2010/7/27 火曜日

東芝から最大容量640GBの7200rpm 2.5HDD登場

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 21:24:57

東芝、9.5mm厚で7,200rpm/640GBの2.5インチ HDD – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100727_383572.html

東芝から回転数7,200rpmの2.5インチHDDの新製品が発表されました。

新たに発表された『MK6461GSY』は一般的な9.5mm厚で容量640GB。面記録密度は784.8Mbit/mm2(506.3Gb/in2)となっており、同社の従来7,200rpmと比較して内部転送レートが1,255Mbpsから1,412Mbpsへ約12.5%向上。

接続インターフェースはSATA 3Gbpsでキャッシュ容量は16MBとなっている。

セクタサイズについてはまだ詳細な仕様表が掲載されていないため不明ですが、東芝製HDDでは今のところ750GB以上でラージセクタ(4KiBセクタ)を採用しているようですので、今回の640GBでは512byteのままでしょうかね?

型番一覧

通常モデル
MK6461GSY : 640GBモデル
MK5061GSY : 500GBモデル
MK3261GSY : 320GBモデル
MK2561GSY : 250GBモデル
MK1661GSY : 160GBモデル

連続稼動モデル
MK5061GSYB : 500GBモデル
MK2561GSYB : 250GBモデル
MK1661GSYB : 160GBモデル
MK8061GSYB : 80GBモデル

追記:2010/09/19 01:52

遅くなりましたが、仕様書で確認したところ、MK●●61GSYシリーズは4KiBセクタを採用していないようです。

2009/6/7 日曜日

SATA 6Gbpsの本領発揮にはまだ先?

ASUS P6X58 sports both SATA 3 and USB 3.0 – NordicHardware
http://www.nordichardware.com/news,9433.html

First SATA 6Gbps chipset is likely bottlenecked – bit-tech.net
http://www.bit-tech.net/news/hardware/2009/06/04/first-sata-6gbps-chipset-is-likely-bottlene/

COMPUTEX 2009でGigabyteやASUSからSerial ATA revision 3.0 (SATA 6Gbps)に対応したマザーボードが発表されましたが、これらのマザーボードでは本領が発揮できないようです。その原因が、SATA 6Gbpsのコントローラチップの採用されているSilicon Image製(追記参照)コントローラチップがPCI Express ×1で接続されていることによるようです。

SATA 6Gbpsでは理論上最大転送が600MB/sとなっている。しかし、PCI Express 1.1は1レーンで250MB/sとなっている。

NordicHardwareでは「ASUSのデモでは337MB/s出てたのは何故?」と書かれてますが、PCI Express 2.0であれば1レーンでも500MB/s出るからなのでは?と思うのですが…

ちなみに、PCI Express 2.0であっても、500MB/sですので、SATA 6Gbpsの600MB/sには及ばないため、ここがボトルネックになってしまうようです。来年登場すると言われているPCI Express 3.0では1000MB/sになるようですが、現在のところ、SATA 6Gbpsの本領を発揮するにはPCI Express ×2または×4以上が必要とのこと。

追記:2009/06/09 01:12

【COMPUTEX Taipei 2009】Serial ATA 6GbpsやUSB 3.0対応機器を各メーカーが公開 – 日経PC online
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20090608/1015888/

会場で見かけた印象的なPCパーツ ~PCB1枚のGTX295やSATA 6Gbps関連の話題など – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/20090608_280572.html

NordicHardwareの記述をもとにSilicon Image製のコントローラチップを採用と書きましたが、どうも間違いのようで、ASUS・Gigabyteともに「Marvell 88SE91XX」を採用していたようです。Silicon ImageからはSATA 6Gbpsの製品は発表されている情報はなく、今回はSATA 3Gbps対応のPort Multiplierチップ「SteelVine Series 3」のデモのみだったようでう。

PC Watchの記事には「Marvell 88SE91XX」のブロックダイヤグラムの写真も載っており、PCI Express 2.0 ×1接続になっていることがわかります。やはり、5Gbpsが限界のようですね。

追記:2009/06/20 00:01

ASUS does SATA 6Gbps justice with Marvell controller – Nordic Hardware
http://www.nordichardware.com/news,9500.html

Nordic HardwareにASUSのマザーボードに搭載されているコントローラはMarvell製だったという記事が掲載されていました。

2009/5/27 水曜日

USB3.0だけじゃない!SATAもrev3.0へ

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 23:06:17

SATA-IO delivers the SATA 3.0 specification -TechConnect Magazine
http://www.tcmagazine.com/comments.php?id=26789&catid=6

NECがホストコントローラを発表してから急に注目され始めた次世代USB3.0ですが、SATAも次世代規格のRevision 3.0が近づいてきているようです。

2008年後半に策定完了する予定と発表して以来音沙汰なしでしたが、SATAの仕様を策定しているThe Serial ATA International Organization (SATA-IO)が6月2日から開催されるComputex Taipei(台北国際コンピュータ見本市)に出展するようなので、何か発表があるかもしれませんね。

