2010/6/1 火曜日

HGSTから7mm厚の『Travelstar Z』シリーズが登場

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 23:41:29

日立GST、7mm厚の2.5インチHDD「Travelstar Z」シリーズ – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100601_371368.html

HGSTから7mm厚の2.5インチHDD『Travelstar Z』シリーズが発表されました。

一般的な2.5インチHDDは9.5厚となってますが、『Travelstar Z』シリーズは1プラッタ構成により7mm厚と薄型になっている。最大容量は320GBで、回転数は7,200rpmまたは5,400rpm。

同様の製品としてSeagateから『Momentus Thin』シリーズが登場しているがこちらは5,400rpmで、『Travelstar Z』は7mm厚としては初の7,200rpm HDDとなる。

なお、8月には家電向けの『CinemaStar』シリーズからも同様の製品が登場するようです。

~型番一覧~

『Travelstar Z7K320』(7,200rpm 16MB)

通常モデル

320GBモデル : HTS723232A7A364
250GBモデル : HTS723225A7A364
160GBモデル : HTS723216A7A364

暗号化モデル

320GBモデル : HTS723232A7A365
250GBモデル : HTS723225A7A365
160GBモデル : HTS723216A7A365

高耐久モデル

320GBモデル : HTE723232A7A364
250GBモデル : HTE723225A7A364

『Travelstar Z5K320』(5,400rpm 8MB)

通常モデル

320GBモデル : HTS543232A7A384
250GBモデル : HTS543225A7A384
160GBモデル : HTS543216A7A384

暗号化モデル

320GBモ デル : HTS543232A7A385
250GBモデル : HTS543225A7A385
160GBモデル : HTS543216A7A385

高耐久モデル

320GBモデル : HTE543232A7A384
250GBモ デル : HTE543225A7A384

『CinemaStar Z5K320』(5,400rpm 8MB)

320GBモデル : HCC543232A7A380
250GBモデル : HCC543225A7A380
160GBモデル : HCC543216A7A380

2010/5/25 火曜日

SeagateがハイブリッドHDD『Momentus XT』を発表

先週から登場の噂が流れてましたが、Seagateから久々のハイブリッドHDDが発表されました。

Seagate debuts the Momentus XT hybrid drives TechConnect Magazine
http://www.tcmagazine.com/tcm/news/hardware/28262/seagate-debuts-momentus-xt-hybrid-drives

正式発表されたハイブリッドHDD『Momentus XT』はSeagateのリリースによるとHDDではなく、『solid state hybrid drive (SSHD)』と記述されており、HDDとSSDを合体させることで互いの欠点を補いあっている製品である。

ハードディスク部に注目すると、プラッタ径は一般的な2.5インチHDDと同じく、回転数は7,200rpm、容量は500GB、320GB、250GBとなる。SSD部は4GBのSLC NAND フラッシュEEPROMを採用している。接続インターフェースはSATA 3Gbpsで、32MBのDRAMキャッシュを搭載している。

通常のデータはハードディスクからやり取りされるが、新たに搭載された『Adaptive Memory technology』によりデータの使用頻度が解析され、頻度の高いデータはSSDからやり取りすることで高速かつ低消費電力での動作が可能となっている。Seagateの発表によると通常の5,400rpm 2.5インチHDDの倍のパフォーマンスが得られるとか。

ちなみに、すでにレビュー記事も上がってました。

Seagate Momentus XT 500GB ST95005620AS Review – Overclockers Club
http://www.overclockersclub.com/reviews/seagate_momentus_xt_500gb/

Seagate Momentus XT Solid State Hybrid Preview – HotHardware
http://hothardware.com/Articles/Seagate-Momentus-XT-Solid-State-Hybrid-Preview/

Seagate Momentus-XT Solid State Hybrid Drive -Benchmark Reviews.com
http://benchmarkreviews.com/index.php?option=com_content&task=view&id=525&Itemid=60

外見はパッと見、通常の2.5インチHDDと見分けが付きませんねぇ。ベンチマーク結果を見ると、通常のHDDとSSDの中間くらいのパフォーマンスといったところでしょうか。

面白いのが、HotHardwareで行っているベンチマークなんですが、1回目の試行よりも3回目のほうがパフォーマンスが向上していること。確かに、頻繁にしようされるデータはSSDに移動して効果を発揮しているようですね。

