2012/6/18 月曜日

【レビュー的な何か】Seagate ST1000DM003【目次】

ついにプラッタ容量が1TBに達した3.5インチHDD。線記録密度向上に伴い転送レートが大幅に向上していることが期待できる。

そこで、現在500GBプラッタHDD『ST3500418AS』3台のRAID0にしている構成を性能を落とさずに1TプラッタHDD 2台構成に更新できないかと考え、テストしてみました。

1TBプラッタを採用したHDDはHGSTとWestern Digitalからも登場していますが、今回はSeagateのBarracudaシリーズ1TBモデル『ST1000DM003』を購入。気づけば、このブログが始まって以来3.5インチHDDはSeagateしか買ってない(^^;)

~目次~

  1. フォトレビュー編
  2. 準備編
  3. 単体ベンチマーク編
  4. Raid0ベンチマーク編
  5. まとめ編

【レビュー的な何か】Seagate ST1000DM003【フォトレビュー編】

Seagate Barracuda 『ST1000DM003』 目次

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【フォトレビュー】←今ココ
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【単体ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【Raid0ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【まとめ】

まずは、フォトレビューから。

バルク品で購入したので帯電防止保護袋に包まれただけの簡単な包装。

袋自体は、いつものSeagateのものと変わりませんが、製品保証シールが新しくなってますね。

去年購入したST2000DL003では「シーゲイト製品保証」と表記されていましたが、「シーゲイト正規代理店保証」に変更されていました。保証について変更があったとSeagateからアナウンスがあった記憶はないので、表記が変更されただけでしょうかね?

袋から取り出したST1000DM003。

ぱっと見、Barracuda 7200.12シリーズと変更はないように見えますが、実は写真下側の形状が左右逆になってたり。部品配置はBarracuda LPシリーズに近くなったようですね。

ラベルは久々にがらっと変わりましたね。これまで複数シリーズあったBarracudaですが、『Barracuda』に統一されたことでラベルも変えたんでしょうね。

これまでシリーズ名と容量の表記が世代ごとに左寄せ・中央揃え・右寄せと変わっていくのを見てきましたが、今回は左寄せってことで!

ちなみに、これまでのBarracudaシリーズではSATAケーブルの接続の仕方がラベルに丁寧に表記されていましたが、ST1000DM003では特に表記はなく、割と簡素な表記になりましたね。

裏面はこんな感じ。基板サイズ・形状はBarracuda 7200.12やBarracuda LPシリーズと変わらず。

基板を引っぺがして表面をみてみると、キャッシュメモリが『Samsung K4T511630I-HCE7』になっていました。

Barracuda LPやBarracuda 7200.12シリーズではTSOPパッケージのDDR SDRAMを搭載していましたが、ST1000DM003ではFBGAパッケージのDDR2 SDRAMに。以前の基板ではギッチリ詰まっている感じがしましたが、メモリのパッケージが小さくなったことでメモリ周辺の配線が余裕ありそうな感じに。次の世代ではさらに基板が小さくなるかもしれませんね。

コントローラのほうはLSI製であることがわかりますが、放熱シートがバッチリくっついていて詳細は確認できませんでした。

(左:ST1000DM003(1プラッタ) 右:ST2000DL003(3プラッタ) )

Seagate製1プラッタHDDの特徴でもあるのですが、ST1000DM003は通常の3.5インチHDDよりも薄型となっている。多数のHDDを搭載するRAIDではHDD同士の距離が離れるほうが排熱上うれしいので、個人的には重要なファクターだと思っている。

【準備編】

【レビュー的な何か】Seagate ST1000DM003【準備編】

Seagate Barracuda 『ST1000DM003』 目次

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【フォトレビュー】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編】←今ココ
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【単体ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【Raid0ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【まとめ】

それでは、実際に使用する準備に取り掛かっていきます!