ちなみに、よく見かける「SATA 3.0」や「SATA III」という表記法はSATA-IOにより不正確な表記とされています。正式名は「Serial ATA Revision 3.0」、省略した際も「SATA Revision 3.0」「SATA 6Gb/s」のみが利用できることになっています。(SATA 2.0や1.0についても同様)

このことについてはSATA-IOの↓ページに書かれていたんですが、何故か現在アクセスできなくなってました。

(リンク切れ?)SATA Naming Guidelines – SATA-IO
https://www.sata-io.org/6gbnamingguidelines.asp

追記 : 2009/05/28 11:57

昨夜はSATA-IOの公式サイトが更新されていなかったので「近々」って書きましたが、今朝見ると更新されていました。正式発表ですね。

The Serial ATA International Organization
http://www.serialata.org/

2009/5/20 水曜日

Western Digital AV機器向2TB HDDを発表

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 21:48:33

WD® ADDS 2 TB HARD DRIVES TO MEET DEMANDS FOR TODAY’S AV/SURVEILLANCE MARKETS – WesternDigital
http://www.wdc.com/en/company/releases/PressRelease.asp?release=ba21b6bb-a09e-4449-bb04-82a3980fae62

Western DigitalからAV機器向けHDD「WD AV-GP」シリーズに2TBモデル「WD20EVDS」が追加されたことが発表されました。AV機器向けということでエンタープライズ向けと同様に24時間+週7日、つまり、常に動作していることを想定している。

とは、書いてみたものの、あまり直接的にお世話になることはなさそうですね(^^;)

追記:2009/05/20 22:57

(英語PDF)WD AV-GP Datasheet
http://www.wdc.com/en/library/ce/2879-701250.pdf

Western Digitalの製品情報のデータシートが更新されていました。どうやら、キャッシュ容量 32MBのWD20EVDSの他に16MBのWD20EVCSが出荷されるようですね。

デスクトップ用のCaviar GreenのWD20EADSではSustained Data Transfer Rateが100MB/sでしたが、WD20EVDSでは110MB/sとなっていますね。消費電力に関しては、

Read/Write : 5.9W (6W)
Idle : 4.9W (3.7W)
Standby : 0.7W (0.8W)
Sleep : 0.7W (0.8W)

となっています。(カッコ内はWD20EADSの値)比較するとアイドル時以外は若干下がっているようですね。動作音も1dB上昇。といっても元々静かなHDDですからねぇ。

2009/5/11 月曜日

公式情報発見!PDC E6300はIntel-VT対応!(?)

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 18:57:27

※注意!この記事の情報に関しては追記を参照してください!!

Intelが出している公式な情報でようやくPentium Dual-Core E6300の情報が見つかりました~!

(PDF)Intel® processor reference chart  – Intel
http://www.intel.com/in/irdonline/pdf/ird_q2_09_refrencechart.pdf

ird_q2_09_refrencechart-2

2ページ目のPentium Dual-Coreの項目にE6300がありました。

どうやら、Intel-VTには対応しているようですね。Windows 7のXP modeもバッチリですな(^^)b

追記:2009/05/12 23:12

Intelの公式情報ではIntel-VT対応になっているのですが、今日になってTechConnect Magazineに「Pentium Dual-Core E6300はIntel-VTに対応していない」との記述が…

Intel Pentium E6300 gets stealthy roll-out – TechConnect Magazine
http://www.tcmagazine.com/comments.php?id=26409&catid=2

追記:2009/05/16 01:47

本日Intelの公式サイトが更新され、Intel-VTに対応していることを確認しました。詳細は以下の記事を参照してください!

はいじん☆ちゃんねる >> IntelのPentium情報が更新されました
http://haizin.serveblog.net/?p=3073

2009/5/10 日曜日

Pentium DualCore E6300 発売

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 23:18:00

FSB1066MHz対応の「Pentium Dual-Core E6300」が販売開始 – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/416/416442/

「Pentium Dual-Core E6300」発売! シリーズ最上位、FSBが1066MHzに – アキバ総研
http://akiba.kakaku.com/pc/0905/10/171500.php

Pentium Dual-Coreの最上位「E6300」が発売 – AKIBA PC Hotline!
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20090509/etc_intel.html

IntelのPentium Dual-Coreシリーズから新たにE6300が発売になりました。Pentium Dual-CoreのE6000番台としては初めて製品。

はいじん☆ちゃんねる >> PentiumDC E6×00はFSB 1066MHz?
http://haizin.serveblog.net/?p=2392

これまでのE2000番台とE5000番台ではFSBが800MHzでしたが、E6300では3月に流れた情報通り1066MHzに向上しました。そのほかはFSBの向上による動作クロックが上がってる(追記※参照)以外はE5400と同じようですね。

まだ、IntelのProcessor Spec Finderには掲載されていないようで、Intel-VTには対応しているかどうかの確かな情報は見つかってないんですが、もし対応しているとなるとWindows 7でXP modeが使えますからねぇ。

追記:2009/5/11 18:30

※クロック倍率がE5400と同じだと思ってましたが、良く考えるとそれだとつじつま合いませんね(^^;) FSBベースクロックがE5400では200MHz、E6300では266MHzでクロック倍率はE5400が13.5倍、E6300が10.5倍ですね。