Overclockers ClubではWindowsの起動・終了に要する時間を測定していますが、3.5インチのBarracuda 7200.11よりも高速になっており、デスクトップ向けとしても使えそうな予感が。これは発売が楽しみですねぇ~。

型番一覧

  • ST95005620AS : 500GB
  • ST93205620AS : 320GB
  • ST92505610AS : 250GB

2010/5/19 水曜日

SeagateのハイブリッドHDDが復活へ

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 21:51:56

Seagate readies next generation hybrid drives – Fudzilla
http://www.fudzilla.com/content/view/18863/38/

HDDとフラッシュEEPROMを合体させた『ハイブリッドHDD』。

Seagateからは『Momentus 5400 PSD』、Samsungからは『Spinpoint MH80』として登場して、Windows Vistaの『Windows ReadyDrive』を用いることでパフォーマンス向上とバッテリの消費を抑えることが可能とされていました。

2~3年前にひょこっと現れて、いつの間にか見かけなりましたが、Seagateが次世代のハイブリッドHDDを準備中という噂が。

『Momentus XT』は2.5インチHDD形状でフラッシュEEPROMとし4GBのSLC NANDを搭載する。回転数は7,200rpmでキャッシュ容量は32MBとなっており、『XT』とつくだけあって2.5インチとしてはかなり高いパフォーマンスが期待できそう。容量は250GB、320GB、500GBとなるようです。

久々のハイブリッドHDDなのでちょっと楽しみですが、大容量なSSDが出回っている今、どれくらい需要があるんでしょうかねぇ?価格次第?

2010/3/30 火曜日

Western Digitalが750GBの2.5インチHDDを発表

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 23:20:36

WD® LEADS IN 2.5-INCH AREAL DENSITY WITH NEW 750 GB NOTEBOOK HARD DRIVES – Western Digital
http://www.wdc.com/en/company/releases/PressRelease.asp?release=5ba85c8b-0849-4158-8d72-b1be7ee43852

すでに東芝から同等製品が発表されていますが、今日、Western Digitalから最大容量750GBの2.5インチHDDが発表されました。

『WD Scorpio Blue』として登場した『WD7500BPVT』は回転数5,400rpm、キャッシュ容量は8MBとなっており、接続インターフェースはSATA 3Gbpsとなっている。

厚さは東芝の『MK7559GSXP』と同様にプラッタ枚数が2枚で一般的な2.5インチHDDと同じ9.5mm厚となっている。Western Digitalからはすでに1TBモデル『WD10TPVT』と750GB『WD7500KEVT』が登場していますが、こちらは12.5mm厚だったため、9.5mm厚としては容量を更新したことになる。

また、最近のWestern Digitalの製品で採用されている、4KiBセクタ『Advanced Format technology』が用いられている。このため、ラージセクタに対応していないWindows XP以前のOS等では注意が必要。

WD® INTRODUCES 2.5-INCH SATA HARD DRIVES THAT MEET DEMANDS FOR TODAY’S AV/DVR AND SURVEILLANCE MARKETS – Western Digital
http://www.wdc.com/en/company/releases/PressRelease.asp?release=b901afe8-83b3-43f1-a257-eebc631df841

同時に、あまりお目にかからないと思いますが、Western DigitalがAV機器向けの2.5インチHDD『WD AV-25』シリーズを発表しました。

こちらは、動画の録画再生に最適化されており、5本のHD動画の同時ストリームが可能な『SilkStream technology』を搭載している。また、動作は一般的なHDDとは異なり、24時間×週7を想定している。

この他、『Advanced Format technology』採用や回転数5,400rpm、インターフェースがSATA 3Gbpsなどの仕様はScopioシリーズと同様だが、キャッシュ容量は32MBと2.5インチHDDとしてはかなり大きい。

容量は最終的には160GBから500GBまで用意されるようですが、現在のところ160GBモデル『WD1600BUDT』、250GBモデル『WD2500BUDT』、320GBモデル『WD3200BUDT』のみとなっている。

