2011/4/28 木曜日

【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【目次】

『Intel Rapid Storage Technology』というタイトルにしましたが、ぶっちゃけ今回はRAID0の構成変更(マイグレーション)がメインで、他の説明は何もありませんよ~。

ST3500413(8)AS×3 RAID0構築

先日『ST3500413AS』を購入した際に、RAID0の増設用として単体での【レビュー的な何か】を掲載しましたが、今回はそのRAID編です。

RAIDについてはここで説明しませんので、ご存じない方は他のサイトの解説をご覧あれ。

RAID – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/RAID

すでにST3500418ASを2台用いたRAID0アレイを構築済みですので、そのRAIDアレイにST3500413ASを追加します。ここでは、その追加方法と追加後のベンチマークを紹介していきます。

~目次~

  1. ディスク追加編
  2. 容量拡張編
  3. CrystalDiskMark編
  4. まとめ

関連記事

【レビュー的な何か】7200.12 ST3500413AS【目次】
【レビュー的な何か】ST3500418ASでRAID0【目次】
【レビュー的な何か】7200.12 ST3500418AS【目次】
【レビュー的な何か】7200.12 ST3500418AS 2台目【目次】
動画編集PCのスペックアップ計画
オレのHDD活用術『あり合わせ部品ファイルサーバー』

【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【ディスク追加編】

~目次~

【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【目次】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【ディスク追加編】←今ココ
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【容量拡張編】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【CrystalDiskMark編】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【まとめ】

まず、初めに何がしたいかを確認!

これまで『ST3500418AS』(500GB)を2台用いた状態でRAID0(ストライピング)を構築していました。この状態だと合計容量は1TBになるんですが、容量がいっぱいになってしまった上により高速転送できる環境が欲しくなったのでHDDを追加して容量増加・高速化をすることにしました。

一般的にはRAID構成時に用いるHDDは同じメーカーの同じ型番を用いることが推奨されていますので、すでにRAID構成に用いている『ST3500418AS』を追加するのが最もいいのですが、今回は『ST3500418AS』の後継モデル『ST3500413AS』を追加してみました。『ST3500413AS』はインターフェースがSATA 6Gbpsに進化した以外はキャッシュ容量や回転数、プラッタ容量等が『ST3500418AS』と全く同じなのでおそらく問題ないだろうと判断しました。

『ST3500418AS』については…
http://haizin.serveblog.net/?p=8153

『ST3500413AS』については…
http://haizin.serveblog.net/?p=3870

をご覧あれ。

RAIDを構築するコントローラはマザーボード上の『Intel ICH10R』を使用。

はいじん☆ちゃんねる >> 【レビュー的な何か】ST3500418ASでRAID0【構築編】
http://haizin.serveblog.net/?p=4128

構築については以前書きましたので、今回はドライブ増設について書きます。なお、構築時のIntelのソフトウェアは『Intel Matrix Storage Console』という名称でしたが、現在は『Intel Rapid Storage Technology』に変わりました。操作方法も若干変わってますが、どちらもウィザード形式でわかりやすいと思います。

Intel Rapid Storage Technologyでのディスク追加

まず、新たに追加するHDDを接続した状態で『Intel Rapid Storage Technology』を起動します。

起動はタスクトレーの『Intel Rapid Storage Technology』のアイコンから[アプリケーションを開く]を選ぶことで可能です。

起動するとこんな画面が出て右側に各SATAポートの状態が表示されます。

今回は現在のRAID0アレイ『Array_0000』に『内部ディスク 466GB』を追加する。

画面上部の[管理(M)]をクリックして管理画面へ

右の『ストレージ システム ビュー』からHDDをつかするアレイを選択すると、左の『ボリュームの管理』にディスクの追加]が表示されるので、それをクリックする。

すると、追加可能なディスクの一覧が表示されるので追加するものを選択します。今回はPort3に接続されているHDDを選択。選択後、[ディスクの追加]をクリックする。

ちなみに、ここで選択したHDDの中身は[ディスクの追加]をクリックするとすべて削除されて復元が不可能になります。[ディスクの追加]をクリックする前によく確認するようにしてください。

