2010/10/11 月曜日

HGSTから『Ultrastar C10K600』シリーズが登場

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 22:24:26

Hitachi debuts the Ultrastar C10K600 10K RPM enterprise hard drive – TechConect Magazine
http://www.tcmagazine.com/tcm/news/hardware/30959/hitachi-debuts-ultrastar-c10k600-10k-rpm-enterprise-hard-drive

HGSTから最大容量600GBの2.5インチ 10krpm HDD『Ultrastar C10K600』が発表されました。

記憶容量600/450/300GBで接続インターフェースはSAS 6Gbps、キャッシュ容量は64MBとなっている。

(プレスリリースPDF)業界最速*で消費電力効率の高い毎分1 万回転の
サーバ向けハードディスク装置の出荷を開始 – HGST
http://www.hitachigst.com/portal/
binary/com.epicentric.contentmanagement.servlet.ContentDeliveryServlet/
JP_Public/aboutus/press_rsc/2010101201.pdf

型番一覧

通常モデル

HUC106060CSS600 : 600GB
HUC106045CSS600 : 450GB
HUC106030CSS600 : 300GB

自己暗号化モデル

HUC106060CSS601 : 600GB
HUC106045CSS601 : 450GB
HUC106030CSS601 : 300GB

2010/4/16 金曜日

東芝から車載向け2.5インチHDDが登場

業界最大記憶容量200GBを実現した車載用2.5型HDDの商品化について – 東芝
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2010_04/pr_j1501.htm

東芝が車載向けとしては業界最大容量となる200GBの2.5インチHDDを発表しました。量産は8月から開始される。

今回発表されたのは200GBの『MK2060GSC』と100GBの『MK1060GSC』。これまでの従来モデル『MK8057GSC』では容量が80GBであったため、大幅に容量が向上したことになる。厚さは一般的な2.5インチHDDと同じく、9.5mmとなっているが、プラッタ枚数は1枚となっている。

この他に従来モデルと比較すると平均シーク時間が約25%改善しており、内部転送レートも約78%向上している。また、車載向けとしては重要となる『耐振動性』もMK8057GSCの19.6m/s2(動作時)から24.5m/s2に向上した。

回転数は4,200rpmで接続インターフェースはこれまでの車載向けHDDで多かったPATAではなく、SATA 1.5Gbpsとなっている。

ちなみに、一般的な2.5インチHDDと違い車載向けらしいのが、動作温度。通常は+5~+50℃程度での動作を想定していますが、車載向けHDDの動作温度は『-30~+85℃』と通常のHDDの非動作温度をも超える範囲で動作する。真冬から灼熱の車内までしっかり動作するのが車載向けHDDのすごいところですね。

2010/4/6 火曜日

WD VelociRaptor 正式発表

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 23:33:36

Western Digital announces new VelociRaptor with 2x capacity, SATA 6Gb/sec – PC Perspective
http://www.pcper.com/comments.php?nid=8595

しまった、正式発表されてた。Western Digitalから10,000rpm HDD『VelociRaptor』の新モデルが発表されました。

追加されたのは600GBモデルの『WD6000HLHX』と450GBモデルの『WD4500HLHX』。新モデルとこれまでの『HLFS』モデルの違いは…

  • インターフェースがSATA 3Gbpsから6Gbpsへ対応
  • キャッシュ容量が倍の32MBに
  • サステイン転送が126MB/sから145 MB/sに向上

先ほど紹介したANAND TECHの記事ではプラッタ枚数が3枚になったとありましたが、仕様上の重量が前モデルと同じで、ヘッド数などの情報がないため正確な情報化は確認できませんでした。また、先日『Preemptive Wear Leveling』が搭載されるとの情報もありましたが、こちらも仕様書には記載されていないため、搭載されていないのではないでしょうか?

WDの新VelociRaptor 『VR200M』のベンチマーク【追記】

Western Digital’s New VelociRaptor VR200M: 10K RPM at 450GB and 600GB – ANAND TECH
http://www.anandtech.com/show/3636/western-digitals-new-velociraptor-vr200m-10k-rpm-at-450gb-and-600gb

発売が近づいているのか、情報が増えてきている(※追記参照)Western Digitalの新『VelociRaptor』ですが、早くもベンチマークがANAND TECHに掲載されていました。

ANAND TECHによるとVelociRaptor VR200Mは10,000rpmで200GBプラッタを採用。最大容量は3プラッタで600GBとなっている。ANAND TECHに掲載されている写真によると600GBの型番は『WD6000HLHX』で『エンタープライズストレージ』に属するようです。

ベンチマークではシーケンシャル性能はSeagateのBarracuda XTを上回る性能を発揮しており、さすがVelociRaptorといった感じですね。ただし、動作音はそれなりに高いようです。

若干気になったんですが、これまでのVelociRaptorは2プラッタ仕様でしたがVR200Mでは最大3プラッタになっていますねぇ。ランダムリードが現行モデルよりも若干下がっているのはこれが効いているんですかねぇ?

