーク編】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【ノートPC実装編】←今ココ
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【今回のオチ】

と、ここまでデスクトップPCにてベンチマーク等行ってきましたが、実際に使用するノートPCに搭載していきます。

今回の獲物はThinkPad A21(正確にはi1800ですが、まぁ同じものだと思ってもらえれば良いかと)。 まぁ、この時点で失笑している方もいるかと思いますが、せっかくなので最後までお付き合いください。

ThinkPad HDD交換作業

まずは、すでに入っているHDDを外していきます。

ThinkPadシリーズは昔からHDDの交換が非常に簡単にできる構造になっている。ほとんどの機種でネジ1本外すだけでHDDを取り出すことが可能になっている。今回の獲物では左パームレスト部分にHDDが搭載されている。

液晶を半開きにした状態で3つの音声端子があるこの部分を引き出すだけでHDD交換が可能。ネジは上にあるマイナスネジですが、ここは広い溝が彫ってあってコインでも回せるようになっていました。

ネジを外したら…

引っ張り出します。先ほど「液晶半開き」と書きましたが、半開きにしていないと引っかかって引っ張り出せませんので注意!

元々入っていたHDDは日立の『DK23CA-20B』でした。

マウンタには左右2箇所のネジで固定されている。外すには小さめの+ドライバが必要ですね。

HDDはマウンタに両面テープで固定されているため、若干剥がすのが大変でしたが、慎重に剥がせば問題なし。さすがに、基板がバキッってはがれることはないと思いますが、慎重に越したことはないかと。

あとは、新しいHDDをここまでの逆の順番でマウンタに固定し、ThinkPadへ戻すだけ。

ねっ、簡単でしょ?

【今回のオチ】

【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【今回のオチ】

~目次~

【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【目次】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【フォトレビュー】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【フォーマット編】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【ベンチマーク編】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【ノートPC実装編】
【レビュー的な何か】Samsung 『HM160HC』【今回のオチ】←今ココ

というわけで『HM160HC』をThinkPad A21に搭載しました。

ThinkPad A21がBigDriveに対応しているかがわからず、不安でしたが、特に問題もなく160GB全体を認識してくれました。

HDD全体を1パーティションにしてそこにWindows XP SP3を再インストールしてみました。

ThinkPad A21上でのベンチマーク

インストール後ベンチマークを行ってみたんですが、その結果を示す前に元々ThinkPad A21に入っていた日立『DK23CA-20B』のベンチマーク結果を…

さすがに古いHDDだけあって最大でも20MB/s程度となっている。発熱もかなりのものでベンチマーク後に60℃を超えていました。

それでは、新しく入れたHM160HCのベンチマークは…

あれっ?

目の錯覚か?

良く見てみよう…

オワタ \(^o^)/

ほとんど上がってないwww

はい、そうです、最初からお気づきの方もいたかもしれませんが、ThinkPad A21はUltraATA/33までです(笑)つまり、いくらHDDの性能が高くても30MB/s程度が最大転送レートになってしまうのだ!

いやぁ~、すっかり忘れてました(汗)

このためHD Tune2.55ではまるでSSDのような内外周差が全くない結果に(笑)

もう笑うしかないわwww

まとめ

というわけで、今回のまとめ。ThinkPad A21のHDDをHM160HCに交換することで性能アップを狙った訳ですが…

HM160HC自体はPATA接続2.5インチHDDとしてはナカナカの性能を発揮。お値段を考えるとPATA HDDとしては最高のコストパフォーマンスなのではないでしょうか?

ThinkPad A21への換装結果はまさに『猫に小判 豚に真珠』!性能向上という意味では全くの無意味でした。20MB/sから28MB/sへ4割も性能上がってるじゃん!と言われれば確かにそうですが、体感上の差は全くありませんでした。

ただ、性能はあがりませんでしたが、利点が全くないわけではなかったです。

まず、発熱量が元から入っていたDK23CA-20Bよりも遥かに少ない。最大負荷時の温度が10℃以上下がって48℃程度になりました。ThinkPad A21はパームレスト部分にHDDが入っていて作業時にパームレスト部が熱くならないことは作業する上では重要ですので、このことは大きなメリットですね。

あと、シーク音が非常に静か。DK23CA-20Bはかなりシーク音がうるさくて、最近の静かなHDDに慣れた身としては精神的によろしくない。(あの音がするとどうしてもHDDの故障を疑ってしまう…)HM160HCはさすがにPATA HDDとしては最新だけあって動作音は非常に静か