はじめに、CrystalDiskInfo 4.3.0でSMART値のチェック。

ST2000DL003のとき同様バッファサイズは表示されませんでした。フォトレビュー編で見たDDR2 SDRAMは512Mbitなので仕様通り64MBであると思われますが、CrystalDiskMarkの結果がちょっと楽しみですね。

フォーマット前にHDTune2.55でチェックしてみると…

おおっ!Max 199.1MB/s!残念ながら200MB/sには達しませんでしたが、これはすごい!Access TimeもBarracuda 7200.12とほとんど変わらず。

完全フォーマットには1時間46分25秒要しました。

500GBのST3500418ASのときは1時間22分でしたので、転送速度差(ST3500418AS:125MB/s  ST1000DM003:200MB/s)を考慮すると妥当な感じですね。

フォーマット後のプロパティは上に示した通りでWindows上での実容量は1,000,202,039,296byte (931GB)となってます。

【単体ベンチマーク編】

【レビュー的な何か】Seagate ST1000DM003【単体ベンチ編】

Seagate Barracuda 『ST1000DM003』 目次

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【フォトレビュー】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【単体ベンチ編】←今ココ
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【Raid0ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【まとめ】

お次にCrystalDiskMarkでベンチマーク。

ベンチマーク環境:『自作PC 3号』
[CPU]Core2Quad Q9650@定格
[Memory]DDR2 800 2G×4@定格
[M/B]Gigabyte GA-EP45-DS5
[System HDD]Seagate ST2000DL003
[Data HDD]ST31500341AS + ST3500418AS×3(RAID0)
[VGA]HIS Radeon HD3870 IceQ3
[OS]Windows7 Home Premium 64bit
[SATA 3Gbps]Intel ICH10R (Intel Rapid Storage 10.1.0.1008)

ST1000DM003自体はSATA 6Gbpsに対応していますが、現在使用中の環境でSATA 6Gbpsに対応するものが無いので、今回はすべてSATA 3Gbpsで測定しました。いずれの結果もフォーマット直後の状態で行いました。

CrystalDiskMark 3.0.1

まず、はじめにCrystalDiskMark 3.0.1の結果。

最大となったのがデータサイズ1000MBでシーケンシャルリード171.9MB/s。HDTuneでMax 199.1MB/s出ていたので200MB/s近くを期待していただけにちょっぴりガッカリ…

CrystalDiskMark 2.2

これまでの世代のSeagate Barracudaシリーズと比較するためにCrystalDiskMark 2.2の値を見てみます。

~比較対象~

  • ST1000DM003 (1TB [1TBプラッタ] 7200rpm) Barracuda
  • ST2000DL003 (2TB [667GBプラッタ] 5900rpm) Barracuda Green
  • ST31000520AS (1TB [500GBプラッタ] 5900rpm) Barracuda LP
  • ST3500413AS (500GB [500GBプラッタ] 7200rpm) Barracuda 7200.12
  • ST3500418AS (500GB [500GBプラッタ] 7200rpm) Barracuda 7200.12
  • ST31500341AS (1.5TB [375GBプラッタ] 7200rpm) Barracuda 7200.11
  • ST3320613AS (320GB [320GBプラッタ] 7200rpm) Barracuda 7200.10

200MB/sにはまだまだ達しなくてガッカリしましたが、それでも、これまでに使用してきたHDDの中で最速の値になっていて1TBプラッタの高記録密度が発揮されていることが分かる。

最後にデータサイズを変化させた際の結果を…

リードに関してはST2000DL003(キャッシュ容量64MB)の時と同様に512Kがデータサイズ16MBから下がり始める傾向となっているが、急に下がるわけではなく、128MBまでジワジワと下がる結果になっており、64MBキャッシュが効いていることが分かる。

ライトはST2000DL003の時はリードと同様に16MBから急に下がる傾向になってましたが、ST1000DM003では64MBまでは維持されていることが分かる。ちょっとおもしろかったのが、Seqの値。64MBまでギザギザした形になってますが、これが何回測定しなおしてもこの傾向は変わらず。不思議です…

【Raid0ベンチマーク編】

【レビュー的な何か】Seagate ST1000DM003【RAIDベンチ編】

Seagate Barracuda 『ST1000DM003』 目次

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【フォトレビュー】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【単体ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【Raid0ベンチ編】←今ココ
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【まとめ】

今回、ST1000DM003を購入した目的は現行のRAID0環境を置き換えることにありました。

そこで、ST1000DM003を2台用いたRAID0が現行のST3500418ASを3台用いたRAID0の性能に及ぶかを見ていきます。

ベンチマーク環境:『自作PC 3号』
[CPU]Core2Quad Q9650@定格
[Memory]DDR2 800 2G×4@定格
[M/B]Gigabyte GA-EP45-DS5
[System HDD]Seagate ST2000DL003
[Data HDD]ST31500341AS + ST3500418AS×3(RAID0)
[VGA]HIS Radeon HD3870 IceQ3
[OS]Windows7 Home Premium 64bit
[RAID0] LSI MegaRAID SAS 8708EM2

RAID構築には『LSI MegaRAID SAS 8708EM2』を用いました。

現行の『MegaRAID SAS 9240』ではSATA 6Gbps対応となってますが、今回用いる『8708EM2』はSATA 3Gbpsまでの対応となる。SSDのRAID構成では重要なファクタかもしれませんが、現行のHDDのRAIDならSATA 3Gbpsで十分!