※追記:2010/03/06 23:16

ごめんなさい。書いた直後に正式発表されているのに気付きました(_ _)

はいじん☆ちゃんねる >> WD VelociRaptor 正式発表
http://haizin.serveblog.net/?p=6942

※追記:2010/03/06 23:40

First Look: 6Gb/s SATA Western Digital Velociraptor 600GB Benchmarked! – Maximum PC
http://www.maximumpc.com/article/news/first_look_6gbs_sata_western_digital_velociraptor_600gb_benchmarked

Maximum PCではHDTuneでのベンチマークあり。SATA 6GbpsとSATA 3Gbpsそれぞれでのベンチマーク比較もされています。

※追記:2010/03/06 23:56

VelociRaptor Returns: 6Gb/s, 600GB, And 10,000 RPM – tom’s Hardware
http://www.tomshardware.com/reviews/wd6000hlhx-velociraptor-600gb,2600.html#xtor=RSS-182

こちらもベンチマーク。これまでのRaptorシリーズについてもまとめられています。

※ 追記:2010/03/07 00:02

Western Digital VelociRaptor 600GB Review – Can the king return? – PC Perspective
http://www.pcper.com/article.php?aid=892

WD VelociRaptor 600GB: Fastest. HD. Ever. – Hot Hardware
http://hothardware.com/Articles/WD-VelociRaptor-600GB-Fastest-HD-Ever/

とりあえず、見つけたベンチマーク系を載せてみた。Hot Hardwareでは使いなれたCrystalDiskMarkでのベンチマークも掲載されています。シーケンシャル160MB/s台とは…
※ 追記:2010/03/07 00:04

Western Digital’s VelociRaptor VR200M hard drive – THE TECH REPORT
http://techreport.com/articles.x/18712

それにしても、動作音はみんなバラバラだなぁ。

2010/2/17 水曜日

東芝としては初のエンタープライズ向けHDDを発表

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 23:02:52

東芝、600GB/10,000rpmの企業向け2.5インチHDD – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100217_349442.html

東芝がエンタープライズ向け2.5インチHDD『MBF2 RC』シリーズを発表しました。これまで富士通が出していたものですが、東芝と富士通のHDD事業が統合されたため、東芝としては実質初のエンタープライズ向け製品となる。

回転数は10,025rpmとなっており、最大容量は600GBと先日Seagateが発表した『Savvio 10K.4』と同じく10,000rpm 2.5インチHDDとしては世界最大容量となる。面記録密度は595Mbit/mm2(384Gbpsi)となっており、線記録密度が向上したため、従来の『MBD2 RC』シリーズと比較すると内部転送が13%向上しており、最大216MB/sとなっている。インターフェースは6Gb/s SASのみとなる。

プラッタ枚数がまだわからない為、プラッタ容量についてはわかりませんが、『Savvio 10K.4』の面記録密度 252Gbsiよりも高いことから200GB以上のプラッタを採用しているのかもしれませんね。

  • 600GBモデル 『MBF2600RC』
  • 450GBモデル 『MBF2450RC』
  • 300GBモデル 『MBF2300RC』

2010/2/11 木曜日

Seagateが『Savvio 10K.4』シリーズを発表

Seagate、600GBの10,000rpm 2.5インチHDD「Savvio 10K.4」 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100210_348167.html

Seagateからエンタープライズ向け2.5インチHDD『Savvio 10K.4』シリーズが発表されました。

10,000rpmの2.5インチHDDとしては最大容量となる600GBを実現した。去年6月に初の6Gb/s SAS対応で注目された前モデル『Savvio 10K.3』は最大容量が300GBでしたので、およそ1年で容量は倍増したことになる。ただし、プラッタ容量は150GBから200GBの向上で倍増しているわけではなく、プラッタ枚数が2枚から3枚に増えている。HDDの厚さは変わらず14.8mm厚となっているため、前モデルの置き換えも可能である。

プラッタ密度向上に伴い、公称サステイン転送レートも外周部においてSavvio 10K.3の129MB/sから141MB/sに向上している。また、プラッタ数が増えたため、シークタイムは若干遅くなっており、消費電力も高くなっている。

容量は600GBのほかに450GBモデルがあり、接続インターフェースは前モデルと同様6Gb/s SASまたは4GbpsのFiber Channelとなる。

『ST9600104SS』 : 600GB SAS(自己暗号化機能搭載)
『ST9600204SS』 : 600GB SAS
『ST9600204FC』 : 600GB FiberChannel
『ST9450304SS』 : 450GB SAS(自己暗号化機能搭載)
『ST9450404SS』 : 450GB SAS
『ST9450404FC』 : 450GB FiberChannel

(データシートPDF)Savvio® 10K.4 – Seagate
http://www.seagate.com/docs/pdf/datasheet/disc/ds_savvio_10k4.pdf

HTML convert time: 0.748 sec. Powered by WordPress