もし、ThinkPad A21やその世代(PentiumIII)のノートPCでのHDD交換を検討しているならそれ以上の性能向上は期待できないことを覚悟した方がよさそうですね。最新HDDにするよりもコンパクトフラッシュメモリをPATA接続に変換するアダプタ
を用いてランダムアクセス速度向上を狙った方が良いかもしれません。あえてこのHDDにする理由があるとしたら大容量・静穏性・低発熱のどれかが必要な場合でしょうねぇ。

というわけで、HM160HCを有効に活用したいなら自分のPCが少なくともUltraATA/66以上に対応しているかを確認してみましょう(><)b

2009/11/3 火曜日

【レビュー的な何か】BarracudaLP ST31000520AS【CrystalDiskMark編】

Barracuda LP ST31000520AS 目次

【レビュー的な何か】BarracudaLP ST31000520AS【目次】
【レビュー的な何か】BarracudaLP ST31000520AS【フォトレビュー編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP ST31000520AS【フォーマット編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP ST31000520AS【CrystalDiskMark編】
←今ここ

CrystalDiskMark 2.2 ベンチマーク

HDDの性能測定でいつもお世話になっているCrystalDiskMark 2.2。今回もこちらを使って測定しました。

測定環境は以下の通りです。

ベンチマーク環境:『自作PC 3号』
[CPU]Core2Quad Q9650@定格
[Memory]DDR2 800 2G×4@定格
[M/B]Gigabyte GA-EP45-DS5
[System HDD]ST3320613AS
[Data HDD]ST31500341AS + ST3500418AS×2(RAID0)
[VGA]HIS Radeon HD3870 IceQ3
[OS]WindowsVista SP2 64bit

マザーボードのICH10R側SATAポートに接続し、AHCIモードで動作させました。(正確にはRAIDモード)

以上の環境でCrystalDiskMark 2.2のデータサイズを1MBから2048MBまで変化させその際の変化をプロットしました。

まず、読み込み性能をみると…

Seagate Barracuda LP ST31000520AS CrystalDiskMark 2.2 Read

シーケンシャルリードはデータサイズ1000MBにおいて122MB/sとなりました。他サイト様のベンチマークによると同じく500GBプラッタ採用のWD10EADS-M2Bが110MB/s前後となってますので、確かに回転数が5,900rpmとWD10EADS-M2Bよりも1割ほど速いことが効いてきている様ですね。

キャッシュ容量も32MBと大容量ですが、ランダムリードにおいて効果が持続していることが確認できます。

Seagate Barracuda LP ST31000520AS CrystalDiskMark 2.2 Write

書き込みはシーケンシャルライトがデータサイズ1000MBで121MB/sとシーケンシャルリードと同様に回転数1割増を発揮した感じですね。

Seagate Barracuda比較

最後に最近購入したSeagateのBarracudaシリーズを比較してみます。今回からCrystalDiskMark 2.1で測定を行っていたBarracuda 7200.10シリーズ、Barracuda ESシリーズは除外しました。比較対象は以下の3モデル。

Barracuda 7200.12 500GB ST3500418AS (500GBプラッタ)
Barracuda 7200.11 1.5TB ST31500341AS (375GBプラッタ)
Barracuda 7200.11 320GB ST3320613AS (320GBプラッタ)

いずれも7,200rpmとBarracuda LPよりも回転数が高いですが、どれだけ健闘できるかですね。なお、データサイズはすべて1000MBに統一しました。

ではさっそく結果をみてみると…

Seagate Barracuda LP ST31000520AS CrystalDiskMark 2.2

今回比較に用いたドライブはいずれも320GB(1.5世代前)以上のプラッタを採用してますので、さすがに、5,900rpmでは7,200rpmドライブには追いつけませんねぇ。

CrystalDiskMark 2.2でのデータが残っていないためグラフには掲載しませんでしたが、以前CrystalDiskMark 2.1にて測定をおこなったBarracuda 7200.10 ST3250410ASはシーケンシャルリードで103MB/sだったので、7,200回転に換算するとBarracuda LPの性能は2世代前の250GBプラッタに相当するようですね。

まとめ

読み書きともに回転数1割増分だけの性能を発揮しているBarracuda LP ST31000520AS。消費電力の測定を行えないため省電力性について検証はできませんでしたが、消費電力を抑えながらも性能も維持したい人には良いかもしれませんね。

7,200rpm HDDからの買い替えを検討中で性能を落としたくない場合と考えているなら、250GB以下のプラッタを採用しているHDDが対象となりそうですね。

HTML convert time: 0.942 sec. Powered by WordPress