[ディスクの追加]をクリックするとすぐにデータ移行作業が開始され、タスクトレーにバルーンが表示される。

データ移行作業の進行具合は『ボリュームの管理』に表示される。

驚きだったのが、データ移行中でもRAIDアレイには普通にアクセス可能だったこと。アクセス可能とはいえ、移行に失敗したりすると怖いのであまりアクセスしない方が良さそうですけどね。

あとは、ひたすら待つだけ…

今回の構成ではデータ移行作業には3時間52分要しました。移行は寝てる間に行うとかした方が良さそうですね。

移行作業完了は開始時と同じく、タスクトレーのバルーンで知らされて…

バッチリ、3台構成の1.5GB RAID0アレイになりました。

【容量拡張編】

【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【容量拡張編】

~目次~

【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【目次】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【ディスク追加編】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【容量拡張編】←今ココ
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【CrystalDiskMark編】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【まとめ】

【ディスク追加編】で『Intel Rapid Storage Technology』上でデータ移行を行って物理的にはディスク容量は3台の合計である1.5TBになりました。

しかし、この状態で[ディスクの管理]を見ると…

容量は変わってない…

『Intel Rapid Storage Technology』で増設するディスクを選択する画面でチョロッと注意事項が書かれていたんですが、一度再起動する必要があるのだ。

再起動すると、今度は正しく1.5TBすべてを認識しました。データ移行前のRAID0アレイ上にあったNTFSパーティションは容量が変わらず、新しいRAID0アレイの先頭にあり、その後ろの500GBは未割当になっている。

よって、RAIDアレイ上の全領域を用いるにはパーティションを拡張してあげる必要がある。

拡張するパーティション上で[右クリック]し、[ボリュームの拡張]を選択。

すると、『ボリュームの拡張ウィザード』が表示される。

[次へ]をクリック

『利用可能なディスク』の一覧に未割当領域が存在するディスクが表示されるので、対象となるものを選択し、[追加]を押すと、『選択されたディスク』に移動する。この状態で[次へ]をクリック。

間違いがないか確認して[完了]をクリックすると…

パーティションが拡張されて、RAIDアレイの全領域が利用できるようになりました。

プロパティーを確認すると…

バッチリ容量が増えました。

【CrystalDiskMark編】

【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【CrystalDiskMark編】

~目次~

【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【目次】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【ディスク追加編】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【容量拡張編】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【CrystalDiskMark編】←今ココ
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【まとめ】

ここまででディスクの追加からパーティション拡張方法を紹介してきました。最後に、構築したRAIDアレイでのベンチマーク結果を。

ベンチマーク環境:『自作PC 3号』
[CPU]Core2Quad Q9650@定格
[Memory]DDR2 800 2G×4@定格
[M/B]Gigabyte GA-EP45-DS5
[System HDD]Seagate ST3320613AS
[Data HDD]ST31500341AS
[VGA]HIS Radeon HD3870 IceQ3
[OS]Windows7 Home Premium 64bit
[SATA 3Gbps]Intel ICH10R (Intel Rapid Storage 10.1.0.1008)

ベンチマーク環境は上記のようになってます。なお、【ディスク追加編】~【容量拡張編】では既にRAIDアレイ内のあったデータを移行する形で進めましたが、データが入ったアレイ上でそのままベンチマークを行うと正しく測定できないので、いったんデータを別HDDに退避し、RAIDアレイを再フォーマットし、測定しました。

CrystalDiskMark3.0.1 x64

まずは、CrystalDiskMarkの最新版3.0.1での結果。

さすがはRAID0の3台構成!シーケンシャルリード・ライトの両方で350MB/sを超えました。さすがにランダム系では劣りますが、シーケンシャルだけを見ると、リードではSATA 6Gbps対応SSD『RealSSD C300』並み、ライトでは上回る値となっている。