さっそく、RAID0構成時のCrystalDiskMark 3.0.1の結果を。

シーケンシャルの値は期待通り、ほぼ倍になりました。

これまでのST3500418AS 3台でのRAID0構成の結果はどうだったかというと…

シーケンシャルリードの値が多少下がってしまいましたが、ライトは向上。ランダムアクセスは台数が減ってるので仕方ないでしょうねぇ。これならRAID環境を置き換えても問題なさそう!

【まとめ】

【レビュー的な何か】Seagate ST1000DM003【まとめ】

Seagate Barracuda 『ST1000DM003』 目次

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【フォトレビュー】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【単体ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【Raid0ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【まとめ】←今ココ

新しくBarracudaシリーズとして生まれ変わったSeagateの3.5インチHDDの1TBモデル『ST1000DM003』。

プラッタ容量がついに1TBに達し、転送レートも前世代から向上していることを確認しました。本当なら消費電力についても掲載したかったんですが、あり得ないほど低い値が出てしまって、測定環境に問題があるかもしれませんので、今回は掲載を見送りました。再検証を行ったら載せます!

現行のST3500418AS 3台を用いたRAID0の置き換えを狙ってみましたが、ST1000DM003 2台でホボ同等の性能が得られました。2台になったことで消費電力が削減されただけでなく、RAID合計容量も1.5TBから2.0TBに向上。台数が減れば、故障率も下がるのでいいことばっかり!置き換え作戦は大成功ということで!

2010/10/24 日曜日

WD Caviar BlueにSATA 6Gbps対応モデルが登場

WesternDigital「WD10EALX」「WD5000AAKX」発売! Caviar Blue初のSATA3.0対応モデル – アキバ総研
http://akiba.kakaku.com/pc/1010/24/001500.php

Western Digitalから『WD5000AAKX』と『WD10EALX』が発売されました。

どちらも『WD Caviar Blue』シリーズに属するモデルで、同シリーズとしては初のSATA 6Gbps対応となる。ちなみに、『WD10EALX』にはSATA 3Gbps動作させるためのジャンパー端子が搭載されているようです。(WD50000AAKXは不明)

仕様書がまだ公式サイトで公開されていないようなので詳細な仕様は不明ですが、『WD5000AAKX』は容量500GBでキャッシュ容量は16MB。『WD10EALX』は容量1TBでキャッシュ容量は32MB。

プラッタ容量についてはまだわかりませんが、消費電力と動作音が両モデルで異なることからWD10EALXでは2プラッタ、WD5000AAKXでは1プラッタではないでしょうか?

2010/3/31 水曜日

東芝から2.5インチHDDがもう一つと4KiBセクタ情報

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 13:33:28

Two-platter 750GB mobile drive due from Toshiba, too – THE TECH REPORT
http://techreport.com/discussions.x/18694

先週、東芝から9.5mm厚の750GB 2.5インチHDD『MK7559GSXP』と12.5mm厚の1TB『MK1059GSM』が発表されましたが、どうやら12.5mm厚の750GBモデルも出るようです。

(PDF)TOSHIBA INTRODUCES HIGHEST-CAPACITY 2.5-INCH HARD DISK DRIVES
IN TWO NEW PRODUCT FAMILIES – TOSHIBA Storage Device Division
http://sdd.toshiba.com/techdocs/MK_GSM-XRelease.pdf

日本の東芝のプレスリリースには掲載されていませんでしたが、米国でのプレスリリースには12.5mm厚の『MKxx59GSM』シリーズは1TBと750GBの2モデルが存在することが掲載されている。750GBの正式な型番は掲載されていない。なお、『MK7559GSXP』では541.4Gbpsiとなっていた面記録密度が『MKxx59GSM』では482Gbsiとなっている。

また、米国プレスリリースには『MKxx59GSM』シリーズと『MK7559GSXP』はWestern Digitalの『Advanced Format technology』と同様の4KiBセクタを採用することが記載されている。東芝は1.8インチHDDではすでに4KiBセクタを導入していますが、同社製2.5インチHDDとしては初のようです。ちなみに、東芝では『Advanced Sector Format technology』と記載されている。