2009/12/14 月曜日

Seagate 『Momentus Thin』の仕様が公開されました

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 17:52:22

Seagate’s 7mm Momentus Thin Hard Drive To Ship In 160GB And 250GB Sizes – HOT HARDWARE
http://hothardware.com/News/Seagates-7mm-Momentus-Thin-Hard-Drive-To-Ship-In-160GB-And-250GB-Sizes/

先週、Seagateが薄型の2.5インチHDD『Momentus Thin』シリーズを『2010 International CES』で発表するという情報がありましたが、一足先に詳細な仕様が公開されたようです。

Momentus Thinシリーズは容量250GBと160GBの2モデルで登場。共にキャッシュ容量8MB、回転数5400rpmでインターフェースはSATA 3Gbpsとなる。厚さに関しては以前の情報と同じく7mm厚と通常の9.4mm厚の2.5インチHDDより25%薄くなる。来年の1月には出荷開始とのこと。

320GBプラッタで来るかと思ってましたが、まずは250GBから始まるようですね。

2009/3/22 日曜日

確認!ST3250318ASは250GBモデルです。

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 22:29:19

先日発売になったSeagateのST3250318AS。

複数のPCショップで取扱が始まったようですが、どうも仕様を間違っているお店があるようです。

st3250318as2

st3250318as

確認しておきますが、ST3250318ASはSeagateのBarracuda 7200.12シリーズの250GBモデルです。回転数7200rpm、キャッシュは8MBとなってます。

Barracuda 7200.12の500GBモデルはST3500418ASとST3500410AS、320GBモデルはST3320418ASです。異常に安いなと思ったら確認したほうがいいかもしれませんね。

2009/3/18 水曜日

【かなり情報が古いですが】ST3250318AS発売

「ま、多分大丈夫じゃないの?」――ツクモが“3月中旬”まで臨時休業 – ITmedia
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0903/09/news029_3.html

いやぁ~、書きかけで公開してなかった記事がまたしても出てきた(笑)もう1週間前のネタですけど、SeagateのBarracuda 7200.12の250GB「ST3250318AS」が発売になったようです。500GBプラッタの片面を使用したモデルですね。これで、Barracuda 7200.12シリーズは1TB、750GB、500GB、250GBと、プラッタ片面(250GB)の整数倍の容量のものは出そろいましたね。残るは整数倍にならない謎の160GBと320GB(追記参照)モデル。本当に発売されるのか?(^^;)

はいじん☆ちゃんねる >> Barracuda 7200.12 に320GBと160GBモデル登場
http://haizin.serveblog.net/?p=2053

追記:2009/03/18 14:03

320GBモデルはもう出ていたようです!OS再インストールしてた時期で見逃してた…

Seagate ST3320418ASの概要 - AKIBA PC Hotline!
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20090314/ni_cst3320.html

2009/2/2 月曜日

Barracuda7200.12新データシートで性能低下?

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 21:57:41

さっきの続きだが、Barracuda7200.12のデータシートを眺めてたらあることに気づいた。これが現在Seagateの製品情報に掲載されている『新データシート』の仕様部分を抜粋したものだ。250GBモデルが追加されてますね。

Barracuda7200.12 新データシート

そして、これが数日前まで掲載されていた『旧データシート』。

Barracuda7200.12 旧データシート

よく見ると同じ型番なのに値が変わってます…(クリックすると拡大表示できます)

ST3500418ASがST3500410ASの改良版じゃないか?という噂の根拠になっていたSustained Data Rateの値が160MB/sから125MB/sと大幅に下がってます!こりゃ、ST3500418AS=ST3500410ASが決定的な感じですね。

さらに、新データシートでは消費電力が大幅に下がっており、動作音も低下しおり、動作時の耐衝撃性が向上してます。シーク時の消費電力が禁則事項になってるのが若干気になりますが、転送レートを下げる代わりに最近人気の低消費電力向けに改良されたのかもしれませんね。

Barracuda7200.12に250GBモデルが登場

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 21:27:43

Seagateの製品情報を見ようと『製品情報』にアクセスしてみるとこんな画面に…

seagateweb

どのページを選択してもログインしろと言われるんですけど、会員じゃないと製品情報すらみさせてくれないんでうか?