自分が高速転送を要求しているのはHD動画のキャプチャ時がメインなので、十分に求めるスペックを満たしていて、SSDよりもコストパフォーマンスも高い。

CrystalDiskMark 2.2

2台構成でのRAID0ベンチマークを取ったときはCrystalDiskMarkのバージョンが2.2だったので、比較のためバージョンを統一して測定しました。現在のOSはWindows7ですが、当時はWindows Vistaでした。また、今回は『Intel Rapid Storage Technology』を使用してますが、以前は『Intel Matrix Storage Console』。あまり細かいことは気にせずに比較してますが、正確な比較とは言えないことは予めご了承ください。

さすがに、RAID0にすると3台の合計と同じなるということはありませんが、シーケンシャルリード・ライトでは3台目追加での増加分は2台目追加での増加分とほとんど同じですね。ランダム系は書き込みは早くなってますが、読み出しでは微減。Intelのドライバのバージョンの違いとかが効いてるんでしょうかね?

データサイズを1MB~2048MBまで変化させた結果は下の2つのグラフのようになった。

読み出し16MB以下ですごいことに!4GB/s近く出て、RAMディスク並みの値となっている。以前、2台でのベンチマークの際はMAXで400MB/s程度でしたので、Intelのドライバアップデートでキャッシュが強化されたのでしょうかね?

3台になるとST3500418ASと413ASに搭載されているキャッシュメモリ16MBの効果が合計分48MBまで効くのかが見たかったですが、この結果だとHDDのキャッシュなのかRAIDコントローラ側のキャッシュなのかがわかりませんね(^^;)

【まとめ】

(続きを読むなの…)

【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【まとめ】

~目次~

【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【目次】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【ディスク追加編】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【容量拡張編】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【CrystalDiskMark編】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【まとめ】←今ココ

以上、RAID0アレイへのHDD追加の方法とその性能をみてみました。

『Intel Rapid Storage Technology』上でのRAID0アレイへのHDD追加は追加するHDDを選択するだけで簡単。データ移行作業には数時間要しますが、既存RAIDアレイ上のデータは保持された状態となる。とはいえ、RAIDアレイのデータ移行中に電源が落ちたりするとデータ復旧が困難になる可能性もあるので開始前にバックアップはしておいた方がよいかと。

CrystalDiskMarkで『ST3500418(3)AS』 3台構成RAID0のベンチマークを取りましたが、シーケンシャルリードとライトで350MB/s程度に。ランダム系ではSSDには及びませんが、自分が利用目的としているのはHD動画のキャプチャなのでシーケンシャル重視。実際に無圧縮AVIファイルでテストしてみましたが、1920×1080のフルHDで30fpsはコマ落ちせずにキャプチャできました。さすがに60fpsは無理(^^;) でも、満足満足!

RAID構築は大変そうなイメージがあるかもしれませんが、対応しているマザーボードを使用しているなら、ユーティリティも整ってますし、意外に簡単にストレージの高速化が可能なのでおすすめです。ただし、RAID0は構成しているHDDが1台でもお亡くなりになると、全データが消えるのでHDDが増えるほどリスクが高くなる。バックアップはしっかり取りましょう!

2010/12/11 土曜日

SeagateからBarracuda Greenシリーズが発売

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 21:52:48

Seagate「ST2000DL003」発売! エコ仕様(5900rpm)のSATA3.0対応2TB HDD – アキバ総研
http://akiba.kakaku.com/pc/1012/10/230000.php

AFT採用HDDに新種、XPでの利用が簡単に? – AKIBA PC Hotline!
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20101211/etc_seagate.html

Seagateから5,900rpm 3.5インチHDD 『Barracuda Green』シリーズが発売になりました。

発売になったのは『Barracuda Green』シリーズの最上位モデルである2TBの『ST2000DL003』。

アキバ総研では『Barracuda LP』シリーズの後継としていますが、HDDのラベルには『Barracuda LP』と『Barracuda Green』の両方が記載されているため『Barracuda LP』シリーズの一部なのでしょうかね。