~関連記事~

はいじん☆ちゃんねる >> 東芝から9.5mm厚2.5インチ最大の750GB HDDが登場
http://haizin.serveblog.net/?p=6885

2010/3/30 火曜日

Western Digitalが750GBの2.5インチHDDを発表

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 23:20:36

WD® LEADS IN 2.5-INCH AREAL DENSITY WITH NEW 750 GB NOTEBOOK HARD DRIVES – Western Digital
http://www.wdc.com/en/company/releases/PressRelease.asp?release=5ba85c8b-0849-4158-8d72-b1be7ee43852

すでに東芝から同等製品が発表されていますが、今日、Western Digitalから最大容量750GBの2.5インチHDDが発表されました。

『WD Scorpio Blue』として登場した『WD7500BPVT』は回転数5,400rpm、キャッシュ容量は8MBとなっており、接続インターフェースはSATA 3Gbpsとなっている。

厚さは東芝の『MK7559GSXP』と同様にプラッタ枚数が2枚で一般的な2.5インチHDDと同じ9.5mm厚となっている。Western Digitalからはすでに1TBモデル『WD10TPVT』と750GB『WD7500KEVT』が登場していますが、こちらは12.5mm厚だったため、9.5mm厚としては容量を更新したことになる。

また、最近のWestern Digitalの製品で採用されている、4KiBセクタ『Advanced Format technology』が用いられている。このため、ラージセクタに対応していないWindows XP以前のOS等では注意が必要。

WD® INTRODUCES 2.5-INCH SATA HARD DRIVES THAT MEET DEMANDS FOR TODAY’S AV/DVR AND SURVEILLANCE MARKETS – Western Digital
http://www.wdc.com/en/company/releases/PressRelease.asp?release=b901afe8-83b3-43f1-a257-eebc631df841

同時に、あまりお目にかからないと思いますが、Western DigitalがAV機器向けの2.5インチHDD『WD AV-25』シリーズを発表しました。

こちらは、動画の録画再生に最適化されており、5本のHD動画の同時ストリームが可能な『SilkStream technology』を搭載している。また、動作は一般的なHDDとは異なり、24時間×週7を想定している。

この他、『Advanced Format technology』採用や回転数5,400rpm、インターフェースがSATA 3Gbpsなどの仕様はScopioシリーズと同様だが、キャッシュ容量は32MBと2.5インチHDDとしてはかなり大きい。

容量は最終的には160GBから500GBまで用意されるようですが、現在のところ160GBモデル『WD1600BUDT』、250GBモデル『WD2500BUDT』、320GBモデル『WD3200BUDT』のみとなっている。

2010/3/25 木曜日

東芝から9.5mm厚2.5インチ最大の750GB HDDが登場

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 22:45:10

東芝、業界最大750GB/9.5mm厚の2.5インチHDD – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100325_356671.html

東芝から一般的な9.5mm厚の2.5インチHDDとしては最大容量となる750GBの『MK7559GSXP』が発表されました。

『MK7559GSXP』は面記録密度839.1Mbit/mm2(541.4Gbpsi)と前モデルの640GBモデル『MK6465GSX』の817.9Mbit/mm2(528.5Gbpsi)から向上しており、これによりプラッタあたり375GBの記録を実現している。エネルギー消費効率も前モデルから14%向上している。

この他の仕様としては、接続インターフェースはSATA 3Gbpsで回転数は5,400rpm、キャッシュ容量は8MBと前モデルからの変更はない。

また、9.5mm厚の『MK7559GSXP』の他にプラッタ枚数が3枚で12.5mm厚となる『MK1059GSM』も同時に発表されており、こっちは容量が1TBとなっている。

ちなみに、面記録密度ですが3.5インチHDDであれば約500Gbpsiで640GBプラッタに相当する。そろそろ来るかなぁ~。

追記 : 2010/03/31 13:35

12.5mm厚の750GBモデルも存在することが判明しました。また、今回発表されたHDDはいずれも4KiBセクタとなっているようです。詳しくは以下の記事を…

はいじん☆ちゃんねる >> 東芝から2.5インチHDDがもう一つと4KiBセクタ情報
http://haizin.serveblog.net/?p=6914

次ページへ »

HTML convert time: 0.982 sec. Powered by WordPress