と書き終えて、もう一度チャレンジすると直ってました(^^;)

まぁ、それは置いといて、何を調べようとしていたかと言うと、Barracuda7200.12シリーズに新しい情報が追加されたとフォーラムに書き込まれていたのでチェックしようと思ったのだ。見てみると…

barracuda720012

確かに、250GBモデルの『ST3250318AS』が追加されてますね。おそらく、500GBプラッタの片面を使うモデルでしょう。250GBモデルは速くて安いドライブとして売れるかもしれませんね。自分も250GBモデルのRAID0構成を狙ってたり(笑)

ちなみに、謎に包まれているST3500418ASだが、フォーラムで購入できた人の書き込みがありましたが、どうもドライブ表面の表記はST3500418ASになっているが、PCに接続して情報を読みだすとST3500410ASになっているそうです。ST3500418ASはST3500410ASの改良型じゃないか?って噂になってましたが、なんだか同じものっぽいですね。

Barracuda7200.12 – Seagate
http://www.seagate.com/www/en-us/products/desktops/barracuda_hard_drives/barracuda_7200.12/

2008/12/29 月曜日

ST31500341AS レビュー[HDTune2.55編]

ST31500341ASのベンチマークがやっとまとめ終わりました。

とりあえず、先にHD Tune2.55の結果を載せておきます。環境は…

ベンチマーク環境:『自作PC 3号』
[CPU]Pentium Dual-Core E2200@定格
[Memory]DDR2 800 Firestix 1G×2+2G×2@定格
[M/B]Gigabyte GA-EP45-DS5
[HDD]Seagate ST3320613AS
[VGA]HIS Radeon HD3870 IceQ3
[OS]WindowsVista SP1 64bit

HDDはICH10RにAHCIモードで接続しています。

ST31500341AS HDTune2.55

以前、ST31500341AS レビュー[準備編]にて論理フォーマットの前後を比較するためにフォーマット前にHDTuneベンチを行ってましたが、結局誤差程度の変化はありませんでした。

転送レート

HDTune 2.55では最大転送レート:128.0MB/s。さすが、375GB/プラッタですね。130MB/sに達するかな~って思ってましたが、自分の環境だとこれが限界のようです。ちなみに、HDTuneの設定ですが、初期の設定のままで使用しています。データサイズをいじればまだまだ上がると思いますが、それじゃ参考にならないので(笑)

CPU使用率

ほんのちょっとだけですがこれまで使っていたST3320613AS(3.9%)よりCPU使用率が高め(4.6%)になりました。ST3250410AS(3.1%)→ST3320613AS(3.9%)においてもCPU使用率が上がってましたので転送レートが上がるとCPUの負担も多少は増えるのでしょうね。

アクセス時間

このHDTune2.55の結果で一番注目したいのがアクセス時間。ST31500341ASとST3320613ASは共にBarracuda7200.11シリーズに属します。ST3320613ASは自分の行ったHDTuneベンチの結果アクセス時間が20.9msと最近のHDDとしてはかなり遅い結果となってました。他サイトさんの結果でもBarracuda7200.11はアクセス時間が遅い!と言われていたので原因はわかりませんが、これは7200.11の仕様だったのでしょう。

ところが、ST31500341ASにおいては13.7msとかなり改善されていました。同じBarracuda7200.11ですが、1.5TBにするにあたりプラッタ以外に制御回路等が改良されたのかもしれませんね。

ST31500341AS CrystalDiskMark2.1(修正版)

このグラフはCrystalDiskMarkで行ったベンチマークの結果(暫定)ですが、アクセス時間はランダム読み込みの性能に直結してくるので、このグラフでST3320613ASがランダム読み込み性能で奮わなかったことがこれで説明できます。

OSの起動時間短縮に一番効いてくるのがランダムリードといわれてますから、Barracuda7200.11シリーズではST31500341ASが一番早いかもしれませんね。ちなみに、現在OS起動ドライブとしてST3320613ASを使用してますが、ST3250410AS(15.4ms)からST3320613AS(20.9ms)にしてOSの起動時間は若干遅くなりました。ここらへんが効いてくるんでしょうね。

最後に比較に使用したST3320613AS(320GB 1プラッタ)とST3250410AS(250GB 1プラッタ)のデータも載せておきます。

ST33250613AS HDTune2.55

ST3250410AS HDTune2.55

次ページへ »

HTML convert time: 0.931 sec. Powered by WordPress