これまでの『Barracuda LP』シリーズの2TBモデル『ST32000542AS』との違いは…

  • キャッシュ容量 : 32MB → 64MB
  • インターフェース : SATA 3Gbps → SATA 6Gbps
  • セクタサイズ : 512B → 4KiB
  • プラッタ枚数 : 4枚 → 3枚 (プラッタ容量向上)
  • データ転送速度 : 95MB/s → 144MB/s
  • 動作時耐衝撃性 : 70G → 80G

一番気になるのが4KiBのラージセクタを採用したことですが、AKIBA PC Hotlineに掲載されているように、独自の『SmartAlign』という技術を搭載することで他社同等品のように専用ユーティリティやジャンパーピン設定をすることなくWindows XPなどの4KiBセクタ非対応OSでもパフォーマンス低下が発生しないとか。

(PDF)Barracuda Green データ・シート – Seagate
http://www.seagate.com/docs/pdf/ja-JP/datasheet/disc/ds1720_barracuda_green.pdf

ちなみに、今のところ日本の公式製品情報には2TBモデルの情報しか掲載されていないようですが、データシートには1.5TBモデル『ST1500DL003』も見られるので、そのうち発売されるのでは?ただし、データシートによると1.5TBモデルの方が2TBモデル『ST2000DL003』よりもかなり消費電力が高いがこれは一体?!

関連記事

はいじん☆ちゃんねる >> 【注意!】WD10EARSは特殊な物理フォーマットを採用
http://haizin.serveblog.net/?p=5953

はいじん☆ちゃんねる >> Advanced Format Architectureの意義
http://haizin.serveblog.net/?p=6098

2010/11/18 木曜日

HGSTから4KiBセクタ非採用の3TB HDDが登場

なかなか正式なプレスリリースが出ませんが、PC Watchに掲載されていたので書いちゃいます。

HGST、最大容量3TB/7,200rpmのHDD「Deskstar 7K3000」 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20101118_407501.html

先日Western Digitalから3.5インチHDDとしては最大容量となる3TBの『WD30EZRS』が発表・発売されましたが、新たにHGSTからも3TBモデルが登場しました。

今のところ、正式なプレスリリースが出された様子もなく、11月13日に英語の公式製品情報に登場後、11月16日には秋葉原の店頭で販売が開始、そして、今日確認したところ、日本の公式製品情報に追加されていました。

Deskstar 7K3000 – HGST製品情報
http://www.hitachigst.com/portal/site/jp/products/deskstar/7K3000/
Deskstar 5K3000 – HGST製品情報
http://www.hitachigst.com/portal/site/jp/products/deskstar/5K3000/

登場したのはデスクトップPC向けの『Deskstar』シリーズで7,200rpmの『Deskstar 7K3000』と可変回転数CoolSpin採用の『Deskstar 5K3000』。どちらも1.5TB、2TB、3TBの3モデル構成となっている。キャッシュ容量は7K3000で64MB、5K3000で32MBとなっている。

正式な発表が無いため、正しいプラッタ容量については不明ですが、販売しているショップの情報では600GBプラッタを採用しているとか。先に登場した『WD30EZRS』は750GBプラッタを4枚搭載しているましたが、今回登場したHGSTの3TBでは600GBプラッタを5枚採用している。

このほか『WD30EZRS』と異なる特徴として、インターフェースはSATA 6Gbpsを採用している点と4KiBセクタ非採用があげられる。

これまでのHDDはセクタサイズが512Byteでしたが、このセクタサイズでは32ビットLBAによる『2TBの壁』が発生するため2.2TB以上の容量を実現することが難しい。また、セクタサイズを大きくしたほうがプラッタの記録効率が高くなるため、最近の大容量HDDでは4KiB(4096Byte)のラージセクタを採用するものが増えている。

はいじん☆ちゃんねる >> 【注意!】WD10EARSは特殊な物理フォーマットを採用
http://haizin.serveblog.net/?p=5953

はいじん☆ちゃんねる >> Advanced Format Architectureの意義
http://haizin.serveblog.net/?p=6098

ところが、今回発表されたDeskstar 7K3000および5K3000は仕様書によるとラージセクタは採用せず、セクタサイズが512Byteとなっている。このためラージセクタ採用HDDをWindowsXP等で使用したさいに指摘されているパフォーマンス低下の心配はない。ただし3TBモデルはXPでは使用不可等の制限がありますので、HGSTが公開している対応情報を参照してください。