2009/5/9 土曜日

VistaをSP2にしてみた

なんとかVista SP2がダウンロードでき、再インストールついでにインストールしてみました。

vistasp21

ばっちり、Service Pack 2に!

vLiteを使ってSP2の統合DVDを作ろうとしましたが、どうやらSP2には対応していないようでした。あと、無印のWindows Vistaに直接SP2を当てることはできず、SP1をインストールしなければなりませんでした。インストールに必要な時間はSP1よりも短かったです。

Service Pack2になって何か変わったかというと、あまり変化が感じられませんねぇ。

SP2の影響かどうかはわかりませんが、IMEの漢字変換が若干遅くなりました。あと、ニコニコ動画を表示するとプレイヤが時々読み込まれないことがありますねぇ。まだ、詳しく検証しているわけではないのですが、全般的にレスポンスが遅くなっている感じが… SP2に変えた以外はほとんど変更していないんですけどねぇ~。

追記:2009/05/13 00:37

数日使ってみましたが、若干気になる点が…

これまたSP2が原因かどうかわかりませんが、Windows Aeroが不定期に解除されることがあります。同じ症状出てる人っていますかねぇ?

2009/4/22 水曜日

Seagateから新Barracuda LPシリーズ

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 21:47:24

Seagate readies 5,900 RPM Barracuda LP hard drives – TechConnect Magazine
http://www.tcmagazine.com/comments.php?id=25963&catid=2

New Seagate Barracuda LP is power-efficient, stores up to 2TB – The Tech Report
http://techreport.com/discussions.x/16791

本日、4月22日は「アースデイ(地球の日)」となっており、国際的に『地球環境について考えよう!』の日となってますが、そんななか、Seagateから新HDDシリーズ『Barracuda LP』が発表されました!

LPはLowPowerの略で、パフォーマンスを維持しつつ低消費電力を追及している。回転数は5900rpmとなっており、他メーカーの低消費電力HDDが採用している5400rpmより若干高めとなっている。省電力とパフォーマンスのバランスが良いということで5900rpmとなっているようで、動作音もかなり低く抑えられているようです。

故障などにより廃棄する際のリサイクルの事も考えらており、70%の部品が再利用可能となっているとか。エコロジーを追求した仕様となっている。

今回の発表で登場したのは1TBモデル『ST31000520AS』、1.5TBモデル『ST31500541AS』、2TBモデル『ST32000542AS』となっている。いずれも500GBプラッタを採用(※追記参照)していて、32MBのキャッシュを搭載している。

Seagateには省電力HDDのラインアップがありませんでしたので、Western DigitalのWD Caviar Greenシリーズに対抗する製品を出してきたって感じですね。データシートによるとSustained Data Rateが95MB/sとなっており、WD Caviar Greenより若干低めとなっている。Seagateにしては謙虚ですね(^^;)

(PDF)Barracuda LP Data Sheet – Seagate
http://www.seagate.com/docs/pdf/datasheet/disc/ds_barracuda_lp.pdf

まだ、Barracuda 7200.12の2TBモデルの話が出てきませんので、こっちが先に発売になるかもしれませんね。

追記 : 2009/06/20 16:45

発表時は全モデル500GBプラッタと発表されていましたが、1.5TBはどうも怪しい… 以下の記事を参照してください。

はいじん☆ちゃんねる >> Barracuda LPの1.5TBだけ500GBプラッタじゃない?
http://haizin.serveblog.net/?p=3519

2009/4/17 金曜日

PS3でH.264のエンコードが可能に?!

PS3で動画をエンコードできるH.264エンコードソフト「CodecSys CE-10」 – GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090417_ps3_h264/

映像処理が非常に強力なマイクロプロセッサ「Cell」を搭載しているSONYのPlaystation 3 ですが、4月20日からラスベガスで開催される「NAB Show 2009」にて、PS3向けのH.264エンコーダ『CodecSys CE-10』が登場するようです。

この「CodecSys CE-10」はPS3単体での動作はできず、どうやら、PCでのエンコード処理をPS3に渡すことでPS3がアクセラレータとなり、高速エンコードが出来るようです。イメージとしては、PS3をSpursEngineボードのように使えるって感じですかね。

SpursEngineは発熱と消費電力を抑えるためにCellよりもプロセッサコア「SPE」が8 → 4基すくなってますが、SpursEngineはCellには搭載されていないハードウェアコーデックが搭載されている。PS3とSpursEngineどっちがエンコード性能が高いかが楽しみですね。

ちなみに、CodecSys CEシリーズ自体はCell用のH.264リアルタイムエンコーダとしてワークステーション用とブレードサーバ用がすでに2月24日に発売済みでしたが、PS3用となると一般向けを狙った製品となるんでしょうかね?

追記:2009/05/02 00:35

正式発表されました。

はいじん☆ちゃんねる >> PS3を利用するH.264エンコードソフト正式発表
http://haizin.serveblog.net/?p=3256

HTML convert time: 0.810 sec. Powered by WordPress