(英語PDF)High Capacity (≥2.2TB) Technology Brief
http://www.hitachigst.com/tech/techlib.nsf/techdocs/D213A024C090CE9F862577D5002600FC/$file/FinalHiCap_2.2TB_TechBrief.pdf

型番一覧

Deskstar 7K3000 (SATA 6Gbps/64MB/7200rpm)

HDS723030ALA640 : 3TBモデル
HDS723020BLA642 : 2TBモデル
HDS723015BLA642 : 1.5TBモデル

Deskstar 5K3000 (SATA 6Gbps/32MB/CoolSpin technology)

HDS5C3030ALA630 : 3TBモデル
HDS5C3020ALA632 : 2TBモデル
HDS5C3015ALA632 : 1.5TBモデル

2010/8/3 火曜日

Samsungから667GBプラッタ採用HDDが登場

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 22:21:34

Samsung announces the EcoGreen F4 1.5TB & 2TB hard drives – TechConnect Magazine
http://www.tcmagazine.com/tcm/news/hardware/29591/samsung-announces-ecogreen-f4-15tb-2tb-hard-drives

Samsungから低消費電力型3.5インチHDD『EcoGreen』シリーズに『EcoGreen F4 (F4EG)』が登場しました。

最大容量は現行『EcoGreen F3 (F3EG)』と同様の2TBですが、プラッタ容量が667GBに向上し、プラッタ数は3枚に。消費電力はF3EGより23%減少。

キャッシュ容量と接続インタフェースはF3EGから変更はなく、それぞれ32MB、SATA 3Gbpsとなっている。

型番一覧

HD204UI : 2TBモデル
HD155UI : 1.5TBモデル

2010/1/9 土曜日

WD20EARS発売開始 WD8000AARSも近々登場?

「WD20EARS」発売! キャッシュ64MBのWesternDigital製2TB、約1.9万円 – アキバ総研
http://akiba.kakaku.com/pc/1001/08/230000.php

すでに1TBモデルの『WD10EARS』と1.5TBモデルの『WD15EARS』が発売になってますが、新たにWestern DigitalのCaviar Green シリーズのキャッシュ容量64MB版に2TBモデル『WD20EARS』が発売になったようです。

(データシートPDF)WD Caviar Green – Western Digital
http://www.wdc.com/wdproducts/library/SpecSheet/ENG/2879-701229.pdf

先月、WD15EARSが発売になった際には公式データシートにはWD10EARSのみが掲載されていましたが、現在は更新されており、WD15EARS、WD20EARSが追加されていました。いずれもキャッシュ容量が倍増している以外は『EADS』モデルと仕様は変わらない。

また、まだ発売されていないモデル『WD8000AARS』と『WD6400AARS』の情報も掲載されていました。共に型番に『R』が含まれていることからわかるようにキャッシュ容量が64MBとなっている。

『WD8000AARS』は3.5インチHDDとしては珍しい容量800GB。消費電力等から推定すると2プラッタモデルのようですが、サステイン転送が他の500GBプラッタ採用モデルと等しいことから500GBプラッタでしょうか?

なお、Windows XP以前のOSにおいてパフォーマンスが低下する可能性があるとされている『Advanced Formatting』ですが、新データシートからはこれに関する記述が増えており、それによると『EARS』モデルの他に『AARS』モデルにおいても採用されているようです。購入時には注意。

~関連記事~

はいじん☆ちゃんねる >> Advanced Format Architectureの意義
http://haizin.serveblog.net/?p=6098

2009/12/21 月曜日

Advanced Format Architectureの意義

Western Digital’s Advanced Format: The 4K Sector Transition Begins – AnandTech
http://www.anandtech.com/storage/showdoc.aspx?i=3691

AnandTechにWestern Digitalとの取材で得たAdvanced Formatアーキテクチャ関連情報が掲載されていました。

Western Digitalに限らず、他のHDDメーカーもセクタサイズを4KiB※へ移行するようですので、その意義についてAnandTechの記事を参考にちょっと調べてみました。

※今回はHDD関連ですのでkB(1kB=1000Byte)を使用すると紛らわしいのでKiB(1KiB=1024Byte)表記に統一しました。

プラッタの高密度化によるエラー発生率上昇

通常1つのセクタには1つのファイルしか格納できず、現在と比べるとファイルサイズが小さかった1990年代はこれまでのHDDが採用した512Byteセクタがバランスが良かった。

しかし、現在の記録するファイルのサイズが増大し、さらにHDDはプラッタの密度が上昇し、それに伴いプラッタ上に記録される磁気の信号に対するノイズの割合(S/N比)が減少している。

SNR

(引用:http://www.anandtech.com/storage/showdoc.aspx?i=3691)

信号なのかノイズなのかを見分けることが難しくなるため、エラーを防ぐためエラー訂正符号(ECC)を添付するが、S/N比が小さくなればなるほど長いECCが必要となってくる。そのため、現在の高密度プラッタではECCが占める割合が増えてきている。

このまま高密度化を進めていくといずれ実データとECCの量が同じなってしまい、さらに高密度記録が難しくなってしまう。

ECCの効率的な符号化

現在のHDDのECCにどのような符号が使われているのかはわかりませんが、HDDのECCはデータサイズが大きくなるほど効率が高くならしい。つまり、セクタサイズを大きくすることでECCの占める割合を減らすことができる。

※磁気記憶媒体には効率は悪いが高速処理可能な『ファイヤ符号(fire code ECC correction)』を使用していると習ったが今も使っているかは知らない… 知ってたら教えて(^^;)

hgst_eccsectorsize

(引用:WinHEC2005 HGST発表資料より)

例えば、セクタサイズが512Byteであれば40ByteのECCが必要であるとすると、8倍である4096Byteのセクタではこれが100Byteで済む。

何故に4KiB?

データサイズを長くすればするほど効率が向上するなら、4KiBと言わずもっと長くすればいいのに!と思いますが、4KiBというのもワケあり。

多くのPCで用いられているx86アーキテクチャはメモリを4KiB単位でページし記憶している。また、Windowsで用いらているNTFS、LinuxのEXT3、MacOSのHFS+のファイルシステムはいずれも現在はデフォルトでのクラスタサイズが4KiBとなっている。これらとセクタサイズを統一することでより利用効率の向上を図っているわけである。

まとめ

調べてみると、4KiBセクタへの移行準備が始まったのは1990年代後半。BIOSでの対応、OSでの対応などを経て、今年ようやくHDD側が対応。高い信頼性を保ちながら高密度化を進めていくために4KiBセクタが徐々に標準になって行きそうですね。

参考文献等(AnandTech以外)

(PDF) Sample Title Goes In This Space – IDEMA
http://www.idema.org/_smartsite/modules/local/data_file/show_file.php?cmd=download&data_file_id=1699

(PDF) Hard Disk Drive Long Data Sector White Paper – IDEMA Japan
http://www.idema.gr.jp/technical/white/6_13_07.pdf

(PDF) Advanced Format Technology – Western Digital
http://www.wdc.com/wdproducts/library/whitepapers/en/2579-771430-A00.pdf

(DOC) 4K Byte-Sector HDD-Data Format Standard
http://www.idema.org/_smartsite/modules/local/data_file/show_file.php?cmd=download&data_file_id=1259

今井秀樹(1984) 『情報理論』 昭晃堂 ISBN4-7856-1139-1

これまでのAdvanced Format Architecture関連記事

はいじん☆ちゃんねる >> 【注意!】WD10EARSは特殊な物理フォーマットを採用
http://haizin.serveblog.net/?p=5953

はいじん☆ちゃんねる >> 64MB版のCaviar Green WD15EARSが発売
http://haizin.serveblog.net/?p=6086

はいじん☆ちゃんねる >> WD10EARSの比較ベンチマーク
http://haizin.serveblog.net/?p=6092

次ページへ »

HTML convert time: 1.002 sec. Powered